2021年2月 4日

鬼からの手紙


皆さんこんにちは!『はっけんラジオ』ナビゲーターの柴田文子です。

 

今週火曜日、2月2日は節分でしたね!

3日ではなく2日というのは124年ぶりだそうです。

 

節分と言えば、毎年福岡市博多区の櫛田神社では

節分大祭が開かれ、豆まきが恒例になっていますが

今年は新型コロナウィルスの影響で豆まきが中止になってしまいました。

 

そんな中・・・なんと!!

櫛田神社の鬼さんよりお手紙をいただきました!!!

IMG_3182.jpg

毎年豆をぶつけられるのは辛いけど、一日でも早くコロナが終息し

来年こそは皆さんに豆を全力で投げてもらい笑顔になってもらえたら嬉しいと綴られていました。

鬼にとっても今年はちょっぴり寂しい節分だったようです(笑)

温かいお手紙に出演者、スタッフ一同ほっこりしました。

 

来年は思いっきり「鬼は外!福は内!」と豆をまけることを願い

力を合わせて困難を乗り越えていきましょう!!

IMG_3180.JPG

 

投稿者:柴田文子 | 投稿時間:20時10分 | カテゴリ:はっけんTV・ラジオ | 固定リンク


やっぱり生演奏!九響ライブ配信。


先日、九州交響楽団の演奏会に密着させていただきました。

symphoney1.jpg

アクロス福岡のシンフォニーホールです。

この日、初めてのライブ配信が行われたのです。

お客さんは50%の制限が続く中、

なんとかライブの緊張感や楽しみを届けたいとのこと。

確かに、生の音に包まれる魅力といえば、実際に会場に来るのが一番です。

orchestra.jpg

それでも、瞬間に発せられるものを同じ時に共有できるのは、収録では得られないもの。

この緊張感と醍醐味たるや、生放送と同じかもしれません。

・・・演奏者の喜び、それを届ける事務局の喜び、そして受け取る観客の喜び。

ハプニングや呼吸を一緒に感じられるのは生演奏だからこそ。

生演奏を存続させていくためにも!という強い言葉もありました。

camera.jpg

緊張感高まる舞台裏。

backstage.jpg

去年のベートーベン生誕250年で企画された「田園」「運命」というプログラム。

会場で感じたのは、今の九響の魅力が存分に発揮された渾身の演奏でした。

「あ~、やっぱり音楽っていいな!!」

響く音に心を洗われて、力をもらいました。

”九州交響楽団はじめてのライブ配信”の模様は、あす5日のロクいち福岡で放送予定です。

投稿者:佐々木理恵 | 投稿時間:12時15分 | カテゴリ:おはよう九州沖縄 | 固定リンク


ページの一番上へ▲