2020年9月

地域特集「ロマンスの神様が贈る あなたへのエール」ディレクター編集後記


こんにちは、ディレクターのヨシダです。
今回は9月4日(金)に放送した、
地域特集「ロマンスの神様が贈る あなたへのエール」の制作の舞台裏を
少しだけご紹介します。


●すべてのきっかけはYouTubeだった・・・?

そもそもこの番組のきっかけは、
今年大きな話題を呼んだ広瀬さんのYouTubeチャンネルでした。

コロナ禍の自粛期間中、ディレクターの私がたまたま見ていた広瀬さんの動画。
ある動画の中で、ひょんなことからご自身の過去を語り始めました。

「全然学校に行けてないの。」
「一生懸命学校にいるんだけど、ハマっていかない。そういう子どもたちを救いたいし、私が助けられるんだったら助けたい。」

明るいイメージの楽曲が多い広瀬さんが、「学校に行けなかった」10代を過ごしたこと。
そして、「いま同じように苦しむ人たちを助けたい」と強く願っていること。

あまりにも衝撃的な告白に心を動かされ、
涙ながらに語った広瀬さんの願いをぜひ番組でかなえたい!と思った私は、
すぐに広瀬さんにラブコールを送り、この番組が始動することになりました。


●コロナ禍での「新しい番組づくり」

広瀬さんの事務所から番組のGOサインが出たのが6月下旬。
東京にお住まいの広瀬さんとは、いまではおなじみの「リモート」で取材を始めます。

90th_200925_01.jpg

取材を進め、番組の構成を考えていく中で立ちはだかったのが、
「ロケができない」という壁です。

故郷・福岡の通学路を巡ってもらうという演出を考えていましたが、緊急事態宣言が解除されたとはいえ、この状況で広瀬さんが福岡に来ることはできない・・・。

そこでたどりついたのが、
ディレクターの私が広瀬さんの代わりにふるさと巡りをする!
という演出でした。

90th_200925_03.jpg

スマホでビデオ通話をつなぎながら広瀬さんの故郷を撮影@福岡

90th_200925_02.jpg

画面に映る福岡の通学路を見ながら、当時の思い出を語ってもらいました。

90th_200925_04.jpg

「映像を届けることはできても、生の雰囲気までは届けられないんじゃないか。」
画質や音声の乱れだけでなく、そんな不安も抱えていましたが、
「新しいロケ様式」に柔軟に対応してくださった広瀬さん。
私が通話上で投げかける質問に、時間をかけながら真剣に丁寧に、こたえてくださいました。

番組制作の過程でも、コロナ禍で「いつも通りにできない」負の側面に目を向けがちですが、「いまだからこそ」できる新しい演出、番組づくりにチャレンジできたのかなと思っています。


●「広瀬香美さん✕視聴者のみなさん✕ディレクター」の化学反応?

今回の番組の発端は、広瀬さんのYouTubeチャンネルでの告白と、
それを偶然目にしたディレクターの
「広瀬さんの願いをかなえたい!」という思い。

そこに力を貸してくださったのは、視聴者のみなさんの声でした。

番組では、7月末から特設ホームページを開設。
広瀬さんと同じように10代のころ学校に行きたくなかった人や、
いまも「学校に行けない」と悩むみなさんから、メッセージを募集。
そのメッセージを広瀬さんに届け、番組の中でエールを贈ってもらうという企画を考えました。
全国各地の10代から40代まで、
幅広い年齢層のみなさんから体験談を寄せていただきました。

 90th_200925_06.jpg
▲「ロマンスの神様が贈るあなたへのエール」


集まったメッセージを広瀬さんに実際に読んでもらいます。

90th_200925_05.jpg

ひとりの方が寄せてくれたメッセージがきっかけで、
それまでの取材では聞くことのできなかった、
広瀬さんの10代のころのある記憶がひもとかれていきます。

それまでたくさんのエピソードを取材してきましたが、
私ひとりではたどりつけなかった広瀬さんの過去に、
みなさんの力を借りて、アプローチすることができました。
メッセージを寄せてくださったみなさん、ありがとうございました!

ここまで、あえて番組の内容をところどころ伏せながら書いてきました。
というのも、「そもそも番組見てないよ!」という方にも、
もう一度番組をご覧いただけるチャンスがあるんです!

10月27日(火)20:00~20:29 Eテレで放送予定の、
ハートネットTV 「ロマンスの神様が贈る あなたへのエール」
前回から内容を少し変えての放送となります。

広瀬さんの取材を初めて約3か月。
一度もご本人にお会いできない状況に歯がゆさを抱えながら制作している番組、
ぜひご覧いただければ嬉しいです。

投稿者:開局90年 スタッフ | 投稿時間:12時00分 | カテゴリ:開局90年 | 固定リンク


背景のこだわり


studio3.jpg

今年度に入ってスタジオのセットが少し変わったのはお気づきでしょうか。

単純に物が増えたという印象をお持ちかもしれませんが・・・・

よ~く見ると、こだわりがあるんです。

studio.jpg

こちら。

九州と沖縄本島が!

美術さんと直接話したわけではありませんが、気づいてニヤリとしてしまうのでした。

ちょうど私がニュースを読んでいるときに少し映り込む位置。

無言ながら、仕事のこだわりが見える嬉しさ

投稿者:佐々木理恵 | 投稿時間:11時26分 | カテゴリ:おはよう九州沖縄 | 固定リンク


@福岡「恩返しSP」ディレクター編集後記


ドドド!ディレクターです。
9月11日の放送は、12月のNHK福岡開局90年にあたり、
街でお会いした方々のお悩みを聞いて、一緒に解決するという「恩返し企画」。
ご覧頂き、ありがとうございました!

do_200911_01.png

番組でご紹介した場所や企業などの情報です。

酒蔵と中継を繋いでの「バーチャル酒蔵ツアー」

博多区で150年の歴史をもつ老舗酒蔵にお邪魔しました。
酒蔵を改装した会場がとってもステキ!
ウェディングや音楽ライブも行われるそうですよ。

do_200911_02.jpg

do_200911_03.jpg

▽連絡先
石蔵酒造 博多百年蔵
住所:〒812-0043 福岡市博多区堅粕1丁目30-1
電話:092-673―5050(代表)

▽酒の購入方法
酒蔵HPのオンラインショップや電話で購入可能。
酒蔵に併設された直売所で購入することもできます。


「クイズ柳川ふしぎ発見」でご紹介した場所など

do_200911_04.jpg

故郷に恩返ししたい!という貿易会社経営の金子さんと一緒に、
柳川人による柳川のためのクイズ。
聞いたことがあるタイトル?気のせいです。

do_200911_05.jpg

1問目は、柳川の農家・椛島一晴さんの農園から。
マンゴーやマカダミアナッツなど
珍しい作物を作っている椛島さんが
今、栽培に力を入れているのはコーヒー。

do_200911_06.jpg

柳川でコーヒーが栽培できるなんて!!

なぜ珍しい作物を作るのかうかがうと
「農業はきつい」と、なり手がいない中、
農業をワクワクできる楽しい仕事にして
盛り上げたいという思いからと返ってきました。
かっこいい!

▽杏里ファーム
住所(直売所)
〒832-0089
福岡県柳川市田脇524?1
電話 0944-74-5333
■収穫したコーヒーはまだ販売の予定はありません。
■VTRで出てきたマンゴーの販売は終了しています
■バナナとドラゴンフルーツは現在栽培していません

--------------------------------------------------------------------------------------------
2問目は刃物・切断器具をオーダーメイドで
製造している企業からでした。

例えば、ウレタン。
普通に切ると摩擦でねじれてうまく切れないのですが、

do_200911_07.jpg

こちらの会社が製作した
「ウレタンを切るための刃物」で切ると・・・
スパッと切れて、きれいな断面に!

do_200911_08.jpg

工場内でディレクターが気がついたのは、
女性従業員の姿が多いこと。
実はこの会社の技術を支えているのは
パート雇用の女性たち!
従業員の多くが地元に住む女性です。

do_200911_09.jpg

こちらの企業、子育てしやすい制度が充実。
子どもの成長に応じて働き方を
変えるなどの対応もしてくれるので
女性たちが辞めずに長く働き続けることが
できるそうなんです。
長く働ける→技術が向上→会社の技術力が上がる、
という訳です。
社員を、地域の人を大切にすることが
日本の産業を支える技術に
繋がっているのだなと感じました。

▽株式会社ファインテック
住所 〒832-0081
福岡県柳川市西浜武575番地1
電話 0944-73-0877
FAX 0944-74-1645

--------------------------------------------------------------------------------------------

3問目は柳川市民が食べるという
「クラゲ」について出題。
食用に加工する加工場を訪ねました。
傘の部分が80センチもある大きいクラゲにびっくり。

do_200911_10.jpg

番組に出てくださった漁師さんたちは、
高齢化が進む柳川の漁師さんたちの中で
ひときわ若い集団!最年少は17歳!

do_200911_11.jpg

実は漁師さんたち、2年前に加工場を作り、
獲った海産物を加工して販売しています。
近年相次ぐ豪雨災害・・・。
減少を続ける漁獲量。
収入は不安定。
加工品を作ることで、年間を通して安定した収入が
得られるようにしたいと加工場を建てました。

目標は「稼げる漁業!カッコイイ漁業」。
そうすることで、若い人が漁師に
なりたいと思ってくれたらいいなと話していました。

▽訪ねた漁師さん(加工場)
八幡丸海産 080-1763-0565(待鳥さん)
クラゲを始めアサリやシジミ
ワタリガニなどを水揚げしています。

 

九州の観光地をPR!ご紹介した場所の情報

do_200911_12.jpg

4月まで旅行関係の会社で働いていた
観光情報のプロの女性2人に九州の
オススメの場所を紹介してもらいました。

▽曽木の滝公園

do_200911_13.jpg
〒895-2526
鹿児島県伊佐市大口宮人628-41
0995-28-2600(曽木の滝観光案内所)


▽紫尾(しび)温泉 神ノ湯

do_200911_14.jpg

〒895-2103
鹿児島県薩摩郡さつま町紫尾
0996-59-8001(紫尾温泉組合)


▽青いお湯の温泉 豊礼の湯

do_200911_15.jpg

〒869-2504
熊本県阿蘇郡小国町大字西里
電話: 0967-46-5525

 

そして、おふたりと中継でお送りした、
福岡の夜景が一望できるホテルはこちら!

▽アゴーラ福岡 山の上ホテル&スパ
810-0032 福岡県福岡市中央区輝国1-1-33
TEL : 092-771-2131

do_200911_16.jpg
今回の番組はたくさんの方に
ご出演いただきました!!

NHK福岡では開局90年を記念して
「みんなが出るテレビ」という
テーマを掲げています。

たくさんの福岡の皆さんにご出演いただき、
一緒に楽しい番組を作っていきたいと
思っています。

街でNHKから声をかけられた時は・・・
どうぞよろしくお願いします!

投稿者:ドドド!スタッフ | 投稿時間:20時15分 | カテゴリ:実感ドドド! | 固定リンク


はっけんラジオをお聞きのみなさんへ


『はっけんラジオ』ナビゲーターの長安智子です!

9月11日(金)の放送で

5年半担当させていただいた『はっけんラジオ』を卒業することになりました。

この5年半、九州沖縄では2015年口永良部島噴火による全島避難、2016年熊本地震、2017年九州北部豪雨、新燃岳噴火など様々な災害があり、

番組でも被災地・ボランティアの状況や復旧復興の進捗状況をお伝えしてきました。

また先日は台風10号が発生し、みなさんからの台風対策を募集したところ

たくさんのメッセージをいただいて色々な備えをご紹介しました。

私たちの生活は災害と隣り合わせで、いつどこで災害が起こってもおかしくありません。

私自身も防災士として、『はっけんラジオ』を通して少しでも減災防災につなげてもらえるよう「日常の延長線上にできる身近な防災情報」をお伝えしてきました。

災害を他人事ではなく、自分の事としてとらえて継続的な対策が必要です。

 

hana.jpg

 

そして番組では、九州沖縄の伝統的なお祭り、旬を迎えた野菜果物、魚介類などを紹介し

数えきれないほどの九州沖縄の魅力をはっけんしてきました。

これから九州を離れますが、九州沖縄に魅了された私はまた何度も訪れると思います。

取材に協力してくださったみなさん、はっけんラジオをお聴きくださったみなさん、

私のつたないしゃべりにお付き合いいただきありがとうございました!

またどこかでお会いしましょう♪

 

radio.jpg

 

はっけんラジオはこれからも続きますので、よろしくお願いいたします。

あしたも、あなたと、ラジオで~はっけん!!

投稿者:長安智子 | 投稿時間:19時04分 | カテゴリ:はっけんTV・ラジオ | 固定リンク


アイデアソン


こんにちは!イベント担当のマルハシです。
先日、福岡局で「高校生アイデアソン」を開催しました。

Q. そもそもアイデアソンとは…
A. 特定のテーマについてアイデアを出し合い、それをまとめていくイベント
アイデアとマラソンを合わせた造語だそうです。

テーマはずばり 「高校生が喜ぶ企画」

新型コロナウイルスの影響で引退試合や文化祭、修学旅行など
本来、思い出になるはずのあらゆる機会が失われたいま、
高校生がどんな思いを抱え、何をしたいのか、高校生自身にとことん話し合ってもらいました。
(検温、消毒、マスク着用、透明板での仕切りなど、飛沫感染対策は万全です!)

minna_200911_01.jpgminna_200911_02.jpg

まずは自己紹介
ほぼ全員が初対面。緊張の瞬間です。どきどき

「目標にしていたインターハイが無くなった」
「密を避けにくいスポーツなので練習ができない」
「僕が思い描いていた生徒会長の役割は学校行事の企画や運営だったのに・・・」
一人ひとりが自分の言葉でしっかり話してくれました。

minna_200911_03.jpg

進行役の福地キャスター
高校生のトーク力の高さに思わずひとこと
「みんな、私より喋れる・・・笑」

minna_200911_04.jpg

続いて話し合いがスタート!
それぞれが発表した思いをもとに、「実際にどんなことをしたいか」議論を深めていきます。

「学校の垣根をこえた文化祭を開催したい!」
「いまの自分たちの思いを動画に残したい!」
「花火を打ち上げたい!」「タイムカプセルを埋めたい!」
「私たちの世代にしかできない・学校ではできない大きなことがしたい!」
“できないこと”が多い一年だからこそ、“今年だからこそできること”をしたい
魅力的なアイデアが次々に飛び出します

minna_200911_05.jpgminna_200911_06.jpg

一方で
未来への前向きな思いと、高校生活への心残り、その葛藤があることも教えてくれました。
「本当は愚痴や文句もある」
「でも親や先生、後輩の前で辛い姿を見せられない」
「(コロナの影響が少ない)後輩たちの努力を素直に応援できない。そんな自分が嫌になる」
「コロナの影響を受けた一年をきれいごとで終わらせたくない」

minna_200911_07.jpgminna_200911_08.jpg
minna_200911_09.jpgminna_200911_10.jpg
minna_200911_11.jpg

実はこの企画、まだまだ始まったばかり!
高校生が喜ぶ企画を、高校生とNHKが一緒に考えていきます。

お忙しいなか協力してくださった高校生のみなさん!
本当にありがとうございましたー!!

minna_200911_12.jpg

高校生アイデアソンの模様は、
9月11日(金)午後7時30分からの「実感ドドド@福岡」でもご紹介します!
ぜひお楽しみに♪

投稿者:開局90年 スタッフ | 投稿時間:13時40分 | カテゴリ:開局90年 | 固定リンク


山からの贈り物


はっけんTV柴田文子です。

 

皆さん「山づと」をご存知でしょうか?

”山からの贈り物”という意味があり、旬の栗を使った秋を感じる和菓子です。

 IMG_0907.jpg

とにかく見た目が本物の栗そっくり!!!

食べるのをためらってしまうほどの可愛らしさですよね。

上品な甘さで、もちっとした食感がたまりません!

IMG_0885.JPG

最後に、教えてくださった和菓子教室主宰・藤田博子さんからワンポイントアドバイス。

形を縦長で作るとどんぐり(写真右)になってしまうので、横長を意識して作るようにしましょう!

IMG_0875.JPG

レシピははっけんTVのホームページからご覧いただけます。

ぜひお試しください^^

投稿者:柴田文子 | 投稿時間:16時50分 | カテゴリ:はっけんTV・ラジオ | 固定リンク


ページの一番上へ▲