2019年10月11日

台風 気象のデータからみる


最近では、台風への備えとして、計画的に交通機関も運休するようになりました。

あす、九州沖縄では雨の心配はなさそうですが、風に対する警戒や、

遠方へ移動は交通機関への影響に注意が必要です。

 

今回の台風19号は、狩野川台風に匹敵する・・という表現が気象庁の会見でありました。

1958年の関東地方に大きな被害をもたらした台風です。

 

IMG_4837.jpg

確かに、今回の台風も似た経路をたどりそうです。

この時、特に大雨による土砂災害や河川の氾濫が相次ぎ、

1000人以上の死者行方不明者と、

住宅の床上床下浸水が数十万棟に上り、大きな被害がでました。

今回、関東の北に前線があり、天気図も似ています。

台風がどの段階で衰えるかはわかりませんが、

非常に強い勢力で接近・上陸が予想されています。

 

当然ながら、こうしたデータの蓄積や分析は、過去に学んでゆくためです。

技術の発達と積み重ねで、台風はある程度予測できる気象現象の一つになりました。

早めに備えることが、唯一できること。

関東地方を中心としたみなさん、とにかく、安全に過ごしてください。

投稿者:佐々木理恵 | 投稿時間:13時00分 | カテゴリ:おはよう九州沖縄 | 固定リンク


ページの一番上へ▲