2019年10月

小倉競輪場にも行かナイト!


アナウンサーの魚住優です。
北九州に夜の魅力に迫った「実感ドドド!@福岡」、ご覧いただけましたか?

残念なことに機材のトラブルで、予定していた「小倉競輪場」の中継ができませんでした(涙)。ご協力いただいた小倉競輪場のみなさま、本当に申し訳ございません。

u_191021_01.jpg

この場を借りまして、少し「小倉競輪場」の魅力をご紹介します。

それが、「バックヤードツアー」

u_191021_02.jpg

普段は立ち入れない、バンク(コース)や選手の皆さんが準備するバックヤードに、一般の人たちも見学できるんです。

u_191021_03.jpg

たとえば、レース前に自転車を点検する「検車」の様子を見ることができたり、

u_191021_04.jpg

選手の皆さん専用の売店で買い物することができたり、

u_191021_05.jpg

運が良ければ、ゆるキャラの「かねりん」にも会えるかも!

u_191021_06.jpg

競輪発祥の地として、より多くの方に競輪場を身近に感じてもらおうと始まった取り組みなんです。
みなさん、是非足を運んでみてください!

u_191021_07.jpg


※詳しくは 小倉競輪場 TEL:093-941-0945 までお尋ねください。

投稿者:魚住優 | 投稿時間:15時20分 | カテゴリ:実感ドドド! | 固定リンク


今夜の@福岡は、北九州に泊まらナイト!


アナウンサーの魚住優です。
秋の訪れを感じるきょうこのごろですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

今回の「実感!ドドド@福岡」では、北九州に泊まりたくなる!夜の観光特集をお送りします。

u_191018_01.jpg
(福地キャスターと、泊まら“ナイト”ポーズです)

番組で紹介の、北九州の夜景を見るための交通手段やツアーの概要はこちら!

★皿倉山からの夜景を見るには…「皿倉山ケーブルカー」
〇山のふもとまではJR八幡駅からシャトルバス(無料)
〇ふもと→山頂はケーブルカーとスロープカー
・毎日夜10時までの特別運行中(11月4日まで)
・料金(往復)大人 1200円 小学生以下 600円
※詳細は、「皿倉登山鉄道」tel:093-671-4761までお尋ね下さい。


★夜景スポットを巡るバスツアーに参加するには…「ぐるっと関門夜景バス」
〇10月5日~来年3月14日の土曜日(11月と12月は金曜日も運行)
〇コース例 小倉駅(午後6時)→門司港レトロ→下関市の火の山公園→小倉駅(午後9時頃)
・基本料金 1500円(北九州市・下関市に宿泊すると500円引)
※料理などのサービスを付けると料金が変わります。
詳細は、門司港レトロ総合インフォメーション(tel:093-321-4151)までお尋ね下さい。

★工場夜景を堪能するナイトクルーズに参加するには…「関門汽船」
〇毎週土曜日・日曜日に運航
〇JR小倉駅近くの小倉港出港(午後6時半)→洞海湾を周回して帰港(約2時間)
・料金 大人2500円 子ども(小学生)1250円(北九州市内に宿泊すると1割引)
 「関門汽船」連絡先 tel: 093-331-0222

★そのほか北九州の観光情報は・・
〇北九州市総合観光案内所 tel:093-541-4189 (午前9時~午後7時)まで。

みなさん、ぜひお楽しみください!

投稿者:魚住優 | 投稿時間:19時30分 | カテゴリ:実感ドドド! | 固定リンク


台風 気象のデータからみる


最近では、台風への備えとして、計画的に交通機関も運休するようになりました。

あす、九州沖縄では雨の心配はなさそうですが、風に対する警戒や、

遠方へ移動は交通機関への影響に注意が必要です。

 

今回の台風19号は、狩野川台風に匹敵する・・という表現が気象庁の会見でありました。

1958年の関東地方に大きな被害をもたらした台風です。

 

IMG_4837.jpg

確かに、今回の台風も似た経路をたどりそうです。

この時、特に大雨による土砂災害や河川の氾濫が相次ぎ、

1000人以上の死者行方不明者と、

住宅の床上床下浸水が数十万棟に上り、大きな被害がでました。

今回、関東の北に前線があり、天気図も似ています。

台風がどの段階で衰えるかはわかりませんが、

非常に強い勢力で接近・上陸が予想されています。

 

当然ながら、こうしたデータの蓄積や分析は、過去に学んでゆくためです。

技術の発達と積み重ねで、台風はある程度予測できる気象現象の一つになりました。

早めに備えることが、唯一できること。

関東地方を中心としたみなさん、とにかく、安全に過ごしてください。

投稿者:佐々木理恵 | 投稿時間:13時00分 | カテゴリ:おはよう九州沖縄 | 固定リンク


ページの一番上へ▲