2019年2月 7日

ちょうど30年前・・・【永井伸一】


先日、訪れたのが・・・

soreiyu.JPG

北九州ソレイユホール、

以前は九州厚生年金会館として親しまれていた場所ですねえ。

 

実は30年前の2月7日、

あの美空ひばりさんが人生最後のコンサートを行った場所なんです。

 

明日のドドドは、30年前の福岡でのひばりさんの足跡を

加藤登紀子さんがたどります!

http://nhk.jp/fukuoka-dododo

投稿者:永井伸一 | 投稿時間:19時54分 | カテゴリ:実感ドドド! | 固定リンク


築子の彼氏役【平山カンタロウさん】インタビュー!裏話も。


ドラマPR担当1号(♀)です。

昨日の『はっけんラジオ』(月~金 ラジオ第一 午後5:05)のゲストは、

『福岡美人がゆく!』で、奈緒さん演じる稲村築子の彼氏役として登場している、

ミュージシャンの平山カンタロウさん

(ポップビートバンド『図鑑』のボーカル・ギター)

 

来館記念にふっくと“ル~”ポーズをしてくださいました!

kantaro1.JPG

 

オンエアの前にドラマのお話をお伺いしました。(`・ω・´)ゞビシッ!!

 

―カンタロウさんは、昨年のNHK福岡ドラマ『You May Dream』に続いての出演ですね。今回はどうでしたか?

カンタロウさん)『You May Dream』のときは、伝説のロックバンド「サンハウス」のメンバー、柴山さん役で、

自分の音楽活動と通ずるところもあって、自信を持って演じることができました。

でも今回は、自分で一から築子の彼氏“ヨシカズ像”を作っていかなければならなかったのでプレッシャーでした。

―ヨシカズは、夢見がちな売れないバンドマンという設定ですが、

そんなヨシカズさんをどう捉えてらっしゃいますか?

カンタロウさん)彼は、かなり女性に甘えてるんですよ。

それって、正直、わからなくもないです。(笑)

僕も姉がいて重なる部分もあるがゆえに、ムカつきもしますが。(笑)

でも、ヨシカズは、(ミュージシャンになりたいという)夢はブレてないので、そこはカッコイイですよね。

―なにか撮影中のエピソードなどありますか?

カンタロウさん)僕が実際に歌うシーンがあるんです。

監督から「築子のために本気で歌って!」とオーダーをいただいたので、本気で歌いました!

karesi20.jpg

実はその歌のシーンのとき、弦がきれてしまったんです。

スタッフさんが急いで弦を買いにいってくださったのですが、

僕が持っていたのはアコギで、買ってきてくださったのがエレキの弦でした。(笑)

でもそのまま張って、1本だけエレキの弦のまま弾きました。

―それでもやりとげてくださったカンタロウさんすごいです!

ちょっと真面目な話題になりますが、今回のドラマ、『福岡美人がゆく!』って、

福岡で頑張るいろんな人たちの姿を描いているドラマですが、

カンタロウさんも福岡を拠点にご活躍されていますね。

ミュージシャンとして感じる福岡の良さってどんなところですか?

カンタロウさん)「めんたいロック」という言葉があるように、

福岡にはロックンロールを地でやってきた諸先輩たちがいる。

日本のリバプールという呼ばれた時代もあったくらいですよね。

(その時代的背景もあって)僕は、福岡にしかできない音楽があると思うんです。

僕は、諸先輩たちから音楽を吸収して、刺激を受けて、一生懸命自分でやっていきたいです。

―ありがとうございました!またカンタロウさんの歌を聴けるのを、楽しみにしてます!

 

カンタロウさん、ポスターの前で!

kantaro2.JPG

 

親しみやすい笑顔と優しい雰囲気で語ってくださったカンタロウさん。

kantaro3.JPG

ドラマではちょっとチャラい(?)役ですが、

音楽について語る平山カンタロウさんの目の奥には、

音楽に対する思い、福岡に対する思いなど、芯の強さを感じられました。

ミュージシャンに俳優に、多彩なカンタロウさん。

“心の叫び”のようなカンタロウさんの歌声にガシッと心をつかまれます。

みなさんも劇中の熱唱シーンにご注目をっ!

それでは、本日はこの辺で失礼します。ふんふんふんふ~ん♪(カンタロウさんの曲の鼻歌)

投稿者:ドラマスタッフ | 投稿時間:19時45分 | カテゴリ:NHK福岡ドラマ | 固定リンク


ページの一番上へ▲