放送局のちから ~福井放送局 ことしの目標~

○ 福井発の放送をさらに強化して地域貢献に努めます

 平日午後6時台のニュース・情報番組と金曜午後7時台の番組の両輪で、福井県の視聴者に向けた放送をさらに強化します。人口減少や地域経済など県民の関心が高い課題に正面から向き合うニュースから、地域の魅力をたっぷり体感できる紀行や話題まで、地域のニーズを探りながら、NHKならではの多彩な内容を放送し、より身近な地域放送局になることを目指します。また、2022年度末までの開業を目指す北陸新幹線(金沢―敦賀間)など、つながりが強い北陸地域の情報も積極的に取り上げます。

国内最多の原子力発電所に関する課題や動きを詳しく伝えます

 廃炉が決まった施設も含め、国内最多の原子力発電所が立地する福井県。再稼働している高浜原子力発電所と大飯原子力発電所、廃炉に向けて作業が進む「もんじゅ」、さらに再稼働に向けて地元の同意が焦点の美浜原子力発電所など、国のエネルギー政策を反映する施設に引き続き注目が集まっています。特に原子力発電所の同時発災に備えた国・県の課題や動きについて、地域の放送局としてきめ細かく取材するとともに、最新の情 報をわかりやすく伝えます。

地域の安全・安心を守るため災害・緊急報道に全力を尽くします

 巨大台風や記録的な大雪、猛暑などの異常気象、各地で頻発する地震など、自然災害に遭遇する可能性が高まっています。県民の安全・安心を守るため、県内のロボットカメラやIP中継などを駆使した迅速な情報伝達に努めます。また、スーパーハイビジョンやバーチャルリアリティー(仮想現実)なども災害報道に積極的に利用し、防災・減災に貢献します。さらに、テレビ放送やL字型画面だけでなく、災害時に役立つラジオ放送やデータ放送、インターネットなども活用しながら緊急報道に取り組みます。

“福井発地域ドラマ”を発信、“幸福度ナンバーワン”キャンペーンを展開します

 福井放送局のテレビ放送開始60年にあわせて、福井を舞台にしたドラマを制作、全国に発信するほか、“幸福度ナンバーワン”をテーマにキャンペーンを展開します。民間の調査会社による都道府県幸福度ランキングが3回連続1位の福井県。一方で、“幸福度1位”を実感していない県民も多いとされています。そこで、産業、観光、教育などあらゆる角度から幸福度を切り口にして“福井の今の姿”を浮き彫りにし、福井の魅力を再発見していきます。

統一地方選挙や参議院議員選挙をわかりやすく伝えます

 4月の統一地方選挙で行われる福井県知事選挙(任期満了日・2019年4月22日)のほか、参議院議員選挙、福井市長選挙(任期満了日・2019年12月22日)など、相次いで行われる選挙について、候補者の主張や争点など、有権者の判断のよりどころとなる情報を丁寧にわかりやすく伝え、公平・公正で正確な選挙報道に万全を期します。

▲ ページの先頭へ