ニュースザウルス 食探いろどりレシピ 2018年7月23日(月)

食探いろどりレシピ

2018年7月23日(月)
出演者:食探料理人 光森幸夫さん/食探案内人 豊島実季アナウンサー

「地域が守る!新保ナス」

やってきたのは、福井市新保町。早朝6時にナス畑を訪ねると、地元の栽培グループの皆さんが収穫をしていました。朝に採るナスは、より甘みがあるそうです。甘さと歯応えが特徴の新保ナス。昔は、生でおやつがわりにして食べていたとグループの代表の野路英二さんはいいます。へたの部分には、太いトゲがびっしり生えていました。品種改良されていないため、原種に近い姿を残しています。明治時代には生産が盛んで、最盛期には、新保町の6割以上の家で生産される特産品でした。しかし、多くの伝統野菜のように新保ナスも昭和40年代に生産が途絶えてしまいます。それを半世紀以上経って、野路さんたちのグループが見事に復活させたんです。その復活のきっかけをくれたのは、なんと地元の子どもたち。当時の小学生と高校生が地域に貢献する活動がしたいと、野路さんたちに新保ナス栽培の相談を寄せてきたんです。今でも、地域の大人が指導を行い、小学生が毎年、校庭で新保ナスを育てています。野路さんは、子どもたちが、将来、新保ナスを受け継いでくれたらと期待していると話します。
今回は、この新保ナスを使って中国料理を作ります。


今日の料理

新保ナスで本格!マーボーナス



<材料・2~3人分>

ナス…
1コ
サラダ油…
適量
豚ひき肉…
60g
にんにく…
小さじ1/2
トーバンジャン…
小さじ1/2
トーチ…
小さじ1/2
紹興酒…
大さじ1
しょうゆ…
小さじ1
砂糖…
小さじ1/2
鶏がらスープ(または水)…
200ml
ネギ…
1/4本
水溶きかたくり粉…
適量(水:かたくり粉/2:1)
ごま油…
適量

<作り方>

ナスを縦6等分にし、その半分を斜めに切ります。
鍋にたっぷりのサラダ油を入れ、強火・180℃の高温でナスを20~30秒揚げます。
フライパンで、豚ひき肉・にんにく・トーバンジャンをサラダ油でよくいためます。
一旦、火を止めてトーチを入れ、再び強火に戻していためます。
さらに、紹興酒・しょうゆ・さとう・スープを入れ、沸騰させます。
沸いたら、ナスを入れ、蓋をして、弱火で2分煮込みます。
蓋を開け、強火でネギのみじん切り・水溶きかたくり粉を入れ、とろみをつけます。
20秒ほど沸騰させ、ごま油を回し入れたら、完成です。

▲ ページの先頭へ