2022年01月28日 (金)永平寺町志比南(しひみなみ)地区でみつけ隊!【上原 美穂】

1月24日(月)放送の「ほやほやみつけ隊」は、

永平寺町志比南(しひみなみ)地区をご紹介しました。


永平寺町の南にある志比南地区

シンボルは、町の名前にもなっている曹洞宗の大本山永平寺です。

1-2_20220128.jpg

さて、今回の一福丸からの指令は?

指令【永平寺だけじゃない!地区の名物を調査せよ!!】


一体どんな名物があるんでしょうか。

まず出会ったのは、地区いちばんの物知りだという、

大関政英(おおぜき・まさひで)さん。

 

3_20220128.jpg


コロナの影響で、去年・おととしとお祭りができない中、

作られたのが、白山神社を模した、おみこしです!

4_20220128.jpg


このおみこしの中に、コロナ退散を願ったお札を納めて、家々に配ったそうです。

5-6_20220128.jpg
 
地区の皆さんが、なんとわずか5日で作ったそうです!


特にこだわったのが、「屋根のそり」の部分!

おみこしを作ったメンバーの長谷川通世さんによると、

堅い材質を使うとやわらかい曲線が出ないということで、

薄い板で屋根のそりを表現したそうです。

7-8_20220128.jpg

また、おみこしを作ったメンバーの清水辰夫さんは、

永平寺の参拝客が、いつか“ノーマスク”で来られるように

という願いを込めたそうです。

9_20220128.jpg


名物・その1は、「ミニチュア白山神社のおみこし」でした!

 

続いて出会った名物は、こちら!

カラフルでかわいらしい、ようかんです!

10_20220128.jpg


永平寺にある「すりこぎ」にちなんだ土産物。

以前は、すりこぎの形をしていました。

11_20220128.jpg


名物でしたが、3年前に生産終了に。

しかし、このかつての名物に強い愛着を持つ地元の人たちが、

観光客に受け入れてもらえよう研究し、試作を重ねています。

今年の春の販売を目指しているそうですよ!

12_20220128.jpg


永平寺門前観光協会の山口悦男さんは、

片手で手軽に食べられるものを作りたいと話していました。

13_20220128.jpg


名物・その2は、「すりこぎようかん」でした!

 

さて、3つめ。

志比南地区の一部の地区だけに伝わる、真っ黒な名物があるそうで・・・。

これです!!

14_20220128.jpg


たしかに真っ黒ですよね・・・!

から大根」という郷土料理です!!

地区の一部に伝わり、冠婚葬祭の席などで食べられています。

 

地区の皆さんに作ってもらいました!

結婚して地区に来て、およそ50年・仲良し3人組の

川本リユ子さん、中川まゆみさん、谷口なよ美さんです。

15_20220128.jpg

みなさん、初めて見たときはびっくりして、手が出なかったそうです。


気になる黒の正体は、なんと黒ごまです!!

16_20220128.jpg


黒の正体を知ると、食べてみたい!と思った方もいるんじゃないでしょうか?

では、から大根のレシピを教えちゃいますよ!

 

~から大根のレシピ~

【材料と分量】

〈大根 1kgの場合〉

★黒ごま 120g

★醤油 50g

★砂糖 28g

★サラダ油 17cc

★みりん 17cc

★酒 17cc

★唐辛子 1本

【作り方】
① 大根を輪切りにし、繊維にそって縦に短冊に切る。

② 大根がかぶるぐらいの水と、★の調味料を入れ、大根が柔らかくなるまで煮る。

③ ごまを1時間ほどすって、ねばりが出てきたら、下味をつけた大根と一緒に

 水気がなくなるまでさらに煮込む。(焦げ付かないように、ときどき鍋を振る)

④ 一晩寝かせて味をしみこませたら完成!

17_20220128.jpg

 

(ねばりが出るまですった黒ごま)


ごまを1時間もすらないといけないんですが、それだけ“苦労しても食べたい味”なんです!

我こそはという方は、ぜひ作ってみてください!!

18_20220128.jpg

名物その3は、「から大根」でした!


■お問い合わせ
 志比南公民館 
 住所:永平寺町市野々1-11
 電話:0776-63-3111

投稿者:上原 美穂 | 投稿時間:15:12

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲