2021年10月22日 (金) 福井市・森田地区でみつけ隊!【上原 美穂】

10月18日(月)放送の「ほやほやみつけ隊」は、福井市森田地区をご紹介しました。
福井市の北部、九頭竜川沿いにある森田地区。
最近は、福井市中心部のベッドタウンとして、年々人口が増えています。


1_20211021.jpg


さて、一福丸からの指令は?
【もりたシャルソンを体験せよ!】

「もりたシャルソン」とは・・・?

今年で5回目になる「もりたシャルソン」。
シャルソン」とは、ソーシャル(社会的な)とマラソンを組み合わせて作られた言葉。

もりたシャルソンは、
地区内を巡り、さまざまな発見や体験をSNSに上げて、交流を楽しむイベントです!


3-4_20211021.jpg

 

もりたシャルソンの仕掛け人、酒店を経営する竹内重人(たけうち・しげと)さん。
2_20211021.jpg


新しく引っ越してきた人たちと、昔から住んでいる人たち。
その交流の場を設けようと、もりたシャルソンを始めたそうなんです。

 

巡る場所は、オリジナルの地図に描かれた歴史スポットや雑貨店、飲食店などのお店。
5_20211021.jpg

 

このイベントで、お店の人や参加者同士など、新たな交流が生まれているそうです。
6_20211021.jpg


ということで、もりたシャルソンTシャツを着て体験することに!
7_20211021.jpg

 


1つ目のポイントは、大きな絵がある「石丸城公園」


8-9_20211021.jpg
 


この公園には、石丸城というお城があったそうです。
南北朝時代の武将、新田義貞の弟・脇屋義助が城主でした。

10_20211021.jpg

森田地区に住んで80年の片山栄一(かたやま・えいいち)さん。
城跡の面影を残した公園にしようと、市役所と地区の人たちでデザインしたといいます。

11_20211021.jpg

お堀があった場所に石を敷き、滑り台は遠くを見渡すための物見やぐらをイメージしているそうです。

 

 

12-13_20211021.jpg

続いて訪れたのは、まきストーブやキャンプ用品などを扱うお店。

14-15_20211021.jpg

ここでは、まき割りを体験することができます!

16_20211021.jpg

 

専用の道具もあるので、小さいお子さんでも安全にまき割り体験ができますよ!

17_20211021.jpg

まきストーブ店の福田久実(ふくだ・くみ)さん。
まき割りをする人たち同士、アウトドアの話題などで会話が弾むそうですよ。

18_20211021.jpg

2つ目のポイントは、「まき割り体験」でした!


ダンプカーから手を振る男性は、大型ダンプカーの運転手、白﨑雅之(しらさき・まさゆき)さん。
生まれも育ちも森田地区です。

 

19-20_20211021.jpg

 

3つ目のポイントでは、大型ダンプカーからの眺めを体験することができます!
見晴らしがよく、強くなった気分になりました!

21_20211021.jpg

 

体験した人たちからは、驚きや感動の声があるといいます。

22_20211021.jpg

森田の魅力が詰まった「もりたシャルソン」でした!!

 


■お問い合わせ
 森田公民館
 住所:?〒910-0145 福井県福井市下森田藤巻町2
 電話:0776(56)0195

投稿者:上原 美穂 | 投稿時間:18:25

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲