2022年01月21日 (金)福井市順化地区でみつけ隊!【北川 玲子】

1月17日(月)放送の「ほやほやみつけ隊」は、

福井市順化地区に行ってきました♪

順化地区は、JR福井駅西側に広がる、福井市の中心部。県庁やビルが立ち並びます。

01_20220120.jpg

福井駅からほど近い柴田神社には、
かつてこの地に城を築いた戦国武将・柴田勝家と、その妻・お市の方が祭られています。柴田家は、秀吉との戦いに敗れ、城と運命を共にしました。

02_20220120.jpg
3-4_20220120.jpg

順化には、県内一の繁華街「片町」もあります!
かつてここは城下町。福井藩御用達だった店も数多く残ります。
こちらの「みそ販売店」は、なんと創業から500年以上も続いています!

05_20220120.jpg

順化には、100年以上続く老舗が20以上もあるんですよ。
そんな貴重な歴史が残る順化
公民館では、5年前から歴史を学ぶ活動が続けられています。

06_20220120.jpg

集まっていたのは、「歴史を楽しむ会」のみなさん。
この日は、新年に行われていた城下町の名物行事「馬おどし」について、勉強会が開かれていました。
馬おどしとは、武士たちが出世をかけて、馬で誰が一番早く走れるかを競うもの。
庶民たちはそれを妨害して楽しんだという、なんともにぎやかなお祭りなんです。
メンバーはここで学んだ知識を生かして、観光ボランティアをしたり、順化小学校の子どもたちに歴史を教えたりと、活躍の場を広げています。

そんな順化地区で、一福丸から出された今回の指令は…
2022年!みつけ隊の無事を祈願するべし!

やってきたのは、福井市役所のお隣、佐佳枝廼社(さかえのやしろ)です。

07_20220120.jpg

ここは、福井藩初代藩主・結城秀康などが祭られる由緒正しい神社。
そんな佐佳枝廼社で、この寒い冬の時期に行われるありがた~い行事があるというのです。
順化地区に住む安達隆一さんと廣瀬理恵さんに聞きました。

08_20220120.jpg

その行事というのは、「みそぎ行事」!

09_20220120.jpg

佐佳枝廼社では毎年1月、水を浴びて厄を払う「みそぎ行事」が行われています!
およそ30年前、神社の春祭りを迎えるために氏子のみなさんが身を清めようと始めました。
安達さんと廣瀬さんは毎年このみそぎ行事に参加しているそうです!
安達さんによると、「年の初めの一つの大きな行事として、自分の健康を確認したり、家族の健康を祈ったり、一つの節目の行事」なんだそうですよ。

10_20220120.jpg

今回特別に、わたしも“みそぎ”をさせていただくことになりました!!
まずは、権禰宜(ごんねぎ)の位坂さんと一緒に、冷水をあびる前に「鳥船行事」を行います。

11-12_20220120.jpg

この「鳥船行事」では、船をこぐ動作をしながら和歌を歌って、精神を統一していきます。
準備運動も兼ねていて、体が徐々にあたたまりましたよ。
準備が整ったら、いざみそぎ!

13_20220120.jpg

2022年、みつけ隊、がんばるぞ!」と気合を入れて水をかぶりました!
緊張でドキドキしていたんですが、意外とたくさんの水をかぶることができたわたくし!
水をかぶったあとは、不思議と心がすっきりして、達成感にあふれていました!

14-15_20220120.jpg

みそぎが終わったら、すぐにしっかりと体を温めて、
清めた体で、ご祈とうをしていただきました。
これで2022年、みつけ隊を頑張ることができそうです!

安達さんによると、1年に1回しか会わない地域の方もいて、「ことしも元気で会えたね」、「またよろしくね」、とあいさつしながら楽しくやっているそうですよ。

16_20220120.jpg

順化の冬の恒例行事!地域の幸せを願う、大切な思いが詰まっていました。

2022年、トラのように力強く福井のほやほやを見つけていきます!
ことしもどうぞよろしくお願いいたします!!

17_20220120.jpg

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:14:30

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲