北川 玲子

2019年10月10日 (木)若狭町・三十三(みそみ)地区でみつけ隊!【北川 玲子】

10月10日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
若狭町三十三(みそみ)地区に行ってきました♪
自然豊かな山々に囲まれた三十三地区は、敦賀と小浜のちょうど中間地点に位置し、運送業などで大きな役割を担ってきました。

今回ご紹介した内容はこちら↓↓↓
☆地区の自慢☆
■元気いっぱいサークル活動
サークル活動が盛んな三十三地区では、現在10を超えるサークルが交流を深めています。このうち「歌おう会」は、誰でも口ずさめる唱歌、童謡、懐メロなどを元気に楽しく歌っています。また「みそみフラワーズ」は、空き地を花壇にし、種から花の苗を育て、毎年美しい花で、地域を彩っています。

20191010_k_01.jpg■三十三間山(さんじゅうさんげんざん)
三十三地区の名前の由来ともなった三十三間山は、京都の三十三間堂で使われた材木を切り出した場所といわれています。頂上は、草原が広がっていて雄大な風景が広がり、天気が良いと三方五湖、日本海や琵琶湖、遠くに青葉山(福井県高浜町と京都府舞鶴市の境にあります)や丹後半島などが望めます。

20191010_k_02.jpg
☆イチオシ☆
■地区を100年以上見守っている「十村駅(とむらえき)」

20191010_k_03.jpg
敦賀市と京都府舞鶴市を結ぶJR小浜線。
敦賀駅と十村駅間は、大正6年12月15日に開業し、まもなく102年となります。
最盛期には、年間およそ10万人が乗り降りするほど、十村駅はにぎわっていたそうです!

100周年のときには、ツアー客を乗せて臨時列車が訪れるなど、十村駅でイベントが盛大に開かれました。

20191010_k_04.jpg

100周年のお祝いに、鉄道唱歌の替え歌、小浜線バージョンも歌われたそうですよ!

20191010_k_05.jpg
そして十村駅の目の前には、当時のにぎわいを今に伝える建物があります。鉄道開通と同時に営業を始めた「石田商店」です。最盛期には、運送業や宿泊施設も営んでいました。

20191010_k_06.jpg

20191010_k_07.jpg

今では雑貨店として小さい子どもからお年寄りまで、地域の皆さんが訪れるお店。
撮影日にも、多くの地区の方が駄菓子を買いにきたり、店主の石田さんとのお話をたのしんだりしていました!

20191010_k_08.jpg
地元企業に就職が決まり、内定式の帰りに立ち寄ったという大学生の方にもお話をうかがえました。みんなで喜びを分かち合える場所なんですね。

向かい合って100年以上地区を見守ってきた十村駅と駅前の商店。
時代が変わっても、地区の皆さんの心のよりどころとなっていました★

20191010_k_09.jpg

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:18:40

2019年09月12日 (木)越前市・白山(しらやま)地区でみつけ隊!【北川 玲子】

9月12日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
越前市白山(しらやま)地区に行ってきました♪
コウノトリの町として知られる白山地区。まわりを山々に囲まれ、昼と夜の寒暖差が大きいため、おいしい農産物が育つといいます。

 今回ご紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■コウノトリに優しい農業
コウノトリの飛来で有名な白山地区では、えさとなるカエルやドジョウを守るために、無農薬・有機肥料による米作りを行っています。この取り組みをより多くの人に知ってもらおうと、地区のみなさんの力で、無農薬の純米吟醸酒が誕生しました。(コウノトリ:恒本明勇(あきお)さん撮影)

20190912_k_01.jpg
■越前しらやまSATOYAMAスタジオ
6年前から、地区の若者たちが、地区の自然・人・活動について多くの人に知ってもらおうと、FMラジオやインターネットを活用して情報を発信しています。企画から撮影まで自分たちで行い、現在は、今年オープンしたカフェ「白山さんち」で収録を行っています。地区のお祭りの様子など、白山ならではの情報が盛りだくさんです!

20190912_k_02.jpg

☆イチオシ☆
■秋の味覚 くり
白山観光くり園は、毎年9月の上旬から10月上旬まで、くり拾いが楽しめます。地区外からも多くくり拾いにやってくる人気のスポットです。
地区のみなさんとくり拾いをしました!

20190912_k_03.jpg20190912_k_04.jpg

大きなくりをたくさん拾った後は、初めてのくり料理に挑戦!
今回作ったのは、「くりの甘露煮」です。
鬼皮と渋皮をきれいにむくことに苦労しましたが、なんとか出来上がりました!

20190912_k_05.jpg20190912_k_06.jpg

作ったくりの甘露煮は、収録を行っていた「越前しらやまSATOYAMAスタジオ」で試食をしていただきました!

20190912_k_07.jpg

くり料理は初挑戦でしたが、白山のくりの新鮮さと美味しさに助けられ、高評価をいただけました!
そのあとは、「越前しらやまSATOYAMAスタジオ」の収録に参加。
白山地区で体験したことをたっぷり報告している様子が、9月22日(日)にたんなんFMで放送されます!同時にYouTubeでも公開されますので、「しらやまスタジオ」で検索してみてください!

白山の秋と、地区の人々のやさしさをたっぷり感じることができた一日でした★ 

20190912_k_08.jpg

■白山観光くり園
 10月6日(日)までの午前9時~午後4時
 (休園日:月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日)
 入園料 1人300円 くり1キロあたり800円
 0778(29)2625

■越前しらやまSATOYAMAスタジオ
 ・9月22日(日) 午後1時~
 たんなんFM(周波数:79.1MHz)鯖江市、越前市、そのほか電波が届く地域のみ
 ・Youtube 「しらやまスタジオ」で検索

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:18:40

2019年07月25日 (木)小浜市・小浜地区でみつけ隊!【北川 玲子】

7月25日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、小浜市の小浜地区に行ってきました♪
若狭湾に面し、かつては港町として栄えた小浜市の中心、小浜地区。連続テレビ小説「ちりとてちん」のロケ地としても知られる常高寺をはじめ、古くからの町並みが残っています。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■子ども箏(こと)教室
毎年、一年間かけて小学生たちが箏を練習し、発表会で練習の成果を披露します。長期間じっくり向き合うことで、箏の魅力を存分に感じることができるほか、礼儀作法についても学んでいます。

20190725_k_01.jpg

■芝居小屋・旭座
福井県内で現存する明治期の芝居小屋は旭座だけで、3年前に町の駅ができた際に、隣に移築復元されました。現在も、落語や地区のお祭りなど、多くの公演が開かれています。町の駅には、観光案内所やレンタサイクルなどが利用でき、観光客のみなさんに便利で楽しめる場所を目指し、整備が進んでいます。

20190725_k_02.jpg20190725_k_03.jpg

☆イチオシ☆
■小浜西組
小浜地区は、鯖街道で京と結ばれ、古くから港町として繁栄してきました。伝統的な町並みが残る地域「小浜西組」があり、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

20190725_k_04.jpg

かつては茶屋町として栄えた小浜西組にある三丁町は、最盛期は48軒ものお茶屋がありました。その中で唯一、現在もお茶屋文化を受け継ぐ料亭で、お座敷遊び体験をしました!

20190725_k_05.jpg

三味線体験では、最初はなかなかきれいな音が出なかったんですが、弦を押さえる指の運びに慣れてくると音が出せるようになり、気分はもう芸妓(げいこ)さんでした。
古くからの日本の風情ある雰囲気を満喫できる小浜西組。しかし、年々、空き家も増えてきたそうなんです。そこで、地元の人たちが協力して、使わなくなった町家を新たに宿として活用する動きが広まっています!
2年前から始まった空き家を宿にリノベーションする活動。現在、地区内に複数軒をかまえ、利用者も増えているそうです。

20190725_k_06.jpg

昔からの風情あふれる町並みが広がる小浜地区。皆さんの思いで、守り継がれていました★

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:18:38

2019年07月18日 (木)小浜市・内外海(うちとみ)地区でみつけ隊!【北川 玲子】

7月18日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、小浜市の内外海(うちとみ)地区に行ってきました♪
内外海半島に位置する地区は、山と海の美しい自然に囲まれています。夏には海水浴や釣りに訪れる人でもにぎわいます。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓
☆地区の自慢☆
■海の幸
地区に面する若狭湾は、恵まれた地形から栄養価の高いプランクトンが流れ込み、“日本海のポケット”とも言われます。地区では、漁業、養殖業が盛んで、新鮮な魚を楽しむことができます。地区で行われている定置網漁では、サワラやハマチなど、今、旬の魚をはじめ、たくさんの魚があがっていました!

20190718_k_01.jpg

■百人一首で詠まれた舞台
「わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らね 乾く間もなし」

20190718_k_02.jpg

この歌は、海の中で乾くことのない沖の石のように、私の袖も涙で乾くことがない、という切ない恋心を詠んだ歌です。
内外海に浮かぶ沖の石は、百人一首に収められている、二条院讃岐姫(にじょういんさぬきのひめ)が詠んだ歌に登場します。二条院讃岐姫は、平家との戦いに敗れ、若狭に流された父・源頼政とともに、地区内に住んでいたと伝えられています(諸説あります)。そんな歴史が残る地区に愛着をもってほしいと、子どもたちを対象にカルタ教室を開いています。

20190718_k_03.jpg

☆イチオシ☆
■内外海ならではの英会話教室
内外海公民館では、民宿の経営者向けの英会話教室が開かれています。

20190718_k_04.jpg

内外海地区には、50軒ほどの民宿がありますが、最近増えている外国人観光客と英語でコミュニケーションをとることができませんでした。そこで今年から、お風呂の入り方や民宿の朝食に出す生卵の食べ方など、民宿ならではの英会話を学ぶことができる英会話教室がスタートしました。

20190718_k_05.jpg

教室で習ったことは、実践でも生かされていて、先日訪れたオーストラリアのご家族を英語でもてなすことができたそうです!

20190718_k_06.jpg

国境を越えて、たくさんの人に魅力を伝えたいと英会話に励むみなさんでした。
食や文化、美しい自然など、内外海地区の魅力、どんどん発信していってくださいね!

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:18:40

2019年06月28日 (金)福井市・清水西地区でみつけ隊!【北川 玲子】

6月27日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、福井市清水西地区に行ってきました♪
清水西地区は、福井市南西の山あいに位置しています。自然が多く残る中、ニュータウンの開発も進み、人口も増えています。
今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■睦月(むつき)神事
国の重要無形民俗文化財に指定されているこの神事では、年の初めに、その年の豊作を祈願しています。現在では、大森町で4年に1度、睦月神事会館で奉納しています。今年2月にも、獅子舞や奴(やっこ)などの行列が地区内を練り歩いたあと、小学生の男の子たちによる「ささら」や「さいやいや」などの舞いなどが奉納されました。

20190627_k_01.jpg

■しみず西遊輝(さいゆうき)
子どもたちが活躍できる場を作り、三世代交流を図ろうと活動している青年グループ「しみず西遊輝」では、様々なイベントを行っています。巨大エアドーム作りでは、新聞紙をつなぎ合わせてドームを作り、中に風船を入れて遊びました。毎年恒例の「親子Deキャンプ」では、地区の自然の中で、魚のつかみ取りや五右衛門風呂などを体験し、地区の大人と子どもたちの交流を深めました。

20190627_k_02.jpg

☆イチオシ☆
■清水西・歴史マイスターへの道
地区には、古くから多くの歴史が残されています!館長から出された3つのお題をもとに、ほやほや探検隊、清水西に残された歴史を調査してきました!

≪有名すぎる紋所≫
乗泉寺には、屋根瓦や梵鐘(ぼんしょう)、火鉢、住職が法衣の上にまとう七條(しちじょう)と、いたるところにあの有名な葵の紋がついています。
実は、8代将軍徳川吉宗が将軍になる前、この一帯を治めていたことがあり、乗泉寺を訪れて地区の若者と交流したことが縁で、寺の紋に葵をつけることが許されました。

20190627_k_03.jpg≪奇跡の生還を遂げた仏像≫
地区にある滝波町では、平安時代のおわりに作られたという五智如来の5体の仏像と他4体、あわせて9体がお堂に安置されています。
戦国時代、一向一揆によって五智如来は寺院から持ち出され、洞ヶ谷(ほらがだに)という近くの谷に投げ捨てられてしまいます。しかし地元の人たちが谷底からなんとか引きあげ、現在まで大切に守り続けてきました。
また、仏像の魅力を広めようと地区の人たちが御朱印とお守りを手作りしました。

20190627_k_04.jpg≪古代を感じられる墓≫
地区内の山奥で、工事の際に偶然見つかった穴。1300年前に作られた、古墳の一種、横穴(おうけつ)と考えられています。墓とみられる穴の中には、鉄器で掘った跡や、排水の役割を果たす溝などがあります。

20190627_k_05.jpg

昔から語り継がれている歴史、新たに掘り起こされた歴史。
それぞれ地区の皆さんが誇りをもって大事にしている地区でした~★

20190627_k_06.jpg

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:17:21

2019年06月03日 (月)越前市武生南地区でみつけ隊!【北川 玲子】

5月30日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
越前市武生南地区に行ってきました♪
越前市のほぼ中心にある武生南地区は、住宅街が広がり、市で2番目に人口が多い地区です。

 今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■紫蘭がきれいな街
地区では、紫色のラン・紫蘭(シラン)で街並みを美しくしようという取り組みが行われています。10年ほど前から始まった紫蘭を植える活動が地区全体に広がり、今では毎年5月になるとのべ5㎞以上にわたって道路沿いが紫色の花で彩られます。5月12日に行われた紫蘭まつりでは、紫蘭を眺めながらみんなでウォーキングし、汗を流しました。

20190530_k_01.jpg


■女性が活躍する街
平成14年に男女共同参画公民館宣言を行って立ち上げた「いっしょの会」では、男女が協力することの大切さを発信しています。恒例行事、「ニコ・サンまつり」では、女性が企画した体験コーナーやパネル展示がまつりを盛り上げました。心の交流を深めたいと始まったあいさつ活動は10年以上続いていて、子どもたちにあいさつの大切さを伝えています。昨年、長年の活動が認められ、知事表彰を受けました。

20190530_k_02.jpg


☆イチオシ☆
■武生工業高校の部活動
武生工業高校は、丹南地区・唯一の工業高校です。都市・建築科、電気科、工業化学科、電子機械科の4学科に分かれていて、専門の技術を生かしたものづくりを学んでいます。

20190530_k_03.jpg

武生工業高校の都市工学クラブと建築文化部は、去年行われた「高校生ものづくりコンテスト北信越大会」の測量部門で全国1位、木材加工部門で全国大会の出場が確定しました!

20190530_k_04.jpg


①都市工学クラブの測量
土木で使われる測量器械を使って、実際に距離を測っていただきました!レーザーを使って、ミリ単位で測ることができる精度の高さにびっくり!
大会では、一辺がおよそ30メートルの五角形の正確な長さや角度などを測り、精度の高さを競います。

20190530_k_05.jpg


②建築文化部の伝統技術
伝統的な木材加工技術を学んでいる建築文化部。大会では、課題に基づいて設計図をかいて、木材を寸法通りに切ったり、削ったりして加工して、組み立てます。
古い建物を直す場合に、昔の大工の伝統技術が必要で、手仕事を学ぶことは大事なんだそうです。現役の職人でも難しい「四方転び」という技などを学んでいました。

20190530_k_06.jpg

20190530_k_07.jpg

夢をもって真剣に学んでいた武生工業高校のみなさん。
彼らの専門技術が地域を支えるものづくりにつながっていくんですね!

20190530_k_08.jpg

老若男女、誰もが自分らしく輝いている地区でした~★

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:12:05

2019年04月26日 (金)大野市富田地区でみつけ隊!【北川 玲子】

4月25日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、大野市富田地区に行ってきました♪
荒島岳のふもとにある富田地区は、九頭竜川と真名川に挟まれた田園地帯です。古くから交通の要として人の往来が盛んで、現在でも、鉄道や国道が走り、中部縦貫自動車道の建設も進んでいます。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■埴安(はにやすひめ)神社の里神楽
埴安姫神社の春の祭礼では、地元蕨生(わらびょ)区の青年団が、五穀豊じょうと家内安全を祈願した里神楽を奉納します。また、富田小学校でもその伝統を大切にしようと、毎年祭りに向けて「子神楽」の練習を行っています。小学生による「子神楽」は、夏にも、伝統芸能を紹介する発表会で披露されます。
20190426_01_2.jpg

■活発な老人会の活動
毎年10月に、老人会と小学生の交流会が行われています。昨年は、子どもたちが地区の歴史や民話を学んだあと、集落センターで老人会のみなさんと食事やゲームを楽しみました。子どもたちが、自分の地区について知るきっかけを作ることで、富田地区をもっと好きになってもらおうと取り組んでいます!また、花壇で街を彩ったり、お正月に手作り門松を飾るなど、地区を盛り上げようと活動しています。

20190425_02_2.jpg☆イチオシ☆
■地区で大切に守られてきたお地蔵さま
地区には「とみたのお宝マップ」という、石碑やお地蔵さま、お寺や桜の名所など、富田の見どころをまとめたマップがあります。このお宝マップで目立つのはお地蔵さま。なんと地区には、12体以上も!その中でも3つのお地蔵さまを訪ねました。

① 廻(まわ)り地蔵
風のあたり具合でお地蔵さまの向きが変わるため、昔から天気予報の役目をするとして重宝されたそうです!

20190425_03_2.jpg

② 栗原の六地蔵
昔、雑木林が広がっていた富田では、道に迷う人が多く、道しるべになるようにと作られました。現在でも、松田文雄さんがほこらの修繕をしたり、奥様が衣装を手作りしたりと、大切に守っています。

20190425_04_2.jpg

③ もりじぞう
旧森目小学校には、「もりじぞう」と呼ばれる、当時の児童が作った地蔵9体がおまつりされています。これは、当時の地域学習で、昔、水害被害を守るほこらがあったことを知った児童たちが、「もう一度自分たちで地区を守るシンボルを作ろう」と考え、手作りしたものです。小学校が廃校になった今でも、守り神として地区の人たちが大切におまつりしています。

20190425_05_2.jpg

お地蔵さまを通じて地域の人たちが心を通わせている地区でした★

20190425_06_2.jpg

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:16:30

2019年04月16日 (火)福井のみなさん、初めまして!【北川 玲子】

福井のみなさん、初めまして!
新年度から福井放送局に仲間入りした
キャスターの北川玲子です。
ずっと関西で生活してきたので、普段は関西弁がでてしまう私…
でも、福井で生活を始めて1か月!
福井の美しい自然に触れ、優しい皆さんとの出会いもあり、
居心地の良さを感じ始めた今日この頃です^^
楽しく、わかりやすく!みなさんの心に届くリポートを目指して、
日々頑張っていきたいと思います!

先日、越前町宮崎地区に、たけのこ収穫体験に行ってきました!
この日は、春らしいあたたかな天気。
青空の下、竹林のきれいな緑が映えていました。 

20190416_k_01_r.jpg

初めてのロケ…どきどき。

20190416_k_03_r.jpg

記念すべき、私のはじめての収穫体験!
出来栄えは…?

20190416_k_04_r.jpg20190416_k_05_r.jpg

あちゃ~!

狙ったところにくわがおろせず、たけのこは真っ二つに…
きれいに収穫するのは難しい…プロのすごさを実感しました。

たけのこを収穫したあとは、
産地ならではの、部位ごとの特徴を生かしたたけのこ料理を教えていただきました!
毎日でも食べたいほどの美味しさでした!

20190416_k_06_r.jpg

帰宅後、真っ二つに割れてしまったたけのこで、
たけのこご飯にチャレンジ!
初めて自分で掘ったたけのこは、おいしさもひとしお。
おにぎりにして、職場でも春の味覚を楽しめました♪

20190416_k_07_r.jpg

お世話になったみなさま、ありがとうございました!

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:17:00

ページの一番上へ▲