北川 玲子

2019年06月03日 (月)越前市武生南地区でみつけ隊!【北川 玲子】

5月30日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
越前市武生南地区に行ってきました♪
越前市のほぼ中心にある武生南地区は、住宅街が広がり、市で2番目に人口が多い地区です。

 今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■紫蘭がきれいな街
地区では、紫色のラン・紫蘭(シラン)で街並みを美しくしようという取り組みが行われています。10年ほど前から始まった紫蘭を植える活動が地区全体に広がり、今では毎年5月になるとのべ5㎞以上にわたって道路沿いが紫色の花で彩られます。5月12日に行われた紫蘭まつりでは、紫蘭を眺めながらみんなでウォーキングし、汗を流しました。

20190530_k_01.jpg


■女性が活躍する街
平成14年に男女共同参画公民館宣言を行って立ち上げた「いっしょの会」では、男女が協力することの大切さを発信しています。恒例行事、「ニコ・サンまつり」では、女性が企画した体験コーナーやパネル展示がまつりを盛り上げました。心の交流を深めたいと始まったあいさつ活動は10年以上続いていて、子どもたちにあいさつの大切さを伝えています。昨年、長年の活動が認められ、知事表彰を受けました。

20190530_k_02.jpg


☆イチオシ☆
■武生工業高校の部活動
武生工業高校は、丹南地区・唯一の工業高校です。都市・建築科、電気科、工業化学科、電子機械科の4学科に分かれていて、専門の技術を生かしたものづくりを学んでいます。

20190530_k_03.jpg

武生工業高校の都市工学クラブと建築文化部は、去年行われた「高校生ものづくりコンテスト北信越大会」の測量部門で全国1位、木材加工部門で全国大会の出場が確定しました!

20190530_k_04.jpg


①都市工学クラブの測量
土木で使われる測量器械を使って、実際に距離を測っていただきました!レーザーを使って、ミリ単位で測ることができる精度の高さにびっくり!
大会では、一辺がおよそ30メートルの五角形の正確な長さや角度などを測り、精度の高さを競います。

20190530_k_05.jpg


②建築文化部の伝統技術
伝統的な木材加工技術を学んでいる建築文化部。大会では、課題に基づいて設計図をかいて、木材を寸法通りに切ったり、削ったりして加工して、組み立てます。
古い建物を直す場合に、昔の大工の伝統技術が必要で、手仕事を学ぶことは大事なんだそうです。現役の職人でも難しい「四方転び」という技などを学んでいました。

20190530_k_06.jpg

20190530_k_07.jpg

夢をもって真剣に学んでいた武生工業高校のみなさん。
彼らの専門技術が地域を支えるものづくりにつながっていくんですね!

20190530_k_08.jpg

老若男女、誰もが自分らしく輝いている地区でした~★

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:12:05

2019年04月26日 (金)大野市富田地区でみつけ隊!【北川 玲子】

4月25日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、大野市富田地区に行ってきました♪
荒島岳のふもとにある富田地区は、九頭竜川と真名川に挟まれた田園地帯です。古くから交通の要として人の往来が盛んで、現在でも、鉄道や国道が走り、中部縦貫自動車道の建設も進んでいます。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■埴安(はにやすひめ)神社の里神楽
埴安姫神社の春の祭礼では、地元蕨生(わらびょ)区の青年団が、五穀豊じょうと家内安全を祈願した里神楽を奉納します。また、富田小学校でもその伝統を大切にしようと、毎年祭りに向けて「子神楽」の練習を行っています。小学生による「子神楽」は、夏にも、伝統芸能を紹介する発表会で披露されます。
20190426_01_2.jpg

■活発な老人会の活動
毎年10月に、老人会と小学生の交流会が行われています。昨年は、子どもたちが地区の歴史や民話を学んだあと、集落センターで老人会のみなさんと食事やゲームを楽しみました。子どもたちが、自分の地区について知るきっかけを作ることで、富田地区をもっと好きになってもらおうと取り組んでいます!また、花壇で街を彩ったり、お正月に手作り門松を飾るなど、地区を盛り上げようと活動しています。

20190425_02_2.jpg☆イチオシ☆
■地区で大切に守られてきたお地蔵さま
地区には「とみたのお宝マップ」という、石碑やお地蔵さま、お寺や桜の名所など、富田の見どころをまとめたマップがあります。このお宝マップで目立つのはお地蔵さま。なんと地区には、12体以上も!その中でも3つのお地蔵さまを訪ねました。

① 廻(まわ)り地蔵
風のあたり具合でお地蔵さまの向きが変わるため、昔から天気予報の役目をするとして重宝されたそうです!

20190425_03_2.jpg

② 栗原の六地蔵
昔、雑木林が広がっていた富田では、道に迷う人が多く、道しるべになるようにと作られました。現在でも、松田文雄さんがほこらの修繕をしたり、奥様が衣装を手作りしたりと、大切に守っています。

20190425_04_2.jpg

③ もりじぞう
旧森目小学校には、「もりじぞう」と呼ばれる、当時の児童が作った地蔵9体がおまつりされています。これは、当時の地域学習で、昔、水害被害を守るほこらがあったことを知った児童たちが、「もう一度自分たちで地区を守るシンボルを作ろう」と考え、手作りしたものです。小学校が廃校になった今でも、守り神として地区の人たちが大切におまつりしています。

20190425_05_2.jpg

お地蔵さまを通じて地域の人たちが心を通わせている地区でした★

20190425_06_2.jpg

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:16:30

2019年04月16日 (火)福井のみなさん、初めまして!【北川 玲子】

福井のみなさん、初めまして!
新年度から福井放送局に仲間入りした
キャスターの北川玲子です。
ずっと関西で生活してきたので、普段は関西弁がでてしまう私…
でも、福井で生活を始めて1か月!
福井の美しい自然に触れ、優しい皆さんとの出会いもあり、
居心地の良さを感じ始めた今日この頃です^^
楽しく、わかりやすく!みなさんの心に届くリポートを目指して、
日々頑張っていきたいと思います!

先日、越前町宮崎地区に、たけのこ収穫体験に行ってきました!
この日は、春らしいあたたかな天気。
青空の下、竹林のきれいな緑が映えていました。 

20190416_k_01_r.jpg

初めてのロケ…どきどき。

20190416_k_03_r.jpg

記念すべき、私のはじめての収穫体験!
出来栄えは…?

20190416_k_04_r.jpg20190416_k_05_r.jpg

あちゃ~!

狙ったところにくわがおろせず、たけのこは真っ二つに…
きれいに収穫するのは難しい…プロのすごさを実感しました。

たけのこを収穫したあとは、
産地ならではの、部位ごとの特徴を生かしたたけのこ料理を教えていただきました!
毎日でも食べたいほどの美味しさでした!

20190416_k_06_r.jpg

帰宅後、真っ二つに割れてしまったたけのこで、
たけのこご飯にチャレンジ!
初めて自分で掘ったたけのこは、おいしさもひとしお。
おにぎりにして、職場でも春の味覚を楽しめました♪

20190416_k_07_r.jpg

お世話になったみなさま、ありがとうございました!

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:17:00

ページの一番上へ▲