2020年09月14日 (月)福井市・清水東(しみずひがし)地区でみつけ隊!【太田 実穂】

9月14日(月)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
福井市の清水東(しみずひがし)地区に行ってきました。
人口1782人、福井市中心部から車でおよそ20分のところにあります。
古くから地域の方たちが守り続けているものがたくさんあり、
日清戦争や日露戦争の戦死者をまつる忠魂社や
藤原鎌足の孫が創建した氣比神社などが大切にされています。

20200914_0100.jpg
他にもこんなものが!

越前菅笠(えちぜんすげがさ)
清水東地区のシンボルで、農家の副業として、明治時代から作り続けられ、県の郷土工芸品に指定されています。
すげがさは、雨よけにも日よけにもなり通気性もあるそうです。

地区の職人さんが生み出した作品は、お祭りなどで使われる踊り笠(がさ)など様々な種類があります。
地区では、すげがさを使って踊る「清水すげ笠(がさ)音頭」という音頭があり、
地区の夏祭りや運動会などで踊られています。

20200914_02.jpg

 今回は、すげがさをかぶって、地区の豊かな自然を満喫してきました。

≪サイクリング≫

20200914_03.jpg

実は、清水東地区、サイクリングに力を入れていて、地区の名所や自然を巡るサイクリングマップが作られているほか、サイクリングイベントも開かれています。
また、清水東公民館は、福井市内の公民館で初めて『自転車の駅』に指定されていて、空気入れや自転車の修理用の工具が置かれていたり休憩所が設けられています。

20200914_04.jpg

サイクリングでは、堤防沿いを走り、いまも野菜を洗うなど日常的に利用されている地区の名所「大谷川」に行ってきました!
大谷川は、暮らしとともにある川として「福井市の里川」に認定されています。

20200914_05.jpgつづいては里山に登り、「よっしーの森」という場所に向かいました。

20200914_06.jpg

よっしーの森とは、里山の魅力を発信している吉田真美子さんが所有する山で、子どもたち向けに開放している遊び場です!
よっしーは、吉田さんの愛称から名付けられたそうです!
吉田さんは、10年ほど前から林業士や森林インストラクターなどの資格を生かして、よっしーの森で子どもたちに様々な自然体験を教えています。
また、去年からは、地区独自の活動「里山まるごとたのしみ隊」の中心メンバーとしても活躍しています。

20200914_07.jpg私も、吉田さん手作りのブランコに乗ったりハンモックに座ったりして自然を満喫しました~!!秘密基地にいる気分になりはしゃいでしまいました!

20200914_08.jpg

清水東地区は、豊かな自然で心も体もよっしー★
清水東地区のみなさんありがとうございました(^▽^)/

20200914_09.jpg

■お問い合わせ
清水東公民館
 住所:福井市三留町14-11-1
 電話:0776-98-4510

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:19:11

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲