2019年02月14日 (木)池田町土合皿尾地区でみつけ隊! 【太田 実穂】

2月14日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、池田町土合皿尾(どあいさらお)地区に行ってきました!
自然豊かで四季折々の風景や食を楽しむことができる静かな山あいの地区ですよ。

今回紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
■地区に伝わる大きな岩『神酒岩(みきいわ)』
一説によると、その昔、集落で水路を作ろうとしたところ、大きな岩の壁が立ちはだかったため神様に祈りました。すると、岩は一晩にして割れ、無事水路ができあがり、その日に合わせてこの岩にお神酒を供え感謝したそうです。

20190214o01.jpg

■土合にある『西徳寺(さいとくじ)』
地区の高台にあるお寺です。
秋には、たった一本のモミジが見事に紅葉し、その落ち葉で作った紅葉ロードが素晴らしいです。また、鐘つき堂の屋根も変わった形をしています。冬の時期、屋根に雪が積もると、屋根の瓦が傷んでしまうためそれを防ぐために三角の囲いをつけて雪が自然に落ちていくように工夫しているそうです。

20190214o0203.jpg

 ☆イチオシ☆
■地区のシンボル『ふるさとふれあい道場』
ふるさとふれあい道場は、そば打ち体験やおいしいそばを楽しむことができます。

 

20190214o0405.jpg

今回はこの時期ならではの楽しみ方を2つ教えてもらいました!
一つ目は、つる草を編んだつり橋『かずら橋』。
全長44メートル、足羽川渓谷から12メートルの高さです。
冬の時期は閉鎖されていますが、ことしの冬からふるさとふれあい道場の許可を得ればすげがさとかんじきを借りて渡ることができるようになりました!
≪ただ積雪が多い時など危険な時は閉鎖されるそうです≫

20190214o0607.jpg

二つ目は、池田町産自家栽培のそばを作るプロジェクト。
池田町はそばの名産地!
去年6月から、池田町民を中心としたグループが農園を整備して池田町産自家栽培のそばを作るプロジェクトがスタートしました!
去年11月には、初収穫!ことし1月から道場で味わうことができるんです。

20190214o0811.jpgみんなで幸せや喜びを分かち合っている地区でした。

20190214o12.jpg

■お問い合わせ
ふるさとふれあい道場
福井県今立郡池田町土合皿尾14-7-1
0778-44―6878

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:32

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲