2018年08月30日 (木)坂井市磯部(いそべ)地区でみつけ隊!【太田 実穂】

8月30日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、坂井市の磯部(いそべ)地区に行ってきました!
磯部地区は、坂井市のほぼ中央部で、福井市のベッドタウンとして人口が増えてきています。

今回紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
■磯部ふれあい寺子屋
ことし4月に地区の世代間交流のためにスタートしたものです。
5月から11月にかけて半年間で5回の講義が行われ、児童19名と地区の大人8名が同じクラスメイトとして受講しています。内容は、科学実験、企業見学、プログラミング体験などで楽しい時間を過ごしています。

20180830o0102.jpg
■ホタルが舞う水辺の里づくり
磯部地区内の下安田地区では、農業用水路の跡地を利用して作られたビオトープ水路でホタルの保全に向けた活動を3年前から行っています。11月頃から児童がホタルの幼虫を育て、翌年3月にはビオトープ水路に放流して、6月には水路を飛び交うホタルの様子を地域の人達で鑑賞します。

20180830o0304.jpg

 

☆イチオシ☆
■ひっぱりだこ座
ひっぱりだこ座は、平成15年に磯部地区の芝居好きの60~80代の女性で結成された劇団です。きっかけは、当時、福井で活躍していた高齢者の劇団に刺激を受けたことだそうです。「ひっぱりだこ座」という名前は、ひっぱりだこになるような人気劇団になりたいという思いから名付けられました。

20180830o0506.jpg

ひっぱりだこ座は、高齢者施設や地区の敬老会などで公演し、多い時には月に4回、年間30回にものぼります。演劇や日本舞踊、剣舞などレパートリーは、15もあります。衣装や小道具は、全てメンバーの手作りです。

20180830o0708.jpg

今回は、私と一福丸も仲間に入れてもらい「水戸黄門」の劇をしました!
私は、悪代官の役をさせてもらいましたよ。

20180830o0910.jpg

20180830o11.jpg

磯部地区は、子どもからお年寄りまで生き生きと楽しく暮らしているまちでした!

☆お問い合わせ☆
■磯部コミュニティセンター
住所:福井県坂井市丸岡町下安田19-15
電話:0776-66-7430

20180830o12.jpg

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:30

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲