太田 実穂

2018年12月20日 (木)おおい町名田庄地区でみつけ隊!【太田 実穂】

12月20日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
おおい町の名田庄(なたしょう)地区に行ってきました!
名田庄地区は、嶺南の南西にあり、南川に沿って集落が点在する山あいの地区です。

今回紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
■名田庄地区納田終(のたおい)の伝承料理『はなくそもち』
「はなくそもち」は、釈迦の命日の法要「ねはんえ」にお供えするもので、米粉を主な原料として、大豆を混ぜ込み、練って形をつくりフライパンで焼いたものです。諸説ありますが、昔、くず米を使っていて色が悪かったため、「はなくそもち」といわれているそうです。今では、作る人も少なくなりましたが、おおい町内の小学校で、伝承料理を学ぶ授業で作られています。

20181220o01.jpg               

■名田庄地区の職人さんが守り続ける研磨炭(けんまたん)
研磨炭とは、若狭塗などの漆器や仏具などの金属を磨く炭です。
名田庄地区の、木戸口武夫(きどぐち・たけお)さんは、全国でも珍しい研磨炭職人で、ことし11月には、その道の模範となる人などに贈られる黄綬褒章を受章されました。木戸口さんが作る研磨炭は、全国の伝統工芸に携わる方々に愛され、海外でも使われています。

20181220o03.jpg

 

☆イチオシ☆
■裃工房紀平(かみしもこうぼうきひら)
全国でも珍しい染めから仕立てまでを行う女性のかみしも職人・柿本京子(かきもと・きょうこ)さんの工房です。
柿本さんの京都にある実家は、かみしもづくりに携わっていました。
柿本さんも10代の時から家業を手伝い、16年前に名田庄地区に移住してきました。

20181220o0405.jpg

大河ドラマでも見られますが、かみしもは、江戸時代に入ってから武士階級の正装とされていました。現在では、伝統芸能や伝統行事で着用されています。
かみしもは、用途によって、絹、麻、木綿から作られ、
1着出来上がるまでには、およそ10日間かかるそうです。
柿本さんのかみしもは、去年4月の観世能楽堂開場記念公演の際や、滋賀県の大津祭の曳山の警護役のかみしもとして着用されています。
注文を受けてからの手作りです。
今、手がけているかみしもは、高浜七年祭でみこしの警護役の方が着る予定のかみしもです。

裃工房紀平では、かみしもを作る工程の一部分、型友禅染め付けの体験ができるということでわたしも体験させてもらいました。

20181220o0607.jpg20181220o08.jpg

伝統の思いや技術が受け継がれていく名田庄地区。受け継ぐことの大変さと尊さを知りました。

20181220o09.jpg

 

■お問い合わせ
おおい町里山文化交流センター
住所:福井県大飯郡おおい町名田庄久坂3-21-1
TEL:0770-67―3250

 

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:30

2018年12月13日 (木)高浜町和田地区でみつけ隊!【太田 実穂】

12月13日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、高浜町の和田(わだ)地区に行ってきました!
和田地区は、青葉山を望む美しい海で知られる地区です。
路地が多く風情豊かな町並みが広がります。

今回紹介した内容はこちら↓

 

☆地区の自慢☆
■ブルーフラッグを取得した『若狭和田ビーチ』
国際的な環境団体が与える認証の「ブルーフラッグ」をアジアで初めて取得しています。地区のみなさんや子どもたちは、この美しい海を守るために一年を通して、ごみ拾いなどの活動を積極的に行っています。また、ライフセーバーと障害をもつ子どもたちが一緒に海を楽しむイベントや地元の小学校の「砂浜運動会」、6月から10月には一般の方に向けて「サップヨガ」が行われます。

20181213o_0102.jpg

■ことしで10回目になる和田のイベント『和田de路地祭』
和田地区には、路地がたくさんあり、それらを利用して地域の絆を深めようと始まりました。毎年9月に2日間の日程で行われます。路地に80メートルのテーブルを並べて地域のみんなで食事を楽しむ長街宴(ちょうがいえん)があります。この長街宴では古着をリメイクしたファッションショーも行われます。

20181213o_0304.jpg

 

☆イチオシ☆
■笑顔が集う町の縁側 和田公民館 うらら
和田公民館うららは、ことし4月に地区の人たちの思いを取り入れて改築されました。
うららは、春の暖かい縁側のような公民館になってほしいと「春うらら」からきているそうです。そして、地元のことばで自分たちのことを「うららぁ」ということからみんなの公民館という意味があるそうです。

20151213o_05.jpg

うららには、子ども連れの方がゆったり遊べるスペース、おしゃれなカフェのような雰囲気が味わえるスペースなどがあります。
以前の公民館の時は、高齢者の方の利用が中心だったそうですが、うららになってからは、様々な年齢層の方が利用するようになったそうです!

20181210o_0607.jpg

今回訪れた際は、和室で地元の小学生の茶道教室が行われていたり防音の音楽スタジオで尺八を演奏するバンブークラブの方たちが練習をされていたりしました。

20181210o_0809.jpg

うららは、活動と憩いの場所としてみなさんに愛されていました!

20181213o_10.jpg


■お問い合わせ
和田公民館うらら
住所:福井県大飯郡高浜町和田123-24-2
TEL:0770-72-1325

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:30

2018年11月15日 (木)勝山市遅羽地区でみつけ隊! 【太田 実穂】

11月15日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、勝山市の遅羽(おそわ)地区に行ってきました!
遅羽地区は九頭竜川に沿った南北8キロ程の細長いまちで美しい自然が楽しめる地区。そして、歴史とロマンに満ちた『縄文の里』でした!
今回紹介した内容はこちら↓

■三室(みむろ)遺跡
三室遺跡は、遅羽地区にある標高およそ182メートルの三室山の西側のふもとに広がる縄文時代の遺跡です。
昭和28年に福井県の史跡に指定されました。

20181115o0102.jpg

そして、三室遺跡は『配石(はいせき)遺構』という珍しい遺構が発掘されたことでも注目されています。
『配石遺構』とは、河原石などが並べられたものです。
いろいろな研究がされていて、三室遺跡の場合は、祭し場として使われたのではと考えられています。配石遺構は、東北地方で見つかることが多く、このあたりで見つかるのはとても珍しいそうです。

20181115o0304.jpg

遅羽公民館の2階には、縄文遺跡等資料室という勝山市の歴史を知ることができる資料室があります。その中に、三室遺跡で発掘された縄文土器や土を掘る道具、縄文時代のジオラマも展示されています。

20181115o0506.jpg

そんな縄文の里遅羽地区では、縄文の里にちなんだ行事が行われています!
一つ目は『原始運動会』です!
遅羽地区にある三室小学校では、毎年、全校児童と職員が縄文時代の人にふんし、児童が当時の暮らしぶりを想像しながら考えた競技で運動会をしています。平成2年に初めて行われ、毎年、大勢の見物客が訪れる運動会になっています!

20181115o0708.jpg縄文の里料理研究会は、勝山の郷土料理を伝え、地区をはじめ勝山市を盛り上げたいと立ち上げた遅羽地区の女性グループです!
ことし4月には、空き家を地区の方の協力で改装し「福井ふるさと茶屋縄文の里」をオープンしました!

20181115o0910.jpg

地区の方の雑貨の販売やボランティア演奏があり、さまざまな楽しみ方ができるんです!

20181115o1112.jpg

これは、縄文の里料理研究会の原点になった縄文ぼたもち!
三室遺跡がある縄文の里にちなんで古代米の黒米が入っているそうです!

20181115o13.jpg

普段は、研究会の方が愛情を込めて作った「おまかせランチ」が提供されます!

20181115o14.jpg

縄文の里を満喫しました★

20181115o15.jpg

■お問い合わせ
遅羽公民館
住所:福井県勝山市遅羽町大袋48-42
TEL:0779-88-0364

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:36

2018年11月01日 (木)敦賀市東浦地区でみつけ隊! 【太田 実穂】

11月1日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、敦賀市の東浦(ひがしうら)地区に行ってきました!
東浦地区は、敦賀市の北東に位置しています。東に山、西に敦賀湾、豊かな自然と景観に恵まれた地区です。
今回紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
■赤崎獅子舞
江戸時代から行われているとされる五穀豊じょうや無病息災を願う伝統行事です。昭和37年に県指定無形民俗文化財に指定されています。毎年9月に、赤崎八幡宮で赤崎獅子舞奉賛会のメンバーが、花やツルなどの絵が描かれた赤色の華やかな衣装を身に着け、笛や太鼓の音に合わせて様々な舞を披露しています。

20181101o_1_2.jpg

■山の神講(かんこ)
毎年12月、上半身裸になった地区の男の子が元気よく山道を駆け抜ける奇祭です。室町時代から伝わるとされ、田畑など村の平穏を祈るものです。田畑を荒らした妖怪「ヌエ」を神仏に祈とうして退治した伝説に由来し、男の子たちは山の神にお供え物を届け、帰りは顔を白く塗ってお地蔵さんに変装して再び山道を走ります。子どもたちが災いから守られるようにという思いも込められています。

20181101o_3_4.jpg

 

☆イチオシ☆
■東浦地区の特産、黄色に輝く宝石≪東浦みかん≫
東浦地区の特産である『東浦みかん』は、江戸時代末期に、東浦地区の特産にしようと栽培が始まりました。
東浦みかんは、甘さと酸っぱさのバランスが抜群!

20181101o_5_6.jpg

今回は、みかんの収穫に挑戦したり地区で昔から伝わる「焼きみかん」を食べさせてもらったりしました!昔、東浦みかんはとても酸っぱく、焼いて食べると甘さが増すことからみかんを焼いて食べていたそうです!

20181101o_7_8.jpg

魅力いっぱいの東浦みかんですが、近年、農家の高齢化や担い手不足でみかん畑が減少しています。
そこで、地区には、東浦みかんを守ろうと頑張る人たちがたくさんいます!

『東浦みかん特産化組合』という地区の有志の方たちが、昨年6月から、高齢の農家に代わってみかんの管理を行っています。元会社員が多く、本格的な栽培の経験はないため、専門家からの指導を受けてみかんを栽培しています。
今年4月、耕作放棄地に200本のみかんの苗木を植栽しました。数年後にみかん狩りが楽しめるみかん園を作ろうという計画をしているそうです。

20181101o_9.jpg

地元の小学生や中学生も、みかんの収穫作業などを手伝ったり販売やPR活動を一年を通して行っています。

20181101o_10_11.jpg

地区の宝を守り続けていくために、子どもから大人までが
一つになって頑張っていました!

20181101o_12.jpg


■お問い合わせ
東浦公民館
住所:敦賀市五幡32-8-1
TEL:0770-28-1251

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:30

2018年10月18日 (木)美浜町新庄地区でみつけ隊! 【太田 実穂】

10月18日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、美浜町の新庄(しんじょう)地区に行ってきました!
新庄地区は、美浜町の中央部を流れる耳川の中流から上流域にある広大な自然に囲まれた地区です
今回紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
■新庄和太鼓 山族鼓打舞
平成27年3月に地区のみんなの思い出がつまった新庄小学校が廃校になりました。最後に何かできないかという思いから和太鼓演奏グループが結成されました。現在、メンバーは、小学生9人と30代から40代の方7人で、週2回の練習を重ね、地区の敬老会や夏祭りなどで披露しています。

20181018o1_2.jpg

■豊富なトレッキングコース
自然豊かな新庄地区には、おすすめのトレッキングコースが5つあります。地元住民を中心に美浜町の自然を生かしたまちづくりを進めるプロジェクトが行われ、平成27年から29年度に登山道や体験施設が整備されました。新庄地区の山の魅力に親しむことができるルートとなっています。

20181018o3_4.jpg

☆イチオシ☆
■森の隠れ家「森と暮らすどんぐり倶楽部」
新庄地区には、自然に触れる施設がたくさんあります!
その中で、今回、ご紹介したのが「森と暮らすどんぐり倶楽部」。
森の恵みを活かした場所が新庄地区にできないかという思いから、
新庄地区の方々が協力してオープンしました。
森の案内やピザ焼き体験などの自然体験プログラムが楽しめるほか
カフェが併設されています。

20181018o5_6.jpg

今回は、自然体験施設の周りの草木を観察したり「ツル細工」という体験をさせてもらったりしました!

20181018o7_8.jpg20181018o9_10.jpg

森での楽しい体験を通して新庄地区の自然を満喫できました。

20181018o11.jpg

☆新庄公認キャラクターモミじん☆

■お問い合わせ
新庄山村開発センター
住所:福井県三方郡美浜町新庄65-62
TEL:0770(32)0058

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:33

2018年10月11日 (木)小浜市宮川地区でみつけ隊! 【太田 実穂】

10月11日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、小浜市の宮川(みやがわ)地区に行ってきました!
宮川地区は、小浜市の東部にある田園地帯です。史跡や文化財、伝統行事も数多く残っています。
今回紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
■花の里 みやがわ
宮川地区は平成15年から「花の里 みやがわ」というキャッチフレーズを掲げ、地区内外はもとより県外の方々にも季節の花を楽しんでもらいたいと考え活動しています。
およそ150個のプランターを宮川地区の通学路に設置しているほか、ことしは、福井国体・障害者スポーツ大会の時期に合わせてコスモスを植えました。

20181011o0102.jpg

 

■虫送り
農作物に被害を与える害虫の駆除を祈願して、年に一度、集落ごとに太鼓、かね、たいまつをもって農道を歩きます。また、小学生による虫送りの歌や太鼓の演奏もあり、毎年大盛況の行事です。農業技術の進歩や農薬の普及により、戦後しばらく中断したものの、虫送りを懐かしむ人々によって復活し、地区の行事として伝承されています。

20181011o0304.jpg

☆イチオシ☆
■メガファーム
メガファームとは、田んぼや畑を100ヘクタール規模で管理する大規模な農業経営のことをいいます。宮川地区には、嶺南初のメガファームがあるんです!!
米価の下落や後継者不足などの問題から地区の中心であった農業を進めていくのが難しくなってきたことから地区のみなさんが協力して、地区内1つの組織として立ち上げ、効率的に農業を進めていくことになりました。

20181011o0506.jpgメガファームでは、収穫したコメの乾燥・保管・精米までを一貫して行い、作業の大幅な効率化につなげています。

20181011o0708.jpg

地域の農地の維持・管理も行い、高齢化が進む農家の助けにもなっています。
このようなことから、生産コストが地域全体で削減され、耕作放棄地が減少しました。

また、園芸ハウスを導入し、農閑期の冬でも栽培できるようにして、年間の生産性向上にもつなげています。

20181011o0910.jpgそして、メガファームは、農業だけではなく、お祭りの会場となるなど、地域の絆を深めています!

20181011o1112.jpg

農業の先進地域として注目される宮川地区。
農業も地区のみなさんの地区を思う気持ちもメガ級でした!

20181011o13.jpg

☆お問い合わせ
■宮川公民館
TEL:0770-57-1201
住所:福井県小浜市加茂2-17-2

 

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:30

2018年08月30日 (木)坂井市磯部(いそべ)地区でみつけ隊!【太田 実穂】

8月30日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、坂井市の磯部(いそべ)地区に行ってきました!
磯部地区は、坂井市のほぼ中央部で、福井市のベッドタウンとして人口が増えてきています。

今回紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
■磯部ふれあい寺子屋
ことし4月に地区の世代間交流のためにスタートしたものです。
5月から11月にかけて半年間で5回の講義が行われ、児童19名と地区の大人8名が同じクラスメイトとして受講しています。内容は、科学実験、企業見学、プログラミング体験などで楽しい時間を過ごしています。

20180830o0102.jpg
■ホタルが舞う水辺の里づくり
磯部地区内の下安田地区では、農業用水路の跡地を利用して作られたビオトープ水路でホタルの保全に向けた活動を3年前から行っています。11月頃から児童がホタルの幼虫を育て、翌年3月にはビオトープ水路に放流して、6月には水路を飛び交うホタルの様子を地域の人達で鑑賞します。

20180830o0304.jpg

 

☆イチオシ☆
■ひっぱりだこ座
ひっぱりだこ座は、平成15年に磯部地区の芝居好きの60~80代の女性で結成された劇団です。きっかけは、当時、福井で活躍していた高齢者の劇団に刺激を受けたことだそうです。「ひっぱりだこ座」という名前は、ひっぱりだこになるような人気劇団になりたいという思いから名付けられました。

20180830o0506.jpg

ひっぱりだこ座は、高齢者施設や地区の敬老会などで公演し、多い時には月に4回、年間30回にものぼります。演劇や日本舞踊、剣舞などレパートリーは、15もあります。衣装や小道具は、全てメンバーの手作りです。

20180830o0708.jpg

今回は、私と一福丸も仲間に入れてもらい「水戸黄門」の劇をしました!
私は、悪代官の役をさせてもらいましたよ。

20180830o0910.jpg

20180830o11.jpg

磯部地区は、子どもからお年寄りまで生き生きと楽しく暮らしているまちでした!

☆お問い合わせ☆
■磯部コミュニティセンター
住所:福井県坂井市丸岡町下安田19-15
電話:0776-66-7430

20180830o12.jpg

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:30

2018年08月02日 (木)若狭町三方地区でみつけ隊!【太田 実穂】

8月2日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、若狭町の三方(みかた)地区に行ってきました!
三方湖に面する三方地区。海の幸山の幸が豊富にとれる地区です。
今回紹介した内容はこちら↓

 

☆地区の自慢☆
■花こう岩の滑り台
地区にある山の上に大きな花こう岩があり、自然の滑り台になっています。
去年8月に、三方地区のきらやま地域づくり協議会が滑り台までの道の荒れているところを改めて整備しました。去年の9月には、三方小学校児童・PTAときらやま地域づくり協議会のみなさんが、山に登り、滑り台を楽しみました。

20180802o_01_02.jpg

 

■若者グループの活動
三方地区内の明倫地区では、3年前から20代の方がお世話になった明倫地区に恩返ししようと、グループを立ち上げ、小学生対象の活動などの手伝いをしています。
ことしは、行事の企画をして、山の上にあったお寺の跡地を目的地にして子どもたちと川の上流の方に向かって散策しました。

20180802o_03.jpg

※昨年の行事の写真

 

☆おすすめスポット☆
■若狭三方縄文博物館
若狭三方縄文博物館は、2000年にオープンして、すぐ隣にある鳥浜貝塚の出土品を中心に、縄文時代の人々の技術やくらし、文化を紹介しています。

20180802o_04_05.jpg

今回は、縄文時代の生活体験をさせていただきました!

〇弓を使って狩りをする
20180802o_06.jpg

〇黒曜石のナイフで肉を切る

20180802o_07.jpg

〇火をおこす

20180802o_08.jpg

〇土器で調理をする

20180802o_09_10.jpg

一年を通して行われている体験は、土笛づくり、火おこし、勾玉づくりです。
時期によっては、土器づくり、丸木舟乗船などの体験も行われています。
【体験講座はすべて事前予約が必要】


☆お問い合わせ☆
■三方公民館
住所:福井県三方上中郡若狭町中央1-2
電話:0770-45-9137

20180802o_11.jpg

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:30

2018年07月26日 (木)敦賀市愛発地区でみつけ隊! 【太田 実穂】

7月26日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、敦賀市の愛発(あらち)地区に行ってきました!
愛発地区は、滋賀県との県境にあり、昔から近畿と北陸を結ぶ交通の要衝です。
今回紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
■新疋田駅を愛発駅にする運動
愛発地区の区長会の方たちを中心に、新幹線開業に合わせて、愛発地区にある新疋田駅(しんひきだえき)を「愛発駅」にしようとする運動です。この取り組みが、福井県立敦賀高等学校商業科と愛発地区が協力するようになったきっかけです。去年11月3日には、高校生が、新疋田駅に愛発駅ならぬ「愛の出発駅」の看板を掲げたりライトアップをしたりしました。ことしの11月3日にも行い、ツリーも飾られる予定です。

■愛発農業プロジェクト
愛発地区の30代から40代の方で結成された「愛発元気村プロジェクト」に敦賀高等学校商業科の去年の3年生が野菜づくりを提案して、農業プロジェクトを進めていくことになりました。ことしの4月下旬に打ち合わせをして、5月中旬に愛発地区の農家の方と協力して活動をスタートさせました。作っているものは、高校生が『気迫米』と名付けて育てている米、大根、白菜、じゃがいも、さつまいも。この5つの名前をローマ字に置き換えると、どれも「ai」というアルファベットが入っています。愛発地区の「愛」をイメージして、愛発で愛を植え、育てたいという思いを持って活動をしています。ことしの11月3日には、新疋田駅のライトアップの前に、収穫祭を行う予定です。       

 

☆イチオシ☆
■あらち観光マップ
このマップは、愛発地区の歴史スポットや体験スポットなどを紹介しようと愛発公民館の前の館長さんが作ったものです。
現在は、公民館と高校生が協力して、自然や歴史を楽しんだり体験もできる新しいマップを作成中です。

20180726o_1.jpgあらち観光マップ

 

20180726o_2.jpg新マップ

 

今回は、疋田舟川のコースに行ってきました!
①疋田舟川
疋田は、江戸時代後期、敦賀湊と水路で結ばれていました。
疋田舟川は、このように川舟で物資を運んでいたため、舟が滑りやすいように川底に胴木(どうぎ)と呼ばれる丸太を敷いていました。

20180726o3_4.jpg

②疋田城跡・本丸の石垣
室町時代に朝倉氏の家臣、疋壇対馬守久保(ひきだつしまのかみひさやす)が築城したといわれています。今もなお、一部に石垣が残され、また天守台と考えられるものもあります。

20180726o_5_6.jpg

 ③大岩大権現(おおいわだいごんげん)
昔、疋田村で大雨が降った時に、この大岩が土石流から村を守ったといわれています。それから、人々は、この岩を大権現としてあがめるようになりました。 

201807226o7_8.jpg

若者と力を合わせて地区の歴史や文化を発信する愛発地区のみなさん。
希望に満ちあふれていました。

☆お問い合わせ☆
■愛発公民館
住所:福井県敦賀市疋田37-1
電話:0770-27-1101

20180726o_9.jpg

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:30

2018年07月05日 (木)鯖江市北中山地区でみつけ隊! 【太田 実穂】

7月5日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
鯖江市の北中山(きたなかやま)地区に行ってきました!

鯖江市東部にある北中山地区は、山々に囲まれた農村地域です。

今回紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
■アジサイ1万本植栽計画
アジサイによる美しいまちづくりを目指して、10年で1万本のアジサイを植栽する計画で、ことしで7年目になります。
現在は、およそ7千本のアジサイが北中山地区の至るところに咲いています。
「アジサイ健康ウォーク」などを企画して、きれいに咲いたアジサイを地区のみなさんで楽しむ機会も設けています。

20180705o_1.jpg20180705o_2.jpg

■川島ごぼう
川島ごぼうは、北中山地区の川島町に伝わる伝統野菜です。農家の高齢化とともに生産量が減少していましたが、平成28年度に川島ごぼう研究会が発足して、高床にして掘り下げの省力化を行うなど商品化に適した栽培をして生産拡大を目指しています。食味会をしたり小学生にゆるキャラを作ってもらったりと地域の方とも協力して広めています。

20180705o_3.jpg20180705o_4.jpg 

☆イチオシ☆
■北中山民謡
北中山民謡は、おととしの北中山小学校6年生が作った民謡です。
作ったきっかけは、ふるさと学習です。地区の歴史や伝説を紙芝居や寸劇で伝承する活動をしている地元の語り部の会の方などから歴史や文化を学び、音楽の授業で民謡を学んだことから歌で地元の魅力を広めようと考えました。

20180705o_5.jpg20180705o_06.jpg20180705o_7.jpg

 歌詞には、アジサイや川島ごぼうのほかに、北中山地区の歴史や文化が織り込まれています。
現在も、北中山小学校で受け継がれており、地区を愛する気持ちを育んでいます。

20180705o_8.jpg20180705o_9.jpg

☆お問い合わせ☆
■北中山公民館
住所:福井県鯖江市落井町41-33-1
電話:0778-65-1001

20180705o_10.jpg

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:30

ページの一番上へ▲