2019年01月17日 (木)坂井市鳴鹿地区でみつけ隊!【今村 有希】

新年最初1月17日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
坂井市の鳴鹿地区に行ってきました♪

鳴鹿地区は坂井市の東に位置しています。九頭竜川が奥越から福井平野に流れ出るところで、豊かな川の恵みを受けて田んぼや畑が広がっています。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓
☆地区の自慢☆
■まほろば歴史部会
歴史や文化を伝えていこうと活動しているボランティア団体です。中でも力を入れている活動は、およそ1600年前に作られた北陸最大級の古墳「六呂瀬山古墳群」の整備です。古墳近くの草刈りや、県外の古墳を訪ねて勉強する会を開くなど、六呂瀬山古墳群を地区の宝として後世に継承していくため活動しています。

20190117_0102.jpg

■地区のキャラクター「鳴鹿守(なるまもる)くん」
地区の人達と県内の大学生が共同で作りました。元となる通称「埴輪くん」にアレンジを加えて仕上げたのが鳴鹿守くんです。コミュニティセンターの正面に大きな看板を設置し、イルミネーションで飾っています。今後は、地区のシンボルにしていきたいと考えています。

20190117i_0304.jpg

☆イチオシ☆
■なの花文庫
なの花文庫を作ったのは、元保育士の杤谷洋子さんです。保育士時代から集めていた本で、30年以上前にこの場所に開設しました。現在およそ4000冊の本が楽しめます。

20190117i_05.jpg

杤谷さんが力を入れているのは、「おはなし会」。幼稚園や小学校で定期的に開いているほか、地区のコミュニティセンターなどで開くこともあります。
この日は、鳴鹿幼保園で特別におはなし会を開いてもらいました。

20190117i_06.jpg

今回のテーマは、「お正月」。お話以外にも途中に手遊びを交えるなど、楽しい工夫が満載でした♪おしまいのお話は、子どもたちも“一緒に”語ります。よーく聴いてみると…かわいらしい福井弁でした!
小学校でも「おはなし会」について聞いてみると、クラス全員が杤谷さんのお話を聞いたことがあると答えました。鳴鹿地区の子どもたちは、杤谷さんの声を聞いて育ったと言っても過言ではありません。地区の子どもたちみんなが同じ思い出を共有しているのは、すてきですよね。

鳴鹿地区で出会った皆さん、楽しい時間をありがとうございました♪

 

<おまけに…画面の裏側!>
今回私が最もNGを出したシーンはここ。(5回ぐらい撮ったかな…?笑)

20190117i_07.jpg

『2019年最初のほやほや探し、森でガサガサという物音が!
もしかしてこれは今年のえとのイノシシかも!?
…な~んだ一福丸かぁ、驚かさないでよ!』という冒頭シーンの撮影です。

あの一福丸を動かしていたのは、実は私!
1人2役を担当していました。一福丸を勢いよく押し出す時に、なかなかカメラの方を向いてくれず苦戦しました。笑

 

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:18:50

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲