2018年11月30日 (金)福井市清明地区でみつけ隊!【今村 有希】

11月29日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
福井市の清明地区に行ってきました♪

福井市の南部に位置する清明地区。新興住宅地の中にも、田んぼや畑が残っています。歴史や文化の伝承に力を入れている地区です。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓
☆地区の自慢☆
■清明合宿通学
地区の小学生が自主性・協調性などの向上を目的に、4日間公民館で共同生活をしながら学校に通うという取り組みです。地域の人たちとのつながりを深める良い機会になっています。

20181130i_0102.jpg

■ウォーターフェス
今年2月の豪雪による福井市の財源不足で、この夏清明小学校のプールの開放回数が減りました。厳しい暑さの中プールで遊べない子どもたちのために地区の高校生が中心となって企画したイベントで、公民館にビニールプールを設置し、水鉄砲、流しそうめん、スイカ割りなどを楽しみました。大勢の子どもでにぎわったため、来年以降も続けることにしています。

20181130i_0304.jpg

☆イチオシ☆
■清明にわか劇団
子どもから高齢者まで15人が所属する創作民話劇団です。清明地区に伝わる昔話や言い伝えを後世にも伝えていきたいという思いから活動しています。

20181130i_0506.jpg

脚本から、道具や衣装作りに照明まで、すべて自分たちの手で行っているんですよ。本格的で華やかですよね~!
劇団の晴れ舞台は、毎年11月に行われる地区の文化祭での公演です。
今年は地区に伝わる昔話「八幡さん」を披露しました。

20181130i_07.jpg

今回私は、その舞台となった八幡神社へ案内して頂きました。お社は年に1度、元旦のみの公開ということで、残念ながら実物を見ることはできませんでした…。
せっかく行ったのに悔しい~!来年の初詣に行ってみるのもいいですね♪
今年も残り1か月。福井で過ごす1年は早いなぁ。

20181130i_0809.jpg

清明にわか劇団がすごいのは、言い伝えだけではなく、自分たちで物語の続きを考えて演じていることです!昔話と実際にあるものを基に作ったお話を組み合わせることで、地区の人の興味をひき、子どもにもわかりやすく伝えられると考えたそうです。
劇のモデルになった石を、私もこすってみました。本当に水が白く濁りましたよ!
皆さんも、ぜひ試してみてください♪

20181130i_10.jpg

来年は地区のどこが舞台になるのか楽しみですね♪


そして清明小学校では、元気いっぱい4年生の皆さんが迎えてくださいました!
みんなの元気にパワーをもらったよ~♪
そこにはなんと、地区のキャラクター「清たん」も来ていました!!

20181130i_11.jpg20181130i_12.jpg

ここで私は、清たんに写真のおねだりを…笑
2ショットを撮ってもらっちゃった♪やったぁ!

20181130i_13.jpgこの日は天気も良く、紅葉がきれいでしたよ~!
一福丸は一生懸命に落ち葉を拾っていました。

20181130i_1415.jpg今回も沢山の人に出会えました!清明地区の皆さん、ありがとうございました!!

20181130i_16.jpg

 

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:14:30

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲