今村 有希

2019年03月07日 (木)福井市一乗地区でみつけ隊! 【今村 有希】

3月7日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、福井市の一乗地区に行ってきました♪

福井市の南東部、周囲を山に囲まれた一乗地区。戦国時代の武将・朝倉氏の城下町跡が残る、自然と歴史が息づくまちです。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓
☆地区の自慢☆
■冬の一乗谷で温かいおもてなし
一乗谷をもっと知ってもらおうと、復原町並で“温かいおもてなし”をテーマに、ぜんざいやかきもちなどを振る舞うイベントです。かきもちは、武家屋敷のいろりやしちりんで焼いて、当時の生活を体験することができます。夜には復原町並がライトアップされ、心温まる空間が広がります。様々な“温かいおもてなし”で地元の方や観光客に一乗谷の魅力をPRしています。

20190307i_0102.jpg

■一乗谷雪んこ会
9年前に地域を盛り上げるために作られた地元の人たちでお餅を作るグループです。使うのは地元産の餅米。現在11人が毎年、とぼもちやかきもちなどのお餅作りを行っています。地区のお祭りや行事などで販売し、地元の人にも親しまれています。

20190307i_0304.jpg

放送では、その他にも小学生の音楽クラブの様子などもご紹介しました。
子どもから大人までみんなが、朝倉氏遺跡を大切に思う気持ちで溢れている地区でした。
一乗地区の皆さん、ありがとうございました♪

20190307i05.jpg私の演技力はいかがでしたか…?笑

20190307i06.jpg

 

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:18:50

2019年02月21日 (木)あわら市本荘地区でみつけ隊! 【今村 有希】

2月21日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
あわら市本荘地区に行ってきました♪

本荘地区はあわら市の南西に位置する自然豊かな地区です。渡り鳥の越冬地で、この時期3000羽ほどの群れが見られることもあります。また、えちぜん鉄道本荘駅は国の登録有形文化財にも指定されていて、昭和3年の建築当時の姿がそのまま残されています。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓
☆地区の自慢☆
■新春豆まき祭
公民館の大ホールで行われる毎年恒例の行事です。ことしは今月2日に行われました。龍雲寺の住職によるご祈とうや、豆まきのほか、地区の人による出し物の披露、子どものための交通安全講座なども行いました。子どもから高齢者までが集まり交流を深める大切な機会です。

20190221i_0102.jpg

■3枚のうろこ伝説
600年ほど前、本荘地区に館を構えて栄えていた堀江一族の石碑が、龍雲寺の境内に残っています。一族の家紋「3枚のうろこ」には、不思議な伝説が残されています。堀江公が愛した美しい女性の正体が蛇であったというお話です。長く受け継がれてきた伝説を子どもたちにも伝えていきたいという思いから、前の公民館長が紙芝居を制作しました。

20190221i_0304.jpg

☆イチオシ☆
■英語キャンプ
外国人ボランティアによる英語教室です。公民館で定期的に開かれています。講師の国籍は毎回さまざまで、今回はナイジェリアとオーストリア出身の2人でした。

20190221i_05.jpgこのキャンプを主催している藤田侑平さんは、4年前から教育・福祉など、まちづくりを目的としたボランティア団体で活動しています。

20190221i_06.jpg藤田さんは、日本に興味を持っている外国人を短期的に受け入れる体制を作りました。外国人が快適に暮らせるよう、亡くなった祖父母の大切な家に滞在してもらっています。

20190221i_07.jpg

英語教室だけはなく、地区のそば打ち会や芋掘りなどのイベントを通して、住民との交流を深めてきました。
藤田さんの国際交流への熱意は、本荘地区ゆかりの人物から来ているといいます。

20190221i_08.jpg

藤野厳九郎は、明治時代に医師・教育者として活躍し、中国文学を代表する魯迅から、生涯恩師として慕われていました。外国人と交流を持ち異文化を理解することは“人として当然”だという考えを持った人物です。

藤野厳九郎が本荘地区に残したもの、それは国境を越えた人々のつながりでした。

20190221i_09.jpg本荘地区の皆さん、素敵な時間をありがとうございました♪

20190221i_10.jpg

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:18:30

2019年02月07日 (木)福井市河合地区でみつけ隊!【今村 有希】

2月7日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
福井市の河合地区に行ってきました♪

福井市の北部、九頭竜川に沿って広大な農地が続く河合地区。遮るものがない田畑が広がり、たこあげ大会が有名なまちです。

 

今回紹介した内容はこちら↓↓↓
☆地区の自慢☆
■鷲塚針原駅(わしづかはりばらえき)
鷲塚針原駅は、昭和3年に建てられた歴史ある駅です。駅舎は、国の登録有形文化財に指定されました。昭和30年代は、この駅前が河合地区のお米が集まる、米の集荷場でした。この駅からお米が福井県内各地へ出荷され、当時の人々の暮らしを支えていました。今も、その歴史を伝えようと、駅前でイベントが催され、地元のお米で作られたおにぎりや特産物を販売しています。

20190207i0102.jpg

 

■ワクドキ教室
ワクドキ教室は、大人も子どもも“ワクワク・ドキドキ”を体験できるようにと、公民館が年に20回ほど開いている教室です。おばけ屋敷や木工教室、男の料理教室など種類は様々。以前実施したおばや屋敷は、地元の子どもたちが企画し、チラシを作ったり、どう大人を脅かすかを考えたり、子どもたち主体で進められました。地域の皆さんが“ワクワク・ドキドキ”しながら交流を深めています。

20190207i0304.jpg

 

☆イチオシ☆
■きれいな音色が響く場所!?
こちらは、「コカリナ」という楽器。ハンガリーの民族楽器で、木のオカリナとも呼ばれている木製の笛です。

20190207i0506.jpg

今回は公民館で開いているコカリナ教室にお邪魔しました。初めて音色を聞いた時以来、すっかり魅了されたという皆さん。月に4回集まり、練習に励んでいます。

皆さんに教わりながら、私も練習を開始!最初は指の押さえ方を覚えるのが大変でしたが、簡単に音が出せるので、誰でも楽しめる楽器です!最後には合奏にも参加でき、楽しかったです♪

20190207i07.jpg音楽活動が盛んな河合公民館では、住民が出演するコンサートが毎年7回程度開かれます。コカリナ教室のメンバーも出演して盛り上げているんですよ~。

20190207i08.jpg練習が終わると、皆さんお茶とお菓子でおしゃべりタイム♪音楽だけではなく、音楽を通してできた仲間と過ごすのも大切な時間だそうです。

20190207i09.jpgたこあげが有名な町ということで、河合保育園ライオンぐみのみんなと一緒にたこあげをしましたよ~♪

20190207i10.jpg

実は私、子どもの頃にたこあげをした経験がなく…あがった時には、うれしくて思わず子どもたちとハイタッチをしてしまいました。笑
風に舞う連だこは、とてもきれいですね♪

音楽で心を通わせている河合地区。温かいメロディーがあふれていました。
今回出会えた地区の皆さん、楽しい時間をありがとうございました♪

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:18:35

2019年02月05日 (火)球春到来!プロ野球キャンプin宮崎! 【今村 有希】

2月1日(金)、プロ野球12球団が一斉にキャンプイン!
福井を飛び出し、南国・宮崎で福井ゆかりの選手を直撃取材してきました!

キャンプ初日は、オリックス・バファローズが練習を行う宮崎市内の球場へ。
ユニフォームを着て、キャンプ限定の帽子を被り、相棒の一福丸と突撃!!


20190205i1.jpg20190205i02.jpg

実はオリックスには、福井ゆかりの選手が沢山いるんです。
今回私が注目したのは、福井市出身の吉田正尚選手。昨シーズンは打率3割2分1厘、ホームラン26本で、初のベストナインに輝き活躍しました。
そんな吉田選手のバッティング練習を真横で拝見しましたが、フェンスを越える打球が連発し大迫力がありました!

インタビューでは優しい笑顔が印象的で、1つ1つの質問に丁寧に答えてくださいました。番組コールも一緒にやってくださいましたよ!ポーズはもちろん、いつものこのポーズで。ニュースザウルス~…ふくい♪

20190205i03.jpg

そして最後に、サインを頂きました!嬉しい…。
ちなみに、今年のキャンプで最初にオリックスグッズを買ったのは私らしいです。

20190205i04.jpg

福井の星・吉田選手のさらなる活躍、皆さん一緒に応援していきましょうね!


2日目は、東京ヤクルトスワローズ2軍のキャンプ地、西都市へ。
福井ミラクルエレファンツから巣立った松本友選手を取材しました。
(写真は、インタビュー直前で緊張している2人…。)

20190205i05.jpg

松本選手は、去年のドラフト会議で育成2位でヤクルトに入団しました。
走・攻・守そろい、内外野どのポジションでもこなせる選手として期待されています。
ユニフォーム、とてもお似合いでした♪
育成選手は背番号3ケタと決まっていて、1軍の試合には出場できませんが、
まずは1軍に出場できる「支配下登録」を目指します。
松本選手の新天地での活躍を見られる日が楽しみですね♪

…ん?あれあれ?見覚えのある人が!
球場では、夏に福井局から宮崎局へ異動した佐藤翔記者と再会しました!
お兄ちゃんみたいな先輩です。相変わらずでした。笑

20190205i06.jpgちなみに一福丸は…空の旅に大はしゃぎでした。

20190205i0708.jpg空飛んでるふく~♪   宮崎上陸ふくー!!!

 

一福丸と一緒にいるととても目立つようで、球団関係者の方に何度も声を掛けていただきました。笑
吉田選手にも松本選手にも抱っこしてもらえて良かったね、一福丸!

 

現地へ行き、沢山の刺激を受けました。
私ももっと頑張ろうと元気をもらえた貴重な時間でした。

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:16:30

2019年01月17日 (木)坂井市鳴鹿地区でみつけ隊!【今村 有希】

新年最初1月17日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
坂井市の鳴鹿地区に行ってきました♪

鳴鹿地区は坂井市の東に位置しています。九頭竜川が奥越から福井平野に流れ出るところで、豊かな川の恵みを受けて田んぼや畑が広がっています。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓
☆地区の自慢☆
■まほろば歴史部会
歴史や文化を伝えていこうと活動しているボランティア団体です。中でも力を入れている活動は、およそ1600年前に作られた北陸最大級の古墳「六呂瀬山古墳群」の整備です。古墳近くの草刈りや、県外の古墳を訪ねて勉強する会を開くなど、六呂瀬山古墳群を地区の宝として後世に継承していくため活動しています。

20190117_0102.jpg

■地区のキャラクター「鳴鹿守(なるまもる)くん」
地区の人達と県内の大学生が共同で作りました。元となる通称「埴輪くん」にアレンジを加えて仕上げたのが鳴鹿守くんです。コミュニティセンターの正面に大きな看板を設置し、イルミネーションで飾っています。今後は、地区のシンボルにしていきたいと考えています。

20190117i_0304.jpg

☆イチオシ☆
■なの花文庫
なの花文庫を作ったのは、元保育士の杤谷洋子さんです。保育士時代から集めていた本で、30年以上前にこの場所に開設しました。現在およそ4000冊の本が楽しめます。

20190117i_05.jpg

杤谷さんが力を入れているのは、「おはなし会」。幼稚園や小学校で定期的に開いているほか、地区のコミュニティセンターなどで開くこともあります。
この日は、鳴鹿幼保園で特別におはなし会を開いてもらいました。

20190117i_06.jpg

今回のテーマは、「お正月」。お話以外にも途中に手遊びを交えるなど、楽しい工夫が満載でした♪おしまいのお話は、子どもたちも“一緒に”語ります。よーく聴いてみると…かわいらしい福井弁でした!
小学校でも「おはなし会」について聞いてみると、クラス全員が杤谷さんのお話を聞いたことがあると答えました。鳴鹿地区の子どもたちは、杤谷さんの声を聞いて育ったと言っても過言ではありません。地区の子どもたちみんなが同じ思い出を共有しているのは、すてきですよね。

鳴鹿地区で出会った皆さん、楽しい時間をありがとうございました♪

 

<おまけに…画面の裏側!>
今回私が最もNGを出したシーンはここ。(5回ぐらい撮ったかな…?笑)

20190117i_07.jpg

『2019年最初のほやほや探し、森でガサガサという物音が!
もしかしてこれは今年のえとのイノシシかも!?
…な~んだ一福丸かぁ、驚かさないでよ!』という冒頭シーンの撮影です。

あの一福丸を動かしていたのは、実は私!
1人2役を担当していました。一福丸を勢いよく押し出す時に、なかなかカメラの方を向いてくれず苦戦しました。笑

 

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:18:50

2018年11月30日 (金)福井市清明地区でみつけ隊!【今村 有希】

11月29日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
福井市の清明地区に行ってきました♪

福井市の南部に位置する清明地区。新興住宅地の中にも、田んぼや畑が残っています。歴史や文化の伝承に力を入れている地区です。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓
☆地区の自慢☆
■清明合宿通学
地区の小学生が自主性・協調性などの向上を目的に、4日間公民館で共同生活をしながら学校に通うという取り組みです。地域の人たちとのつながりを深める良い機会になっています。

20181130i_0102.jpg

■ウォーターフェス
今年2月の豪雪による福井市の財源不足で、この夏清明小学校のプールの開放回数が減りました。厳しい暑さの中プールで遊べない子どもたちのために地区の高校生が中心となって企画したイベントで、公民館にビニールプールを設置し、水鉄砲、流しそうめん、スイカ割りなどを楽しみました。大勢の子どもでにぎわったため、来年以降も続けることにしています。

20181130i_0304.jpg

☆イチオシ☆
■清明にわか劇団
子どもから高齢者まで15人が所属する創作民話劇団です。清明地区に伝わる昔話や言い伝えを後世にも伝えていきたいという思いから活動しています。

20181130i_0506.jpg

脚本から、道具や衣装作りに照明まで、すべて自分たちの手で行っているんですよ。本格的で華やかですよね~!
劇団の晴れ舞台は、毎年11月に行われる地区の文化祭での公演です。
今年は地区に伝わる昔話「八幡さん」を披露しました。

20181130i_07.jpg

今回私は、その舞台となった八幡神社へ案内して頂きました。お社は年に1度、元旦のみの公開ということで、残念ながら実物を見ることはできませんでした…。
せっかく行ったのに悔しい~!来年の初詣に行ってみるのもいいですね♪
今年も残り1か月。福井で過ごす1年は早いなぁ。

20181130i_0809.jpg

清明にわか劇団がすごいのは、言い伝えだけではなく、自分たちで物語の続きを考えて演じていることです!昔話と実際にあるものを基に作ったお話を組み合わせることで、地区の人の興味をひき、子どもにもわかりやすく伝えられると考えたそうです。
劇のモデルになった石を、私もこすってみました。本当に水が白く濁りましたよ!
皆さんも、ぜひ試してみてください♪

20181130i_10.jpg

来年は地区のどこが舞台になるのか楽しみですね♪


そして清明小学校では、元気いっぱい4年生の皆さんが迎えてくださいました!
みんなの元気にパワーをもらったよ~♪
そこにはなんと、地区のキャラクター「清たん」も来ていました!!

20181130i_11.jpg20181130i_12.jpg

ここで私は、清たんに写真のおねだりを…笑
2ショットを撮ってもらっちゃった♪やったぁ!

20181130i_13.jpgこの日は天気も良く、紅葉がきれいでしたよ~!
一福丸は一生懸命に落ち葉を拾っていました。

20181130i_1415.jpg今回も沢山の人に出会えました!清明地区の皆さん、ありがとうございました!!

20181130i_16.jpg

 

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:14:30

2018年11月08日 (木)鯖江市中河地区でみつけ隊!【今村 有希】

11月8日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
鯖江市の中河地区に行ってきました♪

鯖江の中心市街地に接する中河地区は、田園風景も残る一方で、国道や高速、鉄道も通る生活しやすい地区です。そのため人口は増加傾向にあります。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓
☆地区の自慢☆
■三度栗
1207年、親鸞聖人が立ち寄った際に埋めた栗が、3年後には見事な花を咲かせ、しかも年に3度も実がなるようになりました。「年に3度実を付ける栗の木」という言い伝えは今も残っていて、立光寺で親鸞聖人の銅像と共に大切に守られています。

20181108i_1_2.jpg

■菜の花
春には一面に菜の花が咲き誇り、美しい景観を楽しめます。また見頃が過ぎると、その菜の花をすき込んで肥料とした鯖江特産のブランド米「さばえ菜花米」を生産しています。

20181108i_3_4.jpg

☆イチオシ☆
■どんぐりからの森づくり
鯖江市内全ての小学生が4年をかけて参加している取り組みで、福井豪雨の影響で失われた自然を取り戻そうと始まりました。3年生の秋にどんぐりを拾い、4年生では、そのどんぐりを種として苗を育てます。5年生では二酸化炭素の排出による地球温暖化について学び、6年生になると、いよいよ自分の手で育てた苗を植え、どんぐりを自然に還します。(※ここでは、広葉樹の実をつけるものを「どんぐり」と呼んでいます。)

20181108i_5_6.jpg

さまざまな種類の苗を混ぜながら植える「混植」と、密集させて植える「密植」を行うことで、苗は太陽の光を求めて競争を始め、早く成長するんだそうです。いち早く緑を取り戻す工夫ですね♪
この取り組みを主催している鯖江市環境教育支援センター(通称:エコネットさばえ)は、中河地区に位置し、市民の皆さんに環境保全や自然保護の大切さを知ってもらうための活動をしています。

私も今回、三里山を訪れた記念に苗を植えました♪

20181108i_7.jpg

自分の手で育てた植物には、愛着が湧きますよね~!
(小さい頃、おままごとセットの鍋にどんぐりを植えて一生懸命水やりしたのが懐かしいなぁ。そりゃ鉢が悪いよ…。そういえば夕飯で食べた梅干しの種も植えたなぁ。どっちも芽が出なくてしょんぼりしたなぁ。笑)
今度は大きく育ってくれますように!また見に行きたいと思います。
この取り組みに参加した小学生のみんなも、自分が育てたどんぐりの成長をぜひ見に行ってみてね♪

まさに、地域の人の手で大切に育てられている地区でした。
中河地区で出会った皆さん、またお会いしましょうね♪
楽しい1日をありがとうございました!

20181108i_8.jpg

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:18:30

2018年11月05日 (月)ドラフト育成指名選手がNHKを訪問!【今村 有希】

一福丸のブログにもありましたが、スポーツキャスターの私からも改めて!
先日のプロ野球ドラフト会議で育成指名を受けた福井ミラクルエレファンツの選手たちが、その報告にと10月29日(月)にNHK福井放送局へ足を運んでくださいました!

松本選手は東京ヤクルトスワローズから、片山選手は阪神タイガースから育成指名を受けました。私がインタビューを担当し、その様子をザウルススポーツでたっぷりと放送しましたが、皆さんご覧いただけましたでしょうか?それぞれ力強く今後の意気込みを話してくださいました♪
(片山選手は私と同じ愛知県出身で、なんと同級生の先輩だったことも取材中に発覚!驚きました…。)

福井を離れてしまうのは寂しいですが、大舞台での活躍に期待です!
福井から応援しましょう♪

20181105i_01.jpg

左から福井ミラクルエレファンツ新谷隆美社長、松本友選手、今村、
片山雄哉選手、田中雅彦監督

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:10:55

2018年10月17日 (水)感動をありがとう! 【今村 有希】

長いようであっという間だった福井国体と全国障害者スポーツ大会。
福井勢は大活躍を見せてくれましたね~!皆さんの目にはどう映りましたか?

私は県内の会場を駆け回り、現地で取材したことを局に戻ってお伝えするという生活を送っていました。数えてみると、会期前競技のビーチバレーに始まり、自転車、剣道に体操、ウエイトリフティングやバドミントンなど…国体・障スポ合わせて11競技の会場へ足を運んでいました。

20181017i_1.jpgレスリング松居俊伍選手(左)と笹岡龍馬選手(右)

20181017i_2.jpg山口茜選手とは写真が撮れなかったので
会場に置かれていた実物大の山口選手と…パシャリ。
 

会場では、選手が最後まで諦めずに戦い抜く姿や、チームメンバーと抱き合って喜ぶ姿、この国体で引退を表明している選手の最後の演技、そして悔し涙を流す選手も…。数々のドラマを目にしました。4競技・8種目の優勝、そして大会記録や日本記録更新の瞬間にも立ち会うことができました!
開催県としては3年ぶりに天皇杯(男女総合優勝)、5年ぶりに皇后杯(女子総合優勝)を獲得! 本当に嬉しかったです。
 


また、福井国体のテーマの1つ「国体と障スポの融合」。史上初めて、国体の会期中に障スポの競技の一部が行われました。その1つが車いすバスケットボールです。私も会場へ取材に行ってきました!

20181017i_3.jpg古崎倫太朗選手

20181017i_4.jpg北風大雅選手

 

福井を引っ張る注目選手がこちらの2人。7月に番組でもご紹介しました。
会場には、今回車いすバスケットボールを初めて間近で見るという方も多く、この取り組みは障害者スポーツへの関心を高めるきっかけになったのではないでしょうか。タイヤが激しくぶつかり合う迫力あるプレーに、会場では大歓声が上がっていましたよ~!
2人は23歳以下の日本代表にも選ばれていて、今後の活躍にも期待です!

20181017i_5.jpg20181017i_6.jpg

念願の「はぴりゅう」との共演も果たしました!嬉しかったなぁ~。国体・障スポを盛り上げてくれてありがとう!またスタジオに遊びに来てね♪

さて、福井国体・障スポは閉幕しましたが、NHKではまだ国体・障スポ熱は冷めていません!
番組のお知らせです♪
10月19日(金)の夜8時~40分間
ニュースザウルスふくいSP 感動をありがとう!~国体・障スポ 福井の軌跡~を生放送でお届けします!
ゲストには今大会で大活躍を見せた3人の選手をお招きし、快挙の裏側などを伺います。五十嵐アナウンサーと私が担当します!ぜひご覧ください♪

キャスターになって半年。
福井国体に向かって走り続けてきたこの半年間は、私にとって毎日が刺激的で学びの場でした。各都道府県には50年に1度しか訪れない国体、その開催県でスポーツキャスターを任せていただいたことを本当に嬉しく思います。この経験を活かして、キャスターとして福井県をさらに盛り上げていけるよう頑張ります!

改めて、選手の皆さん、開会式・閉会式の出演者の皆さん、運営スタッフの皆さん、会場やテレビの前で応援していた皆さん、お疲れさまでした!

20181017i_7.jpg

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:19:00

2018年09月06日 (木)いよいよ国体モードに!番組のお知らせ♪ 【今村 有希】

こんにちは!久しぶりのブログ更新です。
皆さん、ことしの夏は何をして過ごしましたか?

私は先日、北陸のハワイとも呼ばれる「水島」に行ってきました!

20180906i01.jpg

福井の海のきれいさにびっくり!海はやっぱり青かった!
私の出身地・愛知県では、こんなにきれいな海は見られません。
名古屋の友達が福井の海まで足を運ぶ理由がやっとわかりました。
福井で過ごす初めての夏、楽しめました♪


さて、9月に入ったということは…福井国体の開幕まで1か月を切りました!
NHKでも着々と準備が進んでいます。国体に向けた番組のお知らせです♪

明日9月7日(金)の夜8時~
ニュースザウルスふくいSP とことん楽しむ!国体・障スポ
福井国体と全国障害者スポーツ大会の観戦ポイントを40分間の生放送でたっぷりとお伝えします!
スタジオには鹿沼憂妃さん、VTRでは大和田兄弟や津田寛治さん、高橋愛さんなどの福井県出身著名人が登場!

20180906i02.jpg

五十嵐椋アナウンサーと私が担当します! 

そしてもう1つ!
毎週金曜日に私がお伝えしている、福井国体と全国障害者スポーツ大会の注目選手をご紹介するコーナー「輝け!福井のヒーローたち」が、5分間のミニ番組になって放送されています。
NHK総合テレビ午前10時55分~11時、Eテレ午後0時55分~1時/金曜 午後1時45分~1時50分、9月の平日は毎日放送していく予定です! 

福井国体の開会式は29日ですが、会期前競技は今週末から始まります。
国体・障スポの見所、ぜひ番組でチェックしてくださいね♪

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:18:10

ページの一番上へ▲