2019年11月25日 (月)2019年度ふれあい文化子どもスクール「オーケストラと子どもたちのふれあいコンサート」【一福丸の出会い】

出会った人:小松長生(こまつ・ちょうせい)さん(オーケストラ指揮者)、
      福井県交流文化部 三武さん
開催日時:2019年11月26日(火)~29日(金)
     午前の部10:30~12:00、午後の部13:30~15:00
     ※26日は1公演、27日~29日は2公演。全7公演
会場:福井県立音楽堂「ハーモニーホールふくい」大ホール
※県内の小学5年生を対象としたコンサートです。一般の方の鑑賞はできませんのでご了承ください。

20191125_01.jpg

オーケストラ指揮者の小松長生さんと福井県交流文化部文化課参事の三武さんが、福井放送局に来てくれたふく!

県内すべての小学校184校の5年生(7184人)に、本物の文化・芸術にふれてもらおうと開催されるこのコンサート。2009年から開催され、今年度で11回目となるそう。子どもたちの感性や豊かな心を醸成し、福井の文化やふるさとに対する関心・理解を深めてもらうのがねらいふく~。

小松長生さんみずからが指揮、いずれも福井県内の小学校を卒業した、窪田恵美さん(フルート)、長谷川佳子さん(パイプオルガン)、日下瑶子さん(サクソフォン)、谷川祐司さん(津軽三味線)が参加され、セントラル愛知交響楽団の方々と演奏してくれるんだって。

当日配られるプログラムを、ぼくも見せてもらったふく。
有名なクラシック、行進曲「威風堂々」第1番や、日本の民謡をメドレーにした「日本交響詩」、学校で始業・終業時に流れる“チャイム”のメロディをもとにして作られた曲、津軽三味線とオーケストラの競演等々。
そして去年の「福井しあわせ元気国体」の開会式のために小松さんが作曲した「新福井県民歌」も演奏されるふく~!オーケストラの演奏に合わせて、小学生のみなさんが合唱するんだって。ぼくも一緒に歌いたいな。

小松さんは、「小学生に本物の音楽を体験してもらえるよう、様々な工夫をこらしました。ぜひ楽しんでください!」とおっしゃっていたふく~。

投稿者:一福丸 | 投稿時間:11:39

ページの一番上へ▲