一福丸の出会い

2020年07月15日 (水)目玉おやじと不思議な体験【一福丸との出会い】

出会った人:福井県児童科学館(エンゼルランドふくい)の職員のみなさま
開催日時:2020年7月25日(土)~9月22日(火・祝)午前9時30分~午後4時30分
     [休館日9月7日(月)、9月14日(月)] 
開催場所:福井県児童科学館(エンゼルランドふくい)

ippukumaru20200715_440_400_2.jpg

エンゼルランドふくい恒例 夏の企画展、今年は『目玉おやじと不思議な体験』ふく!!

今回の企画展は、世の中の不思議な現象を妖怪と合わせて紹介、人気漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の目玉おやじが解説してくれるんだって。①展示と②体験イベント(※電話予約制)があって子どもから大人まで楽しめるふく。
中でもメインの「妖怪トンネル」の中には14体の妖怪がいるんだけど、アニメのイメージよりも怖いかも。勇気がないと入れないふく~。
日本中のたくさんの妖怪も紹介されていて、福井県にもこんなに妖怪が!涼しさを誘う怖さふく~。
毎週末にはイベントも開催されるんだって。
もちろん、新型コロナウイルス感染拡大予防対策も講じてあるから安心してって。
この夏はエンゼルランドふくいにお出かけしてみてね!

※写真撮影の時のみ、マスクをはずしていただきました。

投稿者:一福丸 | 投稿時間:14:25

2020年07月09日 (木)福井ユナイテッドFCのみなさま【一福丸の出会い】

出会った人:福井ユナイテッドFCのみなさま
日時:2020年7月9日(木)
ippukumaru20200709_01.jpg

19日(日)に開幕する「北信越フットボールリーグ 2020を前に、福井ユナイテッドFCの皆さんが来てくれたふく。
新型コロナウイルスの影響で思うように練習ができない期間があったけれど、今チームは順調に仕上がってきているそう!開幕が楽しみふくね!
寺峰輝監督、山田雄太キャプテン、我那覇和樹選手に今シーズンにかける思いを伺ったので、きょうの「ニュースザウルスふくい」を見てほしいふく!今シーズンこそ、JFL昇格目指して頑張ってほしいふくね~!
その前に12日(日)には、天皇杯の代表を決める県大会決勝が坂井市のテクノポート福井スタジアムで行われる予定で、福井工大と対戦するふく。
新型コロナウイルスの影響で無観客試合が続いていたけれど、この決勝からは入場が可能に!

選手たちの活躍を間近で見られるのはうれしいふくね~!

 

投稿者:一福丸 | 投稿時間:16:45

2020年06月26日 (金)彦十蒔絵 若宮隆志展【一福丸の出会い】

出会った人:「彦十蒔絵」若宮隆志先生、西武福井店のみなさま
開催日時:2020年7月29日(水)~8月4日(火)
会場:西武福井店 本館6階催事場

ippukumaru20200626_02.jpg

NHK福井放送局に、「彦十蒔絵」棟梁の若宮隆志先生(写真右)が来てくださったふく!
彦十蒔絵は若宮先生が率いる輪島の漆芸職人集団。現代的で新たな表現を形にする新しい技法で創られる漆芸作品は海外からも高い評価を得ているふく。
若宮先生は2004年にこの彦十蒔絵を立ち上げ、漆芸作品のデザイン企画・技術研究開発と漆の啓蒙活動をされている方ふく。
ぼくも『五段組み盃(さかずき)花尽くし五節句』を見せていただいたのだけど、華やかで奥深い漆の美しさが見事、言葉では表せないふく!なんと宇宙観が込められているんだって。ぜひ実物をみてほしいふく。
若宮先生ご本人はほぼ毎日、会場にて作品の説明をしてくださるそう。
今回、福井に縁のある岡倉天心とその時代の絵師がテーマの漆芸作品に出会えるこの機会に、ぜひ行ってみてふく!!

 ※写真撮影の時のみ、マスクをはずしていただきました。

投稿者:一福丸 | 投稿時間:18:40

2020年01月08日 (水)エンゼル忍者学校 其の弐(そのに)【一福丸の出会い】

出会った人:福井県児童科学館(エンゼルランドふくい)の職員、忍者の皆さま
開催日時:2020年1月11日(土)~19日(日)9:30~16:00 ※ただし14日(火)は休館日
開催場所:福井県児童科学館(エンゼルランドふくい)
20200108_01.jpg
福井県児童科学館(エンゼルランドふくい)が「エンゼル忍者学校」に!
去年に引き続き、2回目の開催ふく~。

日本はもちろん、世界中に「忍者」のファンはいっぱい。(実はぼくも大ファンで、修行もしたことあるふく~!)
忍者はいつの時代に存在し、どのような生活を送り、どのような修行を行っていたのか。また忍者の技術や身体能力、知恵はどのようなものなのか…。謎がいっぱいの忍者について、修行という遊びを通して知るとともに、体を動かすことの楽しさ、あきらめずに挑戦する心を育てることを目的にした大人気のイベントだそう。

さあ、忍者に変身して、修行に挑戦ふく~!
具体的な修行内容は、綱渡りの術、城忍びの術、石垣渡りの術、飛び石の術、剣術、手裏剣投げの術、そしてクモの巣くぐりの術。去年と比べて新しい修業が増え、さらに難しくなってるんだって。

忍者ショーや忍者体験教室、忍者の“ひたいあて”(写真の忍者さんたちがつけてるふく!)や“飛び出す剣”を手作りする忍者工作など、修行以外にも楽しいイベントが開催されるほか、三重大学人文学部教授(通称忍者博士)の山田雄司氏、甲賀伴党21代宗師家(最後の忍者)の川上仁一(かわかみじんいち)氏を招いての「親子で楽しむ忍者アカデミー」もあるふく。
いろんな体験や学習を通じて、忍者に詳しくなれそうふく~!

忍者を楽しみ、忍者を学ぶ。「エンゼル忍者学校」に入門してみてね!

投稿者:一福丸 | 投稿時間:15:40

2019年12月11日 (水)十五代 酒井田柿右衛門展【一福丸の出会い】

出会った人:十五代 酒井田柿右衛門先生、西武福井店のみなさま
開催日時:2020年1月22日(水)~27日(月)
会場:西武福井店 本館6階催事場
20191211_01.jpgNHK福井放送局に、十五代 酒井田柿右衛門先生が来てくださったふく!

佐賀県の有田町で370年あまりの歴史を持つ柿右衛門窯。酒井田柿右衛門先生は、この柿右衛門窯の伝統の技法や意匠を受け継ぎつつ、現代の感覚も取り入れた作品を多数発表されている方ふく。
ぼくも代表的な作品のひとつ、「濁手 藤文 壺(にごしで ふじもん つぼ)」を拝見させていただいたのだけれど、白い地肌に赤絵の藤の花が鮮やかな、美しい作品だったふく~。

一般的な磁器が青みを帯びているのに対して、この白い地肌「濁手(にごしで)」とは、米のとぎ汁のようなあたたかみのある乳白色。いったん途絶えたこの「濁手」をつくりあげる技法は、十二代・十三代の柿右衛門が復活させ、1971年に国の重要無形文化財にも指定されているんだって。十五代はこの伝統を守りつつ、今の時代との調和を大切にされながら作陶に取り組んでいらっしゃるそうふく。

福井県内初の個展、「十五代 酒井田柿右衛門展」。
1月25日(土)・26日(日)は、柿右衛門先生ご本人も会場にお出でになるそう。60点以上の「濁手」の作品が見られるこの機会に、ぜひ訪れてみてふく!

投稿者:一福丸 | 投稿時間:14:15

2019年11月26日 (火)第45回 越前海岸水仙まつり【一福丸の出会い】

出会った人:越前海岸観光協会連合会の皆さま、第45代水仙娘 朝井凪さん
開催日時:2019年12月14日(土)~2020年1月20日(月)

<イベント別の開催日時・会場>
荒波フェスタ   12月14日(土)~15日(日)南越前町/河野シーサイドパーク
水仙・カニフェア 12月21日(土)~22日(日)越前町/越前岬水仙ランド
こしの水仙まつり 1月11日(土)~12日(日)福井市/越前水仙の里公園
水仙いけばな展  1月17日(金)~20日(月)福井市/福井新聞社

20191126_01.jpg福井に冬の到来を告げる水仙。今年も、越前海岸がやさしい水仙の香りでいっぱいになるこの季節がやってきたふく~。
今日は、越前海岸観光協会連合会の皆さまが、第45代水仙娘に選ばれた朝井凪(なぎ)さんと一緒に、福井放送局に来てくれたふく。
毎年、越前海岸沿いの南越前町・越前町・福井市がタッグを組んで開催されるこの「水仙まつり」では、今年も見どころいっぱいのイベントがたくさんふく~。

<南越前町/荒波フェスタ>
荒波屋台村では、せいこがにの鍋を1杯500円で販売するふく~。数量限定なので、お早めにどうぞ!
水仙をはじめ、海産物や干物などの特産品の販売もあるふく。お買い上げ5000円ごとにチャレンジできる大抽選会も楽しみふくね~。
また、「北前船主の館・右近家」では語り部さんが右近家を案内してくれるし、観光案内所内のレストランでは北前船で運ばれた食材を用いた海鮮定食が食べられるんだって。どんな定食なんだろう?おいしそうふく~。

<越前町/水仙・カニフェア>
漁師鍋(1杯300円)や越前水仙、特産品の販売のほかに、越前水仙郷を巡る周遊バスの運行(1日5便)があるふく~。千枚田水仙園や絶景ポイントにも連れて行ってくれるそう。どんな景色が見られるのかな?
さらに、水仙を使ったお正月飾りを作るワークショップも開催されるふく。水仙をお部屋にも飾って楽しめるなんて嬉しいふく!

<福井市/こしの水仙まつり>
水仙やカニなどの特産品の販売があり、お買い上げ500円ごとに補助券がもらえる会場スピードくじでは、越前がにが当たるチャンスも!さらに、海産物の抽選会もあるそうふく~。海産物をお得にゲットできるかも?
また、クラフト体験などのコーナーもあるから、水仙まつりの思い出を手作りするのも楽しそうふくね!

各会場では、水仙娘さんが先着順で水仙をプレゼントしてくれるそうふく。福井放送局にも持ってきてくださった水仙、とってもいい香りだったふく。
福井の冬を楽しみに、みなさんも越前海岸へお出かけしてみてね!

投稿者:一福丸 | 投稿時間:14:35

2019年11月25日 (月)2019年度ふれあい文化子どもスクール「オーケストラと子どもたちのふれあいコンサート」【一福丸の出会い】

出会った人:小松長生(こまつ・ちょうせい)さん(オーケストラ指揮者)、
      福井県交流文化部 三武さん
開催日時:2019年11月26日(火)~29日(金)
     午前の部10:30~12:00、午後の部13:30~15:00
     ※26日は1公演、27日~29日は2公演。全7公演
会場:福井県立音楽堂「ハーモニーホールふくい」大ホール
※県内の小学5年生を対象としたコンサートです。一般の方の鑑賞はできませんのでご了承ください。

20191125_01.jpg

オーケストラ指揮者の小松長生さんと福井県交流文化部文化課参事の三武さんが、福井放送局に来てくれたふく!

県内すべての小学校184校の5年生(7184人)に、本物の文化・芸術にふれてもらおうと開催されるこのコンサート。2009年から開催され、今年度で11回目となるそう。子どもたちの感性や豊かな心を醸成し、福井の文化やふるさとに対する関心・理解を深めてもらうのがねらいふく~。

小松長生さんみずからが指揮、いずれも福井県内の小学校を卒業した、窪田恵美さん(フルート)、長谷川佳子さん(パイプオルガン)、日下瑶子さん(サクソフォン)、谷川祐司さん(津軽三味線)が参加され、セントラル愛知交響楽団の方々と演奏してくれるんだって。

当日配られるプログラムを、ぼくも見せてもらったふく。
有名なクラシック、行進曲「威風堂々」第1番や、日本の民謡をメドレーにした「日本交響詩」、学校で始業・終業時に流れる“チャイム”のメロディをもとにして作られた曲、津軽三味線とオーケストラの競演等々。
そして去年の「福井しあわせ元気国体」の開会式のために小松さんが作曲した「新福井県民歌」も演奏されるふく~!オーケストラの演奏に合わせて、小学生のみなさんが合唱するんだって。ぼくも一緒に歌いたいな。

小松さんは、「小学生に本物の音楽を体験してもらえるよう、様々な工夫をこらしました。ぜひ楽しんでください!」とおっしゃっていたふく~。

投稿者:一福丸 | 投稿時間:11:39

2019年11月14日 (木)越前かにまつり2019【一福丸の出会い】

出会った人:越前かにまつり実行委員会のみなさま、越前かに太郎
開催日時:2019年11月16日(土)~17日(日)午前9時~午後4時
開催場所:道の駅「越前」(福井県丹生郡越前町厨71-335-1)
20191114_01.jpg越前かにまつり実行委員会のみなさまと、ぼくの友達、越前かに太郎が、福井放送局に遊びに来てくれたふく!
毎年、県内外からたくさんのお客様が訪れる「越前かにまつり」。去年は6万人が来場したそう。

今年も、このイベントの目玉で、みんなが楽しみにしている「セイコガニ汁の販売」があるんだって。セイコガニがまるまる1匹入ったカニ汁が、1杯驚きの500円!
2日間にわたって午前・午後それぞれ300食ずつ、【午前の部】は9:30~、【午後の部】は13:30~ 引換券の販売と引換が開始されるそうだけど、ぼくの経験では、この時間にはもう長ーい行列ができていて、間に合わずに食べられないふく…。興味のある人は、朝早起きして行くことをおすすめするふく。

他にも、越前がにや新鮮な魚介類・干物などの即売や、かに丼・かに汁・焼きサバがその場で食べられる飲食コーナーが全部で18ブース設けられていて、宅配便コーナーもあるそうなので、おみやげを買いすぎちゃった人も、お友達に送ってあげたい人も安心ふく~。

越前かに太郎も、じゃんけん大会や撮影会などで大忙し!と張り切っているので、みんな会いに行ってあげてほしいふく!
(かに太郎にこっそり、じゃんけん大会でチョキ以外出せるの?って聞いてみたら、練習しているから大丈夫なんだって。)

駐車場も800台分用意いただいているし、遠い駐車場から会場まではシャトルバスも運行しているそう。
かにのおいしいこの季節、とれたての海の幸を味わいにお出かけしてみてね~。

投稿者:一福丸 | 投稿時間:16:25

2019年10月23日 (水)御食国 和食の祭典 in 若狭路2019【一福丸の出会い】

出会った人:御食国・和食の祭典 in 若狭路2019実行委員会のみなさま
開催日時:2019年10月26日(土)~27日(日)午前10時~午後4時
開催場所:御食国若狭おばま食文化館、食文化館前広場、濱の四季(福井県小浜市川崎3-4)
20191023_01.jpg「御食国(みけつくに)」の上質で豊かな“和食”が堪能できる「御食国 和食の祭典 in 若狭路2019」が10月26日(土)~27日(日)、御食国若狭おばま食文化館とその周辺で開催されるふく~。

このイベントは、古代から皇室や朝廷に食の宝庫として豊かな食を納めてきた「御食国」と呼ばれる若狭・淡路・志摩と、その食材の集まる京都、あわせて4つの地域で持ち回りで開催されていて、今回で3回目となるそう。各地域の特色ある食材を使った料理の数々を、フードコートや食事処で気軽に楽しむことができるふく!

「学ぶ」コーナーでは、26日(土)午後1時30分から「賛否両論」の店主、笠原将弘さんによるトークショーや、「御食国の和食体験」として各回60名限定の食講座も開催される予定。どちらも整理券が必要なので、参加したい人は早めに会場へどうぞ!

同時開催のイベントとして、第16回OBAMA食のまつり、福井県若狭歴史博物館特別展「海と山の美(うま)しもの~食がつなぐ若狭と都」、レストラン列車「丹後くろまつ号」の運行もあるんだって。小浜の町が“食”をテーマに盛り上がりそうふく~。

実行委員会のみなさまがこのイベントのご案内をされている間、ぼくはヨダレが出そうで困ったふく…。
選りすぐりの“食”が集結!!とアピールされるだけあって、鯖、かに、ほたて、淡路ビーフ、丹波栗、お茶…などなど、フードコートでは何を食べようか、あちこち目移りしてしまいそう。
日本の伝統的な食文化「和食」を楽しみに、今週末はぜひ小浜へお出かけしようふく~!

投稿者:一福丸 | 投稿時間:11:45

2019年10月15日 (火)第40回 九頭竜紅葉まつり【一福丸の出会い】

出会った人:九頭竜まつり実行委員会のみなさま
開催日時:2019年10月26日(土)~27日(日)午前9時~午後4時
開催場所:九頭竜国民休養地(福井県大野市角野)
20191015_01.jpg第40回九頭竜紅葉まつりが、九頭竜国民休養地で開催されるふく。

今回は40回記念の特別企画として、「思い出カプセル便」のコーナーが設置されるんだって。10年後の未来の自分や家族に向けて、メッセージを書こう!という企画だそう。10年後…ぼくは何をしているかなぁ?どんなメッセージを送ろうか悩むふく~。

また、2021年(令和3年)に早期開業を目指している、中部縦貫道近くに設置予定の「道の駅」の名前も、イベント期間中の27日(日)に発表されるそう。今後の九頭竜湖周辺の観光を支える大事な施設だから、どんな名前になるか楽しみふくね。

「紅葉市場」では、旬の野菜や大野市のグルメを楽しめる他、交流をしている町(愛知県岩倉市、石川県小松市、福井県内の市町村)の旬の味覚も味わえるので、食欲の秋にぴったりふく~。

このイベント会場までのアクセスとして、越美北線は臨時列車を増発、九頭竜湖駅からは無料のシャトルバスも運行されるふく。
九頭竜の魅力いっぱいの紅葉まつり、ぜひお出かけしてね。

投稿者:一福丸 | 投稿時間:17:43

ページの一番上へ▲