2019年07月18日 (木)小浜市・内外海(うちとみ)地区でみつけ隊!【北川 玲子】

7月18日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、小浜市の内外海(うちとみ)地区に行ってきました♪
内外海半島に位置する地区は、山と海の美しい自然に囲まれています。夏には海水浴や釣りに訪れる人でもにぎわいます。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓
☆地区の自慢☆
■海の幸
地区に面する若狭湾は、恵まれた地形から栄養価の高いプランクトンが流れ込み、“日本海のポケット”とも言われます。地区では、漁業、養殖業が盛んで、新鮮な魚を楽しむことができます。地区で行われている定置網漁では、サワラやハマチなど、今、旬の魚をはじめ、たくさんの魚があがっていました!

20190718_k_01.jpg

■百人一首で詠まれた舞台
「わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らね 乾く間もなし」

20190718_k_02.jpg

この歌は、海の中で乾くことのない沖の石のように、私の袖も涙で乾くことがない、という切ない恋心を詠んだ歌です。
内外海に浮かぶ沖の石は、百人一首に収められている、二条院讃岐姫(にじょういんさぬきのひめ)が詠んだ歌に登場します。二条院讃岐姫は、平家との戦いに敗れ、若狭に流された父・源頼政とともに、地区内に住んでいたと伝えられています(諸説あります)。そんな歴史が残る地区に愛着をもってほしいと、子どもたちを対象にカルタ教室を開いています。

20190718_k_03.jpg

☆イチオシ☆
■内外海ならではの英会話教室
内外海公民館では、民宿の経営者向けの英会話教室が開かれています。

20190718_k_04.jpg

内外海地区には、50軒ほどの民宿がありますが、最近増えている外国人観光客と英語でコミュニケーションをとることができませんでした。そこで今年から、お風呂の入り方や民宿の朝食に出す生卵の食べ方など、民宿ならではの英会話を学ぶことができる英会話教室がスタートしました。

20190718_k_05.jpg

教室で習ったことは、実践でも生かされていて、先日訪れたオーストラリアのご家族を英語でもてなすことができたそうです!

20190718_k_06.jpg

国境を越えて、たくさんの人に魅力を伝えたいと英会話に励むみなさんでした。
食や文化、美しい自然など、内外海地区の魅力、どんどん発信していってくださいね!

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:18:40

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲