ほやほやみつけ隊

2019年09月19日 (木)坂井市・三国木部地区でみつけ隊!【今村 有希】

9月19日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、坂井市の三国木部地区に行ってきました♪
三国木部地区は、坂井市の北西部、九頭竜川と竹田川に挟まれた場所に位置しています。
豊かな水と土壌に恵まれ、米の生産が盛んなところです。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■昔ながらの農業体験学習
機械や農薬を使わない昔ながらの農法を伝えていきたいと、まちづくり協議会が小学生を対象に行っています。春の田植えから始まり、鎌を使った稲の刈り取り、はさ掛け、足踏み脱穀などを行います。また秋には感謝祭を開き、育てた米を餅にして食べることで、食への感謝の気持ちも育んでいます。

20190919_i_01.jpg

 

■危険箇所マップ
今年、地区内の危険箇所を記したマップを作成しました。これは、見通しが悪い場所や街路灯がない場所が一目でわかるように作られたマップで、交通安全と不審者対策を目的としています。
マップを手に地区を歩いてみましたが、ガードレールのない用水路は、子どもやお年寄りには危険な場所だと感じました。こうした場所は市販の地図には書かれていないので、写真付きでわかりやすいですね!

20190919_i_02.jpg


☆イチオシ☆
■グラウンドゴルフ大会
この日の出場選手は62人。最年長の方は、なんと90歳だそうです!
グラウンドゴルフは、その名の通りルールはゴルフに似ていますが、ボールを穴に落とすのではなく、直径およそ35センチのリングの中に入れます。
試合が始まると、皆さん年齢を感じさせない軽やかなスティックさばきでしたよ。

20190919_i_03.jpg

皆さんは、コミュニティセンターのグラウンドゴルフクラブで活動しています。
大人気のこのクラブ、会員数は年々増え続け、まもなく100人に達するほど!
地区外からの加入希望者も多いそうです。

成績を競う大会ではありますが、5の倍数の順位の人がもらえる賞など、優秀賞のほかにも様々な賞があり、誰でも楽しめる工夫がされていました♪
皆さんに教えていただきながら、私も少しだけ挑戦!
…記録は決して良いとはいえなかったものの、経験がなくても気軽に楽しめるスポーツだと感じました! 

20190919_i_04.jpg

皆さんの笑顔がとても印象に残っています!
温かい雰囲気で迎えてくださった三国木部地区の皆さん、ありがとうございました♪

20190919_i_05.jpg


<おまけ>↓↓↓
コーナーの始まりは、チアリーダーの衣装で出演!
私、高校時代はチアリーディング部に所属していたんですよ~!

20190919_i_06.jpg

それから、うぐいす嬢の声は羽生キャスターにお願いしました。
「恥ずかしい~!」と言いながらも、ラジオスタジオにこもって練習してくださった、優しい先輩です。

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:18:40

2019年09月12日 (木)越前市・白山(しらやま)地区でみつけ隊!【北川 玲子】

9月12日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
越前市白山(しらやま)地区に行ってきました♪
コウノトリの町として知られる白山地区。まわりを山々に囲まれ、昼と夜の寒暖差が大きいため、おいしい農産物が育つといいます。

 今回ご紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■コウノトリに優しい農業
コウノトリの飛来で有名な白山地区では、えさとなるカエルやドジョウを守るために、無農薬・有機肥料による米作りを行っています。この取り組みをより多くの人に知ってもらおうと、地区のみなさんの力で、無農薬の純米吟醸酒が誕生しました。(コウノトリ:恒本明勇(あきお)さん撮影)

20190912_k_01.jpg
■越前しらやまSATOYAMAスタジオ
6年前から、地区の若者たちが、地区の自然・人・活動について多くの人に知ってもらおうと、FMラジオやインターネットを活用して情報を発信しています。企画から撮影まで自分たちで行い、現在は、今年オープンしたカフェ「白山さんち」で収録を行っています。地区のお祭りの様子など、白山ならではの情報が盛りだくさんです!

20190912_k_02.jpg

☆イチオシ☆
■秋の味覚 くり
白山観光くり園は、毎年9月の上旬から10月上旬まで、くり拾いが楽しめます。地区外からも多くくり拾いにやってくる人気のスポットです。
地区のみなさんとくり拾いをしました!

20190912_k_03.jpg20190912_k_04.jpg

大きなくりをたくさん拾った後は、初めてのくり料理に挑戦!
今回作ったのは、「くりの甘露煮」です。
鬼皮と渋皮をきれいにむくことに苦労しましたが、なんとか出来上がりました!

20190912_k_05.jpg20190912_k_06.jpg

作ったくりの甘露煮は、収録を行っていた「越前しらやまSATOYAMAスタジオ」で試食をしていただきました!

20190912_k_07.jpg

くり料理は初挑戦でしたが、白山のくりの新鮮さと美味しさに助けられ、高評価をいただけました!
そのあとは、「越前しらやまSATOYAMAスタジオ」の収録に参加。
白山地区で体験したことをたっぷり報告している様子が、9月22日(日)にたんなんFMで放送されます!同時にYouTubeでも公開されますので、「しらやまスタジオ」で検索してみてください!

白山の秋と、地区の人々のやさしさをたっぷり感じることができた一日でした★ 

20190912_k_08.jpg

■白山観光くり園
 10月6日(日)までの午前9時~午後4時
 (休園日:月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日)
 入園料 1人300円 くり1キロあたり800円
 0778(29)2625

■越前しらやまSATOYAMAスタジオ
 ・9月22日(日) 午後1時~
 たんなんFM(周波数:79.1MHz)鯖江市、越前市、そのほか電波が届く地域のみ
 ・Youtube 「しらやまスタジオ」で検索

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:18:40

2019年09月05日 (木)南越前町・今庄(いまじょう)地区でみつけ隊!【羽生 ちひろ】

9月5日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、南越前町の今庄(いまじょう)地区に行ってきました♪旧今庄町の中心地です。
江戸時代に「今庄宿」として栄えた場所で、旅籠(はたご)だった建物や古い造り酒屋などが今も並び、宿場町の面影を残しています。

20190905_h_01.jpg

今回ご紹介した内容は、こちら↓↓↓

■自慢 「今庄宿」を後世に残す取り組み
かつて宿場町として栄えた歴史ある町並みを保全していこうと、地区では、解体の危機にある古い建物を保存して調査を行ったり、改修してカフェや交流拠点などの新たな空間として活用したりしています。また街道の風情に合うよう路面を整備し直すなど、景観づくりにも力を入れています。ゆくゆくは『重要伝統的建造物群保存地区』に選定してもらえるよう活動しています。

20190905_h_02.jpg

■自慢 今庄ふるさと夏祭り
みんなで力を合わせて開催する地区の一大イベントです。メインは“踊り”。小学生が練習を重ねたヨサコイや、千年以上の歴史を持つ伝統の「羽根曽(はねそ)踊り」など、子どもから高齢者まで、幅広い年代が、踊りを通してイベントを盛り上げています。祭りで地域の絆が深まっています。

20190905_h_03.jpg

■おすすめスポット「藤倉山ハイキングコース」
標高643メートルの藤倉山(ふじくらやま)の尾根沿いを歩くことができるハイキングコースです。
随所に、今庄の豊かな自然や歴史を感じられるスポットがあります。
立派なブナの木や、

20190905_h_04.jpg

平安時代末期に木曽義仲が築かせたとされる「燧ヶ城(ひうちがじょう)」、

20190905_h_05.jpg

巨大な神木が出迎えてくれる「白鬚(しらひげ)神社」などがあります。

20190905_h_06.jpg

放送では紹介しきれませんでしたが、他にも!
古くは「今庄宿」の総社(そうじゃ)だったとされる「藤倉権現跡(ふじくらごんげん)」の石垣や、

20190905_h_07.jpg

お地蔵様が並ぶ八十八ヶ所もあります。
ハイキングコースはこれからのシーズン、紅葉も楽しめるそうですよ!

20190905_h_08.jpg

歩いて感じた今庄の歴史の数々。
先人たちが残した、現在の今庄へとつながる足あとのようでした。

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:40

2019年08月29日 (木)福井市・東安居(ひがしあご)地区でみつけ隊!【太田 実穂】

8月29日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、福井市の東安居(ひがしあご)地区に行ってきました!
東安居地区は福井市の中心部から車で10分ほどです。
緑に包まれて住宅地や商業地が広がります。

今回ご紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
東安居こども太鼓
地元の青年太鼓のジュニアチームとして8年前に発足しました。メンバーは、小学生15人で、公民館で毎週水曜日と第1・第5日曜日に練習をして日々、技術や表現を磨き、地元の祭りや県内のイベントなどで披露しています。発足当時と比べ格段に上達していて、10月6日に愛知県で開催される西日本大会に向けて練習しています。目指すは、優勝です!

20190829_o_01.jpg

東安居ふれあいこどもサロン
ことし5月に地区のお年寄りの集いの場「東安居いきいき長寿よろず茶屋」にオープンした子どもたちが気軽に立ち寄ることができるサロンです。年中無休で開き、土日祝日にはカレーを振舞ったり大学生を呼んで勉強を見てもらったりと子どもたちや保護者の方たちの居場所づくりをしています。
この活動はお年寄りたちにとっての生きがいづくりにもなっています。

20190829_o_02.jpg

地区との関わりが深い『法承寺』
法承寺の由来は、およそ1300年の歴史があるという観音堂です。
そこに先々代の住職がお寺を開きました。

20190829_o_03.jpg

そんな法承寺の現住職、久保顕理(くぼ・けんり)さん。

20190829_o_04.jpg

久保さんには秘密があり、なんと・・・・・・

20190829_o_05.jpg

ドラマーでもあるんです!!

久保さんがドラムを始めたのは5歳の時です。
その後、レコード会社に所属してプロのドラマーになり全国のステージで活躍しました。
そんな久保さん、30歳を過ぎたころ、前住職のお父さんが病気にかかったことを機に、住職としてお寺を守ることを決めました。それから住職としての仕事をしながら音楽活動する日々を送っています。
今では、お寺に誰でも気軽に来て楽しんでもらいたいと法話と合わせて落語会や音楽ライブを開いてます。

20190829_o_06.jpg

また、地域の人たちと協力して東安居地区イメージソング「ハロー笑顔のまち」を作り上げるなど地域にも音楽を通して貢献しています。

20190829_o_07.jpg

若い力と情熱で地域に新しい風を吹き込む住職でした★

20190829_o_08.jpg

■お問い合わせ
東安居公民館
住所:福井市飯塚町6-18
電話:0776-35-9566

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:40

2019年08月01日 (木)越前市・南中山(みなみなかやま)地区でみつけ隊!【太田 実穂】

8月1日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、越前市の南中山(みなみなかやま)地区に行ってきました!
越前市の東部にあり、農業が盛んな地域で古くからの歴史を大切にしている地区です。

 今回ご紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
フェンシング 見延 和靖(みのべ かずやす)選手のふるさと
現在、フェンシング・男子エペ世界ランキング1位の日本フェンシング界を代表する見延選手は南中山地区出身です。
そのため、南中山公民館でもフェンシング教室がスタートしました。
見延選手のリオデジャネイロオリンピック出場をきっかけに、越前市でフェンシングを志す子どもたちが増えています。
見延選手は帰省した際に子どもたちに指導をしていて、子どもたちの大きな目標になっています。

20190801_o_01.jpg

赤坂笑(しょう)劇団
越前市内の公民館の認知症講座や地元の文化祭で認知症の理解や予防を目的とした劇を行っているグループです。
メンバー自身が認知症について考え、予防するきっかけにもつながっています。
また、小学校にも出向いて、徘徊(はいかい)している人がいた時の対応方法など具体的な話も取り入れ披露しています。

20190801_o_02.jpg

■イチオシ
地区のみんなで協力しあってつくっている赤米
南中山地区の赤米づくりのもとになっているのは、奈良で発掘された『荷札木簡』です。
荷札木簡に書かれた内容によって南中山地区から税として平城京に赤米が送られていたことがわかりました。
その荷札木簡をきっかけに、15年前から、南中山小学校5年生を中心に赤米のプロジェクトを始めています。
いまでは、地域の方も参加するようになり、地区を代表する活動になっています。

20190801_o_03.jpg

20190801_o_04.jpg

みなさんの活動の1つ、田んぼアートが見頃を迎えていました!

20190801_o_05.jpg

地区では、古民家を改装した地域の活動拠点で、毎週月曜日カフェを開店していて、赤米を食べることができるんです! 

20190801_o_06.jpg

よりおいしく口当たりがいいように白米8と3分づきの赤米2を混ぜたおにぎりや赤米の米粉が入った団子のぜんざいなどをいただけます!

20190801_o_07.jpg

20190801_o_08.jpg

■お問い合わせ
南中山公民館
住所:越前市西庄境町21-7-1
電話:0778-43-1290

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:30

2019年07月25日 (木)小浜市・小浜地区でみつけ隊!【北川 玲子】

7月25日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、小浜市の小浜地区に行ってきました♪
若狭湾に面し、かつては港町として栄えた小浜市の中心、小浜地区。連続テレビ小説「ちりとてちん」のロケ地としても知られる常高寺をはじめ、古くからの町並みが残っています。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■子ども箏(こと)教室
毎年、一年間かけて小学生たちが箏を練習し、発表会で練習の成果を披露します。長期間じっくり向き合うことで、箏の魅力を存分に感じることができるほか、礼儀作法についても学んでいます。

20190725_k_01.jpg

■芝居小屋・旭座
福井県内で現存する明治期の芝居小屋は旭座だけで、3年前に町の駅ができた際に、隣に移築復元されました。現在も、落語や地区のお祭りなど、多くの公演が開かれています。町の駅には、観光案内所やレンタサイクルなどが利用でき、観光客のみなさんに便利で楽しめる場所を目指し、整備が進んでいます。

20190725_k_02.jpg20190725_k_03.jpg

☆イチオシ☆
■小浜西組
小浜地区は、鯖街道で京と結ばれ、古くから港町として繁栄してきました。伝統的な町並みが残る地域「小浜西組」があり、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

20190725_k_04.jpg

かつては茶屋町として栄えた小浜西組にある三丁町は、最盛期は48軒ものお茶屋がありました。その中で唯一、現在もお茶屋文化を受け継ぐ料亭で、お座敷遊び体験をしました!

20190725_k_05.jpg

三味線体験では、最初はなかなかきれいな音が出なかったんですが、弦を押さえる指の運びに慣れてくると音が出せるようになり、気分はもう芸妓(げいこ)さんでした。
古くからの日本の風情ある雰囲気を満喫できる小浜西組。しかし、年々、空き家も増えてきたそうなんです。そこで、地元の人たちが協力して、使わなくなった町家を新たに宿として活用する動きが広まっています!
2年前から始まった空き家を宿にリノベーションする活動。現在、地区内に複数軒をかまえ、利用者も増えているそうです。

20190725_k_06.jpg

昔からの風情あふれる町並みが広がる小浜地区。皆さんの思いで、守り継がれていました★

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:18:38

2019年07月18日 (木)小浜市・内外海(うちとみ)地区でみつけ隊!【北川 玲子】

7月18日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、小浜市の内外海(うちとみ)地区に行ってきました♪
内外海半島に位置する地区は、山と海の美しい自然に囲まれています。夏には海水浴や釣りに訪れる人でもにぎわいます。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓
☆地区の自慢☆
■海の幸
地区に面する若狭湾は、恵まれた地形から栄養価の高いプランクトンが流れ込み、“日本海のポケット”とも言われます。地区では、漁業、養殖業が盛んで、新鮮な魚を楽しむことができます。地区で行われている定置網漁では、サワラやハマチなど、今、旬の魚をはじめ、たくさんの魚があがっていました!

20190718_k_01.jpg

■百人一首で詠まれた舞台
「わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らね 乾く間もなし」

20190718_k_02.jpg

この歌は、海の中で乾くことのない沖の石のように、私の袖も涙で乾くことがない、という切ない恋心を詠んだ歌です。
内外海に浮かぶ沖の石は、百人一首に収められている、二条院讃岐姫(にじょういんさぬきのひめ)が詠んだ歌に登場します。二条院讃岐姫は、平家との戦いに敗れ、若狭に流された父・源頼政とともに、地区内に住んでいたと伝えられています(諸説あります)。そんな歴史が残る地区に愛着をもってほしいと、子どもたちを対象にカルタ教室を開いています。

20190718_k_03.jpg

☆イチオシ☆
■内外海ならではの英会話教室
内外海公民館では、民宿の経営者向けの英会話教室が開かれています。

20190718_k_04.jpg

内外海地区には、50軒ほどの民宿がありますが、最近増えている外国人観光客と英語でコミュニケーションをとることができませんでした。そこで今年から、お風呂の入り方や民宿の朝食に出す生卵の食べ方など、民宿ならではの英会話を学ぶことができる英会話教室がスタートしました。

20190718_k_05.jpg

教室で習ったことは、実践でも生かされていて、先日訪れたオーストラリアのご家族を英語でもてなすことができたそうです!

20190718_k_06.jpg

国境を越えて、たくさんの人に魅力を伝えたいと英会話に励むみなさんでした。
食や文化、美しい自然など、内外海地区の魅力、どんどん発信していってくださいね!

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:18:40

2019年07月11日 (木)越前町・糸生地区でみつけ隊!【羽生 ちひろ】

7月11日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、越前町の糸生(いとう)地区に行ってきました♪
越前町の北東部、福井市に隣接する、山あいの緑豊かな農村地帯です。

20190711_h_01.jpg

今回ご紹介した内容は、こちら↓↓↓

■自慢 越知山大谷寺
泰澄大師が白山開山より前に創設したとされる、1300年以上の歴史を誇る古刹です。寺には、泰澄大師の墓とされる、国の重要文化財の九重の塔が残されています。また貴重な秘仏があり、毎年11月に行われる万灯会で公開されますが、ことしはより間近で見ることができる、17年に1度の特別な「お開帳」の年です。これに合わせて、区民が大切に守り伝えている神輿(みこし)の「御くだり」も行われます。
※お開帳は、11月2日(土)~4日(月)です。

20190711_h_02.jpg

■自慢 憩いの場の温泉
糸生地区には天然温泉が湧き出ています!町営の温泉施設「越前糸生温泉・泰澄の杜」は、アルカリ性単純温泉で、冷え性や神経痛に効くと特に高齢者に大人気です。
8月からは敷地内のぶどう園で「ぶどう狩り」ができます。

20190711_h_03.jpg

■イチオシ:みどりのめぐみプロジェクトいとう
糸生小学校が地域と連携して行っている体験推進事業です。
子ども達に、ふるさとへの愛着を育み、住んでいる地域のことを学ぶ教育活動の一環として、児童と大人が一緒に様々なことに取り組んでいます。
1・2年生は、おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に「野菜作り」。
植え付けから収穫まで、ほぼ毎日畑に通ってお世話しています。

20190711_h_04.jpg

3・4年生は、地元農家の人たちに教わりながら「古代米づくり」。農業に理解を深めています。
実りの時期を前に、お手製の「かかし」も作りました。

20190711_h_05.jpg

5・6年生は、地区の恒例イベント「いとうエコキャンドル」の手伝い。
キャンドル作りから、チラシ作り、キャンドルアートのデザイン企画など、重要な戦力です。

20190711_h_06.jpg

取材の時は、児童たちと一緒に“一福丸”のキャンドルアートを作りました。
イベント時には、どんなアートが出来上がるのか、お楽しみに♪

20190711_h_07.jpg

※「いとうエコキャンドル」は、9月22日(日)の開催予定です!

子どもと大人が手を取り合う糸生地区。
世代をこえたパワーが地域を盛り上げていました。

20190711_h_08.jpg

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:40

2019年07月04日 (木)越前市・国高地区でみつけ隊!【今村 有希】

7月4日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、越前市の国高地区に行ってきました♪
国高地区は、越前市の中心部に位置しています。地区の東を北陸自動車道、西を日野川に挟まれていて、住宅地が広がっています。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■刻書・篆刻(てんこく)講座
週に一度公民館で行われている自主グループ活動で、木の板に思い思いの文字や絵を彫る美術の講座で、幅広く活動し腕を磨いています。年に一度、地区内の商業施設にスペースを設けて作品を展示するなど、地区の人たちにもその魅力を伝えたいと創作活動に励んでいます。

20190704_i_01.jpg

■三世代交流
村国山では、毎年地元の人たちの手によって、清掃活動や緑を増やす取り組みが行われています。自治振興会を始め、ボランティア、さらに地元の中学生たちも授業の一環として参加し、子どもから高齢者まで総勢およそ300人が協力して活動に励んでいます。

20190704_i_02.jpg

☆おすすめスポット☆
■村国山
村国山は、越前市の市街地中心部にあり、市民の憩いの場になっている山です。

20190704_i_03.jpg

この山の頂上に、山をもっと満喫できるスポットが最近できたと聞き、登ってみました。
それが5月末にオープンしたばかりの「風の谷のムラクニ」です。市街地には珍しく、気軽にパラグライダーを楽しめるんです!
私はパラグライダー初挑戦でしたが、インストラクターの方と一緒に飛べるので、誰でも安心して飛ぶことができますよ♪

20190704_i_04.jpg

…ですが、いざ装備を付けてヘルメットをかぶると一気に緊張感が出てきて、足がすくみました。

20190704_i_05.jpg

飛行中~♪飛ぶ前は少し不安だったけど、飛び立つとその不安も一緒に飛んでいきました!上空からの絶景にハイテンションの私。「カメラマンさん、やっほー!」と手を振っている写真です!風が本当に気持ち良いんですよ~。

20190704_i_06.jpg

こちらは、上空から見た国高地区の景色です♪

20190704_i_07.jpg

また空を飛びたいなぁ。市街地でパラグライダーができる「風の谷のムラクニ」、
皆さんもぜひ足を運んでみてくださいね♪
取材に協力してくださった皆さん、ありがとうございました!

■「風の谷のムラクニ」パラグライダー体験のお問い合わせ
運営:堀幸雄さん 090-3766-8553

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:18:40

2019年06月28日 (金)福井市・清水西地区でみつけ隊!【北川 玲子】

6月27日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、福井市清水西地区に行ってきました♪
清水西地区は、福井市南西の山あいに位置しています。自然が多く残る中、ニュータウンの開発も進み、人口も増えています。
今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■睦月(むつき)神事
国の重要無形民俗文化財に指定されているこの神事では、年の初めに、その年の豊作を祈願しています。現在では、大森町で4年に1度、睦月神事会館で奉納しています。今年2月にも、獅子舞や奴(やっこ)などの行列が地区内を練り歩いたあと、小学生の男の子たちによる「ささら」や「さいやいや」などの舞いなどが奉納されました。

20190627_k_01.jpg

■しみず西遊輝(さいゆうき)
子どもたちが活躍できる場を作り、三世代交流を図ろうと活動している青年グループ「しみず西遊輝」では、様々なイベントを行っています。巨大エアドーム作りでは、新聞紙をつなぎ合わせてドームを作り、中に風船を入れて遊びました。毎年恒例の「親子Deキャンプ」では、地区の自然の中で、魚のつかみ取りや五右衛門風呂などを体験し、地区の大人と子どもたちの交流を深めました。

20190627_k_02.jpg

☆イチオシ☆
■清水西・歴史マイスターへの道
地区には、古くから多くの歴史が残されています!館長から出された3つのお題をもとに、ほやほや探検隊、清水西に残された歴史を調査してきました!

≪有名すぎる紋所≫
乗泉寺には、屋根瓦や梵鐘(ぼんしょう)、火鉢、住職が法衣の上にまとう七條(しちじょう)と、いたるところにあの有名な葵の紋がついています。
実は、8代将軍徳川吉宗が将軍になる前、この一帯を治めていたことがあり、乗泉寺を訪れて地区の若者と交流したことが縁で、寺の紋に葵をつけることが許されました。

20190627_k_03.jpg≪奇跡の生還を遂げた仏像≫
地区にある滝波町では、平安時代のおわりに作られたという五智如来の5体の仏像と他4体、あわせて9体がお堂に安置されています。
戦国時代、一向一揆によって五智如来は寺院から持ち出され、洞ヶ谷(ほらがだに)という近くの谷に投げ捨てられてしまいます。しかし地元の人たちが谷底からなんとか引きあげ、現在まで大切に守り続けてきました。
また、仏像の魅力を広めようと地区の人たちが御朱印とお守りを手作りしました。

20190627_k_04.jpg≪古代を感じられる墓≫
地区内の山奥で、工事の際に偶然見つかった穴。1300年前に作られた、古墳の一種、横穴(おうけつ)と考えられています。墓とみられる穴の中には、鉄器で掘った跡や、排水の役割を果たす溝などがあります。

20190627_k_05.jpg

昔から語り継がれている歴史、新たに掘り起こされた歴史。
それぞれ地区の皆さんが誇りをもって大事にしている地区でした~★

20190627_k_06.jpg

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:17:21

ページの一番上へ▲