ほやほやみつけ隊

2018年09月20日 (木)福井市本郷地区でみつけ隊!【別司 愛実】

9月20日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
福井市の本郷(ほんごう)地区を訪ねました。

20180920b1.jpg

(福井市の西部にある、自然豊かな山間の地域です)

 

放送で紹介した内容はこちらです↓↓↓
☆自慢①☆すこっぷ三味線のグループ「七瀬(ななせ)すこっぱ~ず」
「すこっぷ三味線」はその名のとおり、スコップを三味線に見立てて演奏します。
七瀬すこっぱ~ずは、地区の50代から70代の10人がメンバーで、
5年前に行われた世界大会の団体の部ではなんと優勝!
これまでの公演回数は県内外で600回以上になる人気グループです。

20180920b2.jpg

 (「七瀬すこっぱ~ず」のみなさんと♪)


☆自慢②☆中平(なかだいら)冬季分校
中平冬季分校は、明治35年ごろに開校したと考えられています。
本郷地区は養蚕の盛んな地域だったため、もともと、蚕の飼育所として建てられたものでした。このあたりは、雪が多くて、3キロほど離れた上郷(かみごう)小学校まで通うのが難しい子どもたちのために、冬の間のみ開かれました。

20180920b3.jpg

(中平冬季分校)

多い時には20人以上の児童でにぎわいましたが、昭和の終わりごろになると子どもの数も少なくなり、平成9年に廃校になってしまいました。
しかし、現在でも子どもたちの作品が残るなど当時の面影が感じられ、
地元の子どもたちが校外学習で訪れて、歴史を学んでいます。

20180920b4.jpg(残されている子どもの作品)

20180920b5.jpg

(中平冬季分校の前にて。
左:本郷公民館の吉田館長、右:分校の卒業生・前田さん)

 

☆イチオシ☆炭やき
本郷地区で今や唯一となった炭やき農家、杉本英夫(すぎもと・ひでお)さんをたずねました。森林の管理から加工、販売までを手掛け、年間およそ15トンの木炭を生産しているそうです。作る木炭には、さまざまな種類があります。
メインは、ナラの木を使った木炭。
バーベキュー用として、また焼き鳥屋から、年間を通して需要があります。

20180920b6.jpg

 (ナラの木を使った木炭)

クヌギの木が使われた「菊炭(きくずみ)」というものもあります。

20180920b7.jpg

(菊炭)


断面に放射状の細かい割れ目が入り、その名の通り、菊の花のような模様が美しい木炭です。主に茶道でお湯を沸かすときに使われるそうです。

また、番組では、炭を木の実などで飾りつける「アレンジ炭(ずみ)」をつくりました。

20180920b8.jpg

(別司が作った「アレンジ炭」)

タイトルは「本郷に住み(炭)たい!」
本郷で取れた木の実などをいっぱい飾り付けて、本郷のよさを表現しましたよ~!
地域を誇りに思い、それぞれの形で盛り上げているみなさんに出会えました!。
本郷地区のみなさん、本当にありがとうございました。

20180920b9.jpg(「七瀬すこっぱ~ず」さんの衣装をお借りしてポーズ♪)

 

投稿者:別司 愛実 | 投稿時間:18:45

2018年09月13日 (木)大野市阪谷地区でみつけ隊! 【羽生 ちひろ】

9月13日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
大野市の阪谷(さかだに)地区に行ってきました♪

白山山系のひとつ、経ヶ岳(きょうがたけ)の麓に位置します。
市街地が一望できる丘陵地で、広大な棚田が広がります。

20180913h01.jpg

今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■ひまわり油 
毎年7月、地区には1万本ものヒマワリが咲き誇ります。
花が終わったら、手作業で一株ずつ刈り取って種を取り出し、
その種から「ひまわり油」を絞っています。
15年前から作られている地区の特産品です。

20180913h0203.jpg

■越前おおの阪谷桃木窯 
4年前に蔵を改装してできた陶芸の工房です。
地区の自主グループが、文化的なものを根づかせたいと、町おこしとして始めました。
現在20人ほどの会員が作品作りに取り組んでいます。

また、去年からは、地元の小学生が陶芸体験に訪れ、課外授業の場としても一役買っています。

20180913h0405.jpg

☆イチオシ☆
■さかだにの大岩 
田んぼの真ん中、川のほとりなど、地区のいたる所に大きな岩が点在しています。
数万年前、地震や地殻変動の影響で経ヶ岳の頂上が崩れ、運ばれてきたと考えられています。
天狗の言い伝えが残る岩や、

20180913h06.jpg

田んぼの真ん中にあるもの、

20180913h07.jpg

獅子の横顔に見える岩など様々。

20180913h08.jpg

小さいものも含めると、460個もの岩が地区内にあるそうです!

20180913h09.jpg昔から暮らしの風景の中に岩がある阪谷地区。

まさに、自然と人が共生している場所でした。

20180913h10.jpg

 

■阪谷地区への問い合わせ■
阪谷公民館
住所:大野市伏石11-14
電話:0779(67)1111

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:40

2018年08月30日 (木)坂井市磯部(いそべ)地区でみつけ隊!【太田 実穂】

8月30日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、坂井市の磯部(いそべ)地区に行ってきました!
磯部地区は、坂井市のほぼ中央部で、福井市のベッドタウンとして人口が増えてきています。

今回紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
■磯部ふれあい寺子屋
ことし4月に地区の世代間交流のためにスタートしたものです。
5月から11月にかけて半年間で5回の講義が行われ、児童19名と地区の大人8名が同じクラスメイトとして受講しています。内容は、科学実験、企業見学、プログラミング体験などで楽しい時間を過ごしています。

20180830o0102.jpg
■ホタルが舞う水辺の里づくり
磯部地区内の下安田地区では、農業用水路の跡地を利用して作られたビオトープ水路でホタルの保全に向けた活動を3年前から行っています。11月頃から児童がホタルの幼虫を育て、翌年3月にはビオトープ水路に放流して、6月には水路を飛び交うホタルの様子を地域の人達で鑑賞します。

20180830o0304.jpg

 

☆イチオシ☆
■ひっぱりだこ座
ひっぱりだこ座は、平成15年に磯部地区の芝居好きの60~80代の女性で結成された劇団です。きっかけは、当時、福井で活躍していた高齢者の劇団に刺激を受けたことだそうです。「ひっぱりだこ座」という名前は、ひっぱりだこになるような人気劇団になりたいという思いから名付けられました。

20180830o0506.jpg

ひっぱりだこ座は、高齢者施設や地区の敬老会などで公演し、多い時には月に4回、年間30回にものぼります。演劇や日本舞踊、剣舞などレパートリーは、15もあります。衣装や小道具は、全てメンバーの手作りです。

20180830o0708.jpg

今回は、私と一福丸も仲間に入れてもらい「水戸黄門」の劇をしました!
私は、悪代官の役をさせてもらいましたよ。

20180830o0910.jpg

20180830o11.jpg

磯部地区は、子どもからお年寄りまで生き生きと楽しく暮らしているまちでした!

☆お問い合わせ☆
■磯部コミュニティセンター
住所:福井県坂井市丸岡町下安田19-15
電話:0776-66-7430

20180830o12.jpg

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:30

2018年08月02日 (木)若狭町三方地区でみつけ隊!【太田 実穂】

8月2日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、若狭町の三方(みかた)地区に行ってきました!
三方湖に面する三方地区。海の幸山の幸が豊富にとれる地区です。
今回紹介した内容はこちら↓

 

☆地区の自慢☆
■花こう岩の滑り台
地区にある山の上に大きな花こう岩があり、自然の滑り台になっています。
去年8月に、三方地区のきらやま地域づくり協議会が滑り台までの道の荒れているところを改めて整備しました。去年の9月には、三方小学校児童・PTAときらやま地域づくり協議会のみなさんが、山に登り、滑り台を楽しみました。

20180802o_01_02.jpg

 

■若者グループの活動
三方地区内の明倫地区では、3年前から20代の方がお世話になった明倫地区に恩返ししようと、グループを立ち上げ、小学生対象の活動などの手伝いをしています。
ことしは、行事の企画をして、山の上にあったお寺の跡地を目的地にして子どもたちと川の上流の方に向かって散策しました。

20180802o_03.jpg

※昨年の行事の写真

 

☆おすすめスポット☆
■若狭三方縄文博物館
若狭三方縄文博物館は、2000年にオープンして、すぐ隣にある鳥浜貝塚の出土品を中心に、縄文時代の人々の技術やくらし、文化を紹介しています。

20180802o_04_05.jpg

今回は、縄文時代の生活体験をさせていただきました!

〇弓を使って狩りをする
20180802o_06.jpg

〇黒曜石のナイフで肉を切る

20180802o_07.jpg

〇火をおこす

20180802o_08.jpg

〇土器で調理をする

20180802o_09_10.jpg

一年を通して行われている体験は、土笛づくり、火おこし、勾玉づくりです。
時期によっては、土器づくり、丸木舟乗船などの体験も行われています。
【体験講座はすべて事前予約が必要】


☆お問い合わせ☆
■三方公民館
住所:福井県三方上中郡若狭町中央1-2
電話:0770-45-9137

20180802o_11.jpg

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:30

2018年07月26日 (木)敦賀市愛発地区でみつけ隊! 【太田 実穂】

7月26日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、敦賀市の愛発(あらち)地区に行ってきました!
愛発地区は、滋賀県との県境にあり、昔から近畿と北陸を結ぶ交通の要衝です。
今回紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
■新疋田駅を愛発駅にする運動
愛発地区の区長会の方たちを中心に、新幹線開業に合わせて、愛発地区にある新疋田駅(しんひきだえき)を「愛発駅」にしようとする運動です。この取り組みが、福井県立敦賀高等学校商業科と愛発地区が協力するようになったきっかけです。去年11月3日には、高校生が、新疋田駅に愛発駅ならぬ「愛の出発駅」の看板を掲げたりライトアップをしたりしました。ことしの11月3日にも行い、ツリーも飾られる予定です。

■愛発農業プロジェクト
愛発地区の30代から40代の方で結成された「愛発元気村プロジェクト」に敦賀高等学校商業科の去年の3年生が野菜づくりを提案して、農業プロジェクトを進めていくことになりました。ことしの4月下旬に打ち合わせをして、5月中旬に愛発地区の農家の方と協力して活動をスタートさせました。作っているものは、高校生が『気迫米』と名付けて育てている米、大根、白菜、じゃがいも、さつまいも。この5つの名前をローマ字に置き換えると、どれも「ai」というアルファベットが入っています。愛発地区の「愛」をイメージして、愛発で愛を植え、育てたいという思いを持って活動をしています。ことしの11月3日には、新疋田駅のライトアップの前に、収穫祭を行う予定です。       

 

☆イチオシ☆
■あらち観光マップ
このマップは、愛発地区の歴史スポットや体験スポットなどを紹介しようと愛発公民館の前の館長さんが作ったものです。
現在は、公民館と高校生が協力して、自然や歴史を楽しんだり体験もできる新しいマップを作成中です。

20180726o_1.jpgあらち観光マップ

 

20180726o_2.jpg新マップ

 

今回は、疋田舟川のコースに行ってきました!
①疋田舟川
疋田は、江戸時代後期、敦賀湊と水路で結ばれていました。
疋田舟川は、このように川舟で物資を運んでいたため、舟が滑りやすいように川底に胴木(どうぎ)と呼ばれる丸太を敷いていました。

20180726o3_4.jpg

②疋田城跡・本丸の石垣
室町時代に朝倉氏の家臣、疋壇対馬守久保(ひきだつしまのかみひさやす)が築城したといわれています。今もなお、一部に石垣が残され、また天守台と考えられるものもあります。

20180726o_5_6.jpg

 ③大岩大権現(おおいわだいごんげん)
昔、疋田村で大雨が降った時に、この大岩が土石流から村を守ったといわれています。それから、人々は、この岩を大権現としてあがめるようになりました。 

201807226o7_8.jpg

若者と力を合わせて地区の歴史や文化を発信する愛発地区のみなさん。
希望に満ちあふれていました。

☆お問い合わせ☆
■愛発公民館
住所:福井県敦賀市疋田37-1
電話:0770-27-1101

20180726o_9.jpg

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:30

2018年07月19日 (木)勝山市猪野瀬地区でみつけ隊! 【羽生 ちひろ】

7月19日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
勝山市猪野瀬(いのせ)地区に行ってきました♪

豊かな水と良質な土に恵まれた、農作物の生産が盛んな地域です。

20180719h01.jpg

 

今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■大師山(だいしやま)たいまつ登山 
昭和43年に開催された福井国体で、勝山で山岳競技が行われたことを記念して始まりました。
地区の青年会が代々受け継いでいて、毎年、若者たちが力を入れてイベントを盛り上げています。
県内外から何百人もの人が参加し、たいまつの灯りが列を成して頂上へ続く様子は、夏の風物詩となっています。

20180719h02.jpg


■いのせウォーク 
ことしの福井国体を記念して新たに始まったイベント。名勝や旧跡、穴場スポットを巡るウォーキングです。イベント専用の地図もいちから手作りし、普段見過ごしている地元の良さを見つめ直すきっかけにして欲しいと活動しています。

20180719h03.jpg

☆イチオシ☆
■勝山の台所「若猪野(わかいの)」 
猪野瀬地区内の若猪野(わかいの)区は、勝山有数の野菜の生産地です。
この時期に旬を迎えるのは、特産の「若猪野メロン」。現在は3軒の農家が育てています。肉厚な果肉と、上品な甘さが特徴で、贈答用として人気を集めています。

20180719h0405.jpg

若猪野には、野菜の競りが行われる市場があります。
60年前に若猪野の農家が協力して立ち上げたもので、以来ずっと活気の良い声が響いています。
30軒近くの農家が、毎朝、丹精込めて育てた朝どれ野菜を持ち込んでいます。

20180719h0607.jpg八百屋さんや市内外のスーパーから、若猪野の野菜を求めてやってきます。
市場があることで、農家の皆さんの活力が生まれていました。

20180719h08.jpg

野菜も人も元気な猪野瀬地区、堪能しました!

20180717h09.jpg

 

■猪野瀬地区への問い合わせ■
猪野瀬公民館
住所:勝山市北市7-4
電話:0779(88)0313

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:30

2018年07月12日 (木)美浜町南西郷(みなみさいごう)地区でみつけ隊! 【別司 愛実】

7月12日(木)放送のほやほやみつけ隊は、美浜町の南西郷地区を訪ねました。
海も湖も山もある自然が豊かで、この時期旬を迎えているあの野菜が自慢の地区でした。

20180712b1.jpg

(この時期旬を迎えている野菜といえば…!?)


放送で紹介した内容はこちらです↓↓↓
☆自慢①☆金焼地蔵尊(かなやけじぞうそん)
「金焼地蔵尊」は、地区にある久昌寺(きゅうしょうじ)に安置されています。
地元に伝わる巻物「金焼地蔵菩薩縁起(かなやけじぞうぼさつえんぎ)によると、
平安時代の僧、弘法大師が手彫りで作ったと伝えられ、1年に1度、7月23日にご開帳されます。

20180712b2.jpg

 (1年に1度 7月23日にご開帳される「金焼地蔵尊」)


金焼地蔵尊にまつわる言い伝えをもとに、地元のみなさんでつくる奉賛会が絵本を作り、ボランティアのみなさんが子どもたちに読み聞かせを行っています。

20180712b3.jpg(奉賛会が作った絵本)


20180712b4.jpg(こどもたちの前で絵本の読み聞かせを行っています)

 

☆自慢②☆グリーンカーテンコンテスト
公民館では、地区のみなさんに自然環境について考えてもらい、公民館に足を運んでもらうきっかけにしようと、3年前から、あさがおとゴーヤーの苗を配布して、地区の各家庭で育ててもらうコンテストを行っています。

20180712b5.jpg20180712b6.jpg(地区の各家庭で立派なグリーンカーテンを育てます)

 

 

☆イチオシ☆くぼ丸なす
伝統野菜のくぼ丸なすは、100年以上の歴史があります。
平成27年度に県の「福井百歳やさい」に選ばれました。
農家の方によると「皮が薄くて、肉が詰まっていて、非常に甘いのが特徴」なんだそうです。

20180712b7.jpg

(コロンとした形がかわいいつやつやの「くぼ丸なす」)


このくぼ丸なすを使った料理を作りました!

20180712b8.jpg

  (「くぼ丸なすのおそうめん」
なすを〝めん〟のかわりにして、めんつゆと薬味でいただきます) 

 

20180712b9.jpg

(くぼ丸なすTシャツ。背中には「なすがままにおもてなす」の文字が…)

 

美浜町南西郷地区のみなさん本当にありがとうございました!!
優しい方ばかりのとっても素敵な地区でした♪

20180712b10.jpg

(なすびの帽子。実は前日に手作りしました。
VTRではあまり目立ちませんでしたが…(T^T))

 

20180712b11.jpg(上から見るとこんな感じでした♪)

 

 

投稿者:別司 愛実 | 投稿時間:18:34

2018年07月05日 (木)鯖江市北中山地区でみつけ隊! 【太田 実穂】

7月5日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
鯖江市の北中山(きたなかやま)地区に行ってきました!

鯖江市東部にある北中山地区は、山々に囲まれた農村地域です。

今回紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
■アジサイ1万本植栽計画
アジサイによる美しいまちづくりを目指して、10年で1万本のアジサイを植栽する計画で、ことしで7年目になります。
現在は、およそ7千本のアジサイが北中山地区の至るところに咲いています。
「アジサイ健康ウォーク」などを企画して、きれいに咲いたアジサイを地区のみなさんで楽しむ機会も設けています。

20180705o_1.jpg20180705o_2.jpg

■川島ごぼう
川島ごぼうは、北中山地区の川島町に伝わる伝統野菜です。農家の高齢化とともに生産量が減少していましたが、平成28年度に川島ごぼう研究会が発足して、高床にして掘り下げの省力化を行うなど商品化に適した栽培をして生産拡大を目指しています。食味会をしたり小学生にゆるキャラを作ってもらったりと地域の方とも協力して広めています。

20180705o_3.jpg20180705o_4.jpg 

☆イチオシ☆
■北中山民謡
北中山民謡は、おととしの北中山小学校6年生が作った民謡です。
作ったきっかけは、ふるさと学習です。地区の歴史や伝説を紙芝居や寸劇で伝承する活動をしている地元の語り部の会の方などから歴史や文化を学び、音楽の授業で民謡を学んだことから歌で地元の魅力を広めようと考えました。

20180705o_5.jpg20180705o_06.jpg20180705o_7.jpg

 歌詞には、アジサイや川島ごぼうのほかに、北中山地区の歴史や文化が織り込まれています。
現在も、北中山小学校で受け継がれており、地区を愛する気持ちを育んでいます。

20180705o_8.jpg20180705o_9.jpg

☆お問い合わせ☆
■北中山公民館
住所:福井県鯖江市落井町41-33-1
電話:0778-65-1001

20180705o_10.jpg

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:30

2018年06月28日 (木)福井市森田地区でみつけ隊!【今村 有希】

6月28日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
福井市の森田地区に行ってきました♪
福井県で最大の流域面積を誇る九頭竜川の沿岸に位置する森田地区。
2020年に北陸新幹線が通る予定地でもあり、人口が増えています。

 

今回紹介した内容はこちら↓↓↓
☆地区の自慢☆
■もりのわフェスタ
去年始まったイベントで、住民の交流を深めることを目的としています。雑貨やフード販売・体験コーナーなどが楽しめる「もりのわマルシェ」、歴史や文化に触れながらスタンプを集めてゴールを目指す「もりたシャルソン」、エコキャンドルアートなど、盛りだくさんの内容です。

20180628i_1.jpg

 

■出張ひよこ広場
近年出生率が急上昇中の森田地区では、子育て支援に力を入れています。毎週水曜日に公民館では、講師を招いて就園前の子どもとその保護者を対象とした講座を開き、赤ちゃんの体のケアについて学んだり、絵本の読み聞かせ、歌やダンスなどを通してコミュニケーションを育む場を提供しています。毎回予約が殺到する人気の講座です。

20180628i_2.jpg

 

☆イチオシ☆
■公民館食堂
月に1度開かれる、地元の人たちで九頭竜川の恵みを食べながら学ぼうという取り組みです。魚の生態や調理方法についての勉強会から始まります。そこで学んだことを肌で感じ、より広く伝えていこうという目的で開かれています。毎回男女問わず大盛況です!
今回はアラレガコの甘露煮を作りました♪中までタレの味がしっかりと染みていておいしかったです!

20180628i_3.jpg

たくさんの笑顔に出会えました♪
森田地区の皆さん、楽しい時間を本当にありがとうございました!

 

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:18:32

2018年06月21日 (木)坂井市春江中部地区でみつけ隊! 【羽生 ちひろ】

6月21日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
坂井市の春江中部(はるえちゅうぶ)地区に行ってきました♪

文字通り坂井市春江町の中心部。「エンゼルランドふくい」や「ハートピア春江」などの公共施設があり、人口も増えてきています。

20180621h01.jpg今回紹介した内容はこちら↓↓↓

 

☆地区の自慢☆
■花壇で地区を元気にする「こぶし会」 
「エンゼルランドふくい」の入り口を、江留下西区(えどめしもにし)の皆さんが花壇で彩っています。県内外から訪れた人を、“おもてなし”の心でお出迎えしています。草文字を作ったり、応援の看板を設置したり、毎年花壇のレイアウトを工夫して、福井しあわせ元気国体の機運を高めています。

20180621h02_03.jpg

■ヨサコイグループ「天手鼓舞(てんてこまい)」 
小学1年生から60歳まで、幅広い年代が20年以上活動を続けています。
毎年、「はるえイッチョライでんすけ祭り」や「福井フェニックスまつり」、
地区の祭りにも参加するなど活動も幅広く、いつでもイベントを盛り上げてくれる人気グループです。また、ことしは、福井国体の開会式の『歓迎県民イベント』で、『YOSAKOIで福井を盛り上げ隊』の一員として出演する予定で、練習にもますます力が入っています。


☆イチオシ☆
■春江町総合型地域スポーツクラブ「UNITIVE291(ユニティブふくい)」 
障害のある無しに関わらず一緒に楽しめるスポーツ「ユニバーサルスポーツ」に挑戦できるクラブ。
卓球台を囲むように車いすか椅子に座り、木の板でボールを打ち合う「卓球バレー」や、

20180621h04_05.jpg

車いすに乗って大きなボールを手で転がす「チェアサッカー」、

20180621h06.jpg

この他にも、プラスチック製の円盤を投げて飛距離を競う「フライングディスク」や、スポンジ製の刀を使う「スポーツチャンバラ」など、様々な競技があります。
年齢・性別に関係なく楽しめるユニバーサルスポーツ。
特に卓球バレーは、激しい動きが少ないので高齢者の参加者も増えてきています。
幅広い年代が集うスポーツを通して、新たな交流が生まれています。

20180621h07.jpg

色々な人がつながり、活力が生まれる春江中部地区。
住む人も訪れる人も、心豊かに過ごせる町でした。

20180621h08.jpg


■春江中部地区への問い合わせ■
春江中コミュニティセンター
住所:坂井市春江町随応寺17―17
電話:0776(51)1104

 

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:32

ページの一番上へ▲