2018年01月26日 (金)美浜町佐田地区でみつけ隊! 【宮崎 芽衣】

平成30年1月25日(木)放送の「ほやほやみつけ隊は、美浜町佐田地区に行ってきました!
佐田地区は、美浜町の最も北にあり、敦賀市と接しています。

放送で紹介した内容はこちら↓

自慢① 警察犬の訓練所
家で飼っている犬を1年半ほど預かり、どんな犬でも警察犬として活躍できるよう訓練しています。昨年度は9頭が警察犬に合格しました。
合格した警察犬は、地元の警察からの依頼で、行方不明のお年寄りの捜索などに協力しています。地元のイベントでは、警察犬の仕事の実演などを行い、地域との関わりも大事にしています。
また、犬のしつけ教室は人気で、むやみに噛まないようにするなど、基本的なしつけを教えて欲しいという依頼が絶えません。

20180125m1.jpg

20180125m2.jpg

自慢② 毎年1月の伝統行事「どんど焼き」
佐田地区に古くから伝わる行事で、子どもたちが集めた門松を、織田神社の境内で燃やして無病息災を願います。
小学4年生から中学3年生までの男の子が、地区内の門松集めを担います。
その後、公民館で一晩過ごし、翌朝、織田神社へ持って行きます。
少子化で、本来のどんど焼きからは変化していますが、子どもたちにとっては毎年楽しみな行事の一つです。

20180125m3.jpg20180125m4.jpg

イチオシ☆佐田の伝承料理「えご」
えご草と呼ばれる海藻から作られる地区の伝承料理です。
佐田地区では、夏に、海岸に打ち上げられたえご草を拾ってきて、家で乾燥させて保存しています。
えご草を乾燥させたものを、30分ほど煮詰めて溶かし、しょうゆと砂糖で下味をつけ、バットに入れて冷やし固めると完成です。
ゴマやしょうがで風味をつけて食べます。
寒天のようなつるっとしたのどごしで、独特の風味がありました。

20180125m5.jpg(えご草)

20180125m6.jpg20180125m7.jpg(完成した「えご」)

 

かつては漁師飯のひとつでしたが、今は家庭で作られることが少なくなってしまいました。伝統文化保存会のみなさんが昔の味を思い出し、試行錯誤しながら伝承料理を作っています。

 

また、地区に伝わる「すてな踊り」という太鼓と音頭を使った盆踊りの継承にも力を入れています。

20180125m8.jpg20180125m9.jpg

地区の文化が受け継がれていて、地域の結びつきが強いと感じました。
佐田地区のみなさん、ご協力ありがとうございました。

投稿者:宮崎 芽衣 | 投稿時間:18:30

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲