2017年07月27日 (木)越前市大虫地区でみつけ隊!【宮崎 芽衣】

平成29年7月27日(木)放送のほやほやみつけ隊は
宮崎芽衣が越前市大虫地区に行ってきました!

越前市の西にある大虫地区。
シンボルは鬼が出たと言われている「鬼ヶ嶽(おにがだけ)」。
旧8号線沿いには商業地、山のふもとには田園が広がっています。

放送で紹介した内容はこちら↓↓↓
 

☆自慢☆
自慢① ことしで6回目を迎えた「吉野瀬春まつり」
吉野瀬川の堤防にある257本の桜の木の開花に合わせて、毎年4月の第2日曜日に行われます。
祭りでは、地元の子供たちによるダンスや、堤防沿いを歩くウォーキング大会などが行われます。
堤防沿いの桜は、枝が下まで伸びているのでとても近くで見ることができ、満開になると、桜が川に降るように覆い尽くす姿を楽しめます。
また、ちょうちんを吊るして夜間のライトアップも行われ、夜桜もきれいです。

20170727m01_02.jpg

 

自慢② 8月15日に行われる「鬼ヶ嶽(おにがだけ)火祭り」
250年間途切れていた江戸時代の神事が、地区を盛り上げるために42年前に復活しました。
松明をかかげた行列が大虫神社を出発し、「鬼ヶ嶽」を登ります。
厄年の男性がみそぎを行い、白装束を身にまとい、先頭に立ちます。
最近は、地区外からも参加者が多く、去年はおよそ100人が、家内安全や五穀豊穣の願いを込めて行列に参加しました。

20170727m03_04.jpg

 

☆地区のおすすめスポット☆~大虫の夏の涼~
■横根観音の霊水
入り口には、1300年前に泰澄大師がお手植えした杉が大きくなり、鳥居のような夫婦杉が立っています。
杉の木の根元から出る湧き水は、枯れることなく流れ出ています。
口や手をすすぐことで身のけがれを流すと言われていて、無病息災や家内安全などを祈願します。
県外からもこの水を汲みに来る方がいます。

20170727m05_06.jpg

■大虫の滝
落差8メートルほどの小さな滝です。
獅子が口から水を吐き出すように見えることから、獅子が滝とも呼ばれています。
かつては水晶がでた場所としても知られています。

20170727m07.jpg

■石神の湧水
大虫神社の隣に取水口があります。
「ふくいのおいしい水」に選ばれていて、水温は1年を通して13度と一定です。
石灰岩の層を通っているので弱アルカリ性で良質の水として、地元の人に愛されています。

20170727m08_09.jpg

 

むしむしと暑い日でしたが、冷たい水に癒やされました。
大虫地区のみなさん、ご協力ありがとうございました。

 

■大虫地区への問い合わせ■
越前市大虫公民館
住所:越前市丹生郷町13-20-1
電話:(0778)23-3508

投稿者:宮崎 芽衣 | 投稿時間:18:25

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲