2018年05月31日 (木)福井市東郷地区でみつけ隊!【別司 愛実】

5月31日(木)放送のほやほやみつけ隊は、
福井市の東郷地区を訪ねました!
田園風景が広がる、お米がおいしい東郷地区では、おにぎりのことを
「おつくね」と呼んでいます!

20180531b1.jpg(“東郷のマチコさん”と「おつくね」の早握り対決をしました!)

20180531b2.jpg(東郷地区のマスコットキャラクターのおつくねくん。
公民館で出迎えてくれました)

 

番組で紹介した内容はこちらです↓↓↓


☆自慢①☆ふくいPR隊@東郷研究会
地域経済の活性化を目指すグループで、
東郷自慢の米を使った特産品を次々に生み出しています。

20180531b3.jpg

(東郷自慢の米を使った特産品)


おにぎりのような三角の形をした「おつくね餅」、

地元の酒米で作った純米酒とコシヒカリの「お土産セット」、
そして地区の酪農家の牛乳と米を使った「お米アイス」などをつくっていて、
観光客にも人気です。

今後は、新たに、地区で育てたひょうたんの加工品を特産化することも目指しています。

20180531b4.jpg(ひょうたんのランプ)

 

☆自慢②☆福井ふるさと茶屋「杵と臼(きねとうす)」
この茶屋は、空き家を改修して、去年10月にオープンしました。

20180531b5.jpg

(福井ふるさと茶屋「杵と臼(きねとうす)」)

コンサートや成人式といったイベントが行われるなど地域住民の交流の場となっています。
今後は農家民宿や農家レストランとしても活用していく計画です。
また、名前のとおり、杵と臼で実際にもちつきを体験することができます。

20180531b6.jpg(人生初のもちつきに挑戦!杵が重かったです…)

20180531b7_8.jpg

(つきたてのおもちは、絶品でした~♪)


☆イチオシ☆蚊帳(かや)
昔から夏に親しまれてきた「蚊帳」。
およそ半世紀にわたって蚊帳を作っているメーカーをたずねました。

20180531b9.jpg(ベビーベッド用の蚊帳。赤ちゃんを蚊から守るのはもちろん、
冷房の風が直接当たるのを防ぐために購入するお母さんもいるそうです)

20180531b10.jpg

(赤ちゃんをねらう蚊も、蚊帳の前に思わず退散…!?
蚊のイラストは、別司が描きました)

20180531b11.jpg

(こちらは屋外用の蚊帳。キャンプなどで活躍しそうです♪)


お米がおいしい東郷地区。

日本の夏の風物詩と、それを守り伝えるみなさんに出会えました。

20180531b12.jpg(東郷のおいしいお米で作った「おつくね」をパクリ)

20180531b13.jpg東郷地区のみなさん、本当にありがとうございました!!

 

投稿者:別司 愛実 | 投稿時間:18:35

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲