2022年9月 9日

2022年09月09日 (金)今週の金曜ツイート【五十嵐椋】

#金曜ツイート

#五十嵐椋です。

今月3日と4日に福井市の中央公園で開催されたワンパークフェスティバルに行ってきました~。いつも遊んでいる公園が、音楽フェス会場に!

ステキな音楽、おいしいご飯、アットホームな雰囲気、何もかもが最高でした。

子供たちが遊べるスペースもあって助かりました。

2022090902.png2022090903.png

投稿者:五十嵐 椋 | 投稿時間:17:37

2022年09月09日 (金)今週の金曜ツイート【太田実穂】

金曜ツイート。太田実穂です!

北川玲子キャスターが編集室で何かを栽培中・・・。

一福丸が見守る中、いったい何が出てくるのか。

正解は来週月曜日のほやほやみつけ隊で明らかに!なるかも。。

みなさん何が出てくるかぜひ考えてみてください(^▽^)/

2022090901.jpg

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:17:31

2022年09月09日 (金)越前市北日野(きたひの)地区でみつけ隊【太田 実穂】

日野山の北側に位置する北日野地区
北陸新幹線が通る越前たけふ駅が建設され、新幹線を迎える準備が進んでいます。
地域のみなさんは、その絶景を多くの人に楽しんでもらおうと、地区にまたがる村国山(どんぐり山)の登山道を整備しています!


20220908_1-2.jpg

ベンチも設置され、そこから見える景色は最高です!


20220908_3.jpg

北陸新幹線が走るところも見えますよ!

 


そんな変化を遂げる北日野地区では、地区のことを後世に残していこうと「きたひの探訪」という冊子をつくりました。


20220908_4.jpg

「きたひの探訪」には、地区の15町ごとに神社や寺、人々の生活の様子、結婚式などむかしの風習など、615ページにわたり書かれています。


20220908_5-6.jpg

北日野のすべてがつまった「きたひの探訪」は、北日野公民館で活動する「きたひの歴史セミナー」のみなさんがつくりました。


20220908_7.jpg

情報交換を行いながら地道に地区について調べていき、およそ3年かけてことし3月に完成させました。
「きたひの探訪」は、地元の学校、越前市内の公民館や図書館に配布されています。

 

今回のみつけ隊では、
「きたひの探訪」にのっている地区の宝を巡りました!

村国山にはおよそ50の古墳があると言われています。
その中でも代表的な古墳が…、


20220908_8.jpg

 

大きな木の根元にある「穴地蔵古墳」です。
7世紀ごろにつくられたとされ、越前市の指定文化財です。
奥行きはおよそ7メートル、高さはおよそ3メートルあるといいます。


20220908_9.jpg 

奥の岩壁には「穴地蔵古墳」の由来にもなっている
地蔵尊が彫られています。
戦国時代にここに逃れてきた人が彫って供養したと言われています。


20220908_10.jpg

 

つづいては「千石岩(せんごくいわ)」

村国山の山肌にしめ縄がつけられています。
実は、千石岩とは村国山そのもののことをさしています。


20220908_11-12.jpg

 

昔、日野川が氾濫して、この一帯に水が押し寄せてきた時、この場所にしめ縄を張って祈ったところ、水が山肌にはね返されたといいます。
石高が千石といわれていたこの地域の田が守られたことから、村国山を千石岩とも呼んでいるそうなんです。


最後は、村国山のふもと大屋町の白山神社にまつわる宝です。
白山神社は、およそ1300年の歴史を誇る神社で、歴史的に貴重なものが多く残ります。
その中でも特徴的なのが「絵馬」です。


20220908_13.jpg

1600年代から1700年代の絵馬が飾られています。
江戸から明治にかけて、庶民は、絵馬屋さんで絵馬を買い、願いがかなったお礼として絵馬を奉納していたそうです。
(私たちが絵馬を納めるのは願いをかなえたい時なので、今とは順番が逆だったんですね!)
神社は、たくさんの絵馬が飾られた美術館のようになっていたといいます。

 

その中でも、こちらの絵馬は、当時の地元の人気絵師、夢楽洞万司(むらくどう まんし)が手掛けたといわれる絵馬。
馬の絵です!


20220908_14.jpg


こちらは、その万司がモデルにしたといわれるもっと古い絵馬。


20220908_15.jpg

北日野には、貴重なお宝がたくさん残されていました!

 

■お問い合わせ
越前市北日野公民館
住所:越前市矢放町21-11
電話:0778(23)4603

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:11:13

ページの一番上へ▲