2021年2月

2021年02月22日 (月)福井市・啓蒙(けいもう)地区でみつけ隊!【羽生ちひろ】

2月22日(月)の「ほやほやみつけ隊」は、福井市の啓蒙(けいもう)地区をご紹介しました。

福井市中心部から東へおよそ3キロほどのところ。国道8号線が通り、量販店やマンションなどが立ち並ぶ市街地です。えちぜん鉄道の駅も2つあり、交通の便もいい場所です。

20210222_01.jpg20200222-2.jpg

今回の一福丸からの指令はこちら。

【指令】 地区の心をつなぐ“ある武将”とは!? 

“ある武将”に関係している場所が「越前新保駅」のすぐ近くにありました。

『芝原用水(しばはらようすい)』です。

20200222-3.jpg

江戸時代に福井城下の生活や農業に必要な水を九頭竜川から引くために作られたもので、この用水を開くよう命じたのが、福井藩の初代藩主・結城秀康と伝わっています。

そう、“ある武将”とは、結城秀康でした。

啓蒙地区を流れる芝原用水は、地元の皆さんの力で美しく整備されています。

20200222-4.jpg20200222-5.jpg

春には桜も咲き誇ります。

20200222-6.jpg

指令の“ある武将”は分かったけど、“心をつなぐ”というのはどういうこと!?

理由を探るため啓蒙公民館へ行くと・・・。

20200222-7.jpg

甲冑姿の方々が出迎えてくれました。彼らは「啓蒙キッズ応援隊」。

啓蒙キッズとは、地区で作る子ども劇のこと。結城秀康をテーマにした劇を10年前から上演していて、地元小学生の出演をはじめ、監督や脚本、舞台美術など大人も手伝ってみんなで作り上げています。

20200222-8.jpg

「啓蒙キッズ応援隊」は、子どもたちが主役の舞台なので、大人は“わき役”や“裏方”として関わっていますが、いつの間にか子どもより夢中に!甲冑まで手づくりしてしまうほどです。

20200222-9.jpg

使われている材料に驚き!この「かぶと」の黒丸の部分、リサイクル品を使っているんですが、何だか分かりますか?(ヒントは若狭地方のおいしいもの!その蓋)

20200222-10.jpg20200222-11.jpg

正解は「小鯛のささ漬けの蓋」でした!

そのほかにも、地区内のたくさんの人から、使わなくなった着物の帯などが集まったそうです。みんなの力で作り上げた甲冑で子ども劇を盛り上げています。

20200222-12.jpg20200222-13.jpg

地域一丸となって作り上げる、結城秀康の劇。

その劇を通して、絆が深まる啓蒙地区でした。

20200222-14.jpg

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:17:42

2021年02月16日 (火)若狭町西田(にした)地区でみつけ隊!【今村有希】

2月15日(月)放送の「ほやほやみつけ隊」は、若狭町西田(にした)地区へ行ってきました!

若狭町の北部に位置する西田地区。山々と三方五胡に囲まれた自然豊かな地域です。

 

お宝があると聞きつけ地区を訪れた私。・・・ふふふ。いただいて帰るぜ♪

20210215_1.png

(今回は海賊の衣装!コスプレ楽しいなぁ。)

■ミッション1「この地で磨かれてきた『青いダイヤ』とは?」

青いダイヤの手がかりが残る場所へ地元の方に案内していただくと、たどり着いたのは「三方湖」でした。

かつて青いダイヤは船で運ばれていたそうで、たしかに湖の近くには古い船小屋がいくつもありました。

20210215_2.png20210215_3.png

まさか、この辺りには海賊船が出入りしていた!?

・・・いえいえ、青いダイヤとは、実は「梅」のことだったんです。

20210215_4.png

日本海最大の梅の産地として知られる若狭町。

西田地区は、三方五湖や山々に囲まれ強風が吹きにくいことから、

梅の栽培に適した土地だと古くから考えられてきました。

 

発祥は江戸時代後期。当時は、福井梅ではなく西田梅と呼ばれ、

始まりは、裕福な農家が自宅の庭に梅の木を植えたことだといわれています。

20210215_5.png

しかし、鉄道が開通する大正初期までこの地域は交通が不便だったため、

梅の出荷には湖を渡る船が欠かせなかったんです。

当時の梅農家は夜の2時から船を出し、1日がかりで梅を敦賀まで運んでいたそうですよ。

そんな苦労もあって、梅の産地に発展した西田地区。昭和30年代には、「青いダイヤ時代」とも呼ばれるほどの梅ブームが巻き起こりました。

 

冬のこの時期、青いダイヤは見られず残念…ですが、

梅農家の方々は、年間を通して大忙し!冬の仕事は「枝のせんてい」です。

20210215_6.png

「せんてい」とは、枝の伸びる方向を調整し、不要な枝を切り落とす作業のこと。

梅を育てるには欠かせない作業なんです。

 

西田地区では、せんてい作業で出た枝を活用しようと取り組みも進められています。

この地域の梅の特徴は、青々とした枝が残りやすく花芽がいっぱい付くこと。

梅の枝を正月飾りや生け花の材料として出荷する農家も多いそうですよ。

20210215_7.png

さらに、焼き芋づくりのイベントも。梅の枝を燃やして作る焼き芋です。

切った枝をただ廃棄するより、地域の人たちに楽しんでもらいたいと、

梅農家の皆さんが企画し2年前から始まったそうです。

20210215_8.png20210215_9.png

時代を超えて磨かれ続ける青いダイヤ。西田地区の宝でした!

 

 

■ミッション2「授業が一変!?生まれ変わった小学校を訪ねよ!」

もう1つのお目当ては、「海の恵み」です!

地区の方に教えていただき向かったのは、地区の北部・常神半島に位置する旧岬小学校。生徒数の減少により、4年前に廃校になっています。

どうして小学校の校舎で海の恵みが・・・?

 

中に入ると迎えてくださったのは、なんと漁業者の方!

実はこの小学校の校舎は、3年前に「漁村体験施設 みさきち」に生まれ変わったんです。

近くに海や湖がある自然豊かな若狭の魅力を知ってもらいたいと作られ、

水上アクティビティのほか、漁業や水産加工体験などを楽しめます。

 

今回私が挑戦したのは、魚さばきです!サワラの子ども「サゴシ」をさばきました。

20200215_10.png20210215_11.png

恥ずかしながら私、人生初の魚の3枚おろしです・・・

骨がどこにあるのかわからず、包丁を入れる位置を見極めるのが難しかったです。

途中で魚のしっぽを切り落としてしまうというハプニングもありましたが、

丁寧なご指導のおかげで、なんとか3枚におろすことができました!

20210215_12.png

私がさばいた魚がこちら!うーん・・・骨にかなり身が付いてる~。

 20210215_13.png

西田地区のおいしいお宝、ぜひ味わってみてくださいね♪

取材に協力してくださった皆さん、ありがとうございました!

 

 

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:13:49

2021年02月09日 (火)美浜町南西郷(みなみさいごう)地区でみつけ隊!【北川玲子】

2月8日(月)放送の「ほやほやみつけ隊」は、美浜町南西郷(みなみさいごう)地区に行ってきました♪

 

美浜町の中心部に位置する南西郷地区は、海・山・湖に囲まれ自然豊かな地域です。

地区の西側には、ボートが盛んな久々子湖(くぐしこ)が広がっています。

20210208_01.png

今回の指令は、「一福丸と南西郷地区の魅力発掘対決!

それぞれが地区の魅力を見つけてご紹介しました!

20210208_2.png

まずは、一福丸!!

「消えた伝統を復活させる救世主たち」を訪ねました。20210208_3.png

こちらは、郷市()(ごいち)囃子(はやし)保存会「()笛(むてき)」のみなさんです。

地域のお祭りで披露されるお囃子を守り継ごうと活動しています。

みなさんが10年前の結成以来、取り組んでいるプロジェクトが「失われたメロディの復活」!

実は、地区にこれまで伝わっていたお囃子は4曲だったのですが、50年前には全部で11曲ありました。

お年寄りのなにげないひとことで11曲あったことを知った皆さんは、知らない間に伝統が消えてしまうと危機感をもち、メロディの復元を目指すことになったんです!

復元にむけて大きな一歩となったのが、50年前に録音されたテープが発見されたことでした。そこには、失われた7曲もしっかりと残っていたそうです!

その音源を譜面におこしたのが、こちら。

20210208_4.png

地域の音楽が得意な人が耳だけを頼りに、メロディや太鼓をたたくリズムまで正確に再現しました。

こうして今では、失われた7曲のうち4曲の復元に成功したんですよ!

()笛(むてき)()」のみなさんの目標は、11曲全部復活させて、50年先、100年先まで、絶やさずに11曲のお囃子を伝えていくことだそうです!

20210208_5.png

続いて、私がご紹介したのは「自然の恵みを体験できるスポット」!

久々子湖のほとり、丘の上にたたずむ「園芸LABOの丘」を訪ねました。

この施設は、自然や園芸を身近に感じてほしいと、おととしに県が整備しました。

20210208_6.png

ここの呼び物が、作物の育て方やトマトの収穫体験、さらにはフラワーアレンジメントや野草入りのお菓子作りまで、数多く開かれる体験講座です。

私も体験のひとつ、「カボチャなどの種を使ったアートマグネットづくり」に挑戦!

20210208_7.png

材料は、施設でとれたかぼちゃやヒマワリの種。

種によって形や色がさまざまでおもしろいですよね。

20210208_8.png

作り方は簡単。マグネットに木工用接着剤で種を好きなデザインに張り付けていくだけ!

完成した私の自信作がこちらです。

20210208_9.png

ドライフラワーをアクセントに、可愛らしく仕上がったのではないでしょうか!

身近に手に入る種でこんなに可愛い小物が作れるなんて、驚きですよね!

 

園芸ラボでは体験のほかにも、隣接した直売所で、地元でとれた新鮮な野菜や果物を買うことができたり、レストランで地元の食材を生かした料理を満喫できたり、楽しみ方いろいろ!

20210208_10.png20210208_11.png

↑久々子湖のシジミや地元でとれた魚の干物もおすすめ!

20210208_12.png

わたしと一福丸の魅力発掘対決。それぞれの思いで地域を盛り上げたいと奮闘するみなさんに出会うことができました!

みなさんはどちらの魅力が気になりましたか?

ぜひ、南西郷地区に、足を運んでみてください★

20210208_13.png

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:11:13

2021年02月03日 (水)あわら市吉崎(よしざき)地区でみつけ隊!【太田実穂】

2月1日(月)放送の「ほやほやみつけ隊」は、

福井県の最も北のあわら市吉崎(よしざき)地区に伺いました。

人口200人(2021年1月1日現在)北潟湖を望む、風光明媚なまちです。

すぐお隣は石川県加賀市で強い結びつきがあります。

そのお互いの歴史などを伝えようと県境をまたいで建てられた「越前加賀県境(けんきょう)の館」という施設もあるんです!

6年前のオープン以来、あわら市と加賀市の歴史や文化を発信しています。

20210201_1.png

また、この県境の館の前では、越前の男神と加賀の女神が綱引きで勝負したという伝説にもとづいて、毎年県境をまたいだ綱引きが行われているんです!

これまでの成績は1勝3敗で越前がやや押され気味。。ちょっとくやしいですね。

20210201_2.png20210201_3.png

今回の一福丸の指令は・・・

550年の歴史が息づくスポットをめぐれ!

 

私がまず向かったのは地元の人たちに御山と呼ばれている場所です!

ここには吉崎のみなさんが大切に思っているある人物に関する史跡がありました!

その人物とは、この方!

20210201_4.png

蓮如上人』です。

本願寺第8代宗主の蓮如上人は、北陸の布教の拠点として吉崎に道場を開きました。

20210201_5.png

多くの人や物資が集まるようになった吉崎は宗教都市として飛躍的に発展したといいます。

そして、ことしは、蓮如上人が吉崎に道場を開いてから550年という節目の年だったんです!

今回は、蓮如上人にまつわるスポットをご紹介していただきました!

まず、ご紹介いただいたのはこちら!

20210201_6.png

「お腰掛けの石」です。

蓮如上人のお住まいの庭石で、蓮如上人は、この庭石に座って北潟湖の美しい景色を眺めていたといいます。

20210201_7.png

また、お腰掛けの石には、ある言い伝えがありました。

蓮如上人がよく座っていたため「ぬくもり」が残っていて、周りに雪が降っても、お腰掛けの石だけは、早くとけるとか!!

不思議ですよね~。

 

次に向かったのは、吉崎御坊蓮如上人記念館です。

まずは、蓮如館を見せていただきました。

20210201_8.png20210201_9.png

浄土真宗の中興の祖としてあがめられる蓮如上人。

当時の人々から大きな支持を得た理由がわかる資料も残されていました。

それがこちら!

20210201_10.png

蓮如上人ご真筆の「六字名号」です。「南無阿弥陀仏」と書かれています。

当時、蓮如上人は、このような六字名号を毎日200枚から300枚書き、門徒さんに無償でお分けして、家にいながらでもお参りができるようにしたといいます。

朝夕と手を合わせて念仏を唱える習慣ができ、お仏壇の始まりではないかとも言われているそうです。

 

最後に立ち寄ったのは、鳳凰閣という建物です。

20210201_11.png

風格ある建物ですが、実はここ“カフェ”なんです!

20210201_12.png20210201_13.png

窓の外には、蓮如上人が愛した絶景が広がり、ケーキセットなどを楽しむことができます。

 

人々の安寧を願った蓮如上人。

吉崎のみなさんが思いを受け継いでいました。

20210201_14.png

■お問い合わせ

あわら市吉崎公民館

住所:あわら市吉崎8-34

電話:0776(75)1205

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:11:51

ページの一番上へ▲