2019年12月

2019年12月19日 (木)越前市・吉野(よしの)地区でみつけ隊!【太田 実穂】

12月19日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
越前市の吉野(よしの)地区に行ってきました。
越前市の北西部にある吉野地区。
地区のシンボル愛宕山を中心に古墳や神社、史跡などがのこる歴史のまちです。

今回ご紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
花につつまれた美しいまちづくり

平成16年から、地区を花で美しく飾ろうと、地区のメンバーが協力して、まちなかを花でいっぱいにする運動を進めています。
公民館で種から育てたポット苗を、毎年2回、夏と冬の初めにおよそ3000個ずつ各町内の花壇に植えていて、春と秋に美しい花を咲かせています。
20191219_o_01.jpg

多文化共生
吉野地区は、年々、外国人が増えてきていることから、
地区の仲間として、より良い関係を築く第一歩にと、ことし11月に初めて、地区に住む外国人を公民館に招き、交流会を開いています。
日本料理を一緒に作って食べたり、市役所の職員による正しいゴミの分別の仕方の講習を行ったりしてお互いの生活や気持ちの理解を深めました。
20191219_o_02.jpg

☆イチオシ☆
吉野歴史秘話
数々の歴史が残る吉野地区。
今回は、田んぼの中にあるほこらにまつわる話をご紹介しました。
20191219_o_03.jpg
「畷(なわて)の天狗(てんぐ)どん」
むかし、ほこらがあったところには大きな松の木があったそうじゃ
その松の木にはてんぐが住んでおってな
まあ、そのてんぐがいたずらものじゃったんじゃ
20191219_o_04.jpg
松の木の下を通る村人の荷物を取ったり服の中に松の葉を入れたり
20191219_o_05.jpg
困った村人は考えて考えて
てんぐが寝ている間に松の木を切り倒すことに
20191219_o_06.jpg
その後、村人はてんぐのたたりを恐れて塚を作りほこらを建てることに
それが今回ご紹介するほこら
てんぐは山に戻っていったとか
20191219_o_07.jpg
この伝説は旧吉野村の村史や武生のむかしばなしの本などに登場します。
20191219_o_08.jpg
天狗伝説が伝わる地域にとって、てんぐは特別な存在で、地区にある飯部磐座(いべいわくら)神社には、てんぐの面が奉納されています。
20191219_o_09.jpg
神社がある地元では、10月の第2日曜日に壮年団の年男の人たちが二手に分かれて各町内をまわりおはらいをしています。
いたずらもので地域の村人を困らせていたてんぐですが、その力によって厄払いをしようという意味があるとのこと。
吉野村はその力によって大きく発展したそうです。
20191219_o_10.jpg

吉野地区は、先人たちが積み上げてきた歴史を未来へ受け継いでいました。
20191219_o_11.jpg

■お問い合わせ
吉野公民館
住所:福井県越前市本保町19-6
電話:0778(23)4600

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:40

2019年12月12日 (木)池田町・中(なか)地区でみつけ隊!【北川 玲子】

12月12日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
池田町 中(なか)地区に行ってきました♪
福井県と岐阜県の県境にあり、町の9割は森林という池田町。その中心部に位置しているのが中地区で、役場や小学校などが集まっています。

今回ご紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■池田小学校で新入生に贈られる“マイ机”
森林資源に恵まれた池田町。小学校では、入学すると、一人ひとりに池田町産のヒノキで作った机と椅子がプレゼントされます。子どもたちは6年間、自分の机を使って学び、卒業した後も家庭に持ち帰って使い続けることができます。机を作っている木の里工房の内藤さんは、「一生懸命作った机で、子どもたちにはしっかり勉強してほしい」と、にこやかに話していました。
20191212_k_01.jpg
■冬の味覚
古くから池田では、収穫した野菜を雪の下で寝かせる「つんぼり」という保存方法が伝わっています。数か月たつと雪の中で甘さが増し、冬でもおいしく野菜を味わえます。また、池田はもち米の栽培が盛んで、年中おもちを食べる習慣があります。地区には、おもち専門店があり、毎日つきたてのおいしいおもちを求めて多くの人が訪れます。
20191212_k_02.jpg

☆イチオシ☆
■町を元気にするまきストーブ
訪れたのは、まきストーブを設計・販売する山口さんのお店です。
山口さんは、まきストーブづくりの職人!池田町の恵まれた森林資源を有効活用したいと、自ら鉄製のまきストーブを設計し、製作まで行っています。

20191212_k_06.jpg今日はピザを焼いて、地元のみなさんで食べるということなので、私も参加させていただきました。まきで焼き上げたピザ、おいしかったですよ~!
20191212_k_07.jpg
まきストーブを囲んで皆さんと楽しくお話しできました!
みなさんには、体を温めることはもちろん、まきストーブの火を見て癒されたり、ストーブの熱を利用して料理をしたりと、いろんな楽しみ方を教えていただきました!
20191212_k_08.jpg
豊かな自然の恵みと笑顔に包まれて、あたたかい時間が流れていました。
20191212_k_09.jpg取材にご協力いただいた池田町中地区のみなさん、本当にありがとうございました!
20191212_k_10.jpg

 

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:18:40

2019年12月11日 (水)十五代 酒井田柿右衛門展【一福丸の出会い】

出会った人:十五代 酒井田柿右衛門先生、西武福井店のみなさま
開催日時:2020年1月22日(水)~27日(月)
会場:西武福井店 本館6階催事場
20191211_01.jpgNHK福井放送局に、十五代 酒井田柿右衛門先生が来てくださったふく!

佐賀県の有田町で370年あまりの歴史を持つ柿右衛門窯。酒井田柿右衛門先生は、この柿右衛門窯の伝統の技法や意匠を受け継ぎつつ、現代の感覚も取り入れた作品を多数発表されている方ふく。
ぼくも代表的な作品のひとつ、「濁手 藤文 壺(にごしで ふじもん つぼ)」を拝見させていただいたのだけれど、白い地肌に赤絵の藤の花が鮮やかな、美しい作品だったふく~。

一般的な磁器が青みを帯びているのに対して、この白い地肌「濁手(にごしで)」とは、米のとぎ汁のようなあたたかみのある乳白色。いったん途絶えたこの「濁手」をつくりあげる技法は、十二代・十三代の柿右衛門が復活させ、1971年に国の重要無形文化財にも指定されているんだって。十五代はこの伝統を守りつつ、今の時代との調和を大切にされながら作陶に取り組んでいらっしゃるそうふく。

福井県内初の個展、「十五代 酒井田柿右衛門展」。
1月25日(土)・26日(日)は、柿右衛門先生ご本人も会場にお出でになるそう。60点以上の「濁手」の作品が見られるこの機会に、ぜひ訪れてみてふく!

投稿者:一福丸 | 投稿時間:14:15

2019年12月05日 (木)敦賀市・北地区でみつけ隊!【今村 有希】

12月5日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、敦賀市の北地区に行ってきました♪
北地区は、敦賀市の北部にあり、敦賀港に面しています。気比神宮や金ヶ崎緑地など、市の名所が数多くあるまちです。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■敦賀港イルミネーション ミライエ
およそ50万球のLEDを使った北陸最大級のイルミネーションです。「希望の光を放ち、未来へ向けて長く続いて欲しい」という願いから「ミライエ」と名付けられ、今年で6年目を迎えました。燃料は、市民から回収した廃油で作られていて、環境にやさしいイルミネーションです。設置作業には地域のボランティアや学生も協力していて、まさに敦賀市民が一体となって作り上げています。
20191205_01.jpg
■ふるさと交流事業「北地区謎解きウォークラリー」
世代を超えた交流と地区の宝を知ってもらうことを目的とした毎年恒例のイベントです。地区の史跡や名所を巡り、用意されたクイズをグループで協力しながら解き明かします。以前は希望者のみの参加としていましたが、4年前から、開催日を小学校の土曜登校日に設定し、地区の子どもたち全員参加のビッグイベントとなっています。
20191205_02.jpg
☆イチオシ☆
■まちゼミ
まちゼミとは、「敦賀のお店から学ぶ」をテーマに、お店の人が講師となって行われる少数制の講座です。2022年度の北陸新幹線敦賀開業を見据え、敦賀市中心部の商店街ににぎわいを取り戻そうと企画されました。
コーヒー店ではおいしいコーヒーを入れるドリップの技術、180年続く老舗の鮮魚店では魚のさばき方など、専門店ならではの知識やコツを学ぶことができます。どの講座も、参加費は材料費がかかるものを除き無料!とってもお得な講座なんです。

2回目の開催となる今回は、規模を拡大させ敦賀市内48店舗が講座を開催していて、北地区からも多くの店が参加しています。今回私が訪ねたのは、和菓子店!クリスマスにちなんだ和菓子作りが体験できる講座を受講しました。
20191205_03.jpg
あんこを包むのが難しかったです。でも職人さんにコツを教わりながら楽しく作れました♪職人さんから直接教えてもらえるのは、嬉しいですよね。
およそ1時間の作業で完成した和菓子がこちらです!
20191205_04.jpg
まちゼミは、12月12日(木)まで、敦賀市の商店街を中心に行われています。お店によって講座の日時は異なるのでご注意ください。詳しくは、敦賀商工会議所まで問い合わせてみてくださいね。

お問い合わせ:敦賀商工会議所  電話 0770-22-2611
20191205_05.jpg
北地区の皆さん、楽しい時間をありがとうございました♪

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:18:40

2019年12月05日 (木)情報たら福お便り募集中!【豊島 実季】

こんばんは。
ここ数日で急に寒くなってきましたね。
私はインフルエンザの予防注射も打ちましたし、
パジャマや寝具も冬用にしましたし、冬支度ばっちりです!
みなさんは冬への備えはできていますか?

さて、明日の「情報たら福」は、この季節にぴったり!音楽の話題を鹿沼憂妃さんとお届けします。

お便りはまだまだ募集中です。
テーマは、「あなたの歌や声にまつわるお悩みは
カラオケで上手に歌う方法は?どうしたら声が枯れにくくなる?などメッセージお寄せください。
NHK福井放送局のホームページの投稿フォームからお気軽にどうぞ!

夕方5時5分からの公開生放送です。
お時間の合う方、ぜひNHK福井放送局まで遊びにいらしてください♪
顔はめパネルもありますよ~楽しんでいってください!
20191205_t_01.jpg

投稿者:豊島 実季 | 投稿時間:17:55

ページの一番上へ▲