2019年11月

2019年11月28日 (木)福井市・西藤島(にしふじしま)地区でみつけ隊!【羽生 ちひろ】

11月28日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、福井市の西藤島(にしふじしま)地区に行ってきました♪
福井市の北西部、中心部から車でおよそ10分の場所で、九頭竜川と日野川に挟まれた山紫水明の地です。

今回ご紹介した内容は、こちら↓↓↓

■自慢 郷土愛を育む「ファミリーウォーク」
地区内の色々なスポットを歩いて探訪する恒例イベント。西藤島のシンボルである日野川堤防の桜並木や、この地に住んでいたと伝わる、平清盛のちょう愛を受けた舞の名手・祇王と祇女の屋敷跡、幕末に建てられたとされる歴史的建造物の観音堂など、史跡名勝を巡ります。郷土への理解を深めることと区民の健康増進を目的に行っていて、幅広い世代が親睦を深めています。
20191128_h_01.jpg

■自慢 小学生と高齢者の交流会
公民館にかつて地区内で使われていた道具や資料を運び込み、“農機具の部屋”や“着物の部屋”、“昔の遊びの部屋”などが作られます。そこに、西藤島小学校の3年生たちが訪れ、部屋で先生役として待機している地区の高齢者に実体験を交えた話を聞いて、昔の暮らしに理解を深めています。世代を超えた良い交流の場となっています。
20191128_h_02.jpg

■自慢③ 今も昔も 福井の水環境を守る場所
九頭竜川と日野川に挟まれた西藤島地区は、古くから水害の多い地域でした。
その苦悩から人々を救ったのが、明治時代に衆議院議員を務めた、杉田定一。
九頭竜川・日野川・足羽川の治水工事を推進し、川幅の拡大や堤防を築くなど尽力しました。
地区には、彼の功績を称えた石碑が建てられています。
20191128_h_03.jpg
そんな西藤島地区に、今は、福井の快適な生活環境の確保と九頭竜川水系の水質保全を目的とした「日野川浄化センター」があります。
20191128_h_04.jpg

家庭や工場から出る下水が、サッカーコート約3面分にもなる広大な面積に集められ、微生物の力できれいに浄化して、日野川に放流しています。
福井の水環境を守る重要な場所です。
20191128_h_05.jpg
20191128_h_06.jpg

また施設の屋上は、「スウェッジガーデン」という名の公園が整備されており、施設で浄化した水が流れる滝や池などがあり、なんと清流に住むイワナまでいるんです!
20191128_h_07.jpg

公園の管理は地元の方たちが行っていて、木のせんていや除草、水路清掃などをして、地域の憩いの場を守っています。
(※スウェッジガーデンは、12月~3月いっぱい休園です。)
20191128_h_08.jpg

今も昔も、水にゆかりのある西藤島地区。
かつて水害に苦しんだ地域は、今は川と共に豊かな暮らしを築き、笑顔にあふれていました。
20191128_h_09.jpg

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:40

2019年11月26日 (火)第45回 越前海岸水仙まつり【一福丸の出会い】

出会った人:越前海岸観光協会連合会の皆さま、第45代水仙娘 朝井凪さん
開催日時:2019年12月14日(土)~2020年1月20日(月)

<イベント別の開催日時・会場>
荒波フェスタ   12月14日(土)~15日(日)南越前町/河野シーサイドパーク
水仙・カニフェア 12月21日(土)~22日(日)越前町/越前岬水仙ランド
こしの水仙まつり 1月11日(土)~12日(日)福井市/越前水仙の里公園
水仙いけばな展  1月17日(金)~20日(月)福井市/福井新聞社

20191126_01.jpg福井に冬の到来を告げる水仙。今年も、越前海岸がやさしい水仙の香りでいっぱいになるこの季節がやってきたふく~。
今日は、越前海岸観光協会連合会の皆さまが、第45代水仙娘に選ばれた朝井凪(なぎ)さんと一緒に、福井放送局に来てくれたふく。
毎年、越前海岸沿いの南越前町・越前町・福井市がタッグを組んで開催されるこの「水仙まつり」では、今年も見どころいっぱいのイベントがたくさんふく~。

<南越前町/荒波フェスタ>
荒波屋台村では、せいこがにの鍋を1杯500円で販売するふく~。数量限定なので、お早めにどうぞ!
水仙をはじめ、海産物や干物などの特産品の販売もあるふく。お買い上げ5000円ごとにチャレンジできる大抽選会も楽しみふくね~。
また、「北前船主の館・右近家」では語り部さんが右近家を案内してくれるし、観光案内所内のレストランでは北前船で運ばれた食材を用いた海鮮定食が食べられるんだって。どんな定食なんだろう?おいしそうふく~。

<越前町/水仙・カニフェア>
漁師鍋(1杯300円)や越前水仙、特産品の販売のほかに、越前水仙郷を巡る周遊バスの運行(1日5便)があるふく~。千枚田水仙園や絶景ポイントにも連れて行ってくれるそう。どんな景色が見られるのかな?
さらに、水仙を使ったお正月飾りを作るワークショップも開催されるふく。水仙をお部屋にも飾って楽しめるなんて嬉しいふく!

<福井市/こしの水仙まつり>
水仙やカニなどの特産品の販売があり、お買い上げ500円ごとに補助券がもらえる会場スピードくじでは、越前がにが当たるチャンスも!さらに、海産物の抽選会もあるそうふく~。海産物をお得にゲットできるかも?
また、クラフト体験などのコーナーもあるから、水仙まつりの思い出を手作りするのも楽しそうふくね!

各会場では、水仙娘さんが先着順で水仙をプレゼントしてくれるそうふく。福井放送局にも持ってきてくださった水仙、とってもいい香りだったふく。
福井の冬を楽しみに、みなさんも越前海岸へお出かけしてみてね!

投稿者:一福丸 | 投稿時間:14:35

2019年11月25日 (月)2019年度ふれあい文化子どもスクール「オーケストラと子どもたちのふれあいコンサート」【一福丸の出会い】

出会った人:小松長生(こまつ・ちょうせい)さん(オーケストラ指揮者)、
      福井県交流文化部 三武さん
開催日時:2019年11月26日(火)~29日(金)
     午前の部10:30~12:00、午後の部13:30~15:00
     ※26日は1公演、27日~29日は2公演。全7公演
会場:福井県立音楽堂「ハーモニーホールふくい」大ホール
※県内の小学5年生を対象としたコンサートです。一般の方の鑑賞はできませんのでご了承ください。

20191125_01.jpg

オーケストラ指揮者の小松長生さんと福井県交流文化部文化課参事の三武さんが、福井放送局に来てくれたふく!

県内すべての小学校184校の5年生(7184人)に、本物の文化・芸術にふれてもらおうと開催されるこのコンサート。2009年から開催され、今年度で11回目となるそう。子どもたちの感性や豊かな心を醸成し、福井の文化やふるさとに対する関心・理解を深めてもらうのがねらいふく~。

小松長生さんみずからが指揮、いずれも福井県内の小学校を卒業した、窪田恵美さん(フルート)、長谷川佳子さん(パイプオルガン)、日下瑶子さん(サクソフォン)、谷川祐司さん(津軽三味線)が参加され、セントラル愛知交響楽団の方々と演奏してくれるんだって。

当日配られるプログラムを、ぼくも見せてもらったふく。
有名なクラシック、行進曲「威風堂々」第1番や、日本の民謡をメドレーにした「日本交響詩」、学校で始業・終業時に流れる“チャイム”のメロディをもとにして作られた曲、津軽三味線とオーケストラの競演等々。
そして去年の「福井しあわせ元気国体」の開会式のために小松さんが作曲した「新福井県民歌」も演奏されるふく~!オーケストラの演奏に合わせて、小学生のみなさんが合唱するんだって。ぼくも一緒に歌いたいな。

小松さんは、「小学生に本物の音楽を体験してもらえるよう、様々な工夫をこらしました。ぜひ楽しんでください!」とおっしゃっていたふく~。

投稿者:一福丸 | 投稿時間:11:39

2019年11月21日 (木)福井市・和田(わだ)地区でみつけ隊!【太田 実穂】

11月21日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
福井市の和田(わだ)地区に行ってきました。
福井市中心部から東に車で5分ほどの和田地区。
国道158号線沿いに公共施設や商業施設が建ち並びます。

今回ご紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
館長のお正月飾り
地区のみなさんはもちろんのこと公民館を訪れる人たちがいい年を迎えられるようにと、館長さんが、20年前から毎年年末におよそ2メートルの門松を作り、公民館の玄関に飾っています。

高さはその年ごとに変わり、2019年は、2019ミリの門松を完成させました。
また、子どもたちにもお正月飾りに興味を持ってもらいたいと、「しめ縄リース」や「ミニ門松」づくりの体験を行っています。
20191121_o_01.jpg

地域みんなで“学ぼう災”
和田地区では、去年、「防災」を専門にした委員会を作り、防災意識の向上に努めています。

去年の11月には、親子や幅広い世代で取り組める「地域みんなで“学ぼう災”」というスタンプラリー形式の体験イベントを公民館で実施しました。
地域全体で防災を考えるきっかけになっていて、ことしは12月1日に開催する予定です。
20191121_o_02.jpg地域のみなさんが学んだ防災グッズをご紹介!
①物干しざおと古着で作った「担架」
 物干しざおに古着を何枚か通して作ります。
20191121_o_03.jpg


②新聞紙で作った「スリッパ」
 がれきが散乱した中を歩く場合、足を守るために使うそうです。
20191121_o_04.jpg

☆イチオシ☆
地域を盛り上げる「和田ふるさと研究会」
和田ふるさと研究会は地区の特色を見出したいと平成27年に立ち上がりました。

地域を盛り上げるために3つの活動をしています!
20191121_o_05.jpg

1つ目は芋づくり。
研究会のみなさんが毎年紅はるかや安納芋などを丹精込めて作っていて、収穫した芋は子どもたちにふるまっています。
20191121_o_06.jpg

2つ目は、地区の防災体験イベントで、バスタオルで作った手作りの防災ずきんなどを展示したり炊き出しをしているんです!
20191121_o_07.jpg

最後3つ目は『大笑い七福神』。
20191121_o_08.jpg

地域に笑顔を届けたい!
末永く年齢を重ねても続けていける活動がしたい!という思いから始まりました。
和田地区のおばあさんと七福神が楽しく交流する研究会のみなさんオリジナルの劇なんです!
そして、大笑い七福神の特徴は、セリフが福井弁であること!
福井の言葉を守っていきたいとの思いからだそうです。
衣装や小道具はみなさんの手作りで、役もメンバーで相談しながら作り上げています。
20191121_o_09.jpg

月に2回、練習を重ねて、施設や公民館、神社などで披露しています。
今回は、地域の子どもたちに披露していました。
劇は、披露する相手によって、内容や時間を工夫しているそうで、60代から80代までのメンバーで地区の子どもたちに笑顔を届けていました。
20191121_o_10.jpg

和田地区は、地域のみんなで福を呼び込むまちでしたよ。
20191121_o_11.jpg

■お問い合わせ
和田公民館
住所:福井県福井市御幸4-9-20
電話:0776(22)0038

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:40

2019年11月21日 (木)NHKジャーナル【豊島 実季】

こんにちは!

いよいよ本格的に寒くなってきましたね。
私は紅葉の名所・刈込池に行ってきたり、
越前かにまつりに行ってきたりと、この時期ならではの福井を満喫しています。
20191121_t_01.jpg

さて、11月19日(火)放送の「NHKジャーナル」というラジオ番組のなかで、
越前指物の技術をいかして、防災に役立つ室内用のとびらを作っている職人の取り組みをリポートでお伝えしました。

取材のなかで、指物職人の倉谷道治さんからは
人の命を救うために自分の持つ伝統の指物技術をいかしたい!という、とても熱い思いを感じました。
その思いと情熱を、ぜひ福井の皆様に聞いていただきたいです!

11月27日(水)までネットの「NHKラジオ らじる★らじる」の聞き逃しサービスで聞くことができますので、お時間のある時にぜひどうぞ!

投稿者:豊島 実季 | 投稿時間:17:38

2019年11月14日 (木)坂井市・江留上(えどめかみ)地区でみつけ隊!【羽生 ちひろ】

11月14日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、坂井市春江町の江留上(えどめかみ)地区に行ってきました♪
春江町の南部、福井市に隣接した住宅地で、JRの駅も近く利便性の高い地域です。
20191114_h_01.jpg

今回ご紹介した内容は、こちら↓↓↓

■自慢① スポーツウエルネス吹矢「春江サンライズ」
的めがけて息を使って矢を放ち、その得点を競う「スポーツウエルネス吹矢」。江留上に2年前に誕生したクラブには、下は小学5年生から上は84歳まで、幅広い年代が所属しています。年齢・性別問わず誰でも出来ることと、腹式呼吸を使うため健康効果もあるとして、人気を集めています。
20191114_h_02.jpg

■自慢② 「火垂るの墓」のきっかけの地
作家・野坂昭如(のさか・あきゆき)さんが戦時中の実体験を題材にした小説「火垂るの墓」。作中の舞台は兵庫県に設定されていますが、実は、江留上地区に作者が疎開した体験が元になっています。
17年前、NHKの番組で野坂さんがこの場所を訪れており、妹のために櫛(くし)を買ったという店で当時のことを振り返っています。その店が今も残っており、店主は野坂さんが撮影に来て初めて、この地区が「火垂るの墓」が生まれるきっかけになった場所だと知ったそうです。
20191114_h_03.jpg■イチオシ 「春江ちりめん」の産地
表面の細かい凹凸が特徴の絹織物「ちりめん」。
春江のちりめんは、じゅばんや八掛(はっかけ)などの裏地用の生産が多く、最盛期の昭和40年代には全国生産の7割を占め、「春江ちりめん」という名で全国に知れ渡っていました。


20191114_h_04.jpg

また、織物の機械で重要なパーツである「リード(筬(おさ))」を作る職人もいます。今、地区内には唯一「春江ちりめん」を作る工場が残っています。櫛のように金属の歯を細かく並べてある「リード」は、たて糸の位置を整える役割を担っていて、糸が通る幅の違いで出来上がる織物の種類が変わってくるんです。
20191114_h_05.jpg

地区内にあるリード製作所では、織物工場からの千差万別のオーダーを受けて、その都度、数ミリ単位で違うリードを作っています。手作業でしか作れない注文もあるそうです。
20191114_h_06.jpg

きれいな織物が出来上がる裏側には、繊細な技で応える職人の支えがありました。
栄華を誇った「織物の町」。
その偉業と歴史の足跡を肌で感じた1日でした。
20191114_h_07.jpg

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:40

2019年11月14日 (木)越前かにまつり2019【一福丸の出会い】

出会った人:越前かにまつり実行委員会のみなさま、越前かに太郎
開催日時:2019年11月16日(土)~17日(日)午前9時~午後4時
開催場所:道の駅「越前」(福井県丹生郡越前町厨71-335-1)
20191114_01.jpg越前かにまつり実行委員会のみなさまと、ぼくの友達、越前かに太郎が、福井放送局に遊びに来てくれたふく!
毎年、県内外からたくさんのお客様が訪れる「越前かにまつり」。去年は6万人が来場したそう。

今年も、このイベントの目玉で、みんなが楽しみにしている「セイコガニ汁の販売」があるんだって。セイコガニがまるまる1匹入ったカニ汁が、1杯驚きの500円!
2日間にわたって午前・午後それぞれ300食ずつ、【午前の部】は9:30~、【午後の部】は13:30~ 引換券の販売と引換が開始されるそうだけど、ぼくの経験では、この時間にはもう長ーい行列ができていて、間に合わずに食べられないふく…。興味のある人は、朝早起きして行くことをおすすめするふく。

他にも、越前がにや新鮮な魚介類・干物などの即売や、かに丼・かに汁・焼きサバがその場で食べられる飲食コーナーが全部で18ブース設けられていて、宅配便コーナーもあるそうなので、おみやげを買いすぎちゃった人も、お友達に送ってあげたい人も安心ふく~。

越前かに太郎も、じゃんけん大会や撮影会などで大忙し!と張り切っているので、みんな会いに行ってあげてほしいふく!
(かに太郎にこっそり、じゃんけん大会でチョキ以外出せるの?って聞いてみたら、練習しているから大丈夫なんだって。)

駐車場も800台分用意いただいているし、遠い駐車場から会場まではシャトルバスも運行しているそう。
かにのおいしいこの季節、とれたての海の幸を味わいにお出かけしてみてね~。

投稿者:一福丸 | 投稿時間:16:25

2019年11月07日 (木)永平寺町上志比(かみしひ)地区でみつけ隊!【北川 玲子】

11月7日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
永平寺町上志比(かみしひ)地区に行ってきました♪
上志比地区は、おいしい米やトウモロコシが育ち、にんにくの生産が多いことで有名です。

今回ご紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■防災教室
九頭竜川の近くや山々に囲まれた地区の皆さんに向けて、いざというときの災害に備えてほしいと、今年開かれた防災教室。
元消防士の上志比公民館館長、田原さんから、災害時のロープの活用術を教えていただきました!
ロープを1本、家に常備しておくだけで、災害時に命綱になったり、2階から降りるはしごになったりと大活躍します。

20191107_k_01.jpg
■草木染教室
地区に住む草木染作家の石川雅夫さんが講師となり、上志比公民館では、草木染教室が開かれています。子どもたちに自然の草花に触れてもらう良い機会となったそうです。
20191107_k_02.jpg石川さんのこだわりは、自然にあるものを生かして生活をすること。肌に触れる衣服にも体に優しいものを使いたいといいます。
石川さんの作品は、自然の落ち着いた色合いの中にも、華やかなアクセントがあり、海外にも人気が広がっています。
パリでの日本の伝統工芸の展示会では、外国人向けのワークショップなども開かれました。
20191107_k_03.jpg
☆イチオシ☆

■上志比の隠れた紅葉スポット
600年以上の歴史がある興行寺です。浄土真宗を広めた蓮如上人の娘の嫁ぎ先として知られています。寺には、興行寺が今の土地に移った400年前からこの地区を見守り続けてきた大きなイチョウがあります。撮影時は、まだ青かった葉ですが、これから徐々に黄色に色づき始めます。
20191107_k_04.jpg見ごろを迎える11月中旬から12月上旬には、ご覧のとおり!
20191107_k_05.jpgイチョウのじゅうたんを一目見ようと、多くの方がやってくるそうですよ。
知る人ぞ知る、興行寺のイチョウ。そんな興行寺には、ほかにも隠れたスポットがありました。
20191107_k_06.jpg興行寺に隣接する「MUSEUM華の蔵」では、住職が仏教を学ぶために訪れた海外で出会った仏像たちの展示や、興行寺の歴史が学べる展示を見ることができます!この資料館を作った住職は、仏教が日本に伝わるまでの歴史を、仏像を通して感じてほしいとおっしゃっていました!
20191107_k_07.jpg秋の深まりを感じる自然豊かな上志比地区。自然の色づきを肌で感じることができました★
20191107_k_08.jpg

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:18:40

ページの一番上へ▲