2019年9月

2019年09月26日 (木)越前町・宮崎(みやざき)地区でみつけ隊!【太田 実穂】

9月26日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、越前町の宮崎(みやざき)地区に行ってきました。
自然豊かな宮崎地区。
「越前焼」の産地として知られ、公共施設や歩道などが陶芸の炎をイメージしたオレンジ色のレンガで作られています。

20190926_o_01.jpg

 今回ご紹介した内容はこちら↓

 ☆地区の自慢☆
「やまぼうしの里 宮崎」再生プロジェクト
かつて宮崎地区に多く自生し、旧宮崎村の花としても親しまれていたヤマボウシが近年、減少してきました。そこで、ヤマボウシを再生しようと、ことしから、地域の人たちが立ち上がりました。
それぞれのお宅で育ててもらえるよう、種から育てた苗を希望者に配ったり写真展を開いたりしてヤマボウシの魅力を伝えています。また、来月には宮崎小学校にヤマボウシの木を植樹する予定で、そのための募金活動も行っています。

20190926_o_02.jpg

「宮崎のむかし話」紙芝居制作
平成元年に発行された「宮崎のむかし話」の本が古くなったことから、紙芝居にして語り継ごうとしています。地域で絵の得意な方に原画を依頼し、話を紙芝居風にアレンジ。これまでに9つの紙芝居を制作しました。出来上がった紙芝居は、小学校や保育所に配布され、読み聞かせなどで活用されています。

20190926_o_03.jpg

宝探しツアー
宮崎地区では、7年前から地元の人に地域をより深く知ってもらおうと、「地域の宝探しバスツアー」を行っています。
毎年およそ20人が参加する人気のイベントです。

20190926_o_04.jpg

今回、私も地域のみなさんが大切にしているもの、宮崎の宝を見つけてきました。

宝① 宮崎小学校自然公園

 

20190926_o_05.jpg

宮崎小学校には敷地内に広大な公園があり、さまざまな動植物を観察できるんです。
公園をもつ小学校という、珍しいお宝です。

宝② 蝉丸(せみまる)の墓
地区には、百人一首の「これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関」を歌った蝉丸の墓があるといわれています。

20190926_o_06.jpg

なぜ、宮崎地区に蝉丸の墓があるのか・・・

~地区の紙芝居より~

 

20190926_o_07.jpg

昔々、この地にたどり着いた蝉丸は琵琶の名人じゃったそうな。
その美しい琵琶の調べに聴きほれた村人たちは蝉丸をこの地に引きとめたのじゃ。
『どうかいつまでも美しい琵琶の調べを聞かせてくだされ』
こうして蝉丸は親切な村人たち共々楽しく暮らしておったそうな。

長い年月が経ち蝉丸は死の床で村人にこう頼んだのじゃ。
「私が死んだら美しい山々に囲まれたこの村の真ん中に葬ってほしい」
その言葉通り蝉丸はここに手厚く葬られたんじゃ。

宝③ 機織り岩
地区を流れる天王川(てんのうがわ)沿いの林の中にある大きな岩、機織り岩です。

20190926_o_08.jpg

そのいわれとは・・・

~地区の紙芝居より~

20190926_o_09.jpg

ここを流れる天王川は、昔から村人が川の流れに手を加えると神様が怒って、川が荒れるといわれておった。
ある時どうしても川に手を入れなければならなくなったが、大水が出るか、山がくずれるかと、村人はたいそう心配した。
その時、一人の村娘が、川岸の大きな岩の上で、機を織り始めた。
そして、何日もかけて織った美しい布を川の神様に捧げたそうじゃ。
今でも機織り岩の近くで耳をすますと、機を織る『カチャンカチャン』という音が聞こえてくると言われているらしい。

宝がたくさん眠る宮崎地区。
宮崎地区は、地域の宝を掘り起こし、未来に受け継いでいました。

20190926_o_10.jpg

■お問い合わせ
宮崎コミュニティセンター
住所:福井県丹生郡越前町江波50-80-1
電話: 0778-32-2000

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:40

2019年09月19日 (木)坂井市・三国木部地区でみつけ隊!【今村 有希】

9月19日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、坂井市の三国木部地区に行ってきました♪
三国木部地区は、坂井市の北西部、九頭竜川と竹田川に挟まれた場所に位置しています。
豊かな水と土壌に恵まれ、米の生産が盛んなところです。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■昔ながらの農業体験学習
機械や農薬を使わない昔ながらの農法を伝えていきたいと、まちづくり協議会が小学生を対象に行っています。春の田植えから始まり、鎌を使った稲の刈り取り、はさ掛け、足踏み脱穀などを行います。また秋には感謝祭を開き、育てた米を餅にして食べることで、食への感謝の気持ちも育んでいます。

20190919_i_01.jpg

 

■危険箇所マップ
今年、地区内の危険箇所を記したマップを作成しました。これは、見通しが悪い場所や街路灯がない場所が一目でわかるように作られたマップで、交通安全と不審者対策を目的としています。
マップを手に地区を歩いてみましたが、ガードレールのない用水路は、子どもやお年寄りには危険な場所だと感じました。こうした場所は市販の地図には書かれていないので、写真付きでわかりやすいですね!

20190919_i_02.jpg


☆イチオシ☆
■グラウンドゴルフ大会
この日の出場選手は62人。最年長の方は、なんと90歳だそうです!
グラウンドゴルフは、その名の通りルールはゴルフに似ていますが、ボールを穴に落とすのではなく、直径およそ35センチのリングの中に入れます。
試合が始まると、皆さん年齢を感じさせない軽やかなスティックさばきでしたよ。

20190919_i_03.jpg

皆さんは、コミュニティセンターのグラウンドゴルフクラブで活動しています。
大人気のこのクラブ、会員数は年々増え続け、まもなく100人に達するほど!
地区外からの加入希望者も多いそうです。

成績を競う大会ではありますが、5の倍数の順位の人がもらえる賞など、優秀賞のほかにも様々な賞があり、誰でも楽しめる工夫がされていました♪
皆さんに教えていただきながら、私も少しだけ挑戦!
…記録は決して良いとはいえなかったものの、経験がなくても気軽に楽しめるスポーツだと感じました! 

20190919_i_04.jpg

皆さんの笑顔がとても印象に残っています!
温かい雰囲気で迎えてくださった三国木部地区の皆さん、ありがとうございました♪

20190919_i_05.jpg


<おまけ>↓↓↓
コーナーの始まりは、チアリーダーの衣装で出演!
私、高校時代はチアリーディング部に所属していたんですよ~!

20190919_i_06.jpg

それから、うぐいす嬢の声は羽生キャスターにお願いしました。
「恥ずかしい~!」と言いながらも、ラジオスタジオにこもって練習してくださった、優しい先輩です。

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:18:40

2019年09月12日 (木)越前市・白山(しらやま)地区でみつけ隊!【北川 玲子】

9月12日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
越前市白山(しらやま)地区に行ってきました♪
コウノトリの町として知られる白山地区。まわりを山々に囲まれ、昼と夜の寒暖差が大きいため、おいしい農産物が育つといいます。

 今回ご紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■コウノトリに優しい農業
コウノトリの飛来で有名な白山地区では、えさとなるカエルやドジョウを守るために、無農薬・有機肥料による米作りを行っています。この取り組みをより多くの人に知ってもらおうと、地区のみなさんの力で、無農薬の純米吟醸酒が誕生しました。(コウノトリ:恒本明勇(あきお)さん撮影)

20190912_k_01.jpg
■越前しらやまSATOYAMAスタジオ
6年前から、地区の若者たちが、地区の自然・人・活動について多くの人に知ってもらおうと、FMラジオやインターネットを活用して情報を発信しています。企画から撮影まで自分たちで行い、現在は、今年オープンしたカフェ「白山さんち」で収録を行っています。地区のお祭りの様子など、白山ならではの情報が盛りだくさんです!

20190912_k_02.jpg

☆イチオシ☆
■秋の味覚 くり
白山観光くり園は、毎年9月の上旬から10月上旬まで、くり拾いが楽しめます。地区外からも多くくり拾いにやってくる人気のスポットです。
地区のみなさんとくり拾いをしました!

20190912_k_03.jpg20190912_k_04.jpg

大きなくりをたくさん拾った後は、初めてのくり料理に挑戦!
今回作ったのは、「くりの甘露煮」です。
鬼皮と渋皮をきれいにむくことに苦労しましたが、なんとか出来上がりました!

20190912_k_05.jpg20190912_k_06.jpg

作ったくりの甘露煮は、収録を行っていた「越前しらやまSATOYAMAスタジオ」で試食をしていただきました!

20190912_k_07.jpg

くり料理は初挑戦でしたが、白山のくりの新鮮さと美味しさに助けられ、高評価をいただけました!
そのあとは、「越前しらやまSATOYAMAスタジオ」の収録に参加。
白山地区で体験したことをたっぷり報告している様子が、9月22日(日)にたんなんFMで放送されます!同時にYouTubeでも公開されますので、「しらやまスタジオ」で検索してみてください!

白山の秋と、地区の人々のやさしさをたっぷり感じることができた一日でした★ 

20190912_k_08.jpg

■白山観光くり園
 10月6日(日)までの午前9時~午後4時
 (休園日:月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日)
 入園料 1人300円 くり1キロあたり800円
 0778(29)2625

■越前しらやまSATOYAMAスタジオ
 ・9月22日(日) 午後1時~
 たんなんFM(周波数:79.1MHz)鯖江市、越前市、そのほか電波が届く地域のみ
 ・Youtube 「しらやまスタジオ」で検索

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:18:40

2019年09月09日 (月)たけふ菊人形「花ひらく 童話の世界」~Story of the Princess~【一福丸の出会い】

出会った人:たけふ菊人形まつり実行委員会のみなさま、きくりん
開催日時:2019年10月4日(金)~11月4日(月・祝)午前9時~午後5時
開催場所:越前市武生中央公園

20190909_01.jpg菊の節句の今日、たけふ菊人形まつり実行委員会のみなさまが、きくりんと一緒に福井放送局に来てくれたふく!

今年は、ご家族連れに喜んでいただけるように、「花ひらく童話の世界」~Story of the Princess~というテーマで、有名な5つの童話から、「シンデレラ」「白雪姫」「人魚姫」「かぐや姫」「乙姫」という5人のプリンセスと菊人形がコラボレーションして会場に集合するそう。とっても華やかな雰囲気になりそうふく~。菊人形の鑑賞は無料なので、何回でも見に行けるふく!
また、愛好家のみなさんが育てた菊のコンクールも開催されるとのこと。大事に育てられた自慢の菊がたくさん集まって、どれが一番になるのか悩みそうふくね~。
ご家族連れには、園内にある大観覧車などのアトラクションで遊ぶこともできるし、土・日・祝日限定で「縁日ひろば」も開かれるんだって。ぼくも遊びたいな。

毎年大人気のイベントなので、今年もたくさんの人に来てもらえたらうれしいな…と、きくりんも楽しみにしているふく。
会場に飾られる菊の総数は2万株。菊の香りの広がる会場へ、ぜひお出かけしてみてね!

投稿者:一福丸 | 投稿時間:17:45

2019年09月05日 (木)南越前町・今庄(いまじょう)地区でみつけ隊!【羽生 ちひろ】

9月5日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、南越前町の今庄(いまじょう)地区に行ってきました♪旧今庄町の中心地です。
江戸時代に「今庄宿」として栄えた場所で、旅籠(はたご)だった建物や古い造り酒屋などが今も並び、宿場町の面影を残しています。

20190905_h_01.jpg

今回ご紹介した内容は、こちら↓↓↓

■自慢 「今庄宿」を後世に残す取り組み
かつて宿場町として栄えた歴史ある町並みを保全していこうと、地区では、解体の危機にある古い建物を保存して調査を行ったり、改修してカフェや交流拠点などの新たな空間として活用したりしています。また街道の風情に合うよう路面を整備し直すなど、景観づくりにも力を入れています。ゆくゆくは『重要伝統的建造物群保存地区』に選定してもらえるよう活動しています。

20190905_h_02.jpg

■自慢 今庄ふるさと夏祭り
みんなで力を合わせて開催する地区の一大イベントです。メインは“踊り”。小学生が練習を重ねたヨサコイや、千年以上の歴史を持つ伝統の「羽根曽(はねそ)踊り」など、子どもから高齢者まで、幅広い年代が、踊りを通してイベントを盛り上げています。祭りで地域の絆が深まっています。

20190905_h_03.jpg

■おすすめスポット「藤倉山ハイキングコース」
標高643メートルの藤倉山(ふじくらやま)の尾根沿いを歩くことができるハイキングコースです。
随所に、今庄の豊かな自然や歴史を感じられるスポットがあります。
立派なブナの木や、

20190905_h_04.jpg

平安時代末期に木曽義仲が築かせたとされる「燧ヶ城(ひうちがじょう)」、

20190905_h_05.jpg

巨大な神木が出迎えてくれる「白鬚(しらひげ)神社」などがあります。

20190905_h_06.jpg

放送では紹介しきれませんでしたが、他にも!
古くは「今庄宿」の総社(そうじゃ)だったとされる「藤倉権現跡(ふじくらごんげん)」の石垣や、

20190905_h_07.jpg

お地蔵様が並ぶ八十八ヶ所もあります。
ハイキングコースはこれからのシーズン、紅葉も楽しめるそうですよ!

20190905_h_08.jpg

歩いて感じた今庄の歴史の数々。
先人たちが残した、現在の今庄へとつながる足あとのようでした。

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:40

2019年09月02日 (月)え、もう1年経ちました?【五十嵐 椋】

山形放送局から福井放送局に来ました。五十嵐椋(りょう)です!

そんなブログを書こうとしている間に、1年が経っていました。
福井に来てから、時の流れが早いこと早いこと。ただただ、驚きです。
福井に来た時は、ハイハイがやっとだった娘も、今では家中を走り回り、パプリカを踊り続けています。
そんな娘の成長に負けじと、私も5月に初めて大相撲中継で実況を担当し、8月には甲子園での高校野球ラジオ実況デビューを果たすことができました。

そして、さらに新たな挑戦も!
9月6日(金)夕方5時5分からの「情報たら福」で司会を担当します。
この前まで「たら福」を担当していて、この夏、盛岡へ異動した佐々木アナウンサーから引き継ぎ、

20190902_01.jpg

これからは、こんな感じでしょうか。

20190902_02.jpg

今回のゲストは、
鯖江市河和田地区で県内外の学生と地域住民が手を組んでおこなっている
地域づくりプロジェクト・「河和田アートキャンプ」から、事務局を務める石井瑞紀さん。
さらに、勝山市を拠点に、世界でも活躍するタップダンサー浦上雄次さんには、激しくも美しいタップダンスを披露していただきます。
ぜひスタジオにお越しください。

来られないそこのあなた!メッセージも募集しています。
・最近新たに始めたこと
・あなたの秋の楽しみ

リクエスト曲とともに、メッセージをお寄せください。
それでは、今週金曜日にお会いしましょう!

投稿者:五十嵐 椋 | 投稿時間:16:38

ページの一番上へ▲