2019年8月

2019年08月29日 (木)福井市・東安居(ひがしあご)地区でみつけ隊!【太田 実穂】

8月29日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、福井市の東安居(ひがしあご)地区に行ってきました!
東安居地区は福井市の中心部から車で10分ほどです。
緑に包まれて住宅地や商業地が広がります。

今回ご紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
東安居こども太鼓
地元の青年太鼓のジュニアチームとして8年前に発足しました。メンバーは、小学生15人で、公民館で毎週水曜日と第1・第5日曜日に練習をして日々、技術や表現を磨き、地元の祭りや県内のイベントなどで披露しています。発足当時と比べ格段に上達していて、10月6日に愛知県で開催される西日本大会に向けて練習しています。目指すは、優勝です!

20190829_o_01.jpg

東安居ふれあいこどもサロン
ことし5月に地区のお年寄りの集いの場「東安居いきいき長寿よろず茶屋」にオープンした子どもたちが気軽に立ち寄ることができるサロンです。年中無休で開き、土日祝日にはカレーを振舞ったり大学生を呼んで勉強を見てもらったりと子どもたちや保護者の方たちの居場所づくりをしています。
この活動はお年寄りたちにとっての生きがいづくりにもなっています。

20190829_o_02.jpg

地区との関わりが深い『法承寺』
法承寺の由来は、およそ1300年の歴史があるという観音堂です。
そこに先々代の住職がお寺を開きました。

20190829_o_03.jpg

そんな法承寺の現住職、久保顕理(くぼ・けんり)さん。

20190829_o_04.jpg

久保さんには秘密があり、なんと・・・・・・

20190829_o_05.jpg

ドラマーでもあるんです!!

久保さんがドラムを始めたのは5歳の時です。
その後、レコード会社に所属してプロのドラマーになり全国のステージで活躍しました。
そんな久保さん、30歳を過ぎたころ、前住職のお父さんが病気にかかったことを機に、住職としてお寺を守ることを決めました。それから住職としての仕事をしながら音楽活動する日々を送っています。
今では、お寺に誰でも気軽に来て楽しんでもらいたいと法話と合わせて落語会や音楽ライブを開いてます。

20190829_o_06.jpg

また、地域の人たちと協力して東安居地区イメージソング「ハロー笑顔のまち」を作り上げるなど地域にも音楽を通して貢献しています。

20190829_o_07.jpg

若い力と情熱で地域に新しい風を吹き込む住職でした★

20190829_o_08.jpg

■お問い合わせ
東安居公民館
住所:福井市飯塚町6-18
電話:0776-35-9566

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:40

2019年08月27日 (火)はじめまして!新人アナウンサーの山口瑛己(えいき)です!【山口 瑛己】

みなさん、はじめまして!
6月に福井放送局に着任した山口瑛己(えいき)です。

岩手県盛岡市で生まれ、大学時代は東京で過ごしました。
福井に住むのは今回が初めて、北陸地方を訪れたのも今回が初めてです。

テレビを見ることやランニング、昭和歌謡を聴いたり、歌ったりすることが大好きです。
ウルトラマンや仮面ライダーなど特撮ヒーローもこよなく愛しております(特にウルトラセブン)。
小さい頃からテレビっ子で、ジャンルを問わず、これでもかっ!というくらいテレビを見ています。
カラオケでは松任谷由実さんや中島みゆきさん、前川清さんの歌をよく歌います♪
(最近は藤井フミヤさんの歌を練習中です)

マイ・リラックス方法は、ZARD 坂井泉水さんの歌声に浸ること、温泉に行くことです。

「“肌感”を伝えるアナウンサー」になることを目標に、NHKに入局しました。
現場の雰囲気、スポーツの場合は選手や会場の熱気といった現場の“肌ざわり”感覚を自分の生の言葉で伝えていきたいです。

福井に来て2か月。おいしい海の幸と日本酒に心も体も癒やされております。
県内の今を、楽しい!おもしろい!を、たくさんお伝えできるように努力していきます。
福井のみなさん、これからどうぞよろしくお願いします!!

投稿者:山口 瑛己 | 投稿時間:16:55

2019年08月01日 (木)越前市・南中山(みなみなかやま)地区でみつけ隊!【太田 実穂】

8月1日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、越前市の南中山(みなみなかやま)地区に行ってきました!
越前市の東部にあり、農業が盛んな地域で古くからの歴史を大切にしている地区です。

 今回ご紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
フェンシング 見延 和靖(みのべ かずやす)選手のふるさと
現在、フェンシング・男子エペ世界ランキング1位の日本フェンシング界を代表する見延選手は南中山地区出身です。
そのため、南中山公民館でもフェンシング教室がスタートしました。
見延選手のリオデジャネイロオリンピック出場をきっかけに、越前市でフェンシングを志す子どもたちが増えています。
見延選手は帰省した際に子どもたちに指導をしていて、子どもたちの大きな目標になっています。

20190801_o_01.jpg

赤坂笑(しょう)劇団
越前市内の公民館の認知症講座や地元の文化祭で認知症の理解や予防を目的とした劇を行っているグループです。
メンバー自身が認知症について考え、予防するきっかけにもつながっています。
また、小学校にも出向いて、徘徊(はいかい)している人がいた時の対応方法など具体的な話も取り入れ披露しています。

20190801_o_02.jpg

■イチオシ
地区のみんなで協力しあってつくっている赤米
南中山地区の赤米づくりのもとになっているのは、奈良で発掘された『荷札木簡』です。
荷札木簡に書かれた内容によって南中山地区から税として平城京に赤米が送られていたことがわかりました。
その荷札木簡をきっかけに、15年前から、南中山小学校5年生を中心に赤米のプロジェクトを始めています。
いまでは、地域の方も参加するようになり、地区を代表する活動になっています。

20190801_o_03.jpg

20190801_o_04.jpg

みなさんの活動の1つ、田んぼアートが見頃を迎えていました!

20190801_o_05.jpg

地区では、古民家を改装した地域の活動拠点で、毎週月曜日カフェを開店していて、赤米を食べることができるんです! 

20190801_o_06.jpg

よりおいしく口当たりがいいように白米8と3分づきの赤米2を混ぜたおにぎりや赤米の米粉が入った団子のぜんざいなどをいただけます!

20190801_o_07.jpg

20190801_o_08.jpg

■お問い合わせ
南中山公民館
住所:越前市西庄境町21-7-1
電話:0778-43-1290

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:30

2019年08月01日 (木)福井の皆さま、ありがとうございました【佐々木 芳史】

皆さまに、お別れのブログを書こう・・・と思った時、
「そういえば、はじめてのブログって何を書いたのかしら」と思い
見直してみました。

いやあ。2回目のニュースの大失敗を、よくぞ堂々と書いたものだと。
こんな私のことを、本当にあたたかく見守ってくださった皆さまに、感謝の気持ちでいっぱいです。

美味しいごはん・美味しいお酒。福井の景色。福井の言葉。福井の皆さま。
その全てが、大好きでした。
情報たら福」にお越しくださった、「たら福ファミリーのみなさん」、大好きでした。
本当に、今までありがとうございました。

一つ心配事は、みんながブログを書いてくれるかなってことです。
上司の平野アナウンサーなんて、私の記憶が正しければ、東尋坊とケーキという
実にシュールな話以降書いていない。

五十嵐さんにいたっては、まだ1度も・・・。
えっ、その事実を書いてみて衝撃ですよ。え、まだ1度も・・・?

これから、ブログが活性化されることを願いつつ
盛岡に旅立ちます。

福井の皆さま、また、ラジオでテレビでお会いしましょう。
いってきます。
20190801_01.jpg

投稿者:佐々木 芳史 | 投稿時間:10:30

ページの一番上へ▲