2019年4月

2019年04月26日 (金)第37回あじまの万葉まつり【一福丸の出会い】

出会った人:あじまの万葉まつり実行委員会のみなさま
期間:2019年5月1日(水・祝)/5月3日(金・祝)~5月4日(土・祝)
会場:万葉の里 味真野苑周辺

20190426_01_aji.jpg

第37回あじまの万葉まつりが、万葉集とゆかりの深い「万葉の里 味真野苑」で開催されるふく。
今年は、「令和」への改元記念として、イベントがたくさん予定されているふく。

令和元年の初日に当たる1日は、万葉館に来館された方先着300名に、万葉の里にちなんだお菓子が配られるふく。
3日は、万葉衣装の着付けを体験できるコーナーや、万葉衣装に身を包んだ「万葉大茶会」を楽しめるそう。「令和」と書かれた額と一緒に記念撮影のできるフォトスポットも用意されているふくよ。
また4日は、総勢約500名からなる万葉や戦国衣装の行列が1.2キロの道のりを大々的に練り歩く「万葉行列」や、万葉集の令和や味真野ゆかりの歌を吟じるかたわらで、地元の書道家が畳一枚の紙に歌をしたためる「書道吟」も行われるふく。

令和のはじまりを、万葉集ゆかりの地で過ごすのも素敵ふくね~。

投稿者:一福丸 | 投稿時間:17:00

2019年04月26日 (金)第10回越前朝倉曲水の宴【一福丸の出会い】

出会った人:越前朝倉曲水の宴実行委員会のみなさま
期間:5月5日(日・祝) 午前10時~
   < 雨天時:5月6日(月)に順延>
場所:一乗谷朝倉氏遺跡一帯 

20190426_01_a.jpg

かつて朝倉義景も、一乗谷朝倉城下において多くの客人とともに和歌や漢詩を楽しんだと記録が残る「曲水宴」を今日に再現しようと、「第10回越前朝倉曲水の宴」が今年も開催されるふく。
10周年記念となる今年の歌題は「新(あたらしい、あらた)」。
男性6名、女性6名の計12名の宴者が、狩衣(かりぎぬ)や小袿(こうちぎ)をまとい、和歌を詠むイベントで、宴者の皆さんと交流できる時間もあるふく。
現代に再現された平安時代の貴族の歌会遊びを、ぜひお楽しみいただきたいふく~。

投稿者:一福丸 | 投稿時間:16:45

2019年04月26日 (金)大野市富田地区でみつけ隊!【北川 玲子】

4月25日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、大野市富田地区に行ってきました♪
荒島岳のふもとにある富田地区は、九頭竜川と真名川に挟まれた田園地帯です。古くから交通の要として人の往来が盛んで、現在でも、鉄道や国道が走り、中部縦貫自動車道の建設も進んでいます。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■埴安(はにやすひめ)神社の里神楽
埴安姫神社の春の祭礼では、地元蕨生(わらびょ)区の青年団が、五穀豊じょうと家内安全を祈願した里神楽を奉納します。また、富田小学校でもその伝統を大切にしようと、毎年祭りに向けて「子神楽」の練習を行っています。小学生による「子神楽」は、夏にも、伝統芸能を紹介する発表会で披露されます。
20190426_01_2.jpg

■活発な老人会の活動
毎年10月に、老人会と小学生の交流会が行われています。昨年は、子どもたちが地区の歴史や民話を学んだあと、集落センターで老人会のみなさんと食事やゲームを楽しみました。子どもたちが、自分の地区について知るきっかけを作ることで、富田地区をもっと好きになってもらおうと取り組んでいます!また、花壇で街を彩ったり、お正月に手作り門松を飾るなど、地区を盛り上げようと活動しています。

20190425_02_2.jpg☆イチオシ☆
■地区で大切に守られてきたお地蔵さま
地区には「とみたのお宝マップ」という、石碑やお地蔵さま、お寺や桜の名所など、富田の見どころをまとめたマップがあります。このお宝マップで目立つのはお地蔵さま。なんと地区には、12体以上も!その中でも3つのお地蔵さまを訪ねました。

① 廻(まわ)り地蔵
風のあたり具合でお地蔵さまの向きが変わるため、昔から天気予報の役目をするとして重宝されたそうです!

20190425_03_2.jpg

② 栗原の六地蔵
昔、雑木林が広がっていた富田では、道に迷う人が多く、道しるべになるようにと作られました。現在でも、松田文雄さんがほこらの修繕をしたり、奥様が衣装を手作りしたりと、大切に守っています。

20190425_04_2.jpg

③ もりじぞう
旧森目小学校には、「もりじぞう」と呼ばれる、当時の児童が作った地蔵9体がおまつりされています。これは、当時の地域学習で、昔、水害被害を守るほこらがあったことを知った児童たちが、「もう一度自分たちで地区を守るシンボルを作ろう」と考え、手作りしたものです。小学校が廃校になった今でも、守り神として地区の人たちが大切におまつりしています。

20190425_05_2.jpg

お地蔵さまを通じて地域の人たちが心を通わせている地区でした★

20190425_06_2.jpg

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:16:30

2019年04月25日 (木)いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭2019【一福丸の出会い】

出会った人:いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭実行委員会のみなさま
期間:2019年4月28日(日)~5月5日(日・祝)
   本公演5月3日(金・祝)~5月5日(日・祝)
場所:石川県音楽堂、金沢市アートホール、北國新聞赤羽ホール、北陸エリア(福井・石川・富山) 

20190425_01.jpg

今年も「風と緑の楽都」金沢で、「北欧とロシアの音楽」をテーマにした音楽祭が開かれるふく。
約170公演で、金沢の街が音楽に包まれる素敵なイベントふく。
特に注目なのは、世界的奏者のギドン・クレーメルや台湾国立フィルハーモニックの演奏。世界的演奏が身近で聴けるなんて、すごいことふくね。「クラシックファンの裾野を広げたい」という主催者の皆さんの思いが伝わってくるふく。

ぼくも、会いに来てくれた坂口昌優(さかぐちまゆ)さんに、生でバイオリンの演奏を聴かせてもらったふく。

20190425_02.jpg

とっても素敵な演奏にうっとり。心が癒されたふく~。

投稿者:一福丸 | 投稿時間:16:50

2019年04月24日 (水)明智光秀と戦国越前/戦国城下町生活再現【一福丸の出会い】

一乗谷朝倉氏遺跡では、イベントが盛りだくさんふく。
出会った人:一乗谷朝倉氏遺跡PR隊の皆様

20190424_01.jpg

【明智光秀と戦国越前】
期間:2019年4月27日(土)~7月3日(水)
場所:福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館

かつて、生涯の一時期を越前国で過ごしたといわれる明智光秀ゆかりの展示会が開催されるふく。名刀「明智兼光」をはじめ、光秀の書状も展示される予定ふくよ。
会期中、4月28日(日)には学芸員によるクイズを交えた解説会、また、5月12日(日)からは、4回にわたって学芸員や研究者による連続講座も開催されるふく。明智光秀のことを知る良い機会ふく~。

【戦国城下町生活再現】
期間:春 2019年4月27日(土)~5月6日(月・振替休日)
   秋 2019年9月14日(土)~9月29日(日)
場所:一乗谷朝倉氏遺跡復原街並

一乗谷朝倉氏遺跡を復原した街並みでは、戦国時代の城下町の生活が再現されるふく。
商屋や武家屋敷では、劇団員十数名が当時の衣装をまとって寸劇を披露するふく。武家屋敷では、武士との将棋対決もできるかも!?
ぜひお出かけしてほしいふく~。

投稿者:一福丸 | 投稿時間:17:40

2019年04月18日 (木)鯖江市河和田地区でみつけ隊!【羽生 ちひろ】

4月18日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、鯖江市の河和田(かわだ)地区に行ってきました♪
鯖江市の東部、山あいに広がる河和田地区。
1500年の歴史を誇る越前漆器やメガネなどの職人が集まる、ものづくりの町です。

20190418_01.jpg

今回は、河和田地区の3つの「伝統」をご紹介しました!

 ■伝統① 越前漆器
伝統工芸「越前漆器」の産地・河和田地区では、小学生の名札も漆器!地元職人が、ひとつひとつ漆を塗り上げ、沈金の技法で名前を入れて、丁寧な手作業で作っています。子どもの頃から、地元の伝統工芸に親しみと誇りを持ってもらいたいと、20年ほど前から続けられています。ことしも、新1年生24人に漆器の名札が渡されました。

20190418_02.jpg(※特別に作っていただきました!)

■伝統 殿上まいり
厄年の男性を雪の斜面に放り投げて厄を払い落とすという、変わった神事です。尾花町の、殿上山にある神社で毎年2月に行われているもので、およそ400年前から続いています。厄払いの神事は河和田地区の各町内で行われていますが、雪に放り投げるのは、ここ尾花町だけです。

20190418_03.jpg

■伝統 山うに
河和田地区の各家庭で古くから作られてきた郷土料理「山うに」。

20190418_04.jpg

ゆず、赤なんば(完熟ししとう)、たかの爪、塩をすり込んで作る薬味です。
見た目が海のウニに似ていることから「山うに」と名付けられたそうです。

20190418_05.jpg

この「山うに」で地域を活性化したいと、商品化に取り組んだグループもいます。
「山うに」そのものだけでなく、山うにを生地に練り込んだ「山うにたこ焼き」を販売したり、山うにソングを作ったりと、河和田の伝統の味を広くPRしています。

20190418_06.jpg

伝統を守り伝え、さらに未来へとつないでいく河和田地区。
皆さんの頼もしい活力を感じました。

20190418_07.jpg

■河和田地区への問い合わせ■
河和田公民館
住所:鯖江市河和田町19-6-1
電話:0778(65)0001

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:30

2019年04月16日 (火)福井のみなさん、初めまして!【北川 玲子】

福井のみなさん、初めまして!
新年度から福井放送局に仲間入りした
キャスターの北川玲子です。
ずっと関西で生活してきたので、普段は関西弁がでてしまう私…
でも、福井で生活を始めて1か月!
福井の美しい自然に触れ、優しい皆さんとの出会いもあり、
居心地の良さを感じ始めた今日この頃です^^
楽しく、わかりやすく!みなさんの心に届くリポートを目指して、
日々頑張っていきたいと思います!

先日、越前町宮崎地区に、たけのこ収穫体験に行ってきました!
この日は、春らしいあたたかな天気。
青空の下、竹林のきれいな緑が映えていました。 

20190416_k_01_r.jpg

初めてのロケ…どきどき。

20190416_k_03_r.jpg

記念すべき、私のはじめての収穫体験!
出来栄えは…?

20190416_k_04_r.jpg20190416_k_05_r.jpg

あちゃ~!

狙ったところにくわがおろせず、たけのこは真っ二つに…
きれいに収穫するのは難しい…プロのすごさを実感しました。

たけのこを収穫したあとは、
産地ならではの、部位ごとの特徴を生かしたたけのこ料理を教えていただきました!
毎日でも食べたいほどの美味しさでした!

20190416_k_06_r.jpg

帰宅後、真っ二つに割れてしまったたけのこで、
たけのこご飯にチャレンジ!
初めて自分で掘ったたけのこは、おいしさもひとしお。
おにぎりにして、職場でも春の味覚を楽しめました♪

20190416_k_07_r.jpg

お世話になったみなさま、ありがとうございました!

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:17:00

2019年04月12日 (金)2019となみチューリップフェア【一福丸の出会い】

2019となみチューリップフェア
出会った人:となみチューリップフェアキャンペーン隊のみなさま
期間:4月22日(月)~5月5日(日・祝)
場所:砺波チューリップ公園

20190412_tonami_t_350_230.jpg

 “笑顔咲く彩りの春”をテーマに「2019となみチューリップフェア」が開催されるふく。
今回のイベントのキーワードは『魔法』。
砺波の春を彩るチューリップでお客様に笑顔の花を咲かせる、魔法にかかったような会場の展示が見どころふく。
おすすめは、約21万本のチューリップで大きなチューリップを描いた「大花壇」。
また、富山県の景観地「雪の大谷」をイメージした「花の大谷」は、会期の前半には入り口は白いチューリップで雪、進むにつれ、ピンクのチューリップで桜を表現しているそう。会期の後半には、色とりどりのチューリップで春を表現するこだわりふく。
高さ5mのチューリップツリーも、フェアの新しいシンボルとして登場するふくよ。
なお今年は、5月1日からの新元号への改元にあわせ、大正、昭和、平成に誕生した35品種の中から、その時代を代表するチューリップの展示もあるふく。
ぜひお出かけしてほしいふく~。

投稿者:一福丸 | 投稿時間:16:17

2019年04月11日 (木)坂井市竹田地区でみつけ隊!【太田 実穂】

4月11日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、

坂井市の竹田(たけだ)地区に行ってきました!

 

石川県との境にある竹田地区。

静かな山あいの地域で、美しい自然を楽しむことができます。

今回紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆

竹田の豊かな自然が楽しめる自然体験宿泊施設『ちくちくぼんぼん』

廃校となった旧竹田小学校・丸岡中学校竹田分校の校舎を活用して作られた施設です。

地元の人たちの学校がなくなり子どもたちの声が聞こえなくなってさみしいという声を受けて作られました。自然を生かした体験プログラムが豊富で、ダム湖でカヤックにのって山々の緑や滝などを見る体験や獣道ウォークなどが楽しめます。

 

20190411_01.jpg

 

目指せ!『千本しだれ桜の里』

しだれ桜の里として地域を盛り上げる竹田地区。

現在、およそ700本以上のしだれ桜が植樹されています。

地区では、千本のしだれ桜が咲く里を目指して、地区の人たちの自宅の庭や公園、山沿いなどに積極的にしだれ桜を植樹する活動を行っています。

20190411_02.jpg

☆イチオシ☆
『竹田の里しだれ桜まつり』
4月13日(土)から始まる「竹田の里しだれ桜まつり」。
まつりは、桜のライトアップをして地区の活性化につなげようと始まりました。

20190411_03.jpg

 

まつりが行われるのは、小さいお子さんが遊んだりキャンプを楽しんだりできる多目的レジャースペース「たけくらべ広場」です。
広場には、しだれ桜がおよそ100本植えられています。

20190411_04.jpg

 

まつりでは、しだれ桜、山の緑、川のせせらぎの音など竹田の自然を楽しんでもらおうという思いからステージ発表やマイクを使っての進行を行わないなど工夫をこらしています。
毎年およそ6万人が来場します。

20190411_05.jpg

 

今回は、まつりに向けて準備をすすめる人たちを訪ねました。
竹田の里づくり協議会のみなさんが、仕事の合間をぬって桜のライトアップの工事を行っていました。

20190411_06.jpg

 

まつりで大人気のお弁当「さくら弁当」を作っている地元の女性グループも訪ねました。
竹田の郷土料理を作っているみなさんが作る「さくら弁当」は、しだれ桜まつり限定で、すぐに売り切れてしまうそうです。

20190411_07.jpg

 

しだれ桜まつりで会うことができる竹田の里づくり協議会のマスコットキャラクター
『たけだ桜ちゃん』。
私と一福丸を案内してくれました★

20190412_08.jpg

 

しだれ桜の里・竹田地区が一丸となって作り上げるしだれ桜まつり。
竹田の自然を五感で感じることができます。

 ■お問い合わせ
竹田コミュニティセンター
住所:坂井市丸岡町山竹田119―3
電話: 0776-67-2543        

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:30

2019年04月11日 (木)たろう、何食べた?【佐々木 芳史】

福井生活も4年目に突入いたしました。
なんと、アナウンスグループでは、福井在籍期間が最長。
「あーなるほどなるほど。平野さんは福井在籍という点では、私の後輩になるのか。」と歪んだ心が顔を出しています。

こんにちは。佐々木です。
私先月、以前「あさイチ」のロケでお世話になった八嶋智人さんが出演されている劇を見に行ってきました。
飽きない時間ってまさにこのこと。終始笑っていたような気がします。
ご挨拶に伺っても、一つ一つの言葉が面白いんですよね、八嶋さん。
言葉が目の前で踊っているのを見ているような感覚になります。

20190412_s01.jpg
沢山笑って幸せな道の帰路。

「やっぱ、笑うって、大切やんな・・・。」
と、普段は言わない関西弁が頭で浮かんだ時思ったんです。

「ああ。もっと、もっと、笑いたいねん。」

ということで、今回の「情報たら福」は「笑い」がテーマです。
大安禅寺の副住職 髙橋玄峰さんとヨガインストラクターの中島章子さんとお届けします。
今回は残念ながら非公開となっております。
直接みなさんにお会いできない寂しさ・・・。お便りで番組に参加してくださいね!

メッセージテーマは「あなたのすべらない話」となっております。
なんてハードルの高いお便りテーマにしてしまったのだろうと反省しております。
もう、すべる話で大丈夫です。むしろすべってください。
どんなお話しも、高橋愛さんが笑ってくれるはずです。
では!お待ちしております!

20190412_s02.jpg

(先月の放送、鹿沼さんと“爆笑”の図)

 

投稿者:佐々木 芳史 | 投稿時間:17:47

2019年04月09日 (火)第10回さばえ菜花まつり【一福丸の出会い】

第10回さばえ菜花まつり

出会った人:さばえ菜花まつり実行委員会

期間:4月13日(土)~4月14日(日)10:00~16:00

場所:鯖江市舟枝町 (農)エコファーム舟枝周辺

 20190409_01.JPG

“さばえのまちを黄色く染める”「第10回さばえ菜花まつり」が開催されるふく。

約1.3ヘクタールの畑に植えられた50万本の菜花がみなさんをお迎えする、人気のイベントふく。

見どころは、鯖江でおなじみのレッサーパンダやメガネをデザインした「菜花アート」。この中をお散歩することもできるふく。また、鯖江市が特産化を進めている「さばえ菜花」グルメが味わえる「なばなマルシェ」には13店舗が並ぶそうで、目もおなかも満足できるイベントふくね。会場でお買い物するたび、抽選券が1枚もらえて、3枚で1回の抽選にチャレンジできるふく。ぜひ菜花賞品をゲットしてほしいふく。

車で来場される方のために、会場の南と西に駐車場も用意されているそう。会場までのシャトルバスも運行しているので、小さなお子さん連れでも安心ふくね。

菜花を摘んで花束にして持ち帰ることもできるので、参加したい人は汚れてもいい服装で挑戦してほしいふく~

投稿者:一福丸 | 投稿時間:14:47

2019年04月04日 (木)福井市宮ノ下地区でみつけ隊!【今村 有希】

4月4日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
福井市の宮ノ下地区に行ってきました♪

福井市の北西、九頭竜川沿いに位置する宮ノ下地区です。地区のシンボル・宮ノ下コスモス広苑は、農林水産大臣賞を受賞して日本一のコスモス畑に輝くとともに、ふるさと百景にも選ばれました。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓
☆地区の自慢☆
■花でつるつるいっぱい大咲戦
毎年6月から10月にかけて、ボランティアグループの皆さんが季節の花で地区を彩る取り組みをしています。平成30年度の福井市花壇コンクール・フラワーロード部門では、最優秀賞を受賞しました。

20190404i_01.jpg

■スポーツで交流
宮ノ下公民館では、スポーツが盛んに行われています。中でもゴルフ好きの人が多く、夏はグラウンドゴルフ、冬は室内でスティックリングを楽しんでいます。また毎年2月には「三世代交流スポーツ大会」を開き、スポーツを通して子どもから高齢者まで世代を超えて交流を深めています。

20190404i_02.jpg

☆イチオシ☆
■宮ノ下音頭
およそ30年前に作られ、毎年地区の夏祭りで多くの人たちに踊られています。
公民館の奥の部屋を訪ねると、宮ノ下民踊クラブの皆さんが踊りの練習に励んでいました。
皆さんは月に2回、イベントや大会に向けて練習しています。

20190404i_03.jpg

宮ノ下音頭は歌詞が8番まであり、地区全体について歌ったものが2つと、地区にある6つの町について歌ったもので構成されています。
すべての町の魅力を余すことなく歌詞に取り入れた曲なんですよ♪

20190404i_04_01.jpgこの場所を訪れた記念に、地区の人々の思いが詰まった宮ノ下音頭を、私も一緒に踊りました。

20190404i_05.jpg

地区の宝を次の世代にも受け継ぐため、住民一丸となっている地区でした。
宮ノ下地区の皆さん、楽しい1日をありがとうございました♪

20190404i_06.jpg

 

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:18:30

ページの一番上へ▲