2018年12月

2018年12月20日 (木)おおい町名田庄地区でみつけ隊!【太田 実穂】

12月20日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
おおい町の名田庄(なたしょう)地区に行ってきました!
名田庄地区は、嶺南の南西にあり、南川に沿って集落が点在する山あいの地区です。

今回紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
■名田庄地区納田終(のたおい)の伝承料理『はなくそもち』
「はなくそもち」は、釈迦の命日の法要「ねはんえ」にお供えするもので、米粉を主な原料として、大豆を混ぜ込み、練って形をつくりフライパンで焼いたものです。諸説ありますが、昔、くず米を使っていて色が悪かったため、「はなくそもち」といわれているそうです。今では、作る人も少なくなりましたが、おおい町内の小学校で、伝承料理を学ぶ授業で作られています。

20181220o01.jpg               

■名田庄地区の職人さんが守り続ける研磨炭(けんまたん)
研磨炭とは、若狭塗などの漆器や仏具などの金属を磨く炭です。
名田庄地区の、木戸口武夫(きどぐち・たけお)さんは、全国でも珍しい研磨炭職人で、ことし11月には、その道の模範となる人などに贈られる黄綬褒章を受章されました。木戸口さんが作る研磨炭は、全国の伝統工芸に携わる方々に愛され、海外でも使われています。

20181220o03.jpg

 

☆イチオシ☆
■裃工房紀平(かみしもこうぼうきひら)
全国でも珍しい染めから仕立てまでを行う女性のかみしも職人・柿本京子(かきもと・きょうこ)さんの工房です。
柿本さんの京都にある実家は、かみしもづくりに携わっていました。
柿本さんも10代の時から家業を手伝い、16年前に名田庄地区に移住してきました。

20181220o0405.jpg

大河ドラマでも見られますが、かみしもは、江戸時代に入ってから武士階級の正装とされていました。現在では、伝統芸能や伝統行事で着用されています。
かみしもは、用途によって、絹、麻、木綿から作られ、
1着出来上がるまでには、およそ10日間かかるそうです。
柿本さんのかみしもは、去年4月の観世能楽堂開場記念公演の際や、滋賀県の大津祭の曳山の警護役のかみしもとして着用されています。
注文を受けてからの手作りです。
今、手がけているかみしもは、高浜七年祭でみこしの警護役の方が着る予定のかみしもです。

裃工房紀平では、かみしもを作る工程の一部分、型友禅染め付けの体験ができるということでわたしも体験させてもらいました。

20181220o0607.jpg20181220o08.jpg

伝統の思いや技術が受け継がれていく名田庄地区。受け継ぐことの大変さと尊さを知りました。

20181220o09.jpg

 

■お問い合わせ
おおい町里山文化交流センター
住所:福井県大飯郡おおい町名田庄久坂3-21-1
TEL:0770-67―3250

 

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:30

2018年12月20日 (木)若狭町伝統野菜 山内かぶら【一福丸の出会い】

若狭町伝統野菜 山内かぶら
出会った人:若狭町の山内かぶらPR隊のみなさま

20181219.jpg

11月から2月にかけて収穫時期を迎える伝統野菜「山内かぶら」は、朝霧深い、若狭町の山内地区でしか収穫できないふく。
風味が強く、煮崩れしないのが特徴ふく。その香りから、シカやサルなどに荒らされにくいといわれているけれど、料理をすると味がまろやかに。料理人にも好まれ、京都の料亭や福井のフランス料理店でも使用されているふくよ。
山内かぶらの甘酢漬けと去年商品化された干しかぶらも紹介してくれたふく。
「山内かぶらは、若狭町の特産品の水と米で炊いたご飯や梅干しと一緒に食べるともっとおいしいよ」と森下裕町長。
福井のみなさん、全国のみなさん、ぜひ「山内かぶら」を食べてみてふく。

投稿者:一福丸 | 投稿時間:12:00

2018年12月13日 (木)高浜町和田地区でみつけ隊!【太田 実穂】

12月13日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、高浜町の和田(わだ)地区に行ってきました!
和田地区は、青葉山を望む美しい海で知られる地区です。
路地が多く風情豊かな町並みが広がります。

今回紹介した内容はこちら↓

 

☆地区の自慢☆
■ブルーフラッグを取得した『若狭和田ビーチ』
国際的な環境団体が与える認証の「ブルーフラッグ」をアジアで初めて取得しています。地区のみなさんや子どもたちは、この美しい海を守るために一年を通して、ごみ拾いなどの活動を積極的に行っています。また、ライフセーバーと障害をもつ子どもたちが一緒に海を楽しむイベントや地元の小学校の「砂浜運動会」、6月から10月には一般の方に向けて「サップヨガ」が行われます。

20181213o_0102.jpg

■ことしで10回目になる和田のイベント『和田de路地祭』
和田地区には、路地がたくさんあり、それらを利用して地域の絆を深めようと始まりました。毎年9月に2日間の日程で行われます。路地に80メートルのテーブルを並べて地域のみんなで食事を楽しむ長街宴(ちょうがいえん)があります。この長街宴では古着をリメイクしたファッションショーも行われます。

20181213o_0304.jpg

 

☆イチオシ☆
■笑顔が集う町の縁側 和田公民館 うらら
和田公民館うららは、ことし4月に地区の人たちの思いを取り入れて改築されました。
うららは、春の暖かい縁側のような公民館になってほしいと「春うらら」からきているそうです。そして、地元のことばで自分たちのことを「うららぁ」ということからみんなの公民館という意味があるそうです。

20151213o_05.jpg

うららには、子ども連れの方がゆったり遊べるスペース、おしゃれなカフェのような雰囲気が味わえるスペースなどがあります。
以前の公民館の時は、高齢者の方の利用が中心だったそうですが、うららになってからは、様々な年齢層の方が利用するようになったそうです!

20181210o_0607.jpg

今回訪れた際は、和室で地元の小学生の茶道教室が行われていたり防音の音楽スタジオで尺八を演奏するバンブークラブの方たちが練習をされていたりしました。

20181210o_0809.jpg

うららは、活動と憩いの場所としてみなさんに愛されていました!

20181213o_10.jpg


■お問い合わせ
和田公民館うらら
住所:福井県大飯郡高浜町和田123-24-2
TEL:0770-72-1325

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:30

2018年12月07日 (金)忘却のタロウ 【佐々木 芳史】

 何でこれは、覚えているのに、これは覚えられないのだろう。
 そんな経験のある方いらっしゃいますか?
 私、まさに典型的なこのタイプなのです。

 学生時代のテスト期間。主に、ラジオや音楽を聴きながら勉強をしていました。
 はかどる勉強。集中したテスト期間の勉強時間。
 そして臨む、いざテスト。
 解答用紙を埋めようとしても流れてくるのは昨日の音楽。
 覚えたはずの知識は忘却の彼方。覚えているのは音楽。鮮明に思い出せる
 メロディ&歌詞・・・。

 そんな”記憶”というもの。楽しい記憶はよく覚えているものです。
 楽しかった①
 ロボコンのリポーターを11月25日に担当いたしました。
 ロボットのデザインも、技も、そして高専生のみなさんの熱気に圧倒されました。

20181207s_1.jpg

司会を担当された森田洋平アナウンサーが高専生にもらい泣きする姿に、思わずもらい泣きしました。

楽しかった②
ロボコンでMCを担当されたヒャダインさんとの2ショット。

20181207s_2.jpg

震えました。大ファン佐々木。震えました。
ヒャダインさんが作詞・作曲されたアイドルソング、ヒャダインさん自身の曲。
大好きな思いの丈を全力でお伝えしました・・・。そして、ヒャダインさんとアイドルトークができるなんて・・・。昔の私に伝えてあげたい。

楽しかった③
平野アナ41歳の誕生日パーティ。(写真割愛)

そして、これから楽しい記憶になるであろう、情報たら福クリスマスSP!
高橋愛さん・鹿沼憂妃さんとお届けいたします!
メッセージお待ちしております~★
是非、お越し、お聴きくださいませ~!

投稿者:佐々木 芳史 | 投稿時間:11:00

2018年12月06日 (木)越前市・武生東地区でみつけ隊!【羽生 ちひろ】

12月6日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
越前市の武生東(たけふひがし)地区に行ってきました♪

越前市のほぼ中央。市役所や、JRの駅、私鉄も通る中心市街地です。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■サポート東 
1人暮らしのお年寄りや高齢のご夫婦などを支援する団体です。部屋の蛍光灯の交換、病院の付き添い、ゴミ出しや掃除洗濯といった、生活の困りごとのお手伝いなど、幅広く要望に応えています。利用者からは、同じ地区内の顔を知った人が来てくれることで、安心して気兼ねなく頼むことが出来ると評判です。

20181206h_0102.jpg


■お玉焼き 
小麦粉を溶いた生地に、かつおぶしや紅ショウガ、とろろこんぶを入れて鉄板で焼いた、お好み焼きのようなものです。地区で古くから食べられてきた味を、自治振興会が8年前に復活させました。お玉を使って焼くことから『お玉焼き』と名付け、地区内外のイベントで振るまっています。

20181206h_0304.jpg


☆イチオシ☆
■「文通」での交流 
武生東小学校では、静岡県浜松市の積志小学校の児童たちと「文通」を行っています。
3年生の時に、同じ学年の中から文通相手を決め、その後卒業までずっと手紙のやりとりを行います。

20181206h_05.jpg

文通だけではありません。
5年生になると、お互いの小学校に訪問。
その時に初めて文通相手と対面し、交流を通して親睦を深めています。

20181206_h0607.jpg

この積志小学校との交流、実は57年前から続いているんです。
きっかけは「風船」でした。
昭和36年。当時の3年3組の児童が「遠くの友達を増やしたい」と、風船に手紙をつけて飛ばしました。その1つが、いくつもの山を越えて静岡県まで運ばれ、積志小学校の児童によって拾われたのです。

20181206h_08.jpg

これを機に、2校が姉妹校となり、文通のやり取りが始まりました。
武生東小学校の卒業生の中には、今でも当時の文通相手と交流を続けている人もいます。
風船で結ばれた奇跡の交流。
“手紙”が友達の輪を広げていました。

20181206_h09.jpg

 ■武生東地区への問い合わせ■
武生東公民館
住所:越前市国府2-9-12
電話:0778(23)4763

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:30

2018年12月06日 (木)NHK歳末たすけあい・NHK海外たすけあい 【一福丸の出会い】

期間:12月1日(土)~12月25日(火)
場所:NHK福井放送局1Fロビー特設ブース


20181201_bokin.jpg

初日の12月1日に、福井市の常葉幼稚園の皆さんが募金に来てくれたふく~!
ありがとうふく~!

NHK福井放送局では25日まで受け付けているふく。
平日は午前9時30分~午後5時まで、土・日・振休は午前10時~午後5時まで。
ご協力をお願いふく~。

投稿者:一福丸 | 投稿時間:16:15

ページの一番上へ▲