2018年5月

2018年05月31日 (木)福井市東郷地区でみつけ隊!【別司 愛実】

5月31日(木)放送のほやほやみつけ隊は、
福井市の東郷地区を訪ねました!
田園風景が広がる、お米がおいしい東郷地区では、おにぎりのことを
「おつくね」と呼んでいます!

20180531b1.jpg(“東郷のマチコさん”と「おつくね」の早握り対決をしました!)

20180531b2.jpg(東郷地区のマスコットキャラクターのおつくねくん。
公民館で出迎えてくれました)

 

番組で紹介した内容はこちらです↓↓↓


☆自慢①☆ふくいPR隊@東郷研究会
地域経済の活性化を目指すグループで、
東郷自慢の米を使った特産品を次々に生み出しています。

20180531b3.jpg

(東郷自慢の米を使った特産品)


おにぎりのような三角の形をした「おつくね餅」、

地元の酒米で作った純米酒とコシヒカリの「お土産セット」、
そして地区の酪農家の牛乳と米を使った「お米アイス」などをつくっていて、
観光客にも人気です。

今後は、新たに、地区で育てたひょうたんの加工品を特産化することも目指しています。

20180531b4.jpg(ひょうたんのランプ)

 

☆自慢②☆福井ふるさと茶屋「杵と臼(きねとうす)」
この茶屋は、空き家を改修して、去年10月にオープンしました。

20180531b5.jpg

(福井ふるさと茶屋「杵と臼(きねとうす)」)

コンサートや成人式といったイベントが行われるなど地域住民の交流の場となっています。
今後は農家民宿や農家レストランとしても活用していく計画です。
また、名前のとおり、杵と臼で実際にもちつきを体験することができます。

20180531b6.jpg(人生初のもちつきに挑戦!杵が重かったです…)

20180531b7_8.jpg

(つきたてのおもちは、絶品でした~♪)


☆イチオシ☆蚊帳(かや)
昔から夏に親しまれてきた「蚊帳」。
およそ半世紀にわたって蚊帳を作っているメーカーをたずねました。

20180531b9.jpg(ベビーベッド用の蚊帳。赤ちゃんを蚊から守るのはもちろん、
冷房の風が直接当たるのを防ぐために購入するお母さんもいるそうです)

20180531b10.jpg

(赤ちゃんをねらう蚊も、蚊帳の前に思わず退散…!?
蚊のイラストは、別司が描きました)

20180531b11.jpg

(こちらは屋外用の蚊帳。キャンプなどで活躍しそうです♪)


お米がおいしい東郷地区。

日本の夏の風物詩と、それを守り伝えるみなさんに出会えました。

20180531b12.jpg(東郷のおいしいお米で作った「おつくね」をパクリ)

20180531b13.jpg東郷地区のみなさん、本当にありがとうございました!!

 

投稿者:別司 愛実 | 投稿時間:18:35

2018年05月30日 (水)第4回 坂井市産業フェア・ふくいのものづくり2018【一福丸の出会い】

第4回 坂井市産業フェア
出会った人:坂井市産業フェア実行委員会のみなさま
日時:6月1(金)~3日(日)
会場:ハートピア春江

壮大な宇宙産業から身近なくらしのものまで、坂井市のものづくりを展示・紹介するふく。NHK福井放送局も、ことし12月から本放送が始まる「新4K8K衛星放送」について4K映像や紹介ビデオも上映紹介するふくよ!
館外にはグルメブース、おもてなしブースもあるふくね!

 

20180530.jpg

きてみて体験! ふくいのものづくり 2018
出会った人:エンゼルランドふくいのみなさま
日時:6月2日(土)、3日(日)
会場:福井県児童科学館(エンゼルランドふくい)

子どもも一緒に、ふくいのものづくりのよさが体験できるイベントふく!
伝統技術の「越前墨流し体験」や、和食職人が教える「巻き寿司」教室など、48もの体験ブースが出展するふく!
「はぴりゅうステージ」や「バルーンショー」などのイベントもあるふくよ!

投稿者:一福丸 | 投稿時間:18:00

2018年05月24日 (木)越前市服間地区でみつけ隊!【羽生 ちひろ 】

5月24日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
越前市の服間(ふくま)地区に行ってきました♪

越前市の北東部、山の谷間に集落が広がる、自然豊かな地域です。
今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■地区を元気にする「ニュースポーツ」 
誰もが気軽に楽しめる『ニュースポーツ』を、地域活動に取り入れています。囲碁とゲートボールを組み合わせた「囲碁ボール」や、小さめのピンとボールを使う「ストライク・マッチ・ボウリング」などがあります。毎年、子どもからお年寄りまで参加する、世代間交流ができる大会もあり、ニュースポーツが地域のつながりと元気を生み出しています。

20180524h01_02.jpg

 

■地域を盛り上げる「子どもたち」 
服間小学校の児童たちが、自分たちの力で様々な活動をしています。去年の6年生は、佐々木小次郎の生誕地だということをPRしようと、パンフレットを制作しました。子どもたち自らが現地調査や住民への聞き取りなどを行い、小次郎の基礎情報やゆかりの地など、様々な内容をまとめました。また、地域を盛り上げるという意志は、新6年生にも引き継がれています。ことしの6年生は、地域に人が集まるような、山登りイベントを開催したいと考えています。

20180524h03_04.jpg


☆イチオシ☆
■小次郎プロジェクト 
佐々木小次郎で地域おこしをしたいと、2年前に20~30代の若手で結成されました。
公民館の広報誌に毎月「小次郎クイズ」を掲載したり、宮本武蔵の生誕地、岡山県美作(みまさか)市との交流事業を行ったりと、活動の輪を広げています。

20180524h05.jpg

今回は、公民館の広報誌に掲載されている「小次郎クイズ」に挑戦!
「小次郎プロジェクト」の上城戸佑基(うわきど・ゆうき)さんが、小次郎ゆかりのスポットでクイズを出題してくれました。

20180524h06.jpg(佐々木小次郎になりきって登場!)


小次郎の像が立つ「小次郎公園」や、小次郎が生まれたと伝わる「高善寺(こうぜんじ)」、小次郎が幼少期に修行したと言われる「不動滝(ふどうだき)」などを訪れました。

2018024h07.jpg

また、「小次郎プロジェクト」の新たな取り組みとして、地元仁愛大学生と協力して「ホットドッグ」の商品化を進めています。
ソーセージに使うのは、地元特産の豚肉!
小次郎が剣の腕を磨き上げたように、地区の特産を磨き上げようと、ホットドッグにしたそうです。

20180524h08.jpg

佐々木小次郎と縁が深いといわれる服間地区。
地域のために奮闘する若者の力が、小次郎に負けない輝きを放っていました。

20180524h09.jpg ■服間地区への問い合わせ■
服間公民館
住所:越前市藤木町12-39-1
電話:0778(43)0977

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:35

2018年05月22日 (火)崖っぷちタロウ!【佐々木 芳史】

「溶けそう」
最近の私の口癖です。
「溶けそう」
暑い日が続いていますが、みなさま、体調は崩されていませんでしょうか?
日々、身体が溶けるか溶けないのかの崖っぷちにたたされています。
佐々木です。

「吉田さ~ん。放送前に食探のブログ、お書きにならないのですか?」
「吉田さ~ん。食探の放送後記、お書きにならないのですか?」
「よ・よしださ~ん??」

熱いアプローチも届かず。
こっそり画像だけ掲載いたします。
だって、多くの方に見ていただきたいですから・・・☆

20180522s01.jpg

これからの人生、砂地を見た瞬間に、このシーンを思いだしそうです。

そして、熱い告知がございます。
本日から、5月11日放送回「情報たら福」の聞き逃し配信が始まります。
NHKラジオらじる★らじるで是非お聴きくださいね。
また、本日午後6時10分から総合テレビで放送の「ニュースザウルスふくい」でも、情報たら福 おかわり」でラジオの模様がテレビで放送です。
こちらも是非ご覧くださいませ。

20180522s02.jpg

(あいのぼりさんと鹿沼憂妃さんと)


そして、もう1つこっそり告知が。

昨日からの「旅ラジ」。(ラジオ第1で午後0時30分~)
同期の盛岡放送局の中村慎吾アナが担当しています。
この4日間全て担当するそうです。
こちらも是非お聞きくださいね。

20180522s03.jpg(しんごちゃんと旅行に行った時の1枚。
昨日はしんごちゃんらしい放送をしているのが声から伝わってきました~)

 

投稿者:佐々木 芳史 | 投稿時間:17:10

2018年05月18日 (金)坂井市三国地区でみつけ隊!【今村 有希 】

5月17日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
坂井市の三国地区に行ってきました♪
九頭竜川の流れが日本海に注ぐところにある三国地区。
かつては北前船が寄港する港町として栄え、その繁栄ぶりが今も各地に残されています。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓
☆地区の自慢☆
■新築された「三国駅」
えちぜん鉄道「三国駅」の駅舎は、これまでビルの一角のような場所でしたが、ことし3月に、木造・ガラス張りで日の光が差し込む明るい駅舎に新築されました。駅舎内には、観光客をおもてなしする坂井市観光連盟の事務所があり、イベントなどを紹介するため、モニターなどを使って情報を発信するブースも作られました。

20180518i_1_2.jpg

 

■三国箪笥(みくにたんす)
三国の貴重な文化として、江戸時代から受け継がれています。地区の古美術店では、“三国の文化をそのまま残したい”という思いから、展示スペースを作って、貴重な三国箪笥の数々を展示しています。

20180518i_3.jpg

☆イチオシ☆
■三国祭
江戸時代中期から続く「三国祭」。北陸三大祭りの1つで、毎年作り替えられる高さおよそ6メートルもの山車の人形と、子どもたちの祭ばやしが見所です。
例年およそ18万人が訪れます。

今回は、橋本区の山車作りに携わった方々を訪ねました。
ことしの山車は、牛若丸と烏天狗の2体。烏天狗が牛若丸に剣術の稽古を付けている場面を表現しています。今にも動き出しそうなぐらい、すごい迫力でした!

20180518i_4.jpg

夜には、この山車を彩るおはやしの子どもたちの練習にお邪魔しました。
橋本区の小学1年生~6年生の子どもたちは、3月から週に2回、練習に励んできました。

大人たちの三味線と笛、そして子どもたちの元気な太鼓と掛け声!
息がピッタリ合った素敵なおはやしでした♪

そして私も先生に指導して頂き、おはやしに挑戦!
難しかった…悔しい~!また挑戦したいです。

20180518i_5.jpg伝統ある文化が受け継がれている三国地区。
明るく笑顔が絶えない素敵なまちでした!

20180518i_6.jpg

■三国祭■
5月19日(土)~21日(月)
三国神社周辺で開催されます。ぜひ足を運んでみてください!
三国祭保存振興会 0776(82)6400

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:17:40

2018年05月11日 (金)たろうずラブ 【佐々木 芳史】

5月になりましたね。
ここ最近、うちわや扇風機が必要だと感じるくらい、暑い日があったと思えば・・・。

20180511s1.jpg(うちわは、平野アナウンサーの机から拝借いたしました。)

 

コートが必要なほど、寒い日もあったりと・・・。

20180511s2.jpg

寒暖差が激しい日が続いていますね。
きょうの「情報たら福」では、二村千津子気象予報士とお伝えしている、
“二村千津子の天気地図”のコーナーで、「寒暖差疲労」に関してお伝えします。

 また、ジェラート選手権日本一の森國晶子さんと、先月メジャーデビューした4人組バンド・あいのぼりさんから「目標達成の極意」を伺います。
ぜひぜひ、お越し・お聞きくださいね。
今月のMC 鹿沼憂妃さんとお待ちしております。
メッセージもまだまだ募集中です。
あなたの挫折体験、お聞かせください~
ちなみに、私の挫折体験は、浪人時代に受けた9つの大学のうち、8つが不合格になったことです・・・☆
これから先の人生、まだまだ挫折があると思いますが・・・。

投稿者:佐々木 芳史 | 投稿時間:15:00

2018年05月11日 (金)連休で元気をチャージ♪ 【今村 有希】

こんにちは!久しぶりのブログ更新です。
大型連休は私もお休みを頂き、今週月曜日からまた、元気にスポーツニュースをお伝えしています!

20180511i_01w.jpg

大型連休は、皆さんいかがお過ごしでしたか?
私は、最初の3日間は旅行へ!長崎県のハウステンボスに行ってきました♪

20180511i_02.jpg

その後は実家の愛知県へ。初任給で両親をランチに連れて行きました。一人暮らしをして初めてわかる親の有難さ…たまには親孝行もしないといけませんね!うれしそうな顔が見られて良かったです。おいしかったな~♪


さて8日(火)は、プロ野球・中日ドラゴンズ対ヤクルトスワローズの試合が県営球場で行われました!ヤクルトスワローズのキャッチャーで福井商業出身の中村悠平選手と、ご両親にもインタビューさせて頂きました。

20180511i_56.jpg

延長10回に突入する大接戦!雨によるコールドゲームで決着がつかなかったのは残念ですが、平日にもかかわらず多くのファンで大盛り上がりの試合でした!

次に、輝け!福井のヒーローたちのコーナーでご紹介した選手を、改めてご紹介!
ウエイトリフティングの木下竜之選手。去年のえひめ国体の94キロ級スナッチで優勝し、ふくい国体でも活躍が期待されている選手です。

20180511i_06.jpg

まずは今月25日(金)~27日(日)に金沢で行われる全日本選手権に向けて頑張って欲しいと思います。ザウルススポーツでも結果をお伝えする予定です!皆さん一緒に応援しましょう♪

きょうの放送では、ライフル射撃の猪坂朋彦選手をご紹介します。
ぜひご覧ください!

季節の変わり目、気温差も激しいので体調管理には気を付けくださいね。

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:13:00

2018年05月10日 (木)福井市円山地区でみつけ隊! 【太田 実穂】

5月10日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
福井市の円山(えんざん)地区に行ってきました!

福井市の東部にある円山地区。地区の西側には、国道8号線が通り、その沿線には、商業地。周辺には住宅地や田園地帯が広がっています。

今回紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
■詩人の則武三雄(のりたけ かずお)
則武三雄は、戦後、三国に疎開していた文学の師「三好達治」の縁で福井の地を訪れます。
昭和26年、福井の文学界の拠点とも言われる北荘文庫を創設し、本格的な出版活動を開始。多くの若手詩人を育てました。
その後、昭和31年から円山地区に住むようになりました。
そして、円山地区にある大東中学校の校歌も則武が手がけました。
ことし6月からは、大東中学校の2年生を対象に国語の授業で、則武の詩をもとにした授業が行われます。

20180510o1_2.jpg
■喜ね舎(きねや)のおはぎ
円山地区だけでなく、県全体に人気が広がる「おはぎ」。
円山地区の女性グループが平成13年に作り始め、現在は他の地区の女性グループも一緒におはぎづくりを続けています。平成23年、円山地区をはじめとした地域の女性たちの働く環境を作ったことが評価され、厚生労働大臣表彰の優秀賞に輝きました。

20180510o3_4.jpg

 

☆イチオシ☆
■リゾット専用米
地域の交流を目的とした団体「円山CMB」のみなさんが、
長い期間地域の人とのつながりがもて定期的に集まることができることから米づくりを始めました。そして、米の中でも全国的に珍しいリゾット専用米づくりを始めたそうです。

20180510o5_6.jpg活動は、ことしで3年目。去年の収穫高はおよそ1トンだそうです!

20180510o7_8.jpg

リゾット専用米は、普段私たちが食べているお米より一回り大きく、食感は少し硬く甘みが少なかったです!

20180510o9_10.jpg

(左)リゾット専用米
(右)コシヒカリ
そのリゾット専用米の特徴は、
・表面が溶けなくて調理しやすい
・甘みが弱いのでソースの味がしっかり入る
だから、おいしいリゾットができるんです!!

完成したリゾット!!

20180510o11.jpg

★作り方★
①洗っていない生の米をそのままオリーブオイルで炒める
②米が透き通ってきたら水を入れる
③弱火にして12~13分ふたをせずに炊く
④リゾットソースを入れてまぜる
誰でも簡単につくることができますよ!!!

 ソースは、円山CMBのみなさんが作ったオリジナルのリゾットソース!!
リゾット専用米を広めるためにいろいろな企画を考えていて、その第一弾としてトマトソース、クリームソース、味噌デミソースの3種類のオリジナルリゾットソースが作られました! 
その名も「円山CMBオリジナルリゾットソース」です!!
また、円山CMBのみなさんは、国体関係者を福井の食でもてなす団体「福井しあわせ元気国体ふるマイスター」にも選ばれ、リゾットを国体期間中、硬式テニスや柔道などの競技場で選手や監督、来場者にふるまうそうです。

20180510o12.jpg

★円山リゾット米やオリジナルリゾットソースは、商品化されることが決まっています!
 詳しいことは、こちらまで。
【お問い合わせ】
円山公民館 
(0776)54-0048
円山CMB
enzancmb@gmail.com

みなさんも、円山地区のリゾット味わってみてください!

20180510o13.jpg

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:35

2018年05月09日 (水)第32回 九頭竜 新緑まつり【一福丸の出会い】

第32回 九頭竜 新緑まつり
出会った人:九頭竜まつり実行委員会のみなさま
日時:5月19日(土)、20日(日)午前9時~午後4時
会場:九頭竜国民休養地

20180509.jpg

森林の若葉を感じながら旬の味覚を味わえる「九頭竜 新緑まつり」。
ことしも「ふるまい大鍋」が無料配布されるふく!
20日は大野市化石発掘体験センター「HOROSSA!」の体験が無料!
国体PR企画として、6mの壁を登る「スポーツクライミング体験」や
地元保育園の子どもたちとはぴりゅうが、ダンスを披露する「はぴりゅうと踊ろう!」も実施されるふく。
そのほか太鼓や踊り、郷土芸能などのステージイベントも盛りだくさん!
JR越美北線をご利用の方は、お買い物補助券がもらえるふく~。

投稿者:一福丸 | 投稿時間:17:00

2018年05月02日 (水)第9回 越前朝倉曲水の宴 【一福丸の出会い】

第9回 越前朝倉曲水の宴
出会った人:越前朝倉曲水の宴実行委員会のみなさま
日時:5月5日(土・祝)/雨天時5月6日(日)
会場:一乗谷朝倉氏遺跡

20180502asakura.jpg

平安時代に流行した歌会遊びを再現する「越前朝倉曲水の宴」。
ことしのお題は「しあわせ」ふく!
当日は男性6人、女性7人が平安貴族の衣装をまとい、和歌を詠むふくね。

「幸せの国」と言われるブータン出身の男性も参加するふくよ!
現代に再現された豪華な貴族の歌会遊びを、楽しみにしてほしいふくね!

投稿者:一福丸 | 投稿時間:15:00

ページの一番上へ▲