2017年12月

2017年12月25日 (月)"ちづこ"と"ちひろ"のポン酒旅 【羽生 ちひろ】

2017年も終盤。
今年もあっという間に過ぎたなぁ。
年々、1年が早く感じるよ・・・。

そんなことを思っていると、我らがお天気お姉さん・二村千津子(ちづこ)さんから「大野に行こう!」とお誘いが。
新年を華々しく迎えるために欠かせない(私たち2人にとっては)、“日本酒”を求め、いざ大野へ!!
「ちづことちひろのポン酒旅」、はじまりはじまり~!

20171225h1.jpg路線バスに揺られ、遠足気分でルンルン♪


日本酒の前に、まずは、縁結びで知られる「春日神社」に行きました。
ことし1年の感謝と、来年も良いご縁に巡り会えるよう、
これでもかと念を込めて参拝。

神様引いてないといいけど・・・(笑)

20171225h2.jpgSNS用の素敵な写真フレームが!これは撮らずにいられません!


身を清めたところで(清められたかな?)、いよいよ大野の酒蔵めぐり!
4つの酒蔵網羅するぞー!!

20171225h3.jpg酒蔵では試飲ができました♪ 酔わない程度に少しずつ。

途中、大野の名物「芋きんつば」をパクリ!

20171225h4.jpg


そしてまた次の酒蔵へ。

20171225h5.jpgひとつ巡るごとに、荷物が増える私たち(笑)
これは、あくまで試飲です・・・。


お酒の後は、大野のグルメ「醤油カツ丼」で締めくくり。

20171225h6.jpgいや~、大野を満喫!

そして福井に戻って帰り道、
福井国体のマスコットキャラクター「はぴりゅう」の郵便ポストが!!

20171225h7.jpgかわいい~とはしゃぐ、大人女子2人組。


新年用の日本酒も買ったし、年の瀬の思い出もできたし、
これで準備万端・・・じゃない!!
部屋の掃除してないよ~。これ重要なのにー!

あと残り数日で、頑張ります。。。


みなさま、今年1年間、ありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:16:30

2017年12月22日 (金)【一福丸の出会い】若狭町伝統野菜 山内かぶら

若狭町伝統野菜 山内かぶら
出会った人:若狭町の山内かぶらPR隊のみなさま

20171222deai.jpg

若狭町伝統野菜山内かぶらとは、
若狭町山内集落に伝わるかぶらで、朝霧深い山内でしか収穫できないふく。
香りと味が強く、シカやサルなどに荒らされにくいのが特徴ですが、
料理をすると味がまろやかになり、料理人に好まれてるふくよ!。
東京、京都、大阪の料亭や福井のレストランでも使用されてるふく。
無農薬栽培の山内かぶらの収穫時期は11月~2月頃までふくよ!

福井のみなさん、全国のみなさんぜひ山内かぶらを食べてみてふくー。

 

投稿者:一福丸 | 投稿時間:15:00

2017年12月21日 (木)越前市坂口地区でみつけ隊! 【羽生 ちひろ】

平成29年12月21日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
越前市の坂口(さかぐち)地区に行ってきました♪
越前市の南西部、山あいに昔ながらの農村の風景が広がります。
アベサンショウウオやハッチョウトンボなど、絶滅が心配される生き物が多く生息していて、健やかで美しい里を示す「にほんの里100選」に選ばれています。

20171221h1_2.jpg

放送で紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■古民家「AOI IE(アオイ・イエ)」 
およそ200年前に建てられた古民家を活用して、宿泊施設を開いています。「坂口地区うららの町づくり振興会」が中心となって改修を重ね、平成24年にオープンしました。年間を通して宿泊を受け付けています。また、この施設を利用して、里山の恵みを味わう祭りや、音楽コンサート、落語の寄席など、様々なイベントも開催していて、地区の賑わいの拠点にもなっています。

20171221h3_4.jpg

■新しい仲間たち! 
ことし坂口地区に、三好さん一家と、池田さん一家の2組の家族が移住しました。
三好さんは、地域の人たちからアドバイスを受けながら、農業にチャレンジしています。また、以前から音楽活動をしているので、地区内のイベントには引っ張りだこです。地域の活性化にも一役買っています。新しい仲間が加わり、地区のみんなは大喜びだそうです。

20171221h5.jpg

☆イチオシ☆
ドジョウの養殖
地区内の耕作放棄地を活用して、3年前からドジョウの養殖が行われています。
元々は、コウノトリのエサを増やそうと行っていましたが、それだけではもったいないと、地区の新たな特産にしようと取り組んでいます。

20171221h6_7.jpg

地区内3つの養殖池で、年間10キロの生産量があります。
またことしは、坂口のドジョウに広く親しんでもらおうと、「どじょうレストラン」というイベントを開催。“どじょうピザ”などのアイデア料理でPRしました。
※平成30年2月24日(土)に、「どじょうレストラン」が開催されます。
 詳しいことは、越前市エコビレッジ交流センターまで。
【TEL:0778-28-1123】

20171221h8_9.jpg

坂口地区では、これからもっとドジョウの生産量の安定を図りたいとしています。
ドジョウが増えることで、コウノトリだけじゃなく、人も元気な地域を目指します。

20171221h10_11.jpg

自然と共存する坂口地区。
皆さんの活力が、地域の明るい未来を予感させてくれました。

20171221h12.jpg

■坂口地区への問い合わせ■
坂口公民館
住所:越前市湯谷町24-18-1
電話:0778(28)1046

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:20:00

2017年12月21日 (木)"先に生まれただけ"の、たろう。【佐々木 芳史】

森下絵理香アナウンサーがブログを先日更新されていましたが。
雲の答えが・・・。書いてなああああああああああああい。
雲の森下アナのブログ参照
どなたが撮影した写真なの・・・!?
隣の席なので、すぐに聞けばいいんですが。
森下アナではなくても、平野アナに聞けばいいのですが。
ブログ更新率のためにも、森下アナにすぐにブログを更新してもらうためにも、
あえて、私も答えを聞かないでおきます・・・。

さて、先日は、休日を利用して、四国、香川の高松に行っていました。
たまたま休日がかぶった同期と共に。
たまたま箒があったので。
たまたま通りかかった方に撮影をお願いし。
たまたま飛んでみたら。

20171221s1.jpgたまたまインスタ映えの一枚が撮影できました。

20171221s2.jpg

ああ・・・。楽しく、スペシャルな休日でした。

 

スペシャルは仕事でも。
今月始めに放送した「情報たら福スペシャルでは、日替わりキャスターで、様々なテーマでお届け。

20171221s3.jpg“クリスマスソング”がテーマの際は、サンタになり。

20171221s4.jpg“福井の食”がテーマの際は、ゲストでいらっしゃったニッチェさんと写真を撮っていただき。

20171221s5.jpg

私が担当した「教えてYouTuber」の回では、
ゲストのKazuさんと826askaさんと。
スペシャルな1週間を過ごしました。

 

そして本日、午後6時10分からは・・・。
先月放送になった、「生きるを伝える」乳がん患者の高橋絵麻さんのリポートが
ニュースザウルスふくい」の中で再放送です。
何度も何度も絵麻さんとお話をして、
気づけば私の人生相談にものっていただいて・・・。

自分自身も、「生きている」って、尊くて、奇跡のようなことで、
多くの人との繋がりの中で生きているんだな、と。

各地の同期やスペシャルでゲストに来ていただいた方、そして福井で出会った皆さんに改めて感謝です。

来年度もみなさまよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。

20171221s6.jpg(絵麻さんとの1枚)

投稿者:佐々木 芳史 | 投稿時間:17:30

2017年12月14日 (木)ほやほやみつけ隊12月14日(木)南越前町・鹿蒜地区 【別司 愛実】

2017年12月14日(木)放送のほやほやみつけ隊は、
南越前町・鹿蒜(かひる)地区を訪ねました。

20171214b1.jpg

(特産の「今庄つるし柿」で飾り付けられたクリスマスツリー!
つるし柿の加工場にありました)

 

番組で紹介した内容はこちらです↓↓↓

☆自慢①☆鉄道遺産
大桐(おおぎり)駅は、昭和37年に旧北陸本線の敦賀―今庄間が廃線になるまで使われていた駅です。
駅の跡地には、この路線を走っていた、「デゴイチ」の愛称で知られている「D51形蒸気機関車」の動輪が設置されています。

20171214b2_3.jpg   (大桐駅の跡地)  (「D51形蒸気機関車」の動輪)

 

また、かつて鉄道が通っていた「山中トンネル」は、
明治29年に作られました。

20171214b4.jpg

(明治29年に作られた「山中トンネル」)

 

レンガ造りで、全長はおよそ1キロあります。
去年、
国の登録有形文化財に登録された、トンネル群のうちの1つなんです。

 

☆自慢②☆万葉(まんよう)の道辺(みちべ)を探る会
60代~80代までの8人が所属し、
地区にある山中峠(やまなかとうげ)の登山道の整備を行っています。
町によると、万葉集の中の、大伴家持(おおとものやかもち)が詠んだ

「可敝流廻(かへるみ) の道行(みちゆ)かむ日は 五幡(いつはた)の 坂(さか)に袖振(そでふ)れ 我(われ)を思(おも)はば」という歌に登場する
「可敝流(かへる)」は、
鹿蒜地区のことを指すと考えられています。
会は、この万葉集で詠まれた道がどのようなルートだったかを探っています。

 

☆イチオシ☆今庄つるし柿
およそ450年の歴史がある、今庄つるし柿。

20171214b5.jpg(冬の保存食として有名な「今庄つるし柿」)

 

1つ1つ丁寧に、手作業で作られます。

20171214b6_7.jpg

     (皮むき)     (「柿縄(かきなわ)」に結びつけます)

 

そして、今庄つるし柿の最大の特徴は、
ケヤキやナラの木を燃やしていぶすことなんです。

20171214b8_9.jpg

(ケヤキやナラの木を燃やしていぶします)


生産者の方によると、鹿蒜地区は豪雪地帯で日照時間が短く、
一般的なつるし柿のように天日干しだけでは十分に乾燥させることができず、
カビが生えやすくなってしまうため、いぶすそうです。

手間暇かけて作られる今庄つるし柿。
小さな柿の実には、生産者のみなさんの思いが詰まっていました。

20171214b10.jpg

 (いぶした豊かな香りが口に広がり、味に深みがありました)

 

鹿蒜地区のみなさん、本当にありがとうございました。

 

投稿者:別司 愛実 | 投稿時間:18:35

2017年12月01日 (金)たろてんか! 【佐々木 芳史】

暦の上ではディセンバ~、とおよそ4年前の朝ドラの曲を口ずさみながら
出勤した今日。
「サンタさんはきません!」と(我が家限定の話です。良い子の所にはサンタさん来るんだと思います。)小学1年生にして両親に告げられたあの日。
年々クリスマスは、イルミネーションを楽しむ恋人たちに
「写真撮ってもらえますか?」と話かけられる日になってきています。
話かけやすい雰囲気を出している(1人で)と思い、前向きに
今年のクリスマスを向かえようと思います。
ああ・・・でも今はもう、自分たちの姿を上手に撮影するための棒も主流になってきているので、もうお役ごめんというやつでしょうか。
クリスマスの話はここまでにして、少し過去を振り返ります。

 

11月17日は美浜町で行われた「上方演芸会」にお邪魔してきました。
司会の吉田真人(大阪局)アナウンサーに大変お世話になりました。

20171201s1.jpg

(研修時代から、様々な先輩に“雰囲気が似てるんだよね~”と言われていたのですが、似てるなんて恐れ多いほど、優しくて素敵な先輩でした・・・)

 

プライベートでは、大阪で、インスタ映えする1枚を水族館で。

20171201s2.jpg

そして先月28日は平野アナウンサーの誕生日でした。ハッピーバースデー☆

うーん、なんだか振り返ると充実した11月。
12月も充実にするためには、スタートが肝心。
そう何事もスタートが肝心・・・と、斜め上を眺めながら考えていると、なんとみなさん!

たっ大切な週のスタートを万全にするラジオ番組があるんですって!
らいしゅうから毎日夕方5時~5時55分で。
ふくい放送局で毎日公開生放送であるんですって?
くりすますソング特集もあるんですって??
(縦に読んでみると・・・?)

はい。わざとらしい書き方をしましたが、来週から『情報たら福SP』がスタートします。日替わりキャスターで、毎日、バラエティーに富んだテーマでお送りします。
(詳しくはこちら http://www4.nhk.or.jp/P3907/

テレビでこれから流れる、日替わりの番組予告映像にもご注目を!

20171201s3.jpg

(予告映像の撮影風景。河島アナと森下アナ。昭和と平成の格好?)

 

では、皆様、当日スタジオでお待ちしております☆

 

投稿者:佐々木 芳史 | 投稿時間:14:03

ページの一番上へ▲