2017年11月

2017年11月28日 (火)【一福丸の出会い】第43回 越前海岸 水仙まつり

第43回 越前海岸 水仙まつり
出会った人:水仙娘と宣伝隊のみなさま
期間:平成29年12月16日(土)~平成30年1月22日(月)

20171128deai.jpg

日本三大水仙群生地の一つである福井県の越前海岸。
冬の寒い時期、雄々しい海岸線とは対照的に、可憐な越前水仙が咲き誇るふく。
海岸線一帯に凛と咲く越前水仙、そして日本海と空のコントラスト、
甘く爽やかな香りを楽しむふくよ!

水仙無料配布(数量限定)や特産品販売、もちつき実演など楽しい催しが盛りだくさん!
水仙・カニフェア 12月16日(土)・17日(日)
場所:道の駅「越前」(越前町厨)
越前水仙プレゼント(両日とも各600名)

こしの水仙まつり 1月13日(土)・14日(日)
場所:越前水仙の里公園(福井市越廼地区)
越前水仙プレゼント(両日とも各200名)

水仙いけ花展 1月19日(金)~22日(月)
場所:福井新聞社 エントランスロビー

荒波フェスタ 1月20日(土)・21日(日)
場所:河野シーサイドパーク(南越前町河野)
越前水仙プレゼント(数量限定)

投稿者:一福丸 | 投稿時間:18:05

2017年11月16日 (木)仁愛女子短期大学でみつけ隊! 【別司 愛実】

2017年11月16日(木)放送のほやほやみつけ隊は、
仁愛女子短期大学を訪ねました。
県内唯一の女子大、短期大学であり、「仁短(じんたん)」の愛称で親しまれています。
キャンパスは、学生たちの笑顔であふれていました。

20171116b01.jpg(キラキラの笑顔を見せてくださった仁短の学生のみなさん)

 

放送で紹介した内容はこちらです↓↓↓


☆仁短の自慢①☆ リニューアルしたキャンパス
おととし、開学から50周年を迎えたことを記念して、キャンパス整備が行われ、
ことし3月にリニューアルが完了しました。
明るく開放感あふれる“カフェテリア”をはじめ、生活デザイン専攻の学生が作品を制作したり、展示を行う“アトリエ”、茶道の授業などを行う“和室”ができました。

20171116b02.jpg(明るく開放的なカフェテリア・学生ホール)

20171116b03.jpg

 (茶道の授業などが行われている和室)

また、学生たちが自習やグループ学習など自由に利用することができる「ラーニング・コモンズ」という部屋もあります。そのほか、大学の敷地内にある附属幼稚園も、ことし3月に新築しました。

☆仁短の自慢②☆学生によるまちづくり
今年7月に開催された、県の「若者チャレンジプランコンテスト2017」で、生活情報専攻の学生たちが、JR福井駅前の活性化プランをプレゼンし、採択されました。このプランに基づいて、若者を駅前に呼び込もうと、8月に開催された「福井フェニックスまつり」では、アイスクリームを販売、また「クラフトマルシェ」では手づくりキャンドルの販売と、菩提樹の葉を使ったしおり作りのワークショップを行い、来場者へのアンケートを行いました。

20171116b04.jpg

 (アイスクリームの販売)

 

今後、駅前で出店を考えている人向けに、どうやったらものが売れるのかなどを掲載した「ガイドライン」を作成する予定です。

 

☆仁短のイチオシ☆ベジ・ファースト運動
仁短と福井市が連携して取り組んでいる「ベジ・ファースト運動」。
市によると、ベジファーストとは、野菜から食べ始める食事法のことで、生活習慣病の予防効果があるといわれています。
ことしは、栄養研究サークルの学生6人が「ベジ・ガールズ」に任命されました。

20171116b05.jpg

(「ベジ・ガールズ」のみなさん)

 

野菜を使ったメニューが掲載された「簡単野菜レシピ集」を福井市と一緒に制作してイベントで配布したり、野菜のパウンドケーキを販売したりと、野菜の栄養に関する知識を活かして活動しています。また、生活デザイン専攻の学生たちが「ベジ・ファースト」のロゴマークやポスターのデザインを考案して、運動を盛り上げています。

そして、今回特別に、ベジ・ガールズをはじめとした食物栄養専攻の学生たちと一緒に、「簡単野菜レシピ集」に掲載されている料理を作りました!

20171116b06.jpg

(「えのきそうめんチャンプルー」作りに挑戦!)

 

 作ったのは、「えのきそうめんチャンプルー」「まいたけのトマトカップサラダ」「水菜のさっぱりサラダ」の3品。

 

20171116b07.jpg(えのきそうめんチャンプルー)

 

20171116b08.jpg(まいたけのトマトカップサラダ)

 

20171116b09.jpg

(水菜のさっぱりサラダ)

 

どれも違ったおいしさがあって、改めて野菜のすばらしさを感じました!
取材にご協力いただいた仁短のみなさん、本当にありがとうございました!

20171116b010.jpg

(仁短の敷地内にある附属幼稚園のみなさんと♪)

 

■仁愛女子短期大学へのお問い合わせ■
住所:福井市天池町43-1-1
電話:0776-56-1133

 

投稿者:別司 愛実 | 投稿時間:18:40

2017年11月16日 (木)タイトル『4時の虹』 【二村 千津子】

はじめてブログを書かせていただきます。
気象予報士のふたむらです。
11月15日(水)のニュースザウルスふくい内でも
ご紹介したのですが、15日の午後4時前に
NHK福井放送局の屋上からきれいな虹を見ることができました。
私の頭の上では雨が降っていて、
後ろからはパーッと太陽が光を照らしていました。

20171116f01.jpg

しぐれの天気の時は“時雨虹”のねらい時です。

何か、いいことありそうですよね。

実際は雷雨との背中合わせですが…。

これをご覧になったみなさんにも、いいことがありますように・・・。

投稿者:二村 千津子 | 投稿時間:10:50

2017年11月15日 (水)越前かにまつり2017

越前かにまつり2017
出会った人:越前かにまつりPR隊のみなさま
期間:11月18日(土)・19日(日)9時~16時
場所:道の駅「越前」

20171115.jpg

道の駅「越前」で開催される「越前かにまつり」のPR隊のみなさまと、越前かに太郎が来てくれたふく!
越前かにまつりでは両日ともセイコガニが丸ごと1匹入ったカニ汁(400円、午前350食・午後350食)が販売されるふくよ!
ステージでは「日本海大抽選会」や「かにかにクイズ大会」、「かに太郎じゃんけん大会」「かに太郎撮影会」など、イベント盛りだくさん!
「越前がに」や地元で水揚げされた新鮮な魚介類や干物など、特産品を数多く揃えた即売コーナーもあるふくよ!

 

投稿者:一福丸 | 投稿時間:16:20

2017年11月13日 (月)【一福丸の出会い】第12回さばえもみじまつり

第12回さばえもみじまつり
出会った人:さばえもみじまつり実行委員会のみなさま
期間:11月18日(土)・19日(日)
場所:西山公園・嚮陽(きょうよう)庭園

20171113deai.jpg

今年で12回目のさばえもみじまつり。会場内をもみじが彩るふくよ。
楽しいイベントも開催!
西山動物園ではシロテナガザル、フランソワルトンの赤ちゃんの命名式があるふく!

エントランス広場では、福井国体・障スポPRステージやめがねのまちさばえ大使の仮面女子ライブ。
物販コーナーでは水ようかんフェスタ、鯖江市JK課スイーツ販売、サバ焼きそば、さばえ聯隊カレエなどを販売するふくよ。
ライトアップは11/1~30 18時~21時まで開催するふくねー。

投稿者:一福丸 | 投稿時間:17:58

2017年11月10日 (金)たろ王 【佐々木 芳史 】

気づけばもう11月。
木々の葉も緑色から赤色に変わってきましたね。

先週は秋を感じたい。
そんな思いにかられ、実家のある秋田に帰省しました。

20171110s01.jpg

とりあえず「秋」を感じたいと両親にせがみ、連れていってもらった場所の名前が・・・
どこだったのかというと・・・。

20171110s02.jpg

こんなに、秋を全身で感じる。
まさにこれこそ、インスタ映えの一枚に浮かれたのに。

本当に、どこだったのか・・・

場所は思いだせませんが、秋を秋田でたっぷり感じ。福井に戻ってきました。

人間、秋を感じると、赤を着たくなるものですよね?

我が家にあった赤いセーターを見ていると。
「秋を感じるには、赤いこの服!」と、
服が訴えかけてきました。
洋服が訴えかけてきたんですもん。それは、着ますよね。

赤を全身に感じて、私、職場に着ていったんです。
すると・・・。

20171110s03.jpg

まさかの、二村気象予報士も、赤い服に訴えられていました。

何たるコラボ。

20171110s04.jpg

はさんでみたくなったので。川崎アナウンサーを挟んでみました。
(川崎アナウンサーがだいぶしゃがんでくださっているのは、先輩の優しさです)

この、赤。ただいま伝染中です。

20171110s05.jpg

森下アナウンサーにも“赤”伝染。
作っているのは、赤い燃えるハート。
燃えるハートといえば、スポーツ・・・。
実は、“婚活”にスポーツが一役かっているんだとか・・・?

今日の『情報たら福』は、“スポーツで婚活”をテーマにお届けします。
お便りまだまだ募集中です。
夕方5時に、スタジオでお待ちしています!

20171110s06.jpg

 

投稿者:佐々木 芳史 | 投稿時間:15:10

2017年11月09日 (木)仁愛大学でみつけ隊! 【羽生 ちひろ】

ほやほやみつけ隊」の大学シリーズも終盤!
平成29年11月9日(木)放送回は、仁愛(じんあい)大学に行ってきました♪

20171109h01.jpg越前市郊外にある「仁愛大学」。
学部や学科は、全て『人間』に関するもので、「コミュニケーション学科」や「心理学科」、「子ども教育学科」、「健康栄養学科」があります。学生たちは、人を思いやる心や、健やかな成長について学んでいます。

 

放送で紹介した内容はこちら↓↓↓

☆大学の自慢☆
■スポーツ選手をサポートする「健康栄養学科」の取り組み 
健康栄養学科の学生たちが、「スポーツ栄養学」の講義で学んだことを基にして、県内のスポーツ選手を食事面でサポートしています。
サッカー「サウルコス福井」のミニキャンプに同行して、運動量の多い選手向けに、炭水化物がたくさん摂れるよう考えられた食事を提供しています。また、ことし8月には、えひめ国体の陸上競技の結団式で選手に食事を提供。貧血ぎみな選手が多いため、「鉄」が多く含まれたメニューを考えました。
試作を重ね、栄養素が体に吸収されやすい食材の組み合わせも工夫し、献立も全て学生たちで作りました。

20171109h02_03.jpg


■J’s Café +(ジェーズカフェプラス) 
去年4月にオープンした、学生が運営するカフェです。コーヒーやスイーツを味わえるだけでなく、軽音部のライブや図書館イベントとコラボするなど、学生同士の交流や情報発信の場にもなっています。また、カフェの事業計画や、メニューの開発、収支管理なども全て学生が担っています。組織マネジメントの良い実践の場にもなっているんです。

20171109h04_05.jpg

■心理学科の動物実験 
仁愛大学では、全国的にも珍しく、心理学科で「動物実験」を行っています。
実験用のネズミ=ラットの行動を観察して、人間の心理を調べる研究をしているんです。

20171109h06.jpg


閉じ込められたラットを、別のラットが助けるか調べた研究では、1度閉じ込められた経験のあるラットは助ける傾向が高いことが分かりました。「苦悩や辛さを知っていると、同じような苦境にある他人に共感する力が働き優しくできる」という人間の心理に通ずるものがあります。

20171109h07.jpg


また、生まれてから早い時期に母親と子供が離れた場合、成長すると他のラットへの関心が薄くなるのではないかという研究をしている学生もいます。

20171109h08.jpg

 

人間を知ることで、人を思いやる心を育てる仁愛大学。
魅力ある“人”にたくさん出会えました。

20171109h09.jpg

■仁愛大学への問い合わせ■
仁愛大学・学生支援センター
住所:越前市大手町3-1-1
電話:0778(27)2010

 

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:40

ページの一番上へ▲