2017年4月

2017年04月27日 (木)ほやほやみつけ隊!~南越前町湯尾地区~【吉川 明穂】

今回は、このコーナーで訪ねるのは初めての地区、南越前町の湯尾地区です! 

20170427y1.jpg湯尾駅からスタート!JR福井駅から30分で、湯尾駅に到着しました。

20170427y2.jpg

昔、温泉が湧きだしたと言い伝えられ、湯尾とよばれているそうです。
湯尾地区は、交通の便がよく、JR北陸本線「湯尾駅」と
北陸自動車道「今庄IC」がすぐ近くにあります。

20170424y3_4.jpg

今回案内して下さるのは、今庄地区公民館湯尾分館 館長の本多進(ほんだ・すすむ)さんです。
地区をひとことで言うと、「自然豊かで、住みやすい地区」なんだそうです。

 

☆ 自慢1  地区の皆が集まる体育大会 ☆
20170427y5.jpg

毎年10月、小中学校と地区の体育大会を合同で開催していて、交流を深めています。
一風変わった、くず拾いリレーや、保育園児から大人までがバトンを繋ぐリレーがあります。
子どもたちも一生懸命ですが、なによりも熱いのはレース後半の青年たち!
地区には元気な若者がいっぱいいます。小さい地区だからこそ、皆が家族のようです。
地区の皆が集まる一大イベントである体育大会、本多さんは毎年楽しみなんだそうです。

 

☆ 自慢2  サイクリングロード ☆
20170427y6.jpg

20170427y7.jpg(本多さんと一緒にサイクリング♪)

地区の方のお散歩コースにもなっていて、鯖江から、今庄まで、およそ25キロ。
そのうち湯尾地区の区間は4キロで、日野川沿いに桜の木が250本植えてあります。
4月の中旬まで、ソメイヨシノがきれいに咲いていました!
今は(4月下旬)、八重桜が見ごろ!これからの時期は、新緑の中のサイクリングや
お散歩を楽しめます!湯尾の自然を存分に楽しむことができますよ!

 

 

☆地区のおすすめスポット 湯尾峠 ☆
20170427y8.jpg

日本歴史の道100選にも選定されている、湯尾峠を、
湯尾総区総区長の落井勅さん(おちい・ただす)さん(右)と、
副区長の山内啓治(やまうち・けいじ)さん(左)に案内していただきました!

 

湯尾峠は、歴史上の人物である、坂本竜馬や豊臣秀吉などが越えたといわれる、交通の要衝だそうです。
登り始めて1分のところにある、血頭池。

▼血頭池
20170427y9.jpg

「子どものころは、ここがうっそうとしていて恐ろしかったんやわ。」と落井さん。
1336年におきた「上野ヶ原の戦い」で、討ち取った大将の首を、この池で洗い、
池が血で赤く染まったことから、血頭池(ちこべいけ)と名づけられたそうです。

そのあと10分近く登り続けると、到着!
そこには、立派な石碑が!

▼松尾芭蕉の句碑
20170427y10.jpg20170427y11.jpg

「月に名を 包み兼ねてや いもの神」と書いてあります。
「いも」とは、疱瘡(ほうそう)、いわゆる天然痘という病気のこと。
疱瘡の厄除けのおふだが、満月の光に照らし出されている様子を表しているそうです。 

▼孫嫡子神社
20170427y12.jpg

「いもの神」というのは孫嫡子神社(まごじゃくし)の神社こと。
孫嫡子は、当時流行していた疱瘡の病を不思議な力で治したと伝えられています。
この峠を越える旅人は、この神社で旅の安全を祈願したそうです。

最後に絶景を見ることができました!

20170427y13.jpg

昔の歴史上の人物も、
この景色を見ていたかもしれません。

 

☆今回であった湯尾地区の皆さん☆

20170427y14.jpg【湯尾峠史跡保存委員会の皆さん】
「湯尾へ来てください」

 

20170427y15.jpg【湯尾小学校4年生の皆さん】
「電車が通ってたトンネル(旧北陸線湯尾トンネル)は、
今は車や自転車が通る人気の道です。」

 

20170427y16.jpg【湯尾長寿会の皆さん】
「長寿会、元気ですよ~!」

 

20170427y17.jpg【湯尾小学校6年生の皆さん】
「世界にひとつだけの、ゆのお米、オンリーワン!」

 

20170427y18.jpg【湯尾保育所の皆さん】
「歴史とロマンの里、湯尾地区へ、ぜひ来てね~!」

 

20170427y19.jpg

歴史的なものが残る、湯尾峠に昔のように、たくさんの人が訪れるといいですね。
地区の皆さんありがとうございました!

投稿者:吉川 明穂 | 投稿時間:18:30

2017年04月24日 (月)子供の力に涙・・・ 【吉田 浩】

こんにちは。吉田 浩です。
若いアナウンサー、キャスターが次々にブログを更新している姿を見ながら、いつもチェックすることに専念してしまい、自分も更新している気分になっていました。
実は1年近く更新していなかったことが判明してしまい、反省です。
新年度が始まって、はや1ヶ月が過ぎ、大型連休も間近。
この辺りで、一度、更新せねば!と、
強い思いで筆をとりました。
さて、皆さんは、連休の予定、もう決まっていますか?
私、ヒロシーニョは、春のうららかな陽気に誘われて、先日、世界遺産で貴重な体験をしました。

その場所とは・・・。
京都にある、浄土真宗本願寺派の総本山、西本願寺です。

20170424y1.jpg

雲ひとつない青空とは、このような空ですよね。
日中は、汗ばむほどの陽気でした。
建物が大きすぎて、画面に入り切りません!
この国宝・御影堂の中で行われたのが、こちら!

20170424y2.jpg

小学生から高校生までの子供達で結成されている、
「スーパーキッズ・オーケストラ」のコンサートです。

あの、世界で活躍する佐渡裕さんが率いる、弦楽器だけのオーケストラです。

開演時間より少し早く到着したので、境内を散策。
まずは、手水で清めます。

20170424y3.jpg

この暑さのせいで、龍の口から出ている水も、
心なしか、少なく、乾いている気が・・・。
何より、後ろに見える大銀杏の新緑が、見事でした。

20170424y4.jpg

このままだと、西本願寺散策日記になってしまいそうなので、
本題に戻って・・・。
とは言っても、御影堂内は撮影できなかったのですが、畳にして441畳に、およそ1200人が、子供達が奏でる音の迫力に酔いしれました。
アンコールも含めて、全12曲を満喫。
最後の曲では、あまりの迫力に、自然と涙が流れていることに気づきました。
いや~。子供の訴える力に、改めて勇気づけられたコンサートでした。

20170424y5.jpg

コンサートが終わっても、まだこの青空。
流した涙も、あっという間に乾いてしまいましたが、
やはり、潤いが欲しくなり、ハスのモニュメントから流れ落ちる水滴に誘われ、
思わずカメラを向けてしまいました。

連休前の春のひととき、心が洗われた、ヒロシーニョでした。

 

 

 

 

投稿者:吉田 浩 | 投稿時間:15:51

2017年04月20日 (木)坂井市東十郷地区でみつけ隊! 【宮崎 芽衣】

平成29年4月20日(木)放送のほやほやみつけ隊は、
宮崎芽衣が坂井市東十郷地区に行ってきました!

坂井市のほぼ中央にあり、市役所や図書館、商工会など行政や文化、商業の中心機関が集まっています。
昔から米作りが盛んで、坂井平野には田んぼが広がっています。

20170420m1.jpg

そして何を隠そう(隠してないけど)私の生まれ故郷なんです!!
田んぼでオタマジャクシを取って遊び、田んぼの横を通って学校へ行っていました。

 

では、放送で紹介した内容です↓↓↓

 

☆自慢☆
自慢① 通勤通学に便利な「JR丸岡駅」
丸岡駅は、地元はもちろん、三国やあわらなどからも利用する人が多く、1日におよそ2000人が利用しています。併設されたホールは待合室として利用できるほか、小学生や文化サークルの展示場として活用されています。
また、駅を使ってまちおこしをしようと、年に1回、秋にコンサートを開いています。駅舎に響き渡る音色で利用者のみなさんも足を止めて聴き入っています。

20170420m2.jpg

自慢② 地区のあちらこちらに見られる「かがし」
「かがし」とはかかしのこと。
平成元年からさかい夏祭りでかがしコンテストを実施していて、これまでに1300体ほどが出展されました。地区内には歴代のかがしがあちこちに設置されています。
田島の交差点には、東十郷まちづくり協議会のキャラクター、鹿のごうちゃんの「かがし」。
東長田の交差点には、本物そっくりの若狭牛のかがしが設置され、25年近く交通安全を呼びかけています。

20170420m3_4.jpg

 

☆おすすめスポット☆
■「十郷用水」
十郷用水は、九頭竜川の水を取り入れて坂井平野を流れる農業用水です。
平安時代後期に整備され、千年以上も田畑を潤してきました。
しかし、用水路の老朽化やゴミなどによる水質悪化、転落事故などが問題になっていました。
そこで、20年ほど前から地下におよそ3メートルのパイプを埋めたパイプライン化がすすめられ、平成28年春に全面通水されました。

20170420m5.jpg(提供:北陸農政局九頭竜川下流農業水利事業所)

 

東十郷地区は、鳴鹿堰堤から約14キロにわたってパイプラインが通じています。
整備されたことで、きれいで冷たい水が田んぼに直接流れ込むようになり、よりおいしいお米作りに役立っています。

20170420m6_7.jpgそれに伴い、水が流れる昔ながらの風景がなくなることが寂しいという声もあり、地区ではかつての写真を集めて冊子を作りました。

20170420m8_9.jpg(提供:みくに龍翔館)

 

また、東十郷小学校近くにある「十郷橋」は、昭和28年にピアノ線とコンクリートを組み合わせてできた日本で一番最初の橋です。
貴重な橋として、公益社団法人土木学会が制定している「選奨土木遺産」に平成25年に選ばれました。

20170420m10.jpg

 

坂井市東十郷地区は、生まれ故郷ですが知らないこともたくさんあり、改めて良いところを再認識しました。
行くところ行くところで「あらーめいちゃんやが!」と声をかけてくださり、とっても嬉しかったです!
地区のみなさまありがとうございました!!

20170420m11.jpg

■東十郷地区への問い合わせ■
東十郷コミュニティセンター
住所:坂井市坂井町長畑25−11-1
電話:0776(66)4567

 

 

 

 

 

投稿者:宮崎 芽衣 | 投稿時間:18:25

2017年04月14日 (金)大野市大野地区でみつけ隊! 【羽生 ちひろ】

平成29年4月13日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
大野市の中心部、大野(おおの)地区に行ってきました♪
「越前大野城」や、朝市で知られる「七間通り」など、観光スポットが多く集まる地域です。

放送で紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■リニューアル!越前大野城 
大野のシンボルである「越前大野城」。博物館となっている城の内部が、先月(3月)18日にリニューアルオープンしました。これまでコンクリートが見えていた柱を木目調に変えて城らしい趣きを出し、展示スペースも、フロアごとにテーマを設けるなど見やすくなりました。

20170414h1.jpg20170414h2.jpg


■篠座神社の里神楽 
1300年の歴史を誇る篠座(しのくら)神社で、毎年4月に奉納されています。五穀豊穣を願い、獅子や天狗、春日大明神に扮した役者がユーモラスに舞い踊ります。
住民有志で作る『篠座神社獅子舞保存会』が行っているもので、会の中には、20代の青年や中学生の姿もあります。若い力も借りて、地区の貴重な伝統芸能を継承しています。


20170414h3.jpg


☆イチオシ☆
■大野の誇り「水」 
「名水のまち」とうたわれる大野市。
大野地区内にも、名水百選に選ばれている「御清水(おしょうず)」や、イトヨが生息する「本願清水」、かつてお城の外堀だった場所にある「新堀清水(しんぼりしょうず)」など、10ヶ所近くに湧き水スポットが整備されています。

20170414h4.jpg20170414h5.jpg

そんな大野で、『Carrying Water Project(キャリングウォータープロジェクト)』というものが行われています。
水に恵まれた大野から、水に恵まれない東南アジアの東ティモールを支援するもので、水にゆかりのある醤油屋さんや酒屋さんをはじめ、公共施設など、大野市内約220ヶ所に募金箱を設置しています。
この支援活動を通して、市民にも改めて大野の水の素晴らしさを感じてもらおうというものです。

20170414h6.jpg

このプロジェクトをきっかけに、自主的にグループを立ち上げた人たちもいます。
「CROP(クロップ)」という名の、男性3人組。

20170414h7.jpg東ティモールからコーヒー豆を取り寄せ、その豆でドリップパックを作って販売。
売上の一部を『Carrying Water Project』に寄付しています。
また、“大野の水を使って、東ティモールのコーヒーを飲んでもらおう!”と、大野市内のイベントに参加したり、自分たちでもイベントを開いたりと、東ティモールのコーヒーを通して大野の水に目を向けてもらおうと活動しています。

20170414h8.jpg20170414h9.jpg

「名水のまち」の新たな活力にふれ、心が潤いました♪
お世話になった皆さん、本当にありがとうございました。

20170414h10.jpg

■大野地区への問い合わせ■
大野公民館
住所:大野市城町9-1
電話:0779(66)2828

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:13:55

2017年04月06日 (木)たぶたぶ 【佐々木 芳史】

ふみたろうこと佐々木芳史です。
最近自分の耳たぶが柔らかいことにきづきました。
ずっと触っていられる柔らかさ。
愛おしさも感じてきました。
名前も良いですよね。「耳たぶ」。
“たぶ”っていうのが、可愛さを強めている感じもします。
語尾に“たぶ”ってつけるだけで、なんだか全てが許されるような気もしてきますたぶ。

 

そんな“たぶ”話は置いておき・・・
明日は新年度から担当することになりました「情報たら福

20170406s1.jpg(局前の看板とぱしゃり)


昨年度もMCを担当していた、森下絵理香アナウンサーとお届けします。

ゲストに「マイガールフレンズ」の「くにかさん」と「くにほさん」をお迎えして、国体の話題や県内の桜の情報をお伝えしています。
国体のコーナーでは、スタジオ内で「スポーツチャンバラ」の試合も行われるかも?

そして、私とくにほさんは、スタジオを飛び出して、足羽山と足羽川から桜の開花状況や花見情報をお伝えする予定です。
明日晴れるように、てるてる坊主を作らないと・・・ですね。

 

そして、そして・・・。
4月9日(日)には、サッカー天皇杯の決勝・福井県代表決定戦の放送があります。
去年と同じカード、坂井フェニックス対サウルコス福井です。

実況を担当するのは・・・

20170406s2.jpg

ヒロシーニョ副部長。(吉田浩副部長)
先日は、試合前の取材に同行してきました。

20170406s3.jpg(ノートに情報を書き込むヒロシーニョ副部長。男は背中で語るの図)

 

当日は私もピッチリポートを担当します。
熱い両者の戦いをお見逃しなく!

では明日「見られるラジオ情報たら福
お時間ある方は、ぜひNHK福井放送局第2スタジオにお越しください!
(お便りもまだまだ募集していますたぶ~)

 

 

投稿者:佐々木 芳史 | 投稿時間:19:00

2017年04月06日 (木)福井市社南地区でみつけ隊! 【別司 愛実】

2017年4月6日(木)放送、新年度最初のほやほやみつけ隊は、
福井市の社南(やしろみなみ)地区を訪ねました。

放送で紹介した内容はこちらです↓↓↓
☆社南地区の自慢①☆
おかしの家デザインコンテスト
このコンテストは、子どもたちが描いたお菓子の家のデザイン画を、本物のケーキにしてプレゼントするものです。
子どもたちに「夢はかたちにすることができる」ということを実感してほしいと、4年前から毎年開いています。
去年は地区の小中学校の子どもたちから148点の応募があり、小学生部門と中学生部門の最優秀賞に選ばれた二つを、地区の洋菓子店が再現しました。

20170406b2.jpg(去年の小学生部門・最優秀賞の木村緒璃さんのデザイン画)

20170406b3.jpg(デザイン画を再現したケーキ)

☆社南地区の自慢②☆
二つ目の自慢は、「付箋アート」です。

公民館の窓や正面玄関のガラスに5色の付箋を貼って、さまざまな形を表現しています。

20170406b4.jpg公民館に興味を持ってもらおうと6年前から行っています。

20170406b5.jpg

現在見ることができるのは、ことしのえと「酉(とり)」にちなんだ作品です。去年12月、地区の住民11人が、不死鳥や、鳥のキャラクターなど7つの作品をつくりました。作品は、10月末まで展示しています。

 

☆イチオシ☆
桜めぐり
社南地区自慢の桜の写真をマップに載せた「桜めぐり」。
「桜めぐり」は、地区の良さを再発見してもらおうと社南公民館が作りました。
地元のみなさんとっておきの桜の名所、24か所を紹介しています。

20170406b6.jpgのサムネイル画像

 「桜めぐり」は、社南公民館のホームページからダウンロードできます。
http://www.yashirom.com

   

20170406b7.jpg

(「桜めぐり」で紹介している場所の一つ、社南小学校前の桜並木の満開時)

 

ぜひ、「桜めぐり」を持って、おでかけしてみてはいかがでしょうか。

20170406b8.jpg今年度も、一福丸と一緒に、緑のはっぴで県内各地を訪ねます♪

投稿者:別司 愛実 | 投稿時間:18:52

2017年04月05日 (水)春うらら 【佐々木 芳史】

4月になりましたね。
最近春の暖かさがうれしくて、スキップしながら出勤しています。

ふみたろうこと佐々木芳史です。
昨日は、川崎寛司アナウンサーと昼ご飯を食べにいったのですが、福井放送局前にある桜並木を見ながら、早く満開の様子を見たいなと思いました。
 
昨年度最後の放送では、福井県出身の演歌歌手・竹島宏さんのスペシャルライブをNHK福井放送局内からお届けしました。

20170404s1.jpg(前日に設営された特設ステージ)

司会者として、竹島さんの歌声をそばで聞くことができて、感無量でした・・・。

20170404s2.jpg(番組終了後に写真をとっていただきました。)

 

そして、新年度最初の放送では、「食探いろどりレシピ」。
福井市のピーマンの購入額が、全国で最下位ということで、ピーマンの美味しいレシピを、料理研究科の田中佳子さんに作っていただきました。
(詳しいレシピはこちらで【http://www.nhk.or.jp/fukui/bangumi/irodori/】)

20170404s3.jpg(ピーマンと揚げの和風肉巻き)

美味しさに、ほっぺたが落ちるとは、このことか!と悟りました。
ご飯がほしい・・・。ということで、最後は丼にしていただきました。

20170404s4.jpg(田中佳子さんと。ごちそう様でした。)

 

新年度になり、平野哲史アナウンサーが福井放送局にいらっしゃいました。

20170404s5_1.jpg

(ブログ用の写真を!っと言ったら、このポーズ!
男性アナも、出演の前は化粧をすることもあるんですよ!)

 

今日は原稿読みの特訓をしていただきました。もう至福の時間でした。
これからも至福な時間を過ごすために、平野アナの時間をたっぷりいただきたいと、勝手に思っています。
そういえば。はやく、平野アナに「ひとりごと」書いて欲しいですね。

明日は、新年度から担当することになった、「情報たら福」、そして、今週末天皇杯予選決勝の実況を担当されるヒロシーニョアナ(吉田浩副部長)について更新します。


そっ、そういえば、一昨日(4月3日)は、同期の熊本放送局の高柳アナと盛岡放送局の中村アナの誕生日だったんです。二人同じ誕生日だなんて、なんだか運命を感じますね。(軽い嫉妬)
最後は、私が撮影した2人の素敵な笑顔で。

20170405s6.jpg

 

投稿者:佐々木 芳史 | 投稿時間:11:38

2017年04月03日 (月)みつけ隊、グレードアップします! 【羽生 ちひろ】

えっ!もう4月!?

新年度が始まりましたね。

気がつけば、あっという間に1年が過ぎ去っていました。。。

年々、1年が早く感じるのは歳のせいなのでしょうか・・・(゜_゜)

 

さてさて、そんな独り言は置いておいて。

 

タイトルにある、「みつけ隊、グレードアップします!」

どういうことかと言いますと・・・。

 

今年度から、「ほやほやみつけ隊」のコーナーの始まりを告げるVTRが出来るんです!!毎回、お決まりのVTRが流れると、みつけ隊が始まった合図♪

そのVTRを作るため、先日、キャスター4人のロケをしてきました!

 

20170403_h1.jpg

 

おもむろにブログ用の写真を撮り出す、みんな♪

 

羽生「さすが!偉い!私なんて、そこまで思い至らなかったよ(>_<)」

宮崎「羽生さんに『ひとりごと』書いてもらおうって、みんなで決めてたんです!」

吉川「写真は任せて下さい!」

別司「羽生さん、珠玉の『ひとりごと』を!」

 

優しい後輩たち。

私が全然『ひとりごと』を更新しないので、みんなが私に題材を譲ってくれたんです!!

いつも不甲斐ない先輩を支えてくれてありがとう!!(;O;)

 

ということで、その時の様子を紹介しますね♪

 

20170403_h2.jpg

走る!宮崎キャスター 速いっ!!(羽生の実感)

 

20170403_h3.jpg

別司キャスターは、一福丸と一緒に♪

 

20170403_h4.jpg

カメラに向かってアクション!吉川キャスター真剣です。

 

20170403_h5.jpg

羽生は・・・調子乗って決めポーズ、すみません。

 

20170403_h6.jpg

もちろん!我らが相棒「一福丸」も出演しますよ!

 

20170403_h7.jpg

4人それぞれの決めポーズも出てきます♪

 

20170403_h8.jpg

手掛けるのは、NHK福井に無くてはならない、敏腕ディレクター荒川裕樹氏!

普段は、「食探!いろどりレシピ」なども担当しています。

(今回はカメラマンも兼任!)

 

 

はてさて、どんなVTRに仕上がるのか。

記念すべき初回の放送は、4月6日(木)

夕方6時10分~7時「ニュースザウルスふくい」内の、ほやほやみつけ隊で!!

乞うご期待!!!

20170403_h9.jpg

(はっぴの下は、4人ともチェックシャツでおそろい♪)

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:12:21

ページの一番上へ▲