2017年2月

2017年02月23日 (木)福井市殿下(でんが)地区でみつけ隊!【別司 愛実】

平成29年2月23日(木)放送のほやほやみつけ隊は、福井市の殿下(でんが)地区を訪ねました。
伝統的な食文化が残る、すてきな地区でした。放送で紹介した内容はこちらです↓↓↓


☆殿下地区の自慢①☆

道草(みちくさ)だんごの会
「道草だんごの会」は、地域で昔から食べられてきた「草だんご」の味を次の世代にも伝えていこうと、3年前に発足しました。
50代から60代の地元の女性たち6人がメンバーで、地区の人たちの協力も得ながら、地区内外のイベントで販売し、人気を集めています。
だんごの材料であるよもぎは、殿下地区で採れたものを冷凍保存しているため、1年中作ることができます。

20170223b1.jpg

☆殿下地区の自慢②☆
中学生が作った観光パンフレット
パンフレットは、殿下地区の史跡や観光名所などを紹介していて、殿下地区唯一の中学2年生、吉田陽人(よしだ・きよと)さんが、総合学習の授業で制作しました。

20170223b2.jpg

 (殿下地区の史跡や観光名所などを紹介したパンフレット)


農家レストランで使える割引券もついていて、たくさんの人に地区に来てもらえるよう、工夫されています。

 

☆殿下地区のイチオシ☆
呉汁(ごじる)
殿下地区の郷土料理「呉汁」は、みそ汁に生の大豆の粉「生豆粉(まめのこ)」を入れて作られたもの。

20170223b3.jpg(殿下地区のふるさとの味「呉汁」)


見た目は卵スープのようで、まるでおぼろ豆腐を食べているような食感。
おみそ汁と比べると、大豆の甘さがより感じられる、殿下地区で昔から親しまれてきた味です。


20170223b4.jpg(大豆のやさしい甘みが口に広がります。体が温まる~)


若い人にも広く呉汁を食べてほしいと、ハートのモナカにフリーズドライした呉汁が入った、かわいらしいアイデア商品もありました。

20170223b5.jpg(ハートのモナカに入った呉汁。
結婚式の引き出物として購入される方が多いそうです)

 

独自の食文化が根付いている殿下地区。
ふるさとの味を守り続けている人々に出会えました。

殿下地区のみなさん、本当にありがとうございました。

 

投稿者:別司 愛実 | 投稿時間:18:25

2017年02月16日 (木)永平寺町の永平寺中地区でみつけ隊! 【羽生 ちひろ】

平成29年2月16日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
永平寺町の永平寺中(えいへいじなか)地区に行ってきました♪
九頭竜川の南側に広がり、町役場の支所や消防署などが建ち並ぶ町の中心となるエリアです。

 

放送で紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■大本山永平寺の開基『波多野義重』 
大本山永平寺を開いた道元禅師を福井に連れてきた鎌倉武士です。
700年経った今もその末裔がこの地に住んでおり、大本山永平寺との密接な関係が続いています。

■わくわく一座 
70代~80代の10人ほどで作るグループです。
デイサービスセンターなどの社会福祉施設にボランティアで訪問し、歌や踊り、寸劇を披露しています。
それだけでなく、漫談も取り入れるなど、一座の個性あふれる公演で、観客を沸かせています。

20170216h1.jpg


☆おすすめスポット☆
■永平寺口駅 
えちぜん鉄道の「永平寺口駅」。
福井市や勝山市とを結ぶ、地域の人たちの重要な交通拠点です。

20170216h2.jpg

駅の近くには、レンガ造りの建物「旧変電所」があります。
大正3年に建てられ、電車を走らせるための電気を供給する重要役割を果たしていました。国の登録有形文化財に指定されています。

20170216h3.jpgまた、大正3年に建てられ、3年前まで使われていた旧駅舎もあります。
今はリニューアルされ、観光案内施設や地域交流の場として使われています。
毎月1回、高齢者が集まってゲームや映画鑑賞を楽しむ「みんなのサロン」が行われたり、町の寄り合い所として活用されたりと、地域の憩いの場となっています。

20170216h5.jpg


■永平寺中地区への問い合わせ■
永平寺公民館
住所:永平寺町東古市10-5
電話:0776(63)3111

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:25

2017年02月14日 (火)「情報たら福いこっさ!きこっさ!」 【吉川 明穂】

先週は、情報たら福スペシャルウィークでした!
私、吉川は初めて長時間のラジオ番組に挑戦!7日(火)を担当しました!

20170214y1.jpg

テーマは、「元タカラジェンヌに聞く!宝塚の魅力!
ゲストは、福井市出身の元宝塚歌劇団専科の美城れんさんに出演して頂きました!

20170214y2.jpg

美城さんに生で会って、お話しを聞きたいという方々で
客席はいっぱいになり、立ち見の方もいらっしゃる程でした!(およそ50人)
メッセージも40通近く頂きました!ありがとうございました。
(放送後しっかり美城さんに読んで頂きました(●´ω`●)φ)

20170214y3.jpg

美城れんさんは、1998年に宝塚に84期生として入団し、19年間の宝塚人生を送り、
去年の11月に退団されたばかり!今回は、「情報たら福」のために兵庫県宝塚市から来て下さいました!

美城れんさんの魅力と言えば、幅広い役を演じることができる確かな演技力と言われていて、男役ですが、女性の役も演じていらっしゃいました☆

20170214y4.jpg

実は、私のあこがれのジェンヌさん!
私、吉川は、かつて宝塚を目指していて、美城れんさんのような、なんでもできる男役になりたかったんです!
憧れの人を前に、本当に緊張しました~

美城さんは、終始緊張している私を優しくリードして下さり、客席のお客さんを楽しませて下さいました☆

ラジオでは、美城さんの宝塚音楽学校時代の同期の方との思い出や、宝塚時代の話、
退団を決められた時の話など、たくさんの話をして頂きました!
その他に、福井でタカラジェンヌを目指している中高生に、
試験のアドバイスをして頂くコーナーもありましたよ!

20170214y5.jpg

(宝塚バージョンのスタジオ!)

  

美城れんさん、素敵なお時間を本当に本当にありがとうございました☆  

この、2月7日(火)に放送されたラジオが「らじる☆らじる」で配信されています。http://www3.nhk.or.jp/netradio/r/local_sp/detail/?11
2月16日(木)午後5時まで聞くことができます、みなさんどうぞお聞きください!

 

 

 

投稿者:吉川 明穂 | 投稿時間:16:51

2017年02月10日 (金)勝山市鹿谷(しかたに)地区でみつけ隊!【別司 愛実】

平成29年2月9日(木)放送のほやほやみつけ隊は、勝山市鹿谷(しかたに)地区に行ってきました。
放送で紹介した内容はこちらです↓↓↓

☆鹿谷地区の自慢①☆
浄信寺(じょうしんじ)の天井絵
浄信寺は、およそ200年の歴史を持つ、真宗大谷派のお寺です。

20170210b1.jpg

およそ200年の歴史を持つ浄信寺


寺の格子状の天井は、400枚以上の天井絵で作られています。そのうちおよそ300枚は、
専門の絵師ではなく、5歳から85歳までの門徒の方が描いた絵なんです。
色彩豊かな草花が描かれたものや文字が書かれたもの、手形を押したものなど、さまざまな天井絵を見ることができます。

20170210b2.jpg

5歳から85歳までの門徒のみなさんが描いた天井絵

 

☆鹿谷地区の自慢①☆
今年30回目を迎える「鹿谷町雪まつり」
まつりは、地域にとって時には厄介な雪を資源としてとらえ、まちおこしにつなげようと毎年行われています。祭りのメーンは「雪像コンテスト」です。
さまざまなキャラクターや、細かく作られた城など、毎年力作がそろいます。
ことしは「恐竜パークin鹿谷」をテーマに、鹿谷公民館などで2月12日(日)に行われます。

20170210b3.jpgことしの雪像コンテストのテーマは「恐竜パークin鹿谷」!

 

☆鹿谷地区のイチオシ☆
鹿谷恐竜ひょうたん
鹿谷地区では、首が長い恐竜に似たひょうたんを、「鹿谷恐竜ひょうたん」と名付け、特産化を目指しています。

20170210_b4.jpg
私も、「鹿谷恐竜ひょうたん」の加工に挑戦しました!

20170210_b5.jpg20170210_b6.jpg
「鹿谷恐竜ひょうたん」で作った一福丸が完成!
しかし、「鹿谷恐竜ひょうたん」の最大の特徴である、「恐竜の首」の部分をうまく生かすことができず、一福丸の頭からまるで花のつぼみが生えているような仕上がりに…笑。…またぜひリベンジしたいです!

鹿谷地区のみなさん、本当にありがとうございました!!

 

 

 

投稿者:別司 愛実 | 投稿時間:10:42

2017年02月06日 (月)はじまりますよ!SPウィーク 【佐々木 芳史】

新人研修を終え、写真を見返しては微笑みと涙を繰り返しています。
佐々木芳史です。

さて、節分には「豆まき」の中継を福井大仏西山光照寺からお届けしました。
リハーサルではつかめなかった豆袋。本番ではしっかりキャッチ。
NHK福井放送局が歓喜にわきました。(きっとそうだったはず。)

番組冒頭に出ていただいた鬼とお多福と喜びを分かち合いました。

20170206s1.jpg

 

そして今日から
熊本からお届けする旅ラジ
(本日同期の高栁【しゅーやん】が担当・・・聞く準備はできています)
もそうなのですが!

 

情報たら福のSPウィークがはじまります☆
(詳しいことは特集ページにて http://www4.nhk.or.jp/P3907/

本日2月6日(月)は「なんでやろ?福井の方言
髙ヶ内キャスターが担当。
私が福井に来てはじめて覚えて福井弁は“じゃみじゃみ”でした。(テレビの砂嵐のこと)

20170206s2.jpg(福井弁 こんなにありますよ~)

 

2月7日(火)は「元タカラジェンヌに聞く!宝塚の魅力
吉川キャスターが担当。
宝塚にあこがれていた幼稚園時代。男の子はなれない現実を知った時は衝撃でした。

20170206s3.jpg

(吉川キャスタ―と髙ヶ内キャスタ―による宝塚ポーズ)

 

2月8日(水)は「羽ばたけ!福井っ子
わたくし佐々木が担当いたします。
高校生日本一のイケメン本田響矢さんと、動画投稿サイトで100万回以上の再生回数の電子オルガン奏者、826askaさんとお届けします。

20170206s4.jpg(普段は毎月第一金曜日に石井先輩と森下先輩が担当されています。)

 

 

2月9日(木)は「アニメで元気いただきます
羽生キャスターが担当。
“アニメ”というと、真っ先に思い浮かぶのが、私の新人研修の講師、藤崎弘士アナウンサーです。

20170206s5.jpg

(NHK福井放送局のアニメキャラ?一福丸と)

 

2月10日(金)は「ファッションで福井を変える!
別司キャスターが担当。
私佐々木のオシャレの悩みは、中々サイズのあうメンズの洋服がないことです。

20170206s6.jpg

(スタジオマイクはこのような感じですよ~)

 

 

 

各番組まだまだメッセージ募集しています!
メッセージはこちらから
https://cgi2.nhk.or.jp/prog/form.cgi?p=P3907&tb=f1&f=P3907

 

公開生放送になっていますので、ぜひ福井放送局におこしください。 

お待ちしています!

 

 

 

 

 

 

投稿者:佐々木 芳史 | 投稿時間:14:21

2017年02月02日 (木)越前町織田地区でみつけ隊! 【羽生 ちひろ】

平成29年2月2日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
越前町織田(おた)地区に行ってきました♪
越前町のほぼ中央に位置しています。

“織田一族発祥の地”と謳われていて、戦国武将・織田信長の祖先の生まれ故郷だとされています。
地区にある「越前二の宮劔(つるぎ)神社」は、信長の祖先が神官として仕え、信長自身も氏神と崇めていたと伝わる、歴史ある地区です。
20170202h_1.jpg20170202h_2.jpg

放送で紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■国宝の『梵鐘(ぼんしょう)』 
「越前二の宮劔神社」に伝わる鐘で、奈良時代に作られました。鐘には奉納された日付が刻まれいます。日本に残る、銘文のある鐘としては3番目に古いといわれている貴重な鐘です。
織田文化歴史館に常設展示されています。(開館時間:午前10時~午後6時。月曜休館。)
20170202h_3.jpg

■劔神社の『さぎっちょ』 
お札やお守りを焚き上げる「左義長」が、毎年2月に行われます。地元では「さぎっちょ」と呼ばれ親しまれています。準備は劔神社の氏子が力を合わせて行います。また、この地域の風習で、厄年の女性が、「ひうち」と呼ばれる三角形の飾りを手作りするなど、みんなで恒例行事を支えています。
20170202h_4.jpg

20170202h_5.jpg

☆地区のイチオシ☆
■なじみの味『豆腐』 
「織田といえば豆腐!」といわれるほど浸透している味。
地区内で江戸時代末期から続く豆腐屋さんは、地元だけでなく県内各地のスーパーに出荷していたり、越前町内の小学校の給食にも卸していたりと、広く親しまれています。
また、地元小学校や鯖江市の小学校などに出向き、「手作り豆腐の体験授業」を行うなど、食育活動にも力を入れています。
20170202h_6.jpg20170202h_7.jpg20170202h_8.jpg

■織田地区への問い合わせ■
織田コミュニティセンター
住所:越前町織田36-1
電話:0778(36)1111

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:35

ページの一番上へ▲