2016年10月

2016年10月20日 (木)福井市足羽地区でみつけ隊!【別司 愛実】

2016年10月20日(木)放送のほやほやみつけ隊は、福井市の足羽(あすわ)地区を訪ねました。

20161020b1.jpg(「福井の歴史、文化の宝庫」足羽地区) 

 

20161020b2.jpg

(橘曙覧(たちばなのあけみ)記念文学館にて。
「ほやほや探し、行ってきます!」)

 

放送で紹介した内容はこちらです↓↓↓


☆自慢①☆愛宕坂(あたござか)
一つ目の自慢は、愛宕坂(あたござか)です。
愛宕坂は、足羽神社の参道です。全長165メートルあり、階段は145段あります。

20161020b3.jpg(「歴史の道」とも呼ばれる愛宕坂)

 

20161020b4.jpg(松岡屋吉兵衛の石像)

 

かつて、愛宕坂は山道で雨が降るとぬかるみ、人々は登るのに苦労していました。
そこで、江戸時代の商人・松岡屋吉兵衛(まつおかや・きちべえ)が寄付を募り、
笏谷石(しゃくだにいし)を用いた石段にしたといわれています。
道沿いには、「橘曙観記念文学館」や、福井の茶道の歴史を紹介する「愛宕坂茶道美術館」などが立ち並び、
かつて多くの文人が愛したことから「歴史の道」ともいわれています。

 

☆自慢②☆瑞源寺(ずいげんじ)の萩まつり
瑞源寺は、参道に萩の花が咲き誇ることから「萩の寺」の愛称で親しまれています。
先月11日には、萩が見ごろを迎え、境内で萩まつりが開かれました。
足羽そばの会による越前手打ちそばの販売などもあり、多くの人でにぎわいました。

20161020b5.jpg20161020b6.jpg20161020b7.jpg(越前手打ちそば)

 

☆イチオシ☆銀杏材木工品(いちょうざいもっこうひん)
福井市足羽地区には、ことしで創業70年を迎えた、銀杏材木工品の専門店があります。
福井県産の銀杏の木を使い、まな板や落としぶた、押し寿司の型などを作り、
全国の百貨店で販売しています。

20161020b8.jpg

杉やヒノキなど数ある木材の中で、銀杏のみを取り扱っているのは全国的にみても珍しく、平成6年に、福井県郷土工芸品の指定を受けました。

 

豊かな自然あり、歴史・文化ありのすてきな地区でした。
足羽地区のみなさん、ありがとうございました。

 

 

投稿者:別司 愛実 | 投稿時間:18:40

2016年10月18日 (火)一福丸御礼 【佐々木 芳史】

思えば、君との出会いは5月初旬。
局で出迎えてくれた君。
最初は、会話もなかったネ。

6月頃からかな、君と仲良くなり始めたのは。
落ち込んだ時には、黙って見守ってくれていたよね。
七夕の日には、君の夢(野望)も教えてくれたっけ。(7月8日のブログ参照

そして迎えた10月。
着信御礼、出発前。
なんでかな。君を連れて行かなきゃって。そう、思ったんだ・・・。

20161018s1.jpg

リュックにそっと入れて、連れていきました。一福丸
そして、10月16日(日)放送着信御礼に、仲良く2人(?)で出演してきました。
番組内では、一福丸が視聴者の回答に出てきたり、プレゼントになりかけたりと、
大活躍でした。本当にありがとうございました。

今回の経験を糧に、福井でまたしっかり頑張っていきます。
よろしくお願いします。

そして、ちょうど東京に出張に来ていた、かつて福井放送局に在籍して、現在沖縄放送局の大橋拓アナウンサーにお会いすることができました。

20161018s2.jpg

一福丸と一緒に写真をとっていただきました。
そして、この「手」!通称、「大橋ポーズ
先輩いわく、「中指」がポイント?だそうです。
どれくらい「ビシィッ」となっているか。
私が推測するに、そこに、このポーズの全てがかかっているのでしょう。
みなさん、大橋ポーズで写真をとられる際は、
是非「中指ビシィッ」を意識してみてくださいね。

 


着信御礼で大活躍だった一福丸。
NHK福井放送局の正面玄関には、等身大一福丸もいますよ。
お時間ありましたら、遊びにきてくださいね。
お待ちしています。

 

では!

20161018s3.jpg(一福丸の方が身長が高く見えるのは、一福丸がお立ち台に上がっているためです。)

 

投稿者:佐々木 芳史 | 投稿時間:15:04

2016年10月13日 (木)あわら市吉崎地区でみつけ隊! 【羽生 ちひろ 】

平成28年10月13日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
あわら市吉崎(よしざき)地区に行ってきました♪
福井県の最北端、石川県との境に位置した地域です。
20161013h1.jpg


「蓮如の里」と呼ばれており、浄土真宗の第8代法主・蓮如上人が、この地に道場を開いた場所です。
蓮如が過ごした「吉崎御坊(よしざきごぼう)」の跡が、今も公園として残されています。
20161013h2.jpg


放送で紹介した内容はこちら↓↓↓

 

☆地区の自慢☆
■越前・加賀 県境綱引き 
その名の通り、“県境”を賭けた綱引きです。
領土拡大を目指して、あわら市と加賀市が戦います。両市の交流と地域活性につなげようと、去年始まりました。遠い昔、越前の男神様と加賀の女神様が、綱引きで勝負したという伝説に基づいて企画しました。
前回の勝負の結果は、あわら市の負け。この戦いのために作られた「県境モニュメント」をあわら市側に1メートルずらし、加賀市の領土が拡大しました。

20161013h3.jpg

20161013h4.jpg


■『馬場大路』の復元 
蓮如上人が開いた「吉崎御坊」へと上がる表参道「馬場大路(ばばおおじ)」。
かつては宿坊などが建ち並ぶメイン通りでした。「吉崎御坊」のかつての姿を呼び戻すことで観光につなげようと、地区の語り部の会で「馬場大路」を復元。荒れ地になっていた約450メートルを切り開きました。手作りの看板を設置したり、北潟湖を一望できる写真スポットを作ったりと、訪れた人に吉崎御坊を楽しんでもらえるよう取り組んでいます。

20161013h5.jpg

20161013h6.jpg

☆地区のイチオシ☆
■越前・加賀 県境の館 
福井県あわら市吉崎と石川県加賀市吉崎町、2つの「吉崎」のちょうど境目に建っています。
両地域の交流と地域活性を目的に、去年作られました。
観光名所の案内や、それぞれの地域の歴史などを紹介しています。吉崎御坊や、蓮如上人のことも詳しく知ることができます。
2つを組み合わせると1つのマークになるスタンプや、福井の越前瓦と加賀の赤瓦を埋め込んで県の境を示したものなどもあり、とことん“県境”にこだわった施設です。
20161013h7.jpg

20161013h8.jpg20161013h9.jpg


垣根にこだわらず、力を合わせる2つの「吉崎」。
活力あふれる地区で、元気をもらいました!
20161013h10.jpg

 ■吉崎地区への問い合わせ■
吉崎公民館
住所:あわら市吉崎8-34
電話:0776(75)1205

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:40

2016年10月05日 (水)初心にかえる 【佐々木 芳史】

最近福井県内も寒くなってきましたね。
寒さを感じ、「食べなくては・・・」という衝動にかられ、
気づけば手にはアイス。口の中にはアイス。

寒くなると食べることが出来なくなってしまう(冬にも食べられますが)という、
人間の本能からか、気づいたら食べていました。10数個。

結果。異常なほどの腹痛。
ビックウェーブが私のお腹に到来。サーフィンだって出来そう・・・★

そんな事がつい先日おきまして、ああそういえば社会人になりたてのころは
「自己管理だけはしっかりするぞ!」とキラキラとした目で思っていた頃を思い出しました。

「初心」忘れてはいけないですね、、、と思っていた頃に、行ってきました。
同期が集う研修へ。

 

東京の研修センターに、およそ4カ月ぶりに同期14人が集合しました。
変わらない姿の人もいれば、少しふっくらと成長した仲間もいました。
同期の中継やニュースを視聴検討。
どうすれば、もっと「伝わる放送」になるのかを、皆で考えました。

そして、中継の時の講師は、私たちの母(新人研修の時の専任講師をしてくださいました。)黒崎めぐみアナウンサーでした。

20161005s01.jpg

久しぶりに同期に会え、また別れる寂しさに、涙がこぼれましたが。
皆も当然のように頑張っていて、そして、私たちが頑張れるのは、それぞれの地域の皆さんの支えのおかげなんだと、改めて感じることが出来ました。
また、初心にかえって、積み上げてきたものは積み上げたものとして、1から頑張りたいと思います。

では、折角同期にも会えたことですので、ここでオフショットを・・・☆
(写真が多めになります。全員と写真がとれなかったのが心残りです・・・。)

20161005s02.jpg

(わたくし、両手に花でございます。リカリカコンビ。
左が高松放送局:川崎理加アナウンサー 
右が松江放送局:浅野里香アナウンサー。)

20161005s03.jpg(でこぼこフレンズ。盛岡放送局:中村慎吾アナウンサー。
研修の時から、しんごちゃんに抱きついて癒されてました。
私の中のマスコットキャラクターです。)

20161005s04.jpg

(こちら、新人研修の際、研修センターに泊まっていた組。
左から 金沢放送局:法性亮太アナウンサー 熊本放送局:高柳秀平アナウンサー
  鹿児島放送局:押尾駿吾アナウンサー 沖縄放送局:佐藤あゆみアナウンサー)

 

20161005s05.jpg(今回の研修でもこの2人に甘えっきり。
おっしー《押尾駿吾》としゅーやん《高柳秀平》)

 

20161005s6_7.jpg(最後は笑顔でお別れ予定が結局、涙の別れになりました・・・)

 

このブログを書きながらも思いだして、あれ、なんだかパソコンの画面がにじんでみえないやいっ・・・となっていますが。
また、同期と会った時に、何も成長してないねと言われないように、頑張っていきたいと思います!

 

今週金曜日には、ニュースザウルスふくいの中継にも出る予定です!
伝わる放送」をお楽しみに・・・!(自分でハードルを上げておきます)

 

 

 

投稿者:佐々木 芳史 | 投稿時間:12:56

ページの一番上へ▲