2016年6月

2016年06月29日 (水)気のむくままに 【佐々木 芳史】

福井にきて、はや1ヶ月がたとうとしています。
「ふみたろう」こと、佐々木芳史です。

あくまで現時点で・・・、
私の胃袋を掴んだ福井の食べ物は『へしこ』です。

なんでしょう。あの『へしこ』の癖になる美味しさ。
3日に1度は『へしこ

なんだか、名前も愛おしく感じてきます。『へしこ
これから他にも様々な福井の食べ物に胃袋が掴まれていくのでしょう。
その準備、できています。

昨日は、天気も良かったので、どこか、どこかに行きたいと思い...。
足羽山に行ってきました!
そして、紫陽花ロードを通ってきました~!

20160629_s_1.jpg梅雨の時期の花。紫陽花。

 

20160629_s_2.jpgまだまだ綺麗に咲いていました!!

 

20160629_s_3.jpg(小学校の遠足?と同期に言われた1枚)
通りすがった方にとっていただきました。ありがとうございました。

 

足羽山からの景色を見た瞬間、『ホエー!』と、今まで出したことのない声を漏らしていました...。

20160629_s04.jpg

たまには、無計画で一人、ふら~っと行動するのもいいものですね。
何気なく行った所に、“好き” があったときの幸福感。
まだ見ぬ “好き” に出会うためにも、もっともっと外に出たいな~と思います。

 

投稿者:佐々木 芳史 | 投稿時間:10:20

2016年06月28日 (火)ほやほやみつけ隊!~あわら市北潟地区~ 6月23日(木)放送 【吉川 明穂】

 

20160623_y_1.jpg私にとって2回目のみつけ隊は、「とみつ金時」と「スイカ」が有名な、
あわら市北部の北潟地区に行ってきました!!!
あわら湯のまち駅から車で10分ほどの所にあります。

北潟地区のシンボル北潟湖、今回はここからスタート!!!
さて私はどこにいるでしょう…?

20160623_y_2.jpg…。

 

20160623_y_3.jpg…ここで~す\(^o^)/☆白鳥ボートで登場!!!

 

20160623_y_4.jpg

展望台「風羽里」(ふわり)からの絶景!
地区をひとことで言うと、「四季に触れ、自然にとけこむ北潟地区」だそうです!

地区の魅力を紹介してもらおうとアイリスブリッジに行きました!

 

20160623_y_5_2.jpg

 

…さて!

 

20160623_y_6.jpg

 

今回の案内人、北潟地区区長会長の小練実(こねり・みのる)さんです。
北潟地区で生まれ育って、北潟地区のことならなんでも知っています☆

 

北潟地区の自慢① 
花菖蒲

あわら市の花でもある、「花菖蒲」。
北潟湖畔花菖蒲園には、300種類、20万本の花菖蒲が育てられています。

今年から、北潟花菖蒲プロジェクトが結成され、花菖蒲の手入れはプロジェクトチーム28人が行っています。
6月中旬、花菖蒲まつりが開催されていました。
9日間のまつり期間中、およそ3万人のお客さんで賑わったそうです!
北潟湖にかかる赤い橋は、「アイリスブリッジ」。アイリスは英語で花菖蒲という意味なんですよ!

20160623_y_7.jpg(見頃の花菖蒲♪)

 

20160623_y_8.jpg(おまつり中の花菖蒲園)

 

 

北潟地区の自慢② 
八雲神社

神社の境内と参道は、古代の神社の姿を残していると言われています。
鎮守の杜のおもむきを留めていて、参道は、椎の大木に囲まれているので、
身も心も清らかに、すがすがしくなります。
参道が現在のように整備されたのは、明治初期から昭和10年くらいまでだそうです。
村の10代から20代の若者が、一緒に資金を集めて、狛犬や灯篭を寄進したそうです。

 

20160623_y_9.jpg20160623_y_10.jpg(「北潟探訪の会」の関章人(せき・しょうど)さんにお話を伺いました。)

 

毎年7月末には例大祭があり、昔から伝わる「どっしゃどっしゃ」という盆踊りが行われます。
北潟ではどっしゃどっしゃという掛け声に合わせて、老若男女問わず、今も踊り続けられています。
「北潟古謡どっしゃどっしゃ」は福井県の無形民俗文化財ですよ!

 

☆地区のイチオシ☆
芦原青年の家

7月16日にリニューアルオープンする芦原青年の家を特別に見学と体験をさせてもらいました!
芦原青年の家は、主に青少年の教育研修施設ですが、研修目的で3人以上の団体なら、誰でも利用できます。
だから、友達と行きたいな~と思ったら利用できるんですよ♪
ピザ作りや、バーベキュー、キャンプファイヤースポーツなど、
100種類のバラエティに富んだ体験ができるんです。
詳しいことは…  芦原青年の家  0776-79-1001 まで。

20160623_y_11.jpg

 

さて!!!

20160623_y_12.jpg

青年の家の戸田浩一郎(とだ・こういちろう)さんに体験を案内して頂きました!
「体験しましょう♪」「おー!」

 

体験1 グラススキー体験
普通のスキーよりも短く、ローラーがついていて、芝の上を走っていくものです。
横滑りしないので、カーブが難しかったです!
へっぴり腰になっていますが、腰を落とすのが、グラススキーのコツなんですよ☆

20160623_y_13.jpg(じゃーん。ヘルメット、肘当て、膝当て、ストックは必須です♪)

20160623_y_14.jpg(中級の斜面、私が初めて転ばずに滑れたそうです笑)

体験2 カヌー体験

20160623_y_15.jpg(小学4年生から体験できます。レクチャーを受けてから、カヌーに乗ります!)

 

初めてなので緊張しました~!

20160623_y_16.jpg

(乗った瞬間、バシャーン!!!前後を地域の方に支えて頂いていたので、落ちずにすみました笑 慎重に乗り降りしないと、ひっくり返るそうですよ~!)

20160623_y_17.jpg(戸田さんのおかげで少し慣れました☆)

 

 

20160623_y_18.jpg(北潟湖は2年後の福井国体でカヌー競技の会場にもなっています☆)

体験3 サイクリング体験
とにかく気持ちがいいです!眺めが最高でした!

20160623_y_19.jpg(北潟湖を1周できます♪)

お世話になった北潟地区の皆さん、本当にありがとうございました(*^_^*)☆
2回目のみつけ隊、あたたかい地域の方々に囲まれ、
北潟地区を紹介できて、とっても楽しかったです♪

スポーツも、自然も大好きなので、また遊びに行きたいです!

☆お世話になった地区の方々☆

20160623_y_20.jpg(「北潟古謡どっしゃどっしゃ」を踊っている子ども達☆)

20160623_y_21.jpg(八雲神社の参道を綺麗にしている敬老会の方々)

20160623_y_22.jpg(花菖蒲を守っている「北潟花菖蒲プロジェクトチーム」の方々)

20160623_y_23.jpg

(八雲神社の前で、事前取材からお世話になった、左から東区区長 冨田藤一郎さん、(吉川)、区長会長 小練実さん、北潟探訪の会 関章人さん、公民館長 古橋照夫さん)

20160623_y_24.jpg(北潟子ども園の子どもたちと地区の方々と、「来てね~♪」)

 

 

20160623_y_25.jpg一福丸と緑のはっぴを見かけたら声をかけてください♪♪♪

 

投稿者:吉川 明穂 | 投稿時間:19:37

2016年06月23日 (木)ほやほや通信局より【高ヶ内 芽衣】

こんにちは!“がうっちー”こと髙ヶ内芽衣です。
夏野菜、私は「とうもころし」が好きです。
某ジブリアニメの「お母さんにあげるの!」のとうもころし。

22日(水)のほやほや通信局で鯖江市の「さばえさんどーむブロッコリー」を紹介しました。
SUN(=太陽)をいっぱい浴びた、ドーム型のブロッコリーということで、名付けられたそうです。

までおいしく食べられるということで、鯖江市の方にを使ったレシピを教えて頂きましたよ♪

 

20160623_t_re2.jpg

簡単にできますね!
お酒のあてにも美味しそうです。
私も作ってみようと思います。

 

そして、この日は、年に1回の通信員さんとの顔合わせ会!
18人の方に集まって頂き、今年度の打ち合わせや番組の説明などを行いました。

20160623_t_1.jpg

ほやほや通信局は、県内の農林水産商業の担当者さんが、地域で取材や撮影をしてきてくださいます。
毎回、新しい取り組みや旬の食べ物など、興味深い話題を持ってきてくださるので、話を聞く私たちも「へえ~と」知らないことばっかり!
今年度もおもしろい話題をたくさん紹介してくださりそうです。
ディープな福井に出会えるかも!
夕方6時10分からの「ニュースザウルスふくい」のコーナーで毎週水曜日に放送!
朝7時45分からの「おはよう福井」で毎週金曜日に再放送!
ぜひご覧ください^^♪

 

投稿者:高ヶ内 芽衣 | 投稿時間:14:13

2016年06月21日 (火)目印は"赤いTシャツ" ふれあい隊、参上! 【羽生 ちひろ】

こんにちは!
梅雨に入り、ジメジメと蒸し暑い日が続きますね。
この蒸し暑さは体にこたえます(>_<)

さて、6月5日(日)に勝山市で行われた『のど自慢』。
その前日、4日(土)の予選会の時に、私は「ふれあい隊」として参加させて頂きました!

20160621_h1.jpg
目印は、“緑のはっぴ”じゃなく、“赤いTシャツ”!
みつけ隊」じゃないですよ、「ふれあい隊」です!

ふれあい隊」とは、
のど自慢の予選会の間に、中継車の見学や放送用カメラの操作体験などを通して、視聴者のみなさんに番組制作の現場を直に体感してもらおう!というイベントです。
私は、ツアーコンダクターとして、参加して下さった皆様を案内する係でした!

20160621_h2.jpg
のど自慢』の生放送が、どのように皆さんのご自宅まで届いているのかや、中継車の中で、映像の切り替えや音声の調整を行っていることなどを説明しました。

20160621_h3.jpg20160621_h4.jpgつたない説明で、分かりづらい所もあったかと思います(>_<)
まだまだ修行が足りん!と、現場で思わず肩を落としてしまいました…(/_;)

でも!参加して下さった皆さんが、とても熱心に聞いて下さり、感想や質問などもたくさん頂いて、すごく有難く嬉しかったです!!
みなさんの温かさが心に沁みわたりました。
みなさんといっぱいお話して、ふれあえたことが何より楽しかったです(*^_^*)
ありがとうございました。

20160621_h5.jpg
20160621_h6.jpgまた福井県内で『のど自慢』がある時は、
赤いTシャツの「ふれあい隊」が登場することと思います!
その時は、ぜひ参加してみて下さい♪
みなさんとふれあいたい(隊)!と、心躍らせてお待ちしております。

20160621_h7.jpg

 

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:17:15

2016年06月16日 (木)若狭町野木地区でみつけ隊! 【別司 愛実】

平成28年6月16日(木)放送のほやほやみつけ隊は、若狭町野木地区に行ってきました!
ロケ前日の今月13日に、北陸地方は梅雨入り。
そして、当日の14日、若狭町は、早朝に雨が降っていました。
登山をする予定だったので、天気を心配してましたが…

20160616_b_01.jpg

お天気は回復!ロケ日和になりました♪
放送で紹介した内容はこちらです↓↓↓


☆野木地区の自慢☆
■北川
北川は、延長がおよそ30キロで、国が管理している一級河川の中で、「水質が最も良好な河川」のうちの一つに選ばれています。
時間帯や季節によってさまざまな表情を見せてくれる北川は、野木地区の人たちにとって憩いの場となっています。


20160616_b_02.jpg(清流が自慢の北川)

 

 

■泉岡一言神社(いずみおか・ひとことじんじゃ)
およそ1300年の歴史がある一言神社は、一番大切なことを、一言だけ祈ると、願いが叶うとされています。

20160616_b_03.jpg(泉岡一言神社。ちょうどあじさいが見ごろでした♪)

20160616_b_04.jpg(〝一言〟だけ、真剣にお祈りします。)

鈴の近くにある木箱には小石が入っていて、持ち帰って神棚など家の清らかな場所に置き、願いか叶ったら、その小石を神社に再び持ってくるといいそうです。


20160616_b_05.jpg(小石。持ち帰って神棚などに置いておくといいそうです)。

 

☆おすすめスポット☆
■箱ヶ岳(はこがだけ)
標高402メートルの箱ヶ岳。
実は、箱ヶ岳があるこの地は、かつて、軍事・交通の要衝だったため、箱ヶ獄城(はこがだけじょう)がありました。一説には、若狭の守護、武田氏の重臣だった、内藤佐渡守が500年ほど前に築城したとも言われています。

20160616_b_06.jpg(標高402メートルの箱ヶ岳)

 

20160616_b_07.jpg(登山口へ向かう、案内人の中村悟さん<左>と別司<右>)


箱ヶ岳では、山城があった跡をいたるところで確認できました。

20160616_b_08.jpg(箱ヶ岳城の主郭跡)


そして登山の一番の楽しみといえば、山頂からの眺め!

20160616_b_09.jpg(若狭町上中地域の街並みがきれいに見えました♪)

 

野木地区のみなさん、ありがとうございました!

投稿者:別司 愛実 | 投稿時間:18:40

2016年06月14日 (火)うれしい知らせ 【佐々木 芳史】

早速二回目の投稿になります。ふみたろうです。
そして、先輩から「ふみたろう」のアクセントは、「こえがわり」ではないだろう、とのご指摘をいただきました。
正しくは「次男坊(じなんぼう)」です。(正解が自分でもわからなくなっています。)

 

さて、6月10日は「情報たら福 いこっさ!きこっさ!」で電話中継を担当しました。
中継地は、大安禅寺花菖蒲祭り!

20160614_sa01.jpg(森下先輩が、花菖蒲祭りを楽しんでいる様子です)

 

近くでみると・・・

20160614_sa02.jpg

白の花びらが紫色に縁どられている花や、黄色の花など。
遠くで見渡す花菖蒲と近くでみる花菖蒲では、また違った見え方があり、趣がありました。

そして、カエルの鳴き声の鳴りやまないこと・・・。
姿は見えないのに、鳴き声が止まらない。
「カエルはどこにいるんでしょうか」と問う私に対して森下先輩。

20160614_sa03.jpg先輩の「ここにいるよ!」という体の張ったボケに対して、そっとシャッターを切ることしか出来なかった新人の私。

そして、そうこうしているうちに本番が!

20160614_sa04.jpg(電話がかかってきて慌てる私)

 

本番は、本当に楽しく、あっという間に終わってしまいました・・・。
ただ、投げかけた質問に対して、石井先輩が全て正解だったことに、
少しだけ、ほんの少しだけ。
「そこは間違ってくださいよ・・・」
と思ってしまったことは、そっと私の胸の中に・・・☆
次回はどんな場所にいけるのか、いこうか。楽しみです。

ではここで、「花と○○」シリーズを・・・

20160614_sa05.jpg(花と私を撮るはずが、中継中に撮れてしまった、携帯と私)

20160614_sa06.jpg(これが、本当に撮りたかった花と私)

20160614_sa07.jpg(森下先輩撮影 花と大吉)

 

そして最後に。6月12日に放送された「どーも!NHKです」の新人紹介、ご覧になりましたか??

20160614_sa08.jpg

(私がどこにいるかわかりますか?)
 

私自身は、この番組を見て、同期に会いたくなってしまいました。本当に素敵な同期なんですよ。
各地で頑張る同期に刺激を貰いながら、私も頑張っていこうと思います。
ちなみに、タイトルの「うれしい知らせ」は花菖蒲の花言葉の一つです。
同期からのうれしい知らせも、福井の皆さまからのうれしい知らせも、聞ける日を楽しみに待っています!

では、また!!

投稿者:佐々木 芳史 | 投稿時間:11:01

2016年06月13日 (月)にんにくパワー! 【森下 絵理香】

こんにちは!福井局アナウンスの食いしん坊担当、森下絵理香です。
6月13日(月)放送のニュースザウルスふくいで、食探いろどりレシピを担当しました♪
今回ご紹介したのは、暑い夏でも元気が出る、「上志比(かみしひ)にんにくのスタミナそうめん」。
醤油とバターでこんがり味付けしたにんにくと、そうめん。
想像するだけで、じわ~っとよだれが出て、
おなかがすいてくるのは、私だけでしょうか。

訪れたのは、永平寺町上志比のにんにく農家。

20160613_m_1.jpg

山に囲まれ、見渡す限り田園風景が広がる地区。
風が吹くと、にんにくとネギが混ざったような青っぽい香りがします。
当日の気温は26度くらいでしたが、日差したっぷりで暑かったです。
普段は局内にいることが多いので太陽の光が心地よく、
ディレクターの方が用意してくださった日傘を使わずにいたので、かなり日焼けしてしまいました。

栽培中のにんにくは、下の写真のように、一見するとネギのよう。
黒いビニールの下の土の中に、私たちの食卓に並ぶ、白いにんにくが埋まっています。

20160613_m_2.jpg

生産者の方とお話しながら、実際ににんにくを収穫する体験もさせていただきました。
ポコっと抜けるので、気持ちがよい!

20160613_m_3.jpg農家の南保秀樹(なんぼ・ひでき)さんと、料理人の栗塚明(くりづか・あきら)さんと。

 

そして、家に帰ってからはレシピを再現。

20160613_m_4.jpg

写真のように上と下を切って、耐熱皿に入れ、ラップをして3分チンすると、
中の身がツルっと出るんですが……
切り落とす量が少なかったためか、少し苦労しました。

栗塚さんに聞いたところ、上手くやるコツは、上の部分を深めに切っておくことだそうです。
また皮が乾燥している市販のにんにくだと、加熱すると実だけが膨らむのでよりむきやすいそうです。

 

20160613_m_5.jpgそうめんがなかったので、ひやむぎで!
エリンギもトッピング。
半分食べた後は、マヨネーズをかけて~♪
にんにくの風味と醤油バターの香りが食欲をそそる、絶品料理です。


ジメジメとした日が続いていますが、美味しいスタミナ料理を食べて、乗り切りましょう!
くわしいレシピはこちら→http://www.nhk.or.jp/fukui/bangumi/irodori/

 

投稿者:森下 絵理香 | 投稿時間:18:40

2016年06月09日 (木)福井市安居地区でみつけ隊! 【羽生 ちひろ】

平成28年6月9日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、福井市の安居(あご)地区に行ってきました♪

20160609_h01.jpg

福井市中心部から、西へ車で20分ほどの所にある安居地区。
小高い山々と田園風景が広がる、自然豊かな里地里山です。
地区内では、ハッチョウトンボホトケドジョウなど、希少な生き物が見られるそうですよ!

20160609_h02.jpg

 

放送で紹介した内容はこちらです↓↓↓

☆地区の自慢☆
■オシッサマのお渡り
奈良時代からの歴史がある高雄神社の、秋祭りの中で行われる伝統の神事です。
「オシッサマ」とは、境内にまつられている神様のことで、地区の平和を願って、オシッサマが、神社から「松手の宮」と呼ばれるお宮へお渡りします。獅子の姿をしたオシッサマを先導に、はっぴ姿の村人や子ども達が、独特の歌と太鼓をたたきながら進みます。福井市の指定無形民俗文化財にもなっています。

「お渡り」が終わった後は、少し変わった行事もあります。供養米を蒸した「オンモク」と呼ばれるものを、若者が握りしめて、お宮の天上から下の参拝者に差し出します。参拝者は、その手に飛びついてオンモクを取り合います。これを食べると、無病息災と家内安全のご利益があると伝えられています。

20160609_h03.jpg

20160609_h4.jpg

 

■地区の歴史が詰まった資料室
寄贈された昔の農機具や生活用品、土器などを展示する「資料室」が公民館内に設けられています。
およそ60人から、240点余りが集まりました。火縄銃やなぎなた、明治時代に使われていたランプ、古墳から出土した縄文時代の土器などがあります。
おととしからは、住民グループが発足し、資料室の整備を行っています。資料を、分類や時代ごとに分けてより見やすく展示し直し、地区の歴史を後世に伝えようと活動しています。

20160609_h05.jpg

20160609_h06.jpg


 
☆地区のイチオシ☆
■ホタル
地区内を流れる未更毛川(みさらげがわ)に、たくさんのホタルが生息しています。
最盛期には、1日に800匹以上飛ぶそうです。
地区では、「安居の里を守る会」を発足して、ホタルが住みやすい環境作りに努めています。ホタルの幼虫の飼育に取り組んでいて、今年も公民館で育てた約300匹の幼虫を未更毛川に放しました。
また、成虫が飛び交う季節には、守る会のメンバーが川の周辺を毎日パトロールし、ホタルの数を記録すると共に、鑑賞に訪れた人への案内や、車のライトの注意などを呼び掛けています。
ことしは新たな試みとして、一般の人にもホタルを数えてもらおうと「ホタルポスト」を設置。中に入っている専用の用紙に、日時とホタルの数を記入して投函することができます。

20160609_h07.jpg

20160609_h08.jpg

 

※6月11日(土)午後7時~は、「ホタル観察会」が行われます。
 「安居の里を守る会」の皆さんが、未更毛川を案内してくれます。
 参加したい方は、安居公民館に予約を入れて下さい。
 
■問い合わせ
安居公民館
住所:福井市本堂町7-4
電話:0776-37-1234


20160609_h09.jpg

地区の皆さんが守るホタルの優しい光に、心が温かくなりました。

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:17:48

2016年06月09日 (木)福井の皆さま、初めまして 【佐々木 芳史】


はじめまして!

6月1日に福井に来ました。新人アナウンサーの佐々木芳史(よしふみ)です。
あだ名は「ふみたろう」です。アクセントは「こえがわり」と同じです。

「こえがわり」と言えば…いつの間に声がわりしていたのか。
膝の成長痛も経験せずに、ここまで大きくなりましたが
会う人会う人に、「幼稚園の頃から変わらないね~」と言われます。

20160509_sasaki1.jpg(参考画像:6歳頃の私)

 

そのため、「大人の男」という言葉への反応は過敏?になっています。

 

さて、今日6月9日(木)の「おはよう福井」をご覧いただいた方はご存じかもしれませんが・・・。

思えば研修から今まで。諸先輩方が語ってくださった失敗談を
「まあ、自分はやらないだろう」(今思えばこの時点から、今日の失敗が生まれた気がします)と思っていたのですが・・・

本当に失礼いたしました。
「ニュースの冒頭の原稿がない!」これには焦りました。
原稿を必死に探すこと約15秒(体感およそ1分)。
無事に見つかりましたが・・・。

今後は、原稿を一枚多くめくることなく、分かりやすいニュースをお伝えしていければと思います。これから末永くよろしくお願いいたします。

 

そして、明日(6月10日)は「情報たら福 いこっさ!きこっさ!」の公開生放送日です。(実は、6月2日から番組スポットのナレーションを担当させてもらっていました)

世界で活躍されている浦上雄次さんのタップダンス。これは…ぜひ見たい。
「公開」生放送です。2回言います。「公開」生放送です。
是非、NHK福井放送局第2スタジオまでお越しください。

私も番組のどこかで登場する予定ですので、是非お聞きください。
長くなってしまいましたが・・・改めて、福井の皆さまこれからよろしくお願いいたします!

20160609_sasaki02.jpg

 

投稿者:佐々木 芳史 | 投稿時間:16:58

2016年06月03日 (金)大野市阪谷地区でみつけ隊! 【高ヶ内 芽衣】

平成28年6月2日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、大野市の阪谷(さかだに)地区に行ってきました♪

大野市の北東部にあって、高原や山林が広がる地区です。
標高が高く、地区からは大野市街地が見下ろせます!

20160602_t01.jpg棚田が広がり、麦秋の時期でした☆

 

20160603_t02.jpg高原はとっても気持ちいい!

 

20160603_t03.jpg地区のキャラクター“さかずきんちゃん”と

 

20160603_t04.jpg奥越高原牧場の牛もお出迎え

 

 

放送で紹介した内容はこちらです↓↓↓

 

☆自慢☆
■有機栽培で作る農産物
地区では、有機の里づくりを推奨していて、野菜作りの基本となる肥料を作っています。
米ぬかや魚粉などを入れた「ぼかし」という有機肥料で作った野菜はおいしいと評判です。
また、阪谷の小麦を使ったクッキーや、野菜を入れた色とりどりのかきもち、大豆のお菓子など、地元の農産物を使った加工品も人気です。

20160603_t05.jpg阪谷の有機野菜を使った加工品

 

20160603_t06.jpg夏はぼかしで育てたひまわりが満開☆

 

20160603_t07.jpg

 

20160603_t08.jpg

 

■越前おおの阪谷桃木窯
地区のみなさんの交流を増やそうと、5年前から公民館で陶芸教室を開いています。
そこから、熱心に取り組む自主グループが生まれ、おととしの秋に本格的な陶芸工房と陶芸窯が完成しました。
大型の窯で、普通の大きさの皿や壺およそ100個を一度に焼くことができます。
今後は、阪谷の粘土も使って皿や器を作り、地区のイベントで使用する予定です。

20160603_t09.jpg20160603_t10.jpg

 

☆おすすめスポット☆
■六呂師高原
六呂師では、豊かな自然に触れ合えるだけでなく、見学や体験施設が点在しています。

●奥越高原牧場
およそ200頭の乳牛が飼育されています。
福井県内の酪農家で産まれた雌牛を預かっていて、2歳くらいになってお乳が出るようになったら酪農家へ返します。

20160603_t11.jpg近くまで来てくれることも!?

 

20160603_t12.jpg近くで見る牛は迫力満点☆かわいいよ^^

 

 <牛のえさやり体験>
土日祝日 午前10時からと午後2時からの2回
<「搾乳体験ロボット オクちゃん」による搾乳模擬体験>
平日の団体客など・事前予約が必要

□問い合わせ
奥越高原牧場
住所:勝山市平泉寺町池ヶ原230
電話:0779-88-1973

 

 

●ミルク工房奥越前 六呂師高原の時計台
アイスやバターの加工体験のほか、雄大な自然でのバーべキューなどを楽しむことができます。
6月7日からは、奥越高原牧場で絞った生乳を使ってアイスやバターを作ることができます。 

20160603_t13.jpg

20160603_t14.jpg高原を活かした結婚式は人気です。

 

 □問い合わせ
ミルク工房奥越前 六呂師高原の時計台
住所:大野市南六呂師169字東上谷野
電話:0779-67-1166

 

ご協力頂いた阪谷地区のみなさん、本当にありがとうございました。
またお会いできる日を楽しみにしています!

 

 

投稿者:高ヶ内 芽衣 | 投稿時間:15:57

ページの一番上へ▲