2015年12月

2015年12月26日 (土)越前大野を散策 【吉田 浩】

こんにちは。吉田 浩です。
師走もあと残すところわずか。日本酒が飲みたくなる季節になってきましたね。
そんな気持ちを後押ししてくれるかのように、大野市「酒升コレクションラリー」なるものが開催されていると知り、休みを利用して、福井から越美北線に乗って、越前大野へ行ってきました!

yoshida20151225-01.jpg
まずは、もちろん、大野のシンボル、「天空の城」で知られる大野城に行きました。
そこで目にしたのは、なんと『サクラ』の開花でした!
驚いている間もなく、すぐに撮影しました。市役所の方や大野城の方に伺うと、暖冬の影響と、急に冷え込む日が続いていて、サクラが春と勘違いしているのでは?とのこと・・・。
それにしても、この青空に薄い桜色。何とも言えないひとときでした。


yoshida20151225-2.jpg
そして、城をあとにして向かったのが、もちろん、今回のメイン。水が美味しいことでも知られている大野で、『酒升コレクションラリー』を行っている酒蔵です。4軒の酒蔵が参加していて、それぞれを訪ねて、酒升の一辺一辺を集めていきます。最後に観光協会で、底の部分を組み合わせれば、オリジナルの酒升が作れるというものです。もちろん、酒蔵では、試飲をしながら・・・。
途中では、名物の和菓子をほおばりながら・・・(笑)至福のひとときでした。


yoshida20151225-3.jpg
そして、こんな場所にも足を伸ばしてきました。
先月までは、境内のライトアップもしていたという「春日神社」です。
樹齢100年を越えるスギとヒノキが、根本の部分が一つに結ばれ、1本の木のように立っていることから『良縁の樹』と言われ、縁結びの象徴となっているんです。
以前、羽生キャスターが、綺麗なライトアップの様子を伝えていました。そして、恋愛のご縁を求めて「右回り」をしていましたよね。私は迷わず、「人生のご縁」を求めて、「左回り」をしましたよ(笑)
更に、より「御利益がありますように」との願いを込めて、良縁の樹の根本に近いところで、パシャリ。
意外と信心深い、ヒロシーニョでした。


さて、いよいよ今年も終わりですね。
福井に来て半年。福井で出会った沢山の人達に支えられて、年を越すことになりそうです。
来年は、これまで以上に、精力的に動いていきたいと思っています。

来年、2016年が、皆さんにとって「いい年」でありますように・・・。
よいお年を。

投稿者:吉田 浩 | 投稿時間:10:00

2015年12月24日 (木)自然界も秋から冬へ 【吉田 浩】

こんにちは。吉田 浩です。

あっという間に年末が近づいてきて、福井でも初雪や初氷のたよりが届くようになりました。

福井市内にも、冬の名物「みどりのスコップ」がお目見えしてきましたね。
私、ヒロシーニョは、福井で初めての冬。本格的な寒さへの警戒が続いています・・・(笑)

yoshida20151224-1.jpg
さて、今回は、通勤途中に見つけた「自然界の冬」を写真におさめてみました。
まずは「シダレザクラの最後の3枚」です。

3枚が寄り添っている様子が、我が家を想像させ、思わず撮影してしまいました。
ただ、この日は強い北風。次の日には、もうその姿はありませんでした。
自然のはかなさを感じてしまいました。


yoshida20151224-2.jpg
そして、その先50メートルくらいの場所で遭遇したのが、この『赤とんぼ』です。

私がカメラを構えている場所からの距離は、わずか20センチ。
それでも、飛んでいかない状況を考えると・・・。
季節の移ろいと、自然界の厳しさも感じました。

その30分後。通りかかると、そこにはもう、その姿はありませんでした。
その状況に、少しだけ安堵した、ヒロシーニョでした。

投稿者:吉田 浩 | 投稿時間:10:55

2015年12月21日 (月)休日のあさ 【吉田 浩】

こんにちは。吉田 浩です。
短い秋が過ぎ、街も一気に冬の装いになっていますが、
皆さんは湯冷めして風邪などひいていないですか?
私、ヒロシーニョは、髪を切って、少し風邪気味です。

yoshida20151221-1.jpg さて、前回も、休日のひとときをお送りしましたが、今回は「休日のあさ」のお気に入りの場所です。
朝7時過ぎ。のんびり歩いて30分ほどの所にあるカフェ。
7時開店の店内は、このように、誰もいません。
朝日が差し込む窓際の席に座って・・・。

 yoshida20151221-2.jpg

大好きな『読書』にふけります。
傍らには、濃いめのコーヒーを・・・。
冬になって、今まで以上に、左肩方向から差し込む日差しに「温かさ」を感じながら、1冊読み終えるまで、午前中いっぱいゆっくり過ごします。

 

「休日のあさ」のひととき。
このひとときあってこそ、週明けからも仕事に頑張れます。

 

投稿者:吉田 浩 | 投稿時間:18:39

ページの一番上へ▲