2011年7月

2011年07月22日 (金)特別展 【羽生 ちひろ 】

先日、福井県立恐竜博物館に行ってきました。

『ほやほや気分』の中の新コーナー"PhoneでNow"でもご紹介した、

特別展を見てきましたよ。

 

今回のテーマは「恐竜の成長」

トリケラトプス、ヒパクロサウルス、パキケファロサウルス、そしてティラノサウルスの

4種類の恐竜で紹介されていました。(噛みそうな名前ですね・・・)

 

個人的に面白かったのは、ヒパクロサウルスの成長。

頭に盛り上がったトサカのようなものがあり、

そこを共鳴体として音を出すんだそうです。

音楽を勉強していた私には、興味津津の内容です。

成長に伴ってトサカが大きくなり、音にも変化が出てくるそうで・・・

実際に成長の過程で変わる3種類の音を聞き比べることができました。

赤ちゃんの時はピーピーという高音。

大人になると、ボーンという低い音に変わりました。

共鳴体が大きくなると、音が低くなる。

楽器の構造に似てる!!

楽器みたいな構造を持つ恐竜もいたなんて、面白い発見でした。

 

この他、精巧に作られたロボット「アニマトロ二クス」や、

実物の世界最大のティラノサウルスの頭骨もあり、

楽しく学べました。

 

私も、これからもっともっと大きく成長したいなぁ。(体じゃなく。)

頑張ります!!

kyouryu.jpg全長12メートル!

ティラノサウルスのアニマトロ二クスの前で。

迫力満点!!

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:16:23

ページの一番上へ▲