平山 裕子

2014年08月28日 (木)食探!レシピ お家で楽しクッキング♪ 【平山 裕子】

今年度から、お料理コーナー『食探!いろどりレシピ』が始まり、
『これは、チャンスっ!!!』と、お料理を頑張ってみよう
と、私、心に誓ったんです!

ということで、有言実行!
今回お伝えした
『吉川ナスのカルパッチョ』をロケに行く前に作ってみることにしました。
吉川なすが手に入らなかったので、この時は、よくみる細長いナスで作りました。


★まず、ナスを薄切りにして、フライパンで焼いていきます。
ニンニクとオリーブ油で焼いていくのですが、、、ここで問題発生っっ!

140828-1.jpg
ニンニクが天ぷらのように上がってしまってフライパン全体に広がらないのです。。。
後日、浅利さんにお伺いしたところ、油の温度が上がりすぎると固まってしまうので、温度が低いうちに入れるのがポイントだそうです。


それから、トマトを輪切りに切っていくのですが、これがまた一苦労。
トマトが潰れてしまってきれいに切れないのです。

140828-2.jpg
浅利さんにポイントをお伺いすると、トマトを支える手を、まな板につけて固定すると、トマトが安定して、きれいに切れるそうです。
実際に、手を固定してみると、私でもきれいにトマトを輪切りに切ることができました。


そのあと、レシピどおりに、サイコロ切りにしたナスをパプリカ、エビと一緒に炒めました。
(この時、ズッキーニは、手に入りませんでした。)
パプリカを入れると、色どりがきれい~♪

140828-3.jpg
その後、ナスを千切りにして、上に乗せて完成~☆★☆

140828-4.jpg
いかがでしょうか・・・?  私なりに頑張りました!

このお料理、なんといってもフライパンひとつで、おしゃれに仕上がってしまうところが魅力的でした。さすが、浅利シェフっ!!!

ロケの当日は、大きくて立派な吉川ナスを収穫して、お料理しました。


生産農家の徳橋岑生(とくはし・みねお)さん、ありがとうございました。

140828-5.jpg
140828-6.jpg甘みがあって、大きくてまぁるい吉川ナス、堪能しました!

これからも、お料理、頑張ろう~☆

投稿者:平山 裕子 | 投稿時間:17:14

2014年08月15日 (金)社交ダンス、がんばルンバっ♪@福井県大会 【平山 裕子】

先日、7月27日(日)、県生活学習館で開催された社交ダンスの大会『中部日本ダンス競技福井県大会』に出場してきました。
20140815hirayama2.jpgこの大会は、主に東海北陸地区のプロとアマチュアの社交ダンスの選手が出場して、踊りの正確さや美しさを競う大会です。
大会が行われるペースは、だいたい1カ月に1回くらいのペースで、東海北陸地区の各県をもちまわりで、開かれています。


さて、今回の大会で私が出場したのは、アマチュアのラテン部門
サンバという曲を踊りました。

20140815hirayama.jpg

 サンバは、とっても明るくて元気のいい曲!
ラテンの踊りは、男女が離れて大きく動くステップが多いため、衣装も勢いのあるデザインなんですよ~。

競技ダンスの大会では、『音楽に合わせて正しいステップを刻んでいるか』がとっても大事な採点ポイント。
でも、どの曲が流れるかは、踊るまでわからないのです。

落ち着いて、カウントを数えて、、、そして、楽しく元気に!
一次予選では、いまひとつ自分らしい踊りができず、
次に進めるかドキドキドキ。。。

なんとか通過できて、次は準決勝。
準決勝では、自分なりに楽しく踊れたという充実感はあったものの、ん~悔しい。
今回は、決勝までいけませんでした。

この社交ダンスの大会に出場している人の年齢層は幅広く、80歳を超える人も元気に踊っているんですよ。
無理なくそして楽しく続けられる生涯スポーツですね。

大会に出場すると、自分の学生時代を思い出すような大学生の選手や、それぞれ仕事は違えど大好きなダンスと長く向き合って極めている方、そして、生涯現役、年齢なんて関係なく元気に踊っている方などなど、キラキラと目を輝やかせて踊っている方と出会えます。20140815hirayama3.jpg

(同じお教室のみなさんとパチリ)

私も頑張らないとなぁ~といい刺激をもらい、きょうも寝る前のストレッチ、そして、次の大会に向けて、練習頑張っています☆
やるからには、何事も全力でやったほうが、楽しいっ!
社交ダンス、これからもがんばルンバっ♪

投稿者:平山 裕子 | 投稿時間:16:55

2014年08月11日 (月)ほやほやみつけ隊 嶺南へ行ってきました~☆ 【平山 裕子】

暑い日が続いていますが、夏バテなどしていないですか。
先日、
ほやほやみつけ隊で、嶺南へ行ってきました。

hirayama0811.jpg

1日目は、おおい町大島地区
ここでは、
『五目釣り』を体験しました。
『五目釣り』の『五目』とは、五目ずしが具だくさんのお寿司というのと同じように、四季折々、旬のいろんな魚がたくさん釣れるということからきているそうです!

ところが、この日は、釣りをはじめた時間が遅かったこともあり、釣果は、、、。
地元の方4人と一緒に、2時間釣った結果、全部でアジが6匹とヒイラギが1匹。
私は、ヒイラギ1匹だけでした。。。
う~ん、悔しい。今度、リベンジしたいと思います☆

その後、大島地区の漁協女性部『島じゃこ倶楽部』を訪ね、
『アジのぬた』の作り方を教えていただきました。
地区のみなさん、とっても明るい方ばかりで、笑顔あふれるひとときを過ごすことができました。ありがとうございます。

2日目は、高浜町の内浦地区
こちらでは、
『たこ漁』を体験しました。
今回のたこ漁は、長いロープに、12、3メートル間隔で、10個から20個のカゴをつけて沈め、2、3日後に引きあげます。カゴにタコが入っている確率は、およそ1割ほど。
この日は、27個のカゴを引き上げて、5匹のタコが獲れました。
中には、手のひらサイズのタコもカゴに入っていて、かわいかったですよ~。

内浦地区のみなさんも優しい人ばかりで、楽しいひとときでした。
これからも福井で、たっくさんの魅力に出会っていきたいです♪

みどりのはっぴ、みかけたら声をかけてくださいね!

hirayama0811-2.jpg

投稿者:平山 裕子 | 投稿時間:14:36

2014年06月09日 (月)社交ダンスの大会に出場しました! 【平山 裕子】

福井の社交ダンスのスタジオを訪ねた時、
『やっぱり、私ももう一度、真剣にダンスに取り組みたい。
あんなふうに、華麗に、かっこよく踊りたい。』そんな気持ちがこみ上げてきました。

そして、およそ1年。
今、私は、社交ダンスの競技会に出場して、楽しく、かつ真剣に踊っています!

5月25日(日)に、社交ダンスの大会が、福井県で開かれました。
この大会は、社交ダンスの技術や表現力を競う大会で、この日は、およそ700組が参加しました。

hirayama0609-1.jpg
出場者は、下は大学生から、上は80歳以上。とても幅広く楽しめるスポーツです。

会場に入ると、踊る位置を確認したり、ステップの復習をしたりして本番に備えます。
競技が始まると、私は、同じスタジオの人と『頑張ろうね!』声を掛け合ったり、予選通過を一緒に喜んだりしていました。
そして、以前、ダンスの取材をさせていただいた方にもお会いすることができ、とても嬉しかったです。

年齢や職業を超えて、大好きなダンスを、一生懸命、頑張る。
本当に、最高に楽しくて、緊張もするけれど、ワクワクします。

実は私、学生時代に少しだけ競技ダンス部に所属していたんですが、途中でやめてしまったのです。どうして途中で諦めてしまったんだろうなぁ、と後悔することも今まで何度も何度も何度もありました。
だからこそ、今、こうやって、踊れることに感謝でいっぱい!
そう、思い立ったら吉日っ☆
『やろう!』と思った時からが始まりなんですよね。
社会人になってから、ダンスも再スタートしました。これからも、頑張ります!!!

ちなみに、ダンスの大会は、チケットを買うと、誰でも見ることができますよ♪
福井での大会、次は、7月27日(日)に県生活学習館で開催予定です。

hirayama0609-2.jpg(ダンスの時の髪型は、おだんご!このような感じで踊っています。)
※そして、大会に集中しすぎた私、ほとんど写真を撮っておりませぬ。すみません。

投稿者:平山 裕子 | 投稿時間:17:50

2014年05月15日 (木)地元・愛知で、世界一周旅行?! 【平山 裕子】

5月に入ってから、日射しがたっぷり降りそそぐ日には、半袖でも暑いくらいに感じます。
5月の大型連休は、実家に帰り、お久しぶりに大学時代のゼミの友達で集まりました。

向かった先は、愛知県犬山市にある野外博物館。
世界各国の民族文化を体験し、世界の料理を食べたり、民族衣装を着たりすることができます。

こちらは、インドネシアのエリア。

hirayama1405-1.jpg

インドネシアは、大学の異文化体験プロジェクトで、1週間ほど行った場所です。
お香の香りやバリ島の民族衣装を見ると、インドネシアでの想い出話にも花が咲きます。
インドネシアの現地の大学生とお互いの文化紹介をしたり、伝統楽器を習ったり、水牛に乗ったり、自由時間にバリダンスを体験したりしました。
当時出会った友達とは、なかなか会うことができないけれど、今も連絡を取りあっていて、いつも、いい刺激を受けています。本当に学生時代の貴重な体験と出会いに感謝ですね。

インドネシア料理もとっても美味しくて、日本で言う焼きめしのような『ナシゴレン』をはじめ、たまに無性に食べたくなります。

そして、こちらは、フランス。

hirayama1405-2.jpg

フランスのアルザス地方の民族衣装がとってもかわいらしいので、衣装を着て、はい、ポーズ!(^u^)。
大きなリボン型の帽子と赤いスカート、そして黒いエプロンが特徴です。
学生時代に戻ったかのように、みんなで、はしゃいでいました。

心からたくさん笑って、想い出話に花が咲いた休日でした☆

投稿者:平山 裕子 | 投稿時間:16:49

2014年03月18日 (火)シャキシャキ生わかめの春満載パスタ! 【平山 裕子】

3月も半ばを過ぎ、いつ桜が花開くかと、開花情報を何度も見てしまう今日この頃。
早く暖かい春が来ないかなぁと、待ちわびています。

さて、福井でも、春の訪れを感じる食材が、たくさんあります♪
今日の
ザウルスプラスの内容をご紹介します!
福井の旬な食材を使って、プロの料理人に家庭でもできるアイデア料理を作ってもらいました。

今回の食材は、「生わかめ」です。

hirayama0318-01.jpg
美浜町の生わかめは、3月から5月の大型連休までが旬です。
漁は、海士(あま)が素潜りで行います。

hirayama0318-02.jpg
こちらは、日向地区で、わかめ漁の組合長を務める高田良二さん
食感シャキシャキの美味しいわかめを食卓に届けようと、春まだ寒い海の中、海士さんたちはわかめ漁に精を出していました。
取れ立てのわかめを舟の上で食べさせて頂きましたが、本当にシャキシャキ食感で美味しかったです。


料理を作ってくれたのは、福井市内の結婚式場で総料理長を務める浅利慶治さんです。

hirayama0318-03.jpg浅利さんは、東京の有名ホテルで料理長を務めた経験もあるベテランシェフ。
フレンチやイタリアンなどを得意としています。
そんな、浅利さんが作ってくれた料理は、
「シャキシャキ生わかめの春満載パスタ」

hirayama0318-04.jpg
生わかめの他にも、ヤリイカやサクラエビ、菜の花も彩りを添えて、まさに春満載のパスタでした。
味は、わかめの茎のコリコリした食感と葉のシャキシャキした食感が食欲をそそります。また、色どりも鮮やかできれいなので、お家でも作ってみたくなりました。

使う材料は、こちら!

hirayama0318-05.jpg
料理手順です!

<生わかめの下準備>
・真水でよく洗い、汚れやぬめりをとる。
・わかめの食感を生かすため、葉と茎の部分を切り分ける。


<料理手順>
・スパゲッティをゆでる。(大きめの鍋に4リットルの湯を沸かし塩を加える)
※企画では、乾麺1.4mmを使用。ゆで時間は4分半
・フライパンにオリーブ油を入れ、わかめの葉を強火で色が変わる程度に炒める。
※炒めた葉は、別皿に移しておく
・フライパンにオリーブ油を入れ、にんにく(みじん切り)、赤とうがらしを入れる。
※赤とうがらしは、種は、辛みが強いので、種を取り除く。
・にんにくがきつね色になったら、切り分けたわかめの茎、ヤリイカ(輪切り、足)、下ゆでした菜の花を炒める。
・塩・こしょうで味付けをする。
・サクラエビ(乾燥)を入れる。
・トマト(中玉)を食べやすい大きさに切り、加える。
・ゆで上がったスパゲッティを加える。
・ゆで汁、塩、こしょうで味を調える。
・最後に、炒めたわかめの葉を加えて、絡めたら完成です!

パスタにわかめがこんなにも合うなんて、初めて知りました。

そして、こちらは、放送では、紹介しきれなかったのですが、
浅利さんのアイデアわかめスイーツです☆★

hirayama0318-06.jpg
左がわかめ入りのプリンで、右が蒸しケーキです。
プリンや蒸しケーキの甘みとわかめの食感が抜群に合うんです。
日向漁協の女性部の方も、わかめをスイーツに使うという発想に興味津々。
こどもたちのおやつに作ってみたいと好評でした。

みなさんもぜひ!作ってみてくださいね。
私もチャレンジしてみます~(^u^)

hirayama0318-07.jpg

投稿者:平山 裕子 | 投稿時間:18:55

2014年03月13日 (木)小浜☆冬のお魚総選挙! 【平山 裕子】

最近、ちょっぴり日射しが暖かくなってきたな、と喜んで春のストールにしたら、
次の日は、冷たい風が吹いていて、マフラーが手放せなくなるんですよね。
早くポカポカの春が来てほしいです♪

さて、先日、『ニュースザウルスふくい』で放送した、小浜『冬のお魚総選挙』
今度は、
3月15日(土)『おはよう日本』(朝6時から8時)にも登場予定です!

『冬のお魚総選挙』の立候補者は、
『ふぐ』『かに』『甘えび』『かれい』『かき』の5種類!
みなさん、どのお魚が好きですか?

まず、こちらは『若狭ふぐ』

hirayama0313-1.jpg
写真は、刺身と、お鍋のてっちり
透き通った身、おいしいだしが出ているお鍋。匂いだけでお腹がすいてしまいます。
今回、取材に協力していただいた、いけす割烹のおかみさん、お客さんとパチリ!

hirayama0313-2.jpg

 

このお店には、昔からよく来ているそうで、とても和気あいあい、楽しそうにお食事をしていて、こちらまで笑顔になってしまいました。

ちなみに、、、撮影は、こんな風にカメラをまわして、食材を撮っているんですよ~。
素材の良さをしっかりと映すために、こうやって光を当ててひとつひとつ丁寧に撮っていきます。

hirayama0313-3.jpgおかみさんの友本まゆみさん
お忙しい中、協力していただきましてありがとうございました。


そして、こちらは、『かき』

hirayama0313-4.jpg

 

若狭湾の綺麗な水で、育てられるかきの磯のかおりとプリプリの身は、
見ているだけでしあわせ♪
甲ケ崎で、かきを大切に育てている藤田弘文さん
には、かきの養殖の様子から出荷作業まで、いろいろ見せていただき、私もさらに、かきの魅力にはまっていきました!

hirayama0313-5.jpg

 

そして、こちらは、かき料理の取材に協力していただいた阿納地区の旅館のお客さん、
仲居さんとの写真。

hirayama0313-6.jpg

 

仲良し親子で小浜に旅行に来たそうです☆
大人になっても家族で旅行ってワクワクたのしいですよね☆
協力してくださったみなさま、ありがとうございました。

このお魚総選挙のリポートは、
3月15日(土)『おはよう日本』で放送予定です♪
ぜひ、見てくださいねっ☆

最後に、お魚総選挙の結果発表の日にみなさんとパチリっ!!!

hirayama0313-7.jpg小浜市商工観光課の武田弘さんをはじめ、たくさんの方にご協力いただき、本当にありがとうございました!!!私も海の幸を楽しみに、また、小浜に遊びに行きたいですっ♪

 

投稿者:平山 裕子 | 投稿時間:18:06

2014年02月03日 (月)アカリ・イマージュ@金津創作の森 【平山 裕子】

寒い日が続く中、ポッと花が咲いたように、暖かな日射し降り注ぐ日には、
必ずといっていいほど、お散歩したくなるきょうこの頃です。


さて、
そんな穏やかな日に、あわら市の金津創作の森の『アカリ・イマージュ』を見てきました。
展覧会や展示会、アートの世界を見るのは、私にとって、心の栄養剤。
毎回、ワクワクして訪れます。

hirayama140203-2.jpg
『アカリ・イマージュ』は、5感で感じるアートでした。
テーマのとおり、「感じて楽しむ光」「作って楽しむ光」「使って楽しむ光」、まさに、『楽しみ』がたくさん詰まっていました。
①ブロックを転がすと、色が出てきます。私の心は、何色だろう、、、?

②自分の影に色がつきます。一緒に作品を見ていた人とも、『いろんな色の影になりますね』と会話が弾みました。アートを通して、コミュニケーションが生まれました。
③こちらは、私が座っているフワフワしたところもアート作品!中心部が光っています。
そんなアートの中に座って、見上げると、たくさんのヒカリが降り注いできます。
キラキラしていて、とってもきれい♪なんだか、嬉しくて満面の笑みに☆


hirayama140203-1.jpgアートが身近に感じられた、ワクワク楽しいひとときでした!
あわら市の金津創作の森の『アカリ・イマージュ』は、3月2日(日)まで開催しています。

投稿者:平山 裕子 | 投稿時間:15:45

2013年11月29日 (金)キャラバン IN 敦賀 【平山 裕子】

寒くなってきましたね。
私は、毎日、ストールが手放せません。
その日の気分や服に合わせて、ストールの色を考えるのも、
また、寒くなってきた季節ならではの楽しみのひとつです。

さて、先日は、『ニュースザウルスふくい』キャラバンとほやほやみつけ隊で、
敦賀に行きました。みつけ隊のロケで、ギンナンを取材したのですが、、、

IMG_6001.jpgギンナン、とても、美味しかったです♪
香りがよく、ほどよい苦みがアクセントになっていて、食感もホクホク!

キャラバンの時には、紹介しきれませんでしたが、獲れたてのギンナンは、フライパンで炒めるだけでも香りがたってとっても美味しかったですよ~。

IMG_6015.jpg
ロケの日も、『三種のキノコとギンナンの炒めもの』や『ギンナンの混ぜご飯』など、
たくさんのギンナン料理を作っていただきました。

11月15日(金)のキャラバン当日も、ギンナンとチーズを合わせたカップケーキの『ギンナンスイーツ』を持ってきていただきました。どれもとっても美味しかったです♪

IMG_6018.jpg
(写真:ギンナンの特産化に取り組んでいる坂本功さんとご家族のみなさん)

『ほやほやみつけ隊』、毎回、新たな発見と、たくさんのステキな出会い!
次回は、どこへいこうかな。
緑のはっぴ、見かけたら声をかけてくださいね。

投稿者:平山 裕子 | 投稿時間:17:04

2013年10月08日 (火)♪マコモ♪ 【平山 裕子】

先日、『ほやほや通信局』で紹介をした『マコモ』が気になり、さっそくお家で、クッキング!

まずは、マコモタケの皮を剥いていきます。どこまで、剥けばいいのだろう、、、と迷いながら白い部分が出てくるまで、ムキムキムキ。。。

131008-1.jpg

繊維にそって、切ります。

131008-2.jpgこんなかんじでしょうか。
次は、炒めます。おいしくなぁれ☆★

131008-3.jpg途中、どこまで炒めたらいいか迷いましたが、細く切ったおかげで思ったより早く火が通り、食感もシャキシャキしていて、ほどよく炒めあがりました(^u^)

131008-4.jpgこの日は、ベーコンと合わせてできあがり!!!
シャキシャキとした食感が食欲をそそります♪
新しい食材のレパートリーが増えて嬉しいですっ♪

投稿者:平山 裕子 | 投稿時間:17:06

ページの一番上へ▲