2021年05月28日 (金)越前市・粟田部地区でみつけ隊!【羽生 ちひろ】

5月24日(月)の「ほやほやみつけ隊」は、越前市の粟田部(あわたべ)地区をご紹介しました。

桜やもみじの名所として知られる「花筐(かきょう)公園」があります。

 

20210528_1.JPG20210528_2.JPG

 

この時期は新緑が美しく、地元の皆さんは緑のもみじを「春もみじ」と呼んで親しんでいます。

 

20210528_3.jpg

粟田部地区は継体天皇とゆかりが深く、

地区のキャラクターも継体天皇がモデルになっています。

その名は「おおとのん」。

継体天皇の即位前の名前「男大迹皇子(おおどのおうじ)」から名付けられました。

 

20210528_4.jpg

今回の指令は、一福丸からではなく、「おおとのん」が出してくれました!

指令 おおとのんクイズに挑戦!

 

地区内の継体天皇ゆかりの場所でクイズに答えます。

まずは花筐公園で出題。

Q:継体天皇がこの地に残した形見は?

 

20210528_5.jpg

答えは、桜。

継体天皇の即位の際、都に上る前に自ら植えたとされる「薄墨桜(うすずみざくら)」が花筐公園内に残っています。

 

続いての「おおとのんクイズ」は、

継体天皇の子が生まれた時、産湯に使ったとされる「皇子ヶ池(おうじがいけ)」から。

Q:その子、後の第27代天皇は、何天皇?

 

20210528_6.jpg

答えは、安閑(あんかん)天皇。これは難題ですね・・・。

ちなみに、第2皇子の宣化(せんか)天皇の産湯としても使ったそうです。

 

次なるゆかりの場所は、継体天皇をまつる「岡太(おかふと)神社」。

 

20210528_7.jpg

この神社の神事にも継体天皇が関係していました。

 

20210528_8.jpg

毎年2月に行われる「蓬莱祀(おらいし)」。

継体天皇の即位を祝って始まったと伝わっています。

地区民総出で練り歩く「山車巡行」が風物詩になっています。

明治時代から長く中断していましたが、昭和59年に復活。

復活後に音頭取りが歌うようになった『木遣り唄(きやりうた)』が、今や山車巡行に欠かせないものになっています。ただこの木遣り唄、蓬莱祀には直接関係ない歌ばかり組み合わせて作られたんです。

 

20210528_9.jpg

祝い事の歌や、家を建てる時の歌、農作業の時の歌など、古くから地区に伝わる歌を中心に組み合わされました。

ここで「おおとのんクイズ」。

Q:神事に関係ない歌を組み合わせたのはなぜ?

 

20210528_10.jpg

それは、半日かけてまわる長丁場の山車巡行を飽きさせないため

いろんな歌を組み合わせ、さらにみんなの知っている歌にすることで盛り上げていました。

 

20210528_11.jpg

継体天皇ゆかりの粟田部地区。

その歴史を大切に、そして楽しみながら伝えていました。

 

20210528_12.jpg

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:14:07

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲