2019年02月28日 (木)福井市・明新地区でみつけ隊!【羽生 ちひろ】

2月28日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
福井市の明新(めいしん)地区に行ってきました♪

地区の北側に九頭竜川が流れる、明新地区。
福井市の中心部からほど近く、住宅地が広がります。福井市の中でも人口が多い地区です。

20190228h01.jpg

今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■ママたちの交流の場「ポシェット」 
子どもを持つ母親たちのグループです。母親の心のゆとりや、地域の人との交流を図ることを目的に、月に1回程度、ママ達自らが企画して講座を開いています。内容は絵本ライブや、めい想ヨガ、教育費を考える講座、ファッション診断など、様々。参加者からは、「ポシェットを通じて友達ができた」とか、「ママ同士で情報交換もできる良い交流の場」といった声が聞かれます。

20190228h0203.jpg


■高齢者学級「明新大学」 
高齢者の生きがいづくりや、仲間づくりを目的とした講座です。60歳以上の160人近くが参加しています。大学というだけあって、様々な分野の教室が開かれます。芸術や、教養、歴史、健康、防災、交通安全などがあり、みんなで楽しみながら、有意義な時間を過ごしています。

20190228h0405.jpg

イチオシ
■武将・新田義貞との関わり  
地区内の「新田塚」という地名。実は、南北朝時代の武将・新田義貞(にった・よしさだ)に由来しているんです。

20190228h6.jpg(新田義貞!一乗谷の朝倉氏遺跡保存協会から甲冑(かっちゅう)をお借りしました)

足利尊氏と対立して敗れた義貞は越前に逃れ、藤島の戦いで命を落としました。
それから300年以上経った江戸時代。田を耕していた百姓の嘉兵衛(かへい)が器のようなものを掘り起こし農具として使っていました。(※諸説あります。)

20190228h7.jpgある時、その器が福井藩の軍学者・井原番右衛門(いはら・ばんえもん)の目に止まり調べたところ、戦死した新田義貞の兜(かぶと)と鑑定されます。

20190228h8.jpg掘り起こされた地に石碑ができ、以降この地は「新田塚」と呼ばれるようになったと伝わっています。
今ではお堂が建てられ、地元では「新田神社」と呼ばれ大切に守られています。

20190228h9.jpg毎年、春の祭礼やどんど焼きを行うなど、地域の交流の場にもなっています。

20190228h10.jpg

賑やかな町並みの中に、いにしえの歴史を垣間見ることができました。
明新地区の魅力、たくさん掘り出せたかな。

20190228h11.jpg

 

■明新地区への問い合わせ■
明新公民館
住所:福井市灯明寺町35-1-1
電話:0776(22)7880

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:30

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲