2018年01月18日 (木)坂井市大関地区でみつけ隊!【羽生 ちひろ】

平成30年1月18日(木)放送。今年初めての「ほやほやみつけ隊」は、
坂井市の大関(おおぜき)地区に行ってきました♪
坂井平野のほぼ中央に位置し、360度遮るものが無い、広大な田園風景が広がります。
「大関」の名にちなみ、相撲で町おこしを行っている地域でもあります。

20180118h01.jpg今回は、大関地区のこの時期の魅力を紹介しました!こちら↓↓↓

 

☆地区の自慢☆
■コハクチョウ 
毎年1月~3月に、坂井町西地区の水田にコハクチョウが舞い降ります。多いときには100羽以上来る時も。地域では、コハクチョウが過ごしやすいよう、農閑期にも田んぼに水を張る「冬水田んぼ」を増やすなどの取り組みも行っています。

20180118h2_3.jpg


■大関駅のイルミネーション 
地区の玄関口である、えちぜん鉄道の「大関駅」を、「大関まちづくり協議会」が、毎年イルミネーションで彩ります。駅の特徴でもある「斬新なデザインの自転車小屋」を中心に飾り、電車の中からもイルミネーションが楽しめるようになっています。
※2月17日(土)まで。時間:午後5時~10時。
「大関コミュニティセンター」でもイルミネーションを行っています。

20180118h4.jpg


☆イチオシ☆
■郷土料理「ごんざ」 
古くから、特に冬場に各家庭で食べられている郷土料理。
細く切った大根に、打豆(うちまめ)、薄揚げなどが入った煮物です。
大関地区では、大根を細く切る時に使う調理器具を、古くから「ごんざかんな」という愛称で呼んできました。道具に料理の名前がつくほど、頻繁に作られてきたそうです。

20180118h5_6.jpg


地区で愛されてきた味と、みなさんのはつらつとした笑顔に、お腹も心もいっぱい!
大関地区の冬を満喫しました。

20180118h7.jpg


■大関地区への問い合わせ■
大関コミュニティセンター
住所:坂井市坂井町東12-5-1
電話:0776(72)1957

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:45

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

ページの一番上へ▲