羽生 ちひろ

2018年10月25日 (木)福井市上文殊地区でみつけ隊!【羽生 ちひろ】

10月25日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
福井市の上文殊(かみもんじゅ)地区に行ってきました♪

文殊山を背に田園が広がる農村地帯です。

20181026h01.jpg


今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■稲っ子クラブ 
上文殊小学校の5年生が、毎年、稲の生育調査に挑戦しています。地域のボランティアが指導を行い、田植えや稲刈りをするだけでなく、それぞれ自分専用の稲株を作り、2週間に1度は田んぼに出向いて稲の成長を記録するなど、責任を持って育てています。
子ども達が育てた米は、「お米送り事業」として、東大寺に献上しています。

20181026h0203.jpg


■「まぼろしのさといも」 
およそ60年前に地区で偶然見つかった品種。一般的な里芋に比べると、茎は赤黒く、実は大粒で柔らかいのが特徴です。新北山生産組合が「まぼろしのさといも」と銘打って、800株ほど育てています。
毎年地元小学生を対象にした収穫体験を開いたり、収穫した里芋を地区のイベントでシチューにして振る舞ったり、広くPRしています。

20181026h0405.jpg


☆イチオシ☆
■明智光秀との関わり 
「本能寺の変」で知られる、戦国武将・明智光秀。

20181026h06.jpg(明智光秀のつもり)


織田信長の家臣となる前は朝倉家に仕え、越前の国に住んでいました。
上文殊地区内の東大味(ひがしおおみ)集落に妻と共に暮らしていたとされ、ここで生まれた子どもが、あの細川ガラシャなんです。

20181026h0708.jpg(細川ガラシャのつもり)


そんな東大味集落には、明智光秀のある逸話が残されています。
織田信長が、越前一向一揆を平定しようとした際、明智光秀が、世話になったこの地は攻め入らないよう、織田方の柴田勝家に頼んだと伝わっているんです。
地区にある「西蓮寺(さいれんじ)」には、それを約束する、柴田勝家の書状と、勝家の家臣・柴田勝定から出された安堵状が残されています。

20181026h0910.jpg(※書状は非公開です。)


「本能寺の変」で、逆臣・天下の謀反人と呼ばれた明智光秀。
しかしこの地では、光秀からの恩義を語り継ぎ、光秀の木像を作って密かにまつってきました。
武家社会が終わりを告げた明治になってようやく、「明智神社」と名付けたほこらが建てられ、それ以降、毎年、命日法要を欠かさず営み、今も住民たちで大切に守られています。

20181026h11.jpg


波瀾万丈の生涯を過ごした明智光秀が、心穏やかな暮らしをおくった上文殊地区。
この地では、今も優しく静かな時が流れていました。

20181026h12.jpg

※今回、かっちゅう姿や、お姫様、町人の衣装を、朝倉氏遺跡保存協会からお借りしました。
誠にありがとうございました。

 

■上文殊地区への問い合わせ■
上文殊公民館
住所:福井市北山町34-1
電話:0776(41)0516

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:30

2018年09月28日 (金)新米うまい! 【羽生 ちひろ】

待ってました!
実りの秋!食欲の秋!

毎年、この時期の楽しみといえば「新米」。
先日大野に帰った時に、ことし初の新米を食べました!!

20180928h01.jpg真っ白、つやつや~。
なんとも幸せな瞬間。
ことしは、猛暑や台風で大変でしたよね。
農家の皆さんのご苦労を思いながら、かみしめていただきました。
恵みに感謝!!

次の、私の「実りの秋」の楽しみは、里芋!!
早く煮っころがしが食べたいな~♪

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:15:37

2018年09月27日 (木)越前市北日野地区でみつけ隊!【羽生 ちひろ】

9月27日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
越前市の北日野(きたひの)地区に行ってきました♪

越前富士の愛称で親しまれる「日野山」の北側に位置します。


今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■開山1300年の「日野山(ひのさん)」 
泰澄大師が開いたとされる日野山は、ことし開山1300年を迎えます。古くから信仰を集めた霊山で、ふもとには山を守る日野神社があります。この社や観音堂には、由緒ある仏像がまつられており、昔から地元の人たちが代々守り継いでいます。

20180927h0102.jpg


■御誕生寺(ごたんじょうじ) 
曹洞宗の寺院「御誕生寺」は、かつて行き場のない猫を引き受けていたことから「猫寺」と呼ばれています。現在は猫の引き受けは行っていませんが、寺に残っている猫を里親につなぐ命の橋渡しを引き続き行っています。
猫寺ですが、1匹の犬もいます!ゴールデンレトリーバーの「アンディー」です。優しすぎるため盲導犬に向かないと判断され進路を変更したキャリアチェンジ犬で、今後アンディーは、盲導犬のPRなどの活動をしていく予定です。

20180927h0304.jpg


☆イチオシ☆
■偉人・竹内宇助(たけうち・うすけ) 
明治から昭和初期にかけて東京で活躍した料理人・竹内宇助は、ここ北日野地区の出身。
大蔵大臣を務めた井上馨(いのうえ・かおる)に腕を高く見込まれ、その料理番を務めました。
その後、麻布に料亭「興都庵(おきつあん)」を開店。
皇室や、政財界人、文化人などに愛された名店でした。
地区には、宇助が地元の日野神社に奉納した常夜灯や、

20180927h05.jpg

東京からの客をもてなした別荘「いただきの亭」があります。

20180927h06.jpg

また地区では、竹内宇助のメニューを再現!
「鶏そぼろ飯」です。

20180927h07.jpg鶏肉、卵、エビを使った、今で言う三色丼です。
なんと当時は、出汁をかけて食べたそうですよ!
地元の歴史愛好家が、当時の書物などを元に、栄養士と共に再現しました。
当時の写真も無い中で、試行錯誤を繰り返して完成させたそうです。

20180927h08.jpg今後、この「鶏そぼろ飯」を使って地域おこしにつなげたいということです。

20180927h09.jpg

人も歴史も“味わい深い”北日野地区、満喫しました!

20180927h10.jpg

 ■北日野地区への問い合わせ■
北日野公民館
住所:越前市矢放町21―11
電話:0778(23)4603

 

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:30

2018年09月13日 (木)大野市阪谷地区でみつけ隊! 【羽生 ちひろ】

9月13日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
大野市の阪谷(さかだに)地区に行ってきました♪

白山山系のひとつ、経ヶ岳(きょうがたけ)の麓に位置します。
市街地が一望できる丘陵地で、広大な棚田が広がります。

20180913h01.jpg

今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■ひまわり油 
毎年7月、地区には1万本ものヒマワリが咲き誇ります。
花が終わったら、手作業で一株ずつ刈り取って種を取り出し、
その種から「ひまわり油」を絞っています。
15年前から作られている地区の特産品です。

20180913h0203.jpg

■越前おおの阪谷桃木窯 
4年前に蔵を改装してできた陶芸の工房です。
地区の自主グループが、文化的なものを根づかせたいと、町おこしとして始めました。
現在20人ほどの会員が作品作りに取り組んでいます。

また、去年からは、地元の小学生が陶芸体験に訪れ、課外授業の場としても一役買っています。

20180913h0405.jpg

☆イチオシ☆
■さかだにの大岩 
田んぼの真ん中、川のほとりなど、地区のいたる所に大きな岩が点在しています。
数万年前、地震や地殻変動の影響で経ヶ岳の頂上が崩れ、運ばれてきたと考えられています。
天狗の言い伝えが残る岩や、

20180913h06.jpg

田んぼの真ん中にあるもの、

20180913h07.jpg

獅子の横顔に見える岩など様々。

20180913h08.jpg

小さいものも含めると、460個もの岩が地区内にあるそうです!

20180913h09.jpg昔から暮らしの風景の中に岩がある阪谷地区。

まさに、自然と人が共生している場所でした。

20180913h10.jpg

 

■阪谷地区への問い合わせ■
阪谷公民館
住所:大野市伏石11-14
電話:0779(67)1111

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:40

2018年08月28日 (火)夕日コレクション 【羽生 ちひろ】

お久しぶりでございます。
羽生でございます。

夏の思い出を書こうと思ったら、撮った写真が夕焼けばかり(笑)
ということで、2018夏・夕日コレクションです!

20180828h01.jpg

広大な田園の向こうに沈む夕日。ちょっと海外っぽくないですか??
あわら市あたりで撮りました。やっぱ福井って最高だ!!

 

 

20180828h02.jpg

石川県での1枚。雲の形も独特。
この日は、“羽根”のような雲も見られたんですよ!
“羽”生ですから、なんだか嬉しくて♪ 

20180828h03.jpg

  

20180828h04.jpg

「岐阜城」からの夕景。
織田信長もこんな景色を眺めていたのかしら。

 


暑い夏でしたが、こんな景色たちに癒やされました。
夕日ばかりじゃなく・・・
20180828h005.jpg

ことしも会ってきました♪ 静岡局の出雲あや乃キャスター!
以前、一緒に「ニュースザウルスふくい」に出演していた仲良しキャスターです。
すごいはっちゃけようですね(笑)

英気を養った夏。今年度後半も頑張るぞー!!

20180828h06.jpg

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:16:20

2018年07月19日 (木)勝山市猪野瀬地区でみつけ隊! 【羽生 ちひろ】

7月19日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
勝山市猪野瀬(いのせ)地区に行ってきました♪

豊かな水と良質な土に恵まれた、農作物の生産が盛んな地域です。

20180719h01.jpg

 

今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■大師山(だいしやま)たいまつ登山 
昭和43年に開催された福井国体で、勝山で山岳競技が行われたことを記念して始まりました。
地区の青年会が代々受け継いでいて、毎年、若者たちが力を入れてイベントを盛り上げています。
県内外から何百人もの人が参加し、たいまつの灯りが列を成して頂上へ続く様子は、夏の風物詩となっています。

20180719h02.jpg


■いのせウォーク 
ことしの福井国体を記念して新たに始まったイベント。名勝や旧跡、穴場スポットを巡るウォーキングです。イベント専用の地図もいちから手作りし、普段見過ごしている地元の良さを見つめ直すきっかけにして欲しいと活動しています。

20180719h03.jpg

☆イチオシ☆
■勝山の台所「若猪野(わかいの)」 
猪野瀬地区内の若猪野(わかいの)区は、勝山有数の野菜の生産地です。
この時期に旬を迎えるのは、特産の「若猪野メロン」。現在は3軒の農家が育てています。肉厚な果肉と、上品な甘さが特徴で、贈答用として人気を集めています。

20180719h0405.jpg

若猪野には、野菜の競りが行われる市場があります。
60年前に若猪野の農家が協力して立ち上げたもので、以来ずっと活気の良い声が響いています。
30軒近くの農家が、毎朝、丹精込めて育てた朝どれ野菜を持ち込んでいます。

20180719h0607.jpg八百屋さんや市内外のスーパーから、若猪野の野菜を求めてやってきます。
市場があることで、農家の皆さんの活力が生まれていました。

20180719h08.jpg

野菜も人も元気な猪野瀬地区、堪能しました!

20180717h09.jpg

 

■猪野瀬地区への問い合わせ■
猪野瀬公民館
住所:勝山市北市7-4
電話:0779(88)0313

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:30

2018年06月21日 (木)坂井市春江中部地区でみつけ隊! 【羽生 ちひろ】

6月21日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
坂井市の春江中部(はるえちゅうぶ)地区に行ってきました♪

文字通り坂井市春江町の中心部。「エンゼルランドふくい」や「ハートピア春江」などの公共施設があり、人口も増えてきています。

20180621h01.jpg今回紹介した内容はこちら↓↓↓

 

☆地区の自慢☆
■花壇で地区を元気にする「こぶし会」 
「エンゼルランドふくい」の入り口を、江留下西区(えどめしもにし)の皆さんが花壇で彩っています。県内外から訪れた人を、“おもてなし”の心でお出迎えしています。草文字を作ったり、応援の看板を設置したり、毎年花壇のレイアウトを工夫して、福井しあわせ元気国体の機運を高めています。

20180621h02_03.jpg

■ヨサコイグループ「天手鼓舞(てんてこまい)」 
小学1年生から60歳まで、幅広い年代が20年以上活動を続けています。
毎年、「はるえイッチョライでんすけ祭り」や「福井フェニックスまつり」、
地区の祭りにも参加するなど活動も幅広く、いつでもイベントを盛り上げてくれる人気グループです。また、ことしは、福井国体の開会式の『歓迎県民イベント』で、『YOSAKOIで福井を盛り上げ隊』の一員として出演する予定で、練習にもますます力が入っています。


☆イチオシ☆
■春江町総合型地域スポーツクラブ「UNITIVE291(ユニティブふくい)」 
障害のある無しに関わらず一緒に楽しめるスポーツ「ユニバーサルスポーツ」に挑戦できるクラブ。
卓球台を囲むように車いすか椅子に座り、木の板でボールを打ち合う「卓球バレー」や、

20180621h04_05.jpg

車いすに乗って大きなボールを手で転がす「チェアサッカー」、

20180621h06.jpg

この他にも、プラスチック製の円盤を投げて飛距離を競う「フライングディスク」や、スポンジ製の刀を使う「スポーツチャンバラ」など、様々な競技があります。
年齢・性別に関係なく楽しめるユニバーサルスポーツ。
特に卓球バレーは、激しい動きが少ないので高齢者の参加者も増えてきています。
幅広い年代が集うスポーツを通して、新たな交流が生まれています。

20180621h07.jpg

色々な人がつながり、活力が生まれる春江中部地区。
住む人も訪れる人も、心豊かに過ごせる町でした。

20180621h08.jpg


■春江中部地区への問い合わせ■
春江中コミュニティセンター
住所:坂井市春江町随応寺17―17
電話:0776(51)1104

 

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:32

2018年05月24日 (木)越前市服間地区でみつけ隊!【羽生 ちひろ 】

5月24日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
越前市の服間(ふくま)地区に行ってきました♪

越前市の北東部、山の谷間に集落が広がる、自然豊かな地域です。
今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■地区を元気にする「ニュースポーツ」 
誰もが気軽に楽しめる『ニュースポーツ』を、地域活動に取り入れています。囲碁とゲートボールを組み合わせた「囲碁ボール」や、小さめのピンとボールを使う「ストライク・マッチ・ボウリング」などがあります。毎年、子どもからお年寄りまで参加する、世代間交流ができる大会もあり、ニュースポーツが地域のつながりと元気を生み出しています。

20180524h01_02.jpg

 

■地域を盛り上げる「子どもたち」 
服間小学校の児童たちが、自分たちの力で様々な活動をしています。去年の6年生は、佐々木小次郎の生誕地だということをPRしようと、パンフレットを制作しました。子どもたち自らが現地調査や住民への聞き取りなどを行い、小次郎の基礎情報やゆかりの地など、様々な内容をまとめました。また、地域を盛り上げるという意志は、新6年生にも引き継がれています。ことしの6年生は、地域に人が集まるような、山登りイベントを開催したいと考えています。

20180524h03_04.jpg


☆イチオシ☆
■小次郎プロジェクト 
佐々木小次郎で地域おこしをしたいと、2年前に20~30代の若手で結成されました。
公民館の広報誌に毎月「小次郎クイズ」を掲載したり、宮本武蔵の生誕地、岡山県美作(みまさか)市との交流事業を行ったりと、活動の輪を広げています。

20180524h05.jpg

今回は、公民館の広報誌に掲載されている「小次郎クイズ」に挑戦!
「小次郎プロジェクト」の上城戸佑基(うわきど・ゆうき)さんが、小次郎ゆかりのスポットでクイズを出題してくれました。

20180524h06.jpg(佐々木小次郎になりきって登場!)


小次郎の像が立つ「小次郎公園」や、小次郎が生まれたと伝わる「高善寺(こうぜんじ)」、小次郎が幼少期に修行したと言われる「不動滝(ふどうだき)」などを訪れました。

2018024h07.jpg

また、「小次郎プロジェクト」の新たな取り組みとして、地元仁愛大学生と協力して「ホットドッグ」の商品化を進めています。
ソーセージに使うのは、地元特産の豚肉!
小次郎が剣の腕を磨き上げたように、地区の特産を磨き上げようと、ホットドッグにしたそうです。

20180524h08.jpg

佐々木小次郎と縁が深いといわれる服間地区。
地域のために奮闘する若者の力が、小次郎に負けない輝きを放っていました。

20180524h09.jpg ■服間地区への問い合わせ■
服間公民館
住所:越前市藤木町12-39-1
電話:0778(43)0977

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:35

2018年04月26日 (木)鯖江市鯖江地区でみつけ隊! 【羽生 ちひろ】

4月26日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
鯖江市の鯖江(さばえ)地区に行ってきました♪

鯖江の中心市街地。ツツジで知られる「西山公園」や、真宗誠照寺派の本山「誠照寺(じょうしょうじ)」があり、豊かな自然と歴史に恵まれた地域です。


今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■誠市(まこといち) 
「誠照寺」の境内で13年続く鯖江の名物市です。毎月第2日曜日に行われ、骨董品や飲食店の屋台など、およそ70店舗が並びます。「誠市」を支えているのは地元商店街の人たち。食べ歩き出来るソースカツ丼「サバエドッグ」や、手作りのお総菜、新鮮な地場野菜など、毎回、たくさんの人が出店して、誠市の賑わいを生み出しています。

20180426h1_2.jpg

■38(サンパチ)鯖の日SABAEの日
鯖江地区を、その名の通り『サバ』でPRしようと、『鯖江地区まちづくり応援団』がことし新たに始めた取り組みです。数字の語呂合わせで「サバの日」とされている3月8日に、サバの丸焼きや棒寿司など、様々なサバ料理を販売するイベントを行いました。鯖江魚商組合の協力を得て、この日は500本以上が売れる盛況ぶりとなりました。今後は国体も見据え、鯖江のお土産になるような「サバ缶」の開発も検討しています。

20180426h3_4.jpg

☆イチオシ☆
■鯖江藩主・間部詮勝(まなべ・あきかつ) 
11歳の若さで当主となった、第7代鯖江藩主。聡明さで知られた人物です。
幕末、井伊直弼が大老となった時に、老中という役職に就き、安政期の政治を担いました。「安政の大獄」にも大きく関わり、恐れられた人物としても知られています。

しかし、地元では領民思いなお殿様として、語り継がれています。
城を造らずに、その築城費用を領民に配って貧しさから救ったという話や、
領民に開放した憩いの場「きょう陽渓」という庭を造ったと伝えられています。
この「きょう陽渓」が、今の「西山公園」です。公園内には、当時をイメージした庭園があり、今も昔も人々に親しまれる憩いの場となっています。


20180426h_5.jpg

また、黒船に乗ってペリーが来航した時に詠まれた有名な歌を、詮勝が詠んだという逸話も残っています。
『泰平の 眠りをさます上喜撰 たった四杯で 夜も寝られず』
上等なお茶・上喜撰と黒船の蒸気船をかけ、お茶4杯と船4隻もかけています。
黒船の来航によって、世の中が騒然としている様子を歌ったものです。

 

この詮勝ゆかりの有名な歌にちなんで、鯖江地区では新たな地域おこしが始まりました!去年から開催されている「さばえ狂歌作品コンクール」。
狂歌とは、世相や社会風刺を読み込んだ短歌です。全国から作品を募集し、この詮勝ゆかりの狂歌で地域のPRにつなげています。

20180426h6_7.jpg

地域の歴史を新たな形でつなぐ鯖江地区。
昔も今も変わらない地元の活力を感じました。

20180426h_8.jpg

■鯖江地区への問い合わせ■
鯖江公民館
住所:鯖江市桜町1-1-16
電話:0778(51)3010

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:30

2018年03月29日 (木)福井市六条地区でみつけ隊! 【羽生 ちひろ】

平成30年3月29日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
福井市の六条(ろくじょう)地区に行ってきました♪

福井市の中心部から南に4キロほど。田園が広がる一方で、県産業会館や生活学習館、県立図書館などの教育施設が立ち並ぶ場所です。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓

 

☆地区の自慢☆
■教育事業「教えて先輩」 
六条小学校の子どもたちが、毎年、各界で活躍する地区の出身者と交流しています。これまでに、書道家やバイオリニスト、グラフィックデザイナー、JAXAの職員など、幅広い分野の先輩たちが、講演や体験授業を行ってきました。第一線で活躍している先輩の思いや考えを子どもたちが引き継ぎ、次の世代の達人が生まれてくれることを期待しています。

20180329h01.jpg


■小学生の米作り 
地区で1番の産業、「米作り」を、毎年子どもたちに体験してもらっています。地域で作られている品種「たんちょうもち」を、昔ながらの手作業で苗を植え、定期的に観察記録に残し、収穫も自分たちで行います。出来たもち米は、「収穫祭」で地域の大人たちと一緒に餅つきをして味わっています。
自分たちで作ることで、地域の産業に理解を深めてもらっています。

20180329h02.jpg

 

☆おすすめスポット☆
■正善寺(しょうぜんじ) 
子どもから高齢者まで、幅広い年代が集うお寺です。
気軽に立ち寄ってほしいと、様々な会を開いています。

20180329h05.jpgビデオやDVDで法話を聞く「テレビ法話会」では、住職手作りの“精進カレー”を振る舞い、みんなで賑やかに食卓を囲みます。

20180329h06.jpgこの他にも、広い本堂を有効に活用した「ママ寺小屋」。
親子エクササイズやベビーマッサージなどを行っています。

20180329h07.jpgそして、高齢者を中心に人気の「ヨガ教室」。
健康とコミュニケーションを兼ねた場となっています。

20180329h08.jpg


様々な形で住民同士が手をつなぎ合っている六条地区、満喫しました。

20180329h09.jpg


■六条地区への問い合わせ■
六条公民館
住所:福井市天王町43-4
電話:0776(41)1001

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:19:00

ページの一番上へ▲