2018年11月15日 (木)勝山市遅羽地区でみつけ隊! 【太田 実穂】

11月15日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、勝山市の遅羽(おそわ)地区に行ってきました!
遅羽地区は九頭竜川に沿った南北8キロ程の細長いまちで美しい自然が楽しめる地区。そして、歴史とロマンに満ちた『縄文の里』でした!
今回紹介した内容はこちら↓

■三室(みむろ)遺跡
三室遺跡は、遅羽地区にある標高およそ182メートルの三室山の西側のふもとに広がる縄文時代の遺跡です。
昭和28年に福井県の史跡に指定されました。

20181115o0102.jpg

そして、三室遺跡は『配石(はいせき)遺構』という珍しい遺構が発掘されたことでも注目されています。
『配石遺構』とは、河原石などが並べられたものです。
いろいろな研究がされていて、三室遺跡の場合は、祭し場として使われたのではと考えられています。配石遺構は、東北地方で見つかることが多く、このあたりで見つかるのはとても珍しいそうです。

20181115o0304.jpg

遅羽公民館の2階には、縄文遺跡等資料室という勝山市の歴史を知ることができる資料室があります。その中に、三室遺跡で発掘された縄文土器や土を掘る道具、縄文時代のジオラマも展示されています。

20181115o0506.jpg

そんな縄文の里遅羽地区では、縄文の里にちなんだ行事が行われています!
一つ目は『原始運動会』です!
遅羽地区にある三室小学校では、毎年、全校児童と職員が縄文時代の人にふんし、児童が当時の暮らしぶりを想像しながら考えた競技で運動会をしています。平成2年に初めて行われ、毎年、大勢の見物客が訪れる運動会になっています!

20181115o0708.jpg縄文の里料理研究会は、勝山の郷土料理を伝え、地区をはじめ勝山市を盛り上げたいと立ち上げた遅羽地区の女性グループです!
ことし4月には、空き家を地区の方の協力で改装し「福井ふるさと茶屋縄文の里」をオープンしました!

20181115o0910.jpg

地区の方の雑貨の販売やボランティア演奏があり、さまざまな楽しみ方ができるんです!

20181115o1112.jpg

これは、縄文の里料理研究会の原点になった縄文ぼたもち!
三室遺跡がある縄文の里にちなんで古代米の黒米が入っているそうです!

20181115o13.jpg

普段は、研究会の方が愛情を込めて作った「おまかせランチ」が提供されます!

20181115o14.jpg

縄文の里を満喫しました★

20181115o15.jpg

■お問い合わせ
遅羽公民館
住所:福井県勝山市遅羽町大袋48-42
TEL:0779-88-0364

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:36

2018年11月15日 (木)今日からたろうは! 【佐々木 芳史】

みなさんは、「有言実行」ですか?
私はといいますと、「有言不実行」の傾向が強いです。
いわいる、「口だけ」の男です。
それは決して、「口が上手」なわけではないのです。
あくまで「口だけ」というのが、なんとも残念な所です。

でもそんな私もチェンジ☆マイライフ☆
「たら福の配信がスタートしたら更新します」と書きましたから。
更新です。今日から私、有言実行。

11月2日に放送した「情報たら福
明日まで、NHKラジオらじる★らじるの聞き逃しで、ご視聴いただけます。

20181115s01.jpg書家の角谷有紀さんと、ケイハツロックのお二人をお招きしました。

20181115s02.jpg

角谷さんには、実際に墨流しと呼ばれる技法も披露していただきました。
本当にありがとうございました。

 

来月は12月7日放送です。
久しぶりに・・・

20181115s03.jpg

高橋愛さん鹿沼憂妃さんと3人でお届けします。
是非お越しくださいませ~!

 

ラジオ番組繋がりでは
来週から「旅ラジ!」福井県の旅がスタートします。

20181115s04.jpg

豊島アナウンサー・五十嵐アナウンサーも、担当しますよ~
詳しくは、豊島実季アナウンサーがブログで書いてくれるそうです。
先輩を、引き続き有言実行にしてくれるかは、彼女にかかっています・・・。

 

投稿者:佐々木 芳史 | 投稿時間:18:28

2018年11月14日 (水)越前かにまつり2018 【一福丸の出会い】

越前かにまつり2018
出会った人:越前かにまつり実行委員会
期間:11月17日(土)・18日(日)9:00~16:00
場所:道の駅「越前」

20181114deai.jpgセイコガニが丸一匹入ったカニ汁が1杯500円で販売されるふくよ!
両日とも午前・午後 各300食で、
午前の部の引換券販売は9:30から、午後の部の引換券販売は13:30から引換開始ふくよ。
食べたいふくね~!
特産品即売コーナーでは越前がになど新鮮な魚介類や干物などを即売。
ステージではゆるキャラ“越前かに太郎”が「かにかにクイズ大会」、「じゃんけん大会」、「撮影会」などイベントで会場を盛りあげるふく。

投稿者:一福丸 | 投稿時間:18:05

2018年11月12日 (月)そばの里丸岡 新そばまつり・丸岡城紅葉まつり【一福丸の出会い】

そばの里丸岡 新そばまつり・丸岡城紅葉まつり
出会った人:坂井市農業振興課・村本さん、シティセールス推進課・黒川さん


20181109deai.jpg

いよいよ新そばの季節がやってきました。
ことしの「新そばまつり」は会場を変えて「丸岡城紅葉まつり」と当時開催!
紅葉の美しさをめでながら、新そばの美味しさを楽しむことができます。
さらに、2日間は青森県の弘前城など現存12天守どうしのご当地選手権や
丸岡城に設けられた全長100メートルのレーンでパスタやうどんなど
麺を流してタイムを競う大会など、イベントが盛りだくさんです。
丸岡城下が盛り上がりますよ!!

そばの里丸岡 新そばまつり
11月17日(土)10:00~15:00

場所 丸岡体育館

丸岡城 紅葉まつり
11月17日(土)・18日(日)10:00~16:00

場所 一筆啓上茶屋前特設会場

 

投稿者:一福丸 | 投稿時間:15:15

2018年11月09日 (金)獣になれないたろうたち。【佐々木 芳史】

獣になれないたろうたち。

 

ふつふつとした感情が渦巻いています。

先輩になって、はや、半年。

隣に座る後輩、みきっぺとの本日のやりとり。

(以下、佐々木→佐 みきっぺ→み)

佐「いやーあなた、おせんべい食べてる場合じゃないでしょ。ブログを書きなさいよブログを。」

み「え、中継の準備が・・・」

佐「その中継のことを書きなさいよ。」

み「え、じゃあ先輩が書いてくださいよ。」

 

こういうものでしょうか。はたして、こういうものなのでしょうか。

という訳で、今日ののニュースザウルスふくいでは、「マグロ包丁」について、豊島アナウンサーが中継を担当します。

見どころは?ときいた所

「大迫力です。」の一言。

なんて☆ABOUT☆

是非、ご覧くださいませ。

 

かくいう私も、「情報たら福の聞き逃しがはじまったらブログを書きます」と書いておきながら・・・。

今度こそ、聞き逃し配信がはじまるタイミングで、更新できればと思います。

 

そして先月は、アナウンスの研修で、久しぶりに同期で集合しました。

 2018110901s.jpg

 1年目と比べると・・・

 

2018110902_3.jpg

 なんだかみんな、顔つきが大人になったなあと、なぜか親心でしみじみ。

(盛岡の中村しんごは、よりおとぼけましたかね?)

 2018110903.jpg

 1年目は熱い抱擁を交わした彼とは


今も熱く見つめあう仲です。

 2018110904.jpg


同期たちとは、ほぼ毎日のように電話をしているので、あまり離れている感じもしないのですが、直接会うと、やっぱりほっこりしますね。

 

研修で同期からもらった“ほっこりした気持ち”で、ふつふつとした気持ちを抑えていきたいとおもいます。
では、今度こそ、聞き逃し配信のタイミングで更新いたし・・・ます。

投稿者:佐々木 芳史 | 投稿時間:18:05

2018年11月08日 (木)鯖江市中河地区でみつけ隊!【今村 有希】

11月8日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
鯖江市の中河地区に行ってきました♪

鯖江の中心市街地に接する中河地区は、田園風景も残る一方で、国道や高速、鉄道も通る生活しやすい地区です。そのため人口は増加傾向にあります。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓
☆地区の自慢☆
■三度栗
1207年、親鸞聖人が立ち寄った際に埋めた栗が、3年後には見事な花を咲かせ、しかも年に3度も実がなるようになりました。「年に3度実を付ける栗の木」という言い伝えは今も残っていて、立光寺で親鸞聖人の銅像と共に大切に守られています。

20181108i_1_2.jpg

■菜の花
春には一面に菜の花が咲き誇り、美しい景観を楽しめます。また見頃が過ぎると、その菜の花をすき込んで肥料とした鯖江特産のブランド米「さばえ菜花米」を生産しています。

20181108i_3_4.jpg

☆イチオシ☆
■どんぐりからの森づくり
鯖江市内全ての小学生が4年をかけて参加している取り組みで、福井豪雨の影響で失われた自然を取り戻そうと始まりました。3年生の秋にどんぐりを拾い、4年生では、そのどんぐりを種として苗を育てます。5年生では二酸化炭素の排出による地球温暖化について学び、6年生になると、いよいよ自分の手で育てた苗を植え、どんぐりを自然に還します。(※ここでは、広葉樹の実をつけるものを「どんぐり」と呼んでいます。)

20181108i_5_6.jpg

さまざまな種類の苗を混ぜながら植える「混植」と、密集させて植える「密植」を行うことで、苗は太陽の光を求めて競争を始め、早く成長するんだそうです。いち早く緑を取り戻す工夫ですね♪
この取り組みを主催している鯖江市環境教育支援センター(通称:エコネットさばえ)は、中河地区に位置し、市民の皆さんに環境保全や自然保護の大切さを知ってもらうための活動をしています。

私も今回、三里山を訪れた記念に苗を植えました♪

20181108i_7.jpg

自分の手で育てた植物には、愛着が湧きますよね~!
(小さい頃、おままごとセットの鍋にどんぐりを植えて一生懸命水やりしたのが懐かしいなぁ。そりゃ鉢が悪いよ…。そういえば夕飯で食べた梅干しの種も植えたなぁ。どっちも芽が出なくてしょんぼりしたなぁ。笑)
今度は大きく育ってくれますように!また見に行きたいと思います。
この取り組みに参加した小学生のみんなも、自分が育てたどんぐりの成長をぜひ見に行ってみてね♪

まさに、地域の人の手で大切に育てられている地区でした。
中河地区で出会った皆さん、またお会いしましょうね♪
楽しい1日をありがとうございました!

20181108i_8.jpg

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:18:30

2018年11月07日 (水)〝おにぎり〟で世界を救う!【別司 愛実】

きょう、11月7日(水)放送のニュースザウルスふくいのインタビューコーナー
ふくらむふくい」のテーマは、〝おにぎり〟です!

20181107b01.jpg

(私がにぎったおにぎり)


この〝おにぎり〟で世界の子どもたちを貧困から救うプロジェクトを提唱した、
NPO法人職員の大宮千絵さん(あわら市出身)をゲストにお招きします。

20181107b02.jpg

(大宮さん(左)とスタジオで♪)


どうやって〝おにぎり〟で子どもたちを救うのか!?
11月7日(水)の夕方6時10分からです!ぜひごらんください!

 

投稿者:別司 愛実 | 投稿時間:09:00

2018年11月05日 (月)ドラフト育成指名選手がNHKを訪問!【今村 有希】

一福丸のブログにもありましたが、スポーツキャスターの私からも改めて!
先日のプロ野球ドラフト会議で育成指名を受けた福井ミラクルエレファンツの選手たちが、その報告にと10月29日(月)にNHK福井放送局へ足を運んでくださいました!

松本選手は東京ヤクルトスワローズから、片山選手は阪神タイガースから育成指名を受けました。私がインタビューを担当し、その様子をザウルススポーツでたっぷりと放送しましたが、皆さんご覧いただけましたでしょうか?それぞれ力強く今後の意気込みを話してくださいました♪
(片山選手は私と同じ愛知県出身で、なんと同級生の先輩だったことも取材中に発覚!驚きました…。)

福井を離れてしまうのは寂しいですが、大舞台での活躍に期待です!
福井から応援しましょう♪

20181105i_01.jpg

左から福井ミラクルエレファンツ新谷隆美社長、松本友選手、今村、
片山雄哉選手、田中雅彦監督

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:10:55

2018年11月01日 (木)敦賀市東浦地区でみつけ隊! 【太田 実穂】

11月1日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、敦賀市の東浦(ひがしうら)地区に行ってきました!
東浦地区は、敦賀市の北東に位置しています。東に山、西に敦賀湾、豊かな自然と景観に恵まれた地区です。
今回紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
■赤崎獅子舞
江戸時代から行われているとされる五穀豊じょうや無病息災を願う伝統行事です。昭和37年に県指定無形民俗文化財に指定されています。毎年9月に、赤崎八幡宮で赤崎獅子舞奉賛会のメンバーが、花やツルなどの絵が描かれた赤色の華やかな衣装を身に着け、笛や太鼓の音に合わせて様々な舞を披露しています。

20181101o_1_2.jpg

■山の神講(かんこ)
毎年12月、上半身裸になった地区の男の子が元気よく山道を駆け抜ける奇祭です。室町時代から伝わるとされ、田畑など村の平穏を祈るものです。田畑を荒らした妖怪「ヌエ」を神仏に祈とうして退治した伝説に由来し、男の子たちは山の神にお供え物を届け、帰りは顔を白く塗ってお地蔵さんに変装して再び山道を走ります。子どもたちが災いから守られるようにという思いも込められています。

20181101o_3_4.jpg

 

☆イチオシ☆
■東浦地区の特産、黄色に輝く宝石≪東浦みかん≫
東浦地区の特産である『東浦みかん』は、江戸時代末期に、東浦地区の特産にしようと栽培が始まりました。
東浦みかんは、甘さと酸っぱさのバランスが抜群!

20181101o_5_6.jpg

今回は、みかんの収穫に挑戦したり地区で昔から伝わる「焼きみかん」を食べさせてもらったりしました!昔、東浦みかんはとても酸っぱく、焼いて食べると甘さが増すことからみかんを焼いて食べていたそうです!

20181101o_7_8.jpg

魅力いっぱいの東浦みかんですが、近年、農家の高齢化や担い手不足でみかん畑が減少しています。
そこで、地区には、東浦みかんを守ろうと頑張る人たちがたくさんいます!

『東浦みかん特産化組合』という地区の有志の方たちが、昨年6月から、高齢の農家に代わってみかんの管理を行っています。元会社員が多く、本格的な栽培の経験はないため、専門家からの指導を受けてみかんを栽培しています。
今年4月、耕作放棄地に200本のみかんの苗木を植栽しました。数年後にみかん狩りが楽しめるみかん園を作ろうという計画をしているそうです。

20181101o_9.jpg

地元の小学生や中学生も、みかんの収穫作業などを手伝ったり販売やPR活動を一年を通して行っています。

20181101o_10_11.jpg

地区の宝を守り続けていくために、子どもから大人までが
一つになって頑張っていました!

20181101o_12.jpg


■お問い合わせ
東浦公民館
住所:敦賀市五幡32-8-1
TEL:0770-28-1251

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:30

2018年11月01日 (木)第44回 越前海岸 水仙まつり 【一福丸の出会い】

第44回 越前海岸 水仙まつり
出会った人:水仙娘と宣伝隊のみなさま
期間:2018/12/5(土)~2019/1/21(月)

20181101suisen.jpg

冬の寒い時期、日本海から吹き付ける北風にじっと耐え、可憐にたくましく花を咲かせる越前水仙。ことしも12/15(土)から「越前海岸 水仙まつり」がはじまるふくよ!
水仙娘と宣伝隊のみなさんが来てくれたふく。
井上みのりさん(水仙娘)
「水仙の派手ではないけれど、繊細な香りに惹かれています。」
芝かんなさん(水仙娘)
「水仙のように清楚で可憐に水仙まつりをPRしたいと思います。」
重久理衣子さん(水仙娘)
「福井の食と水仙の魅力を県外のみなさんにも発信したいと思います。」

ことしは育成が早く、1月ごろが見頃なんだってふく。
越前水仙のプレゼントや越前がになど特産品が当たる抽選会、地元の特産品の販売などイベントもりだくさんふくよ。

●12/15(土)~16(日)
こしの水仙まつり
場所:越前水仙の里公園(福井市)
●1/12(土)~13(日)
荒波フェスタ
場所: 河野シーサイドパーク(南越前町)
●1/19(土)~20(日)
水仙・カニフェア
場所:道の駅「越前」駐車場(越前町)
●1/18(金)~21(月)
水仙いけ花展
場所:福井新聞社(福井市)

投稿者:一福丸 | 投稿時間:17:27

ページの一番上へ▲