2020年01月16日 (木)小浜市・今富(いまとみ)地区でみつけ隊!【今村 有希】

1月16日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、小浜市の今富(いまとみ)地区に行ってきました♪
小浜市の中心部にある今富地区。かつては田園風景が広がるまちでしたが、住宅が増えてきています。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■みんなでうたっ茶おう会
地元の音楽愛好者による生演奏に合わせて、参加者全員で20曲を歌うイベントです。今回で13回目の開催となり、毎回およそ70人が参加しています。歌われる曲は、ほとんどが昭和の懐メロです。参加者に歌いたい歌を募集し、懐かしさに浸りながら歌っています。また、途中のコーヒータイムは参加者が楽しみにしている時間で、大切な交流の場になっています。
20200116_i_01.jpg
■公民館開放
小学生の夏休み中の6日間公民館を開放していて、子どもたちの宿題の面倒を見るほか、交通安全教室を開いたり、流しそうめんなどのお楽しみ企画も用意しています。さらに昼には地区のボランティアの人たちがカレーやちらし寿司など日替わりの献立も用意します。今富小学校の全校生徒はおよそ290人ですが、毎日100人以上が参加する人気の取り組みです。
20200116_i_02.jpg
☆イチオシ☆
■ペットボトルで作るイルミネーション
こちらのツリー、よーく見るとペットボトルでできているんです!
20200116_i_03.jpg
毎年11月に地区のボランティアの人たちが組み立てを行い、およそ2か月の間公民館の敷地内が彩られます。すべてのイルミネーションに使われているペットボトルの数は、なんと1万本以上!
元々はごみを減らす活動の一環として11年前に始まったものですが、年々規模が大きくなり、今や地区の冬の風物詩にもなりました。点灯式の際には、およそ400人が集まるそうです。

イルミネーションの制作ボランティアの方に、作り方を伺いました。
20200116_i_04.jpg
まずペットボトルに穴を開け、1つ1つ針金を通してつなぎ合わせていきます。
そして、そのペットボトルの帯を組み合わせてイルミネーションの形を作るんです。
ペットボトルの一定の位置に穴を開ける作業が一番大変なんだそうです。

日が暮れるまで待ってみると、色とりどりのイルミネーションが姿を現しました!
20200116_i_05.jpg
高さ6メートルのツリー2つ、長さ4メートルのトンネル、ハートのオブジェなどがあります。
このイルミネーションはSNS映え間違いなし!ということで…
20200116_i_06.jpg
   (左)はい、チーズ!        (右)あれれ?何か足りない…?

(あ、ツリーの星が映ってない…)

SNS映えの前に、カメラ技術を磨こうと思います。笑
20200116_i_07.jpg
こちらは、今年度新たに加わったイルミネーション。地区を流れる南川を泳ぐコイをイメージしたもので、電気を左右交互に流すことで尾びれが動いているように見えるんです!これも地区の人のアイデアなんですよ。

捨てられてしまうはずのペットボトルが、大迫力のイルミネーションに生まれ変わってまちを彩っていました。地区の人たちの思いが詰まったこの明かりを見れば、冬の寒さも乗り越えられそうですね。

イルミネーションは、1月末まで毎日点灯しています。
点灯時間は、午後5時から10時までです。皆さんもぜひ遊びに行ってみてくださいね!
20200116_i_08.jpg
今富地区の皆さん、素敵な時間をありがとうございました♪

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:18:40

2020年01月08日 (水)エンゼル忍者学校 其の弐(そのに)【一福丸の出会い】

出会った人:福井県児童科学館(エンゼルランドふくい)の職員、忍者の皆さま
開催日時:2020年1月11日(土)~19日(日)9:30~16:00 ※ただし14日(火)は休館日
開催場所:福井県児童科学館(エンゼルランドふくい)
20200108_01.jpg
福井県児童科学館(エンゼルランドふくい)が「エンゼル忍者学校」に!
去年に引き続き、2回目の開催ふく~。

日本はもちろん、世界中に「忍者」のファンはいっぱい。(実はぼくも大ファンで、修行もしたことあるふく~!)
忍者はいつの時代に存在し、どのような生活を送り、どのような修行を行っていたのか。また忍者の技術や身体能力、知恵はどのようなものなのか…。謎がいっぱいの忍者について、修行という遊びを通して知るとともに、体を動かすことの楽しさ、あきらめずに挑戦する心を育てることを目的にした大人気のイベントだそう。

さあ、忍者に変身して、修行に挑戦ふく~!
具体的な修行内容は、綱渡りの術、城忍びの術、石垣渡りの術、飛び石の術、剣術、手裏剣投げの術、そしてクモの巣くぐりの術。去年と比べて新しい修業が増え、さらに難しくなってるんだって。

忍者ショーや忍者体験教室、忍者の“ひたいあて”(写真の忍者さんたちがつけてるふく!)や“飛び出す剣”を手作りする忍者工作など、修行以外にも楽しいイベントが開催されるほか、三重大学人文学部教授(通称忍者博士)の山田雄司氏、甲賀伴党21代宗師家(最後の忍者)の川上仁一(かわかみじんいち)氏を招いての「親子で楽しむ忍者アカデミー」もあるふく。
いろんな体験や学習を通じて、忍者に詳しくなれそうふく~!

忍者を楽しみ、忍者を学ぶ。「エンゼル忍者学校」に入門してみてね!

投稿者:一福丸 | 投稿時間:15:40

2019年12月19日 (木)越前市・吉野(よしの)地区でみつけ隊!【太田 実穂】

12月19日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
越前市の吉野(よしの)地区に行ってきました。
越前市の北西部にある吉野地区。
地区のシンボル愛宕山を中心に古墳や神社、史跡などがのこる歴史のまちです。

今回ご紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
花につつまれた美しいまちづくり

平成16年から、地区を花で美しく飾ろうと、地区のメンバーが協力して、まちなかを花でいっぱいにする運動を進めています。
公民館で種から育てたポット苗を、毎年2回、夏と冬の初めにおよそ3000個ずつ各町内の花壇に植えていて、春と秋に美しい花を咲かせています。
20191219_o_01.jpg

多文化共生
吉野地区は、年々、外国人が増えてきていることから、
地区の仲間として、より良い関係を築く第一歩にと、ことし11月に初めて、地区に住む外国人を公民館に招き、交流会を開いています。
日本料理を一緒に作って食べたり、市役所の職員による正しいゴミの分別の仕方の講習を行ったりしてお互いの生活や気持ちの理解を深めました。
20191219_o_02.jpg

☆イチオシ☆
吉野歴史秘話
数々の歴史が残る吉野地区。
今回は、田んぼの中にあるほこらにまつわる話をご紹介しました。
20191219_o_03.jpg
「畷(なわて)の天狗(てんぐ)どん」
むかし、ほこらがあったところには大きな松の木があったそうじゃ
その松の木にはてんぐが住んでおってな
まあ、そのてんぐがいたずらものじゃったんじゃ
20191219_o_04.jpg
松の木の下を通る村人の荷物を取ったり服の中に松の葉を入れたり
20191219_o_05.jpg
困った村人は考えて考えて
てんぐが寝ている間に松の木を切り倒すことに
20191219_o_06.jpg
その後、村人はてんぐのたたりを恐れて塚を作りほこらを建てることに
それが今回ご紹介するほこら
てんぐは山に戻っていったとか
20191219_o_07.jpg
この伝説は旧吉野村の村史や武生のむかしばなしの本などに登場します。
20191219_o_08.jpg
天狗伝説が伝わる地域にとって、てんぐは特別な存在で、地区にある飯部磐座(いべいわくら)神社には、てんぐの面が奉納されています。
20191219_o_09.jpg
神社がある地元では、10月の第2日曜日に壮年団の年男の人たちが二手に分かれて各町内をまわりおはらいをしています。
いたずらもので地域の村人を困らせていたてんぐですが、その力によって厄払いをしようという意味があるとのこと。
吉野村はその力によって大きく発展したそうです。
20191219_o_10.jpg

吉野地区は、先人たちが積み上げてきた歴史を未来へ受け継いでいました。
20191219_o_11.jpg

■お問い合わせ
吉野公民館
住所:福井県越前市本保町19-6
電話:0778(23)4600

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:40

2019年12月12日 (木)池田町・中(なか)地区でみつけ隊!【北川 玲子】

12月12日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、
池田町 中(なか)地区に行ってきました♪
福井県と岐阜県の県境にあり、町の9割は森林という池田町。その中心部に位置しているのが中地区で、役場や小学校などが集まっています。

今回ご紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■池田小学校で新入生に贈られる“マイ机”
森林資源に恵まれた池田町。小学校では、入学すると、一人ひとりに池田町産のヒノキで作った机と椅子がプレゼントされます。子どもたちは6年間、自分の机を使って学び、卒業した後も家庭に持ち帰って使い続けることができます。机を作っている木の里工房の内藤さんは、「一生懸命作った机で、子どもたちにはしっかり勉強してほしい」と、にこやかに話していました。
20191212_k_01.jpg
■冬の味覚
古くから池田では、収穫した野菜を雪の下で寝かせる「つんぼり」という保存方法が伝わっています。数か月たつと雪の中で甘さが増し、冬でもおいしく野菜を味わえます。また、池田はもち米の栽培が盛んで、年中おもちを食べる習慣があります。地区には、おもち専門店があり、毎日つきたてのおいしいおもちを求めて多くの人が訪れます。
20191212_k_02.jpg

☆イチオシ☆
■町を元気にするまきストーブ
訪れたのは、まきストーブを設計・販売する山口さんのお店です。
山口さんは、まきストーブづくりの職人!池田町の恵まれた森林資源を有効活用したいと、自ら鉄製のまきストーブを設計し、製作まで行っています。

20191212_k_06.jpg今日はピザを焼いて、地元のみなさんで食べるということなので、私も参加させていただきました。まきで焼き上げたピザ、おいしかったですよ~!
20191212_k_07.jpg
まきストーブを囲んで皆さんと楽しくお話しできました!
みなさんには、体を温めることはもちろん、まきストーブの火を見て癒されたり、ストーブの熱を利用して料理をしたりと、いろんな楽しみ方を教えていただきました!
20191212_k_08.jpg
豊かな自然の恵みと笑顔に包まれて、あたたかい時間が流れていました。
20191212_k_09.jpg取材にご協力いただいた池田町中地区のみなさん、本当にありがとうございました!
20191212_k_10.jpg

 

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:18:40

2019年12月11日 (水)十五代 酒井田柿右衛門展【一福丸の出会い】

出会った人:十五代 酒井田柿右衛門先生、西武福井店のみなさま
開催日時:2020年1月22日(水)~27日(月)
会場:西武福井店 本館6階催事場
20191211_01.jpgNHK福井放送局に、十五代 酒井田柿右衛門先生が来てくださったふく!

佐賀県の有田町で370年あまりの歴史を持つ柿右衛門窯。酒井田柿右衛門先生は、この柿右衛門窯の伝統の技法や意匠を受け継ぎつつ、現代の感覚も取り入れた作品を多数発表されている方ふく。
ぼくも代表的な作品のひとつ、「濁手 藤文 壺(にごしで ふじもん つぼ)」を拝見させていただいたのだけれど、白い地肌に赤絵の藤の花が鮮やかな、美しい作品だったふく~。

一般的な磁器が青みを帯びているのに対して、この白い地肌「濁手(にごしで)」とは、米のとぎ汁のようなあたたかみのある乳白色。いったん途絶えたこの「濁手」をつくりあげる技法は、十二代・十三代の柿右衛門が復活させ、1971年に国の重要無形文化財にも指定されているんだって。十五代はこの伝統を守りつつ、今の時代との調和を大切にされながら作陶に取り組んでいらっしゃるそうふく。

福井県内初の個展、「十五代 酒井田柿右衛門展」。
1月25日(土)・26日(日)は、柿右衛門先生ご本人も会場にお出でになるそう。60点以上の「濁手」の作品が見られるこの機会に、ぜひ訪れてみてふく!

投稿者:一福丸 | 投稿時間:14:15

2019年12月05日 (木)敦賀市・北地区でみつけ隊!【今村 有希】

12月5日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、敦賀市の北地区に行ってきました♪
北地区は、敦賀市の北部にあり、敦賀港に面しています。気比神宮や金ヶ崎緑地など、市の名所が数多くあるまちです。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■敦賀港イルミネーション ミライエ
およそ50万球のLEDを使った北陸最大級のイルミネーションです。「希望の光を放ち、未来へ向けて長く続いて欲しい」という願いから「ミライエ」と名付けられ、今年で6年目を迎えました。燃料は、市民から回収した廃油で作られていて、環境にやさしいイルミネーションです。設置作業には地域のボランティアや学生も協力していて、まさに敦賀市民が一体となって作り上げています。
20191205_01.jpg
■ふるさと交流事業「北地区謎解きウォークラリー」
世代を超えた交流と地区の宝を知ってもらうことを目的とした毎年恒例のイベントです。地区の史跡や名所を巡り、用意されたクイズをグループで協力しながら解き明かします。以前は希望者のみの参加としていましたが、4年前から、開催日を小学校の土曜登校日に設定し、地区の子どもたち全員参加のビッグイベントとなっています。
20191205_02.jpg
☆イチオシ☆
■まちゼミ
まちゼミとは、「敦賀のお店から学ぶ」をテーマに、お店の人が講師となって行われる少数制の講座です。2022年度の北陸新幹線敦賀開業を見据え、敦賀市中心部の商店街ににぎわいを取り戻そうと企画されました。
コーヒー店ではおいしいコーヒーを入れるドリップの技術、180年続く老舗の鮮魚店では魚のさばき方など、専門店ならではの知識やコツを学ぶことができます。どの講座も、参加費は材料費がかかるものを除き無料!とってもお得な講座なんです。

2回目の開催となる今回は、規模を拡大させ敦賀市内48店舗が講座を開催していて、北地区からも多くの店が参加しています。今回私が訪ねたのは、和菓子店!クリスマスにちなんだ和菓子作りが体験できる講座を受講しました。
20191205_03.jpg
あんこを包むのが難しかったです。でも職人さんにコツを教わりながら楽しく作れました♪職人さんから直接教えてもらえるのは、嬉しいですよね。
およそ1時間の作業で完成した和菓子がこちらです!
20191205_04.jpg
まちゼミは、12月12日(木)まで、敦賀市の商店街を中心に行われています。お店によって講座の日時は異なるのでご注意ください。詳しくは、敦賀商工会議所まで問い合わせてみてくださいね。

お問い合わせ:敦賀商工会議所  電話 0770-22-2611
20191205_05.jpg
北地区の皆さん、楽しい時間をありがとうございました♪

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:18:40

2019年12月05日 (木)情報たら福お便り募集中!【豊島 実季】

こんばんは。
ここ数日で急に寒くなってきましたね。
私はインフルエンザの予防注射も打ちましたし、
パジャマや寝具も冬用にしましたし、冬支度ばっちりです!
みなさんは冬への備えはできていますか?

さて、明日の「情報たら福」は、この季節にぴったり!音楽の話題を鹿沼憂妃さんとお届けします。

お便りはまだまだ募集中です。
テーマは、「あなたの歌や声にまつわるお悩みは
カラオケで上手に歌う方法は?どうしたら声が枯れにくくなる?などメッセージお寄せください。
NHK福井放送局のホームページの投稿フォームからお気軽にどうぞ!

夕方5時5分からの公開生放送です。
お時間の合う方、ぜひNHK福井放送局まで遊びにいらしてください♪
顔はめパネルもありますよ~楽しんでいってください!
20191205_t_01.jpg

投稿者:豊島 実季 | 投稿時間:17:55

2019年11月28日 (木)福井市・西藤島(にしふじしま)地区でみつけ隊!【羽生 ちひろ】

11月28日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、福井市の西藤島(にしふじしま)地区に行ってきました♪
福井市の北西部、中心部から車でおよそ10分の場所で、九頭竜川と日野川に挟まれた山紫水明の地です。

今回ご紹介した内容は、こちら↓↓↓

■自慢 郷土愛を育む「ファミリーウォーク」
地区内の色々なスポットを歩いて探訪する恒例イベント。西藤島のシンボルである日野川堤防の桜並木や、この地に住んでいたと伝わる、平清盛のちょう愛を受けた舞の名手・祇王と祇女の屋敷跡、幕末に建てられたとされる歴史的建造物の観音堂など、史跡名勝を巡ります。郷土への理解を深めることと区民の健康増進を目的に行っていて、幅広い世代が親睦を深めています。
20191128_h_01.jpg

■自慢 小学生と高齢者の交流会
公民館にかつて地区内で使われていた道具や資料を運び込み、“農機具の部屋”や“着物の部屋”、“昔の遊びの部屋”などが作られます。そこに、西藤島小学校の3年生たちが訪れ、部屋で先生役として待機している地区の高齢者に実体験を交えた話を聞いて、昔の暮らしに理解を深めています。世代を超えた良い交流の場となっています。
20191128_h_02.jpg

■自慢③ 今も昔も 福井の水環境を守る場所
九頭竜川と日野川に挟まれた西藤島地区は、古くから水害の多い地域でした。
その苦悩から人々を救ったのが、明治時代に衆議院議員を務めた、杉田定一。
九頭竜川・日野川・足羽川の治水工事を推進し、川幅の拡大や堤防を築くなど尽力しました。
地区には、彼の功績を称えた石碑が建てられています。
20191128_h_03.jpg
そんな西藤島地区に、今は、福井の快適な生活環境の確保と九頭竜川水系の水質保全を目的とした「日野川浄化センター」があります。
20191128_h_04.jpg

家庭や工場から出る下水が、サッカーコート約3面分にもなる広大な面積に集められ、微生物の力できれいに浄化して、日野川に放流しています。
福井の水環境を守る重要な場所です。
20191128_h_05.jpg
20191128_h_06.jpg

また施設の屋上は、「スウェッジガーデン」という名の公園が整備されており、施設で浄化した水が流れる滝や池などがあり、なんと清流に住むイワナまでいるんです!
20191128_h_07.jpg

公園の管理は地元の方たちが行っていて、木のせんていや除草、水路清掃などをして、地域の憩いの場を守っています。
(※スウェッジガーデンは、12月~3月いっぱい休園です。)
20191128_h_08.jpg

今も昔も、水にゆかりのある西藤島地区。
かつて水害に苦しんだ地域は、今は川と共に豊かな暮らしを築き、笑顔にあふれていました。
20191128_h_09.jpg

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:40

2019年11月26日 (火)第45回 越前海岸水仙まつり【一福丸の出会い】

出会った人:越前海岸観光協会連合会の皆さま、第45代水仙娘 朝井凪さん
開催日時:2019年12月14日(土)~2020年1月20日(月)

<イベント別の開催日時・会場>
荒波フェスタ   12月14日(土)~15日(日)南越前町/河野シーサイドパーク
水仙・カニフェア 12月21日(土)~22日(日)越前町/越前岬水仙ランド
こしの水仙まつり 1月11日(土)~12日(日)福井市/越前水仙の里公園
水仙いけばな展  1月17日(金)~20日(月)福井市/福井新聞社

20191126_01.jpg福井に冬の到来を告げる水仙。今年も、越前海岸がやさしい水仙の香りでいっぱいになるこの季節がやってきたふく~。
今日は、越前海岸観光協会連合会の皆さまが、第45代水仙娘に選ばれた朝井凪(なぎ)さんと一緒に、福井放送局に来てくれたふく。
毎年、越前海岸沿いの南越前町・越前町・福井市がタッグを組んで開催されるこの「水仙まつり」では、今年も見どころいっぱいのイベントがたくさんふく~。

<南越前町/荒波フェスタ>
荒波屋台村では、せいこがにの鍋を1杯500円で販売するふく~。数量限定なので、お早めにどうぞ!
水仙をはじめ、海産物や干物などの特産品の販売もあるふく。お買い上げ5000円ごとにチャレンジできる大抽選会も楽しみふくね~。
また、「北前船主の館・右近家」では語り部さんが右近家を案内してくれるし、観光案内所内のレストランでは北前船で運ばれた食材を用いた海鮮定食が食べられるんだって。どんな定食なんだろう?おいしそうふく~。

<越前町/水仙・カニフェア>
漁師鍋(1杯300円)や越前水仙、特産品の販売のほかに、越前水仙郷を巡る周遊バスの運行(1日5便)があるふく~。千枚田水仙園や絶景ポイントにも連れて行ってくれるそう。どんな景色が見られるのかな?
さらに、水仙を使ったお正月飾りを作るワークショップも開催されるふく。水仙をお部屋にも飾って楽しめるなんて嬉しいふく!

<福井市/こしの水仙まつり>
水仙やカニなどの特産品の販売があり、お買い上げ500円ごとに補助券がもらえる会場スピードくじでは、越前がにが当たるチャンスも!さらに、海産物の抽選会もあるそうふく~。海産物をお得にゲットできるかも?
また、クラフト体験などのコーナーもあるから、水仙まつりの思い出を手作りするのも楽しそうふくね!

各会場では、水仙娘さんが先着順で水仙をプレゼントしてくれるそうふく。福井放送局にも持ってきてくださった水仙、とってもいい香りだったふく。
福井の冬を楽しみに、みなさんも越前海岸へお出かけしてみてね!

投稿者:一福丸 | 投稿時間:14:35

2019年11月25日 (月)2019年度ふれあい文化子どもスクール「オーケストラと子どもたちのふれあいコンサート」【一福丸の出会い】

出会った人:小松長生(こまつ・ちょうせい)さん(オーケストラ指揮者)、
      福井県交流文化部 三武さん
開催日時:2019年11月26日(火)~29日(金)
     午前の部10:30~12:00、午後の部13:30~15:00
     ※26日は1公演、27日~29日は2公演。全7公演
会場:福井県立音楽堂「ハーモニーホールふくい」大ホール
※県内の小学5年生を対象としたコンサートです。一般の方の鑑賞はできませんのでご了承ください。

20191125_01.jpg

オーケストラ指揮者の小松長生さんと福井県交流文化部文化課参事の三武さんが、福井放送局に来てくれたふく!

県内すべての小学校184校の5年生(7184人)に、本物の文化・芸術にふれてもらおうと開催されるこのコンサート。2009年から開催され、今年度で11回目となるそう。子どもたちの感性や豊かな心を醸成し、福井の文化やふるさとに対する関心・理解を深めてもらうのがねらいふく~。

小松長生さんみずからが指揮、いずれも福井県内の小学校を卒業した、窪田恵美さん(フルート)、長谷川佳子さん(パイプオルガン)、日下瑶子さん(サクソフォン)、谷川祐司さん(津軽三味線)が参加され、セントラル愛知交響楽団の方々と演奏してくれるんだって。

当日配られるプログラムを、ぼくも見せてもらったふく。
有名なクラシック、行進曲「威風堂々」第1番や、日本の民謡をメドレーにした「日本交響詩」、学校で始業・終業時に流れる“チャイム”のメロディをもとにして作られた曲、津軽三味線とオーケストラの競演等々。
そして去年の「福井しあわせ元気国体」の開会式のために小松さんが作曲した「新福井県民歌」も演奏されるふく~!オーケストラの演奏に合わせて、小学生のみなさんが合唱するんだって。ぼくも一緒に歌いたいな。

小松さんは、「小学生に本物の音楽を体験してもらえるよう、様々な工夫をこらしました。ぜひ楽しんでください!」とおっしゃっていたふく~。

投稿者:一福丸 | 投稿時間:11:39

ページの一番上へ▲