2019年07月11日 (木)越前町・糸生地区でみつけ隊!【羽生 ちひろ】

7月11日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、越前町の糸生(いとう)地区に行ってきました♪
越前町の北東部、福井市に隣接する、山あいの緑豊かな農村地帯です。

20190711_h_01.jpg

今回ご紹介した内容は、こちら↓↓↓

■自慢 越知山大谷寺
泰澄大師が白山開山より前に創設したとされる、1300年以上の歴史を誇る古刹です。寺には、泰澄大師の墓とされる、国の重要文化財の九重の塔が残されています。また貴重な秘仏があり、毎年11月に行われる万灯会で公開されますが、ことしはより間近で見ることができる、17年に1度の特別な「お開帳」の年です。これに合わせて、区民が大切に守り伝えている神輿(みこし)の「御くだり」も行われます。
※お開帳は、11月2日(土)~4日(月)です。

20190711_h_02.jpg

■自慢 憩いの場の温泉
糸生地区には天然温泉が湧き出ています!町営の温泉施設「越前糸生温泉・泰澄の杜」は、アルカリ性単純温泉で、冷え性や神経痛に効くと特に高齢者に大人気です。
8月からは敷地内のぶどう園で「ぶどう狩り」ができます。

20190711_h_03.jpg

■イチオシ:みどりのめぐみプロジェクトいとう
糸生小学校が地域と連携して行っている体験推進事業です。
子ども達に、ふるさとへの愛着を育み、住んでいる地域のことを学ぶ教育活動の一環として、児童と大人が一緒に様々なことに取り組んでいます。
1・2年生は、おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に「野菜作り」。
植え付けから収穫まで、ほぼ毎日畑に通ってお世話しています。

20190711_h_04.jpg

3・4年生は、地元農家の人たちに教わりながら「古代米づくり」。農業に理解を深めています。
実りの時期を前に、お手製の「かかし」も作りました。

20190711_h_05.jpg

5・6年生は、地区の恒例イベント「いとうエコキャンドル」の手伝い。
キャンドル作りから、チラシ作り、キャンドルアートのデザイン企画など、重要な戦力です。

20190711_h_06.jpg

取材の時は、児童たちと一緒に“一福丸”のキャンドルアートを作りました。
イベント時には、どんなアートが出来上がるのか、お楽しみに♪

20190711_h_07.jpg

※「いとうエコキャンドル」は、9月22日(日)の開催予定です!

子どもと大人が手を取り合う糸生地区。
世代をこえたパワーが地域を盛り上げていました。

20190711_h_08.jpg

投稿者:羽生 ちひろ | 投稿時間:18:40

2019年07月09日 (火)福井県立恐竜博物館特別展「恐竜の脳力」【一福丸の出会い】

出会った人:「恐竜の脳力」実行委員会のみなさま、ラプト
開催日時:2019年7月12日(金)~10月14日(月・祝) 午前9時~午後5時
開催場所:福井県立恐竜博物館特別展示室

20190709_01.jpg毎年注目の福井県立恐竜博物館の特別展。今年は「恐竜の脳力」をテーマに開催されるふく!

近年注目されている、恐竜の脳や内耳などの神経系や感覚器の研究を取り上げ、トリケラトプスやフクイベナートルの脳研究の成果や福井県の恐竜発掘の歴史を、プロジェクションマッピングを使って紹介・解説してくれるそう。恐竜の生態を脳科学から解き明かしていこう!という、大人も子供も楽しめる内容ふく。
また、特別展の期間中、特別展講演会「カモノハシ恐竜の脳とトサカの機能について」や、この特別展を担当する研究員の方が展示について解説してくれるツアー、博物館セミナーなども開催される予定。

どんな恐竜の新しい発見が展示されているのか、ぼくも楽しみ。もっと恐竜のこと知りたいふく~。

投稿者:一福丸 | 投稿時間:11:40

2019年07月04日 (木)たろう、定時で帰ります【佐々木 芳史】

夏のうだるような暑さ。
5月の涼しさが懐かしく感じます。
大型連休には、同期のしゅーやんこと高栁秀平アナウンサーと行ったなあ。沖縄。
やったなあ。ダイビング。

20190704_s_01.jpg

潜るのが怖くて、潜る前に海の中で号泣して。そのせいで、波が鼻の穴に入りすぎて副鼻腔炎になったなあ。
ああ。あの頃に戻りたい。(いや、潜る手前あたりに戻りたい)

こんな願いも、どんな願いも、星に願いを伝える七夕まであと少し・・・
ということで、恒例の?アナウンスグループ七夕のお願いコーナーのはじまりはじまり~
(河島アナは本日不在で、掲載できず申し訳ございません・・・)

20190704_s_02.jpg

平野副部長「おいしいお寿司が食べたいです。」
七夕の願いって渡したのに、“済”の物を書いてくる。そんな副部長です。

二村気象予報士「予報の精度は上げてアルコールの濃度は下げる」
今日一杯だけいきませんか?がいつも“いっぱい”になる私と二村さんです・・・。

羽生キャスター「二村さんが心待ちにしているミッションが届きますように」
ニュースザウルスふくいのコーナー「ふたさんぽ」のミッション募集。前回まさかの0でしたからね。次回もまた0だと、二村さんのアルコール濃度が上がってしまう気がします。

20190704_s_03.jpg

角谷アナウンサー「大人の男らしく輝けますように」
最近、大人の男になる本を読んでは、文章に線を引いているそうです。
ちなみに私の理想の大人の男は平野副部長です。(ゴマをする音がどこからか聞こえます)

豊島アナウンサー「おいしい食事をパパっと作れる女性になりたいわね!」
願いよりもまず絵が目立つわね!料理のブログ書いていたのに、最近さぼり気味らしいわね!はやいわね!

五十嵐アナウンサー「いい声になりたい」
えっ、これ以上のいい声を求めますか先輩?これ以上ですか?

20190704_s_04.jpg

山口アナウンサー「健康第一」
社会人になったばかりの山口くん。よく働いてよく寝て、健康に過ごしてね!

太田キャスター「おいしいウニが食べたい」
ウニ、美味しいよね・・・。ぱっちりおめめの可愛いウニのイラスト、ずっと見ているとなんだか怖くみえてくるのは私だけでしょうか?

20190704_s_05.jpg

今村キャスター「毎朝1回目のアラームで起きられるようになりたい(いつも5回目が鳴るまで起き上がりません)」
起き上がれません。ではなく、起き上がりません。の時点で、起き上がらないことへの強い意思も感じますね。

北川キャスター「今年こそお洒落な浴衣を買って自分で着たいです!!」
小学生以来、浴衣を着ていないから、何としても今年こそ浴衣を着たいと北川さん切実に話していました・・・。今年の夏祭りは是非、浴衣を着て行ってね。

あ、夏祭りといえば。明日の情報たら福は、夏祭りSPです。
高橋愛さん・鹿沼憂妃さんの両MCで3人でにぎやかにお伝えします。
世界で活躍する和太鼓奏者・谷口卓也さんの生パフォーマンスも!
今回は非公開となっていますので、ラジオの前でお楽しみください。

そして、番組最後には大事なお知らせもございます。是非最後までお聞きくださいませ。
では、最後は、私の切実なお願いでございます・・・。

20190704_s_06.jpg

(お便りたくさんほしいな・・・。)

投稿者:佐々木 芳史 | 投稿時間:18:45

2019年07月04日 (木)越前市・国高地区でみつけ隊!【今村 有希】

7月4日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、越前市の国高地区に行ってきました♪
国高地区は、越前市の中心部に位置しています。地区の東を北陸自動車道、西を日野川に挟まれていて、住宅地が広がっています。

今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■刻書・篆刻(てんこく)講座
週に一度公民館で行われている自主グループ活動で、木の板に思い思いの文字や絵を彫る美術の講座で、幅広く活動し腕を磨いています。年に一度、地区内の商業施設にスペースを設けて作品を展示するなど、地区の人たちにもその魅力を伝えたいと創作活動に励んでいます。

20190704_i_01.jpg

■三世代交流
村国山では、毎年地元の人たちの手によって、清掃活動や緑を増やす取り組みが行われています。自治振興会を始め、ボランティア、さらに地元の中学生たちも授業の一環として参加し、子どもから高齢者まで総勢およそ300人が協力して活動に励んでいます。

20190704_i_02.jpg

☆おすすめスポット☆
■村国山
村国山は、越前市の市街地中心部にあり、市民の憩いの場になっている山です。

20190704_i_03.jpg

この山の頂上に、山をもっと満喫できるスポットが最近できたと聞き、登ってみました。
それが5月末にオープンしたばかりの「風の谷のムラクニ」です。市街地には珍しく、気軽にパラグライダーを楽しめるんです!
私はパラグライダー初挑戦でしたが、インストラクターの方と一緒に飛べるので、誰でも安心して飛ぶことができますよ♪

20190704_i_04.jpg

…ですが、いざ装備を付けてヘルメットをかぶると一気に緊張感が出てきて、足がすくみました。

20190704_i_05.jpg

飛行中~♪飛ぶ前は少し不安だったけど、飛び立つとその不安も一緒に飛んでいきました!上空からの絶景にハイテンションの私。「カメラマンさん、やっほー!」と手を振っている写真です!風が本当に気持ち良いんですよ~。

20190704_i_06.jpg

こちらは、上空から見た国高地区の景色です♪

20190704_i_07.jpg

また空を飛びたいなぁ。市街地でパラグライダーができる「風の谷のムラクニ」、
皆さんもぜひ足を運んでみてくださいね♪
取材に協力してくださった皆さん、ありがとうございました!

■「風の谷のムラクニ」パラグライダー体験のお問い合わせ
運営:堀幸雄さん 090-3766-8553

投稿者:今村 有希 | 投稿時間:18:40

2019年07月03日 (水)越前みなと大花火2019【一福丸の出会い】

出会った人:越前みなと大花火実行委員会のみなさま
開催日時:2019年7月13日(土)(開場:午後2時、花火:午後8時~8時30分)
会場:福井県越前町道口 越前漁港広場(はまひるがお公園)

20190703_01.jpg

今年で33回目となる「越前みなと大花火」が開催されるふく。
「変わらない越前の夏」をテーマに、1万3000発の花火が越前漁港の夜空を彩る華やかなイベントで、大音量の花火の爆発音と音楽のコラボレーションが楽しめるそう。

特に見どころなのは、地元の小学生が授業で花火の作り方を学び、自分たちでデザインした花火が打ち上げられること。「こんな花火があったらいいな」という思いが形になって夜空を飾るなんておもしろいふく~。
もうひとつ、今年初めて、漁港の巨大な防波堤に一般から募集したメッセージを光で映し出す演出もあるふくよ。メッセージは道の駅「越前」で7月9日まで募集中。どんなメッセージが流れるのか、ドキドキするふく。ぼくも応募してみようかな?

駐車場も1300台以上用意されていて、各駐車場からはシャトルバスで会場まで送迎してくれるから安心ふく。ぜひお出かけしてみてね。

投稿者:一福丸 | 投稿時間:16:20

2019年07月02日 (火)豊島、(時々)自炊始めたってよ【豊島 実季】

皆様お久しぶりです。福井市の花、あじさいが美しい季節がやってきました。
外は暑かったり、室内は寒かったりと体調を崩しやすい時期ですが、皆様お元気でしょうか?

豊島は時々、本当に時々、ですが自炊を始めました。本当に時々ですよ。
一生懸命作った料理の写真をアナウンサーの佐々木先輩に見せると…
「え…全然美味しくなさそうなんだけど…」と言われます。
悔しい…もっと、料理上手になりたいっ☆

というのも、この世にたった一つ!マイ包丁が手に入ったんです!
昨年まぐろ包丁の中継をした時のご縁で、伝統工芸士・加茂勝康(かも・かつやす)さんに教わりながら包丁を作らせてもらいました。
20190702_t_01.jpg
鋼がはめ込んであるこの塊を叩いて伸ばして…

20190702_t_02.jpg
ある程度の形を作って…

20190702_t_03.jpg型抜きをして…

20190702_t_04.jpg真剣に名前を彫って…(夢中で彫る豊島)

20190702_t_05.jpg
ようやく完成です!

工程は体力作業だし、火を取り扱うので作業場はとても暑くて、毎年職人さんは熱中症になる人も多いと聞きました。
私は加茂さんや職人の皆さんに手伝っていただきながらの製作なので皆さんの苦労が全部分かったわけではないですが、越前打刃物の奥深さをのぞかせて頂いて、貴重な経験になりました。

自炊を一時のマイブームにせず、福井の美味しいお魚をパパパっとさばけるレディを目指します!

投稿者:豊島 実季 | 投稿時間:11:01

2019年06月28日 (金)福井市・清水西地区でみつけ隊!【北川 玲子】

6月27日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、福井市清水西地区に行ってきました♪
清水西地区は、福井市南西の山あいに位置しています。自然が多く残る中、ニュータウンの開発も進み、人口も増えています。
今回紹介した内容はこちら↓↓↓

☆地区の自慢☆
■睦月(むつき)神事
国の重要無形民俗文化財に指定されているこの神事では、年の初めに、その年の豊作を祈願しています。現在では、大森町で4年に1度、睦月神事会館で奉納しています。今年2月にも、獅子舞や奴(やっこ)などの行列が地区内を練り歩いたあと、小学生の男の子たちによる「ささら」や「さいやいや」などの舞いなどが奉納されました。

20190627_k_01.jpg

■しみず西遊輝(さいゆうき)
子どもたちが活躍できる場を作り、三世代交流を図ろうと活動している青年グループ「しみず西遊輝」では、様々なイベントを行っています。巨大エアドーム作りでは、新聞紙をつなぎ合わせてドームを作り、中に風船を入れて遊びました。毎年恒例の「親子Deキャンプ」では、地区の自然の中で、魚のつかみ取りや五右衛門風呂などを体験し、地区の大人と子どもたちの交流を深めました。

20190627_k_02.jpg

☆イチオシ☆
■清水西・歴史マイスターへの道
地区には、古くから多くの歴史が残されています!館長から出された3つのお題をもとに、ほやほや探検隊、清水西に残された歴史を調査してきました!

≪有名すぎる紋所≫
乗泉寺には、屋根瓦や梵鐘(ぼんしょう)、火鉢、住職が法衣の上にまとう七條(しちじょう)と、いたるところにあの有名な葵の紋がついています。
実は、8代将軍徳川吉宗が将軍になる前、この一帯を治めていたことがあり、乗泉寺を訪れて地区の若者と交流したことが縁で、寺の紋に葵をつけることが許されました。

20190627_k_03.jpg≪奇跡の生還を遂げた仏像≫
地区にある滝波町では、平安時代のおわりに作られたという五智如来の5体の仏像と他4体、あわせて9体がお堂に安置されています。
戦国時代、一向一揆によって五智如来は寺院から持ち出され、洞ヶ谷(ほらがだに)という近くの谷に投げ捨てられてしまいます。しかし地元の人たちが谷底からなんとか引きあげ、現在まで大切に守り続けてきました。
また、仏像の魅力を広めようと地区の人たちが御朱印とお守りを手作りしました。

20190627_k_04.jpg≪古代を感じられる墓≫
地区内の山奥で、工事の際に偶然見つかった穴。1300年前に作られた、古墳の一種、横穴(おうけつ)と考えられています。墓とみられる穴の中には、鉄器で掘った跡や、排水の役割を果たす溝などがあります。

20190627_k_05.jpg

昔から語り継がれている歴史、新たに掘り起こされた歴史。
それぞれ地区の皆さんが誇りをもって大事にしている地区でした~★

20190627_k_06.jpg

投稿者:北川 玲子 | 投稿時間:17:21

2019年06月21日 (金)たかすビーチ(たかす海水浴場)海開き!【一福丸の出会い】

出会った人:福井市鷹巣観光協会のみなさま
海開き:7月10日(水)
場所:たかすビーチ(たかす海水浴場)

20190621_01.jpg

福井市のたかすビーチ(たかす海水浴場)が、今年も7月10日(水)に海開きを迎えるふく!
ビーチの自慢は、1km続く広々とした砂浜と、水の美しさ。
JR福井駅前からは車で40分ほど。駐車場も1200台分用意されているそうで、駐車場の前に立ち並ぶ8軒の浜茶屋には、更衣室、シャワー、浮き輪のコンプレッサーが完備されているうえに、浜で採ったハマグリなども焼けるふく!
なんて至れり尽くせりのサービスふくっ!

また、事前予約をすれば、地引網を引くこともできるそう。とれたての魚を使って、ビーチでバーベキューもできるふく。どんな魚がとれるかな?
夏休みの思い出に、ぜひたかすビーチに足を運んでみてほしいふく~。

投稿者:一福丸 | 投稿時間:15:50

2019年06月20日 (木)福井市・酒生(さこう)地区でみつけ隊!【太田 実穂】

6月20日(木)放送の「ほやほやみつけ隊」は、福井市の酒生(さこう)地区に行ってきました!
福井市東部、国道158号線に沿って東西に細長く、近くを足羽川が流れる、水に恵まれた田園地帯です。

今回紹介した内容はこちら↓

☆地区の自慢☆
シニア世代のときめきの場『かえるの楽校(がっこう)』
子どものころの気持ちを思い出して元気に若返るきっかけになればと、4年前から公民館で始まったシニア世代のための学校です。公民館の職員が先生役となって、現在の小学校の教科書など、さまざまな教材を使った授業を月1回行っています。遠足や修了式なども行っていて、お孫さんとの共通の話題を見つけたり、コミュニケーションの場になったりしています。

20190620_o_01.jpg

暮らしを応援するコミュニティバス『酒生いきいきバス』
平成23年から運行を始めたコミュニティバスです。車体には、酒生地区のキャラクター「さこんちゃん」や仲間たち、地区のおすすめスポットがわかる「ふるさとマップ」などが描かれています。車内には地区の写真愛好家の方の写真も飾られています。

20190620_o_02.jpg

☆イチオシ☆
酒生は遺跡・伝説の宝庫
今回紹介したのは、こちら!
★宝①
「7世紀後半に建てられたとされる寺の五重塔の礎石?!」

20190620_o_03.jpg

この地には、7世紀後半に寺があったとされていて、この礎石が五重塔の中心の柱を据えた石だそうです。
礎石の大きさから高さ30メートルほどの五重塔があったと考えられています!
歴史ロマンを感じますね~!

★宝②
「古墳から露出した2つの石室?!」

一つ目は・・・
古墳の盛り土が消失して、石室の石積みがそのまま残っている「車塚」です。
この車塚は、むやみに掘ると不幸が起きるという伝説があるそうです!

20190620_o_04.jpg

二つ目は・・・
私が中に入っても余裕があるほど大きな石室です。
かまどのようなことから地区では「おかま」と呼ばれています。
※個人の私有地のため、特別な許可を得て撮影しています。

 

20190620_o_05.jpg


★宝③
「県内で初めての水路式発電所跡?!」

20190620_o_06.jpg

明治32年に足羽川の上流から水路をつくり、建設された福井県内で初めての水路式の水力発電所です。
福井市内に電気を送り、各家庭に明かりをともしていました。

遺跡と伝説を大切に守り続ける酒生地区。
いにしえのロマンを感じる地区でした。

20190620_o_07.jpg

■お問い合わせ
酒生公民館
住所:福井市荒木新保町37-9
電話:0776-41-2503

投稿者:太田 実穂 | 投稿時間:18:40

2019年06月20日 (木)きてみて体験!ふくいのものづくり2019【一福丸の出会い】

出会った人:福井県児童科学館(エンゼルランドふくい)職員のみなさま
開催日時:2019年6月22日(土)~23日(日)午前9:30~午後4:00
     体験受付は午前の部/午前9:00~、午後の部/0:00~3:30
会場:福井県児童科学館(エンゼルランドふくい)

20190620_02.jpg

福井県児童科学館(エンゼルランドふくい)で、「きてみて体験!ふくいのものづくり2019」が開催されるふく。
ものづくりのお仕事を体験できる「わくわくワーク」、匠の技を体験できる「伝統の技術」、最新技術を体験して学べる「テクノロジー」と、世界に誇るふくいの「ものづくり」を子供たちに体験してもらおうという、大人気のイベントふく。
越前そばのそば打ち、はたおり、越前焼の陶芸体験、三国提灯づくりなど、福井が大切にしてきた伝統技術を、職人の方々から直接学べるチャンス。自分で作ったものは、いい記念になるふくね~。

県内の40団体が展開する、ものづくりの楽しさ、魅力いっぱいのブースはどれも楽しそうで目移りしてしまいそう。
各体験には定員もあるそうなので、気になるブースは早めにチェックしてほしいふく~。

投稿者:一福丸 | 投稿時間:14:40

ページの一番上へ▲