新日本風土記 メイン バナー 番組情報
最新情報
  • 「越中八尾 風の盆(再)」 9月2日(金)午後9:00

  • 再放送 9月9日(金)午前8:00

越中八尾 風の盆(再) 9月2日(金)

歴史と風情の息づく山間の小さな町、富山市八尾(やつお)町。立春から数えて二百十日にあたる9月1日、「おわら風の盆」が始まる。人々は、三日間にわたって、民謡「越中おわら節」に酔いしれる。胡弓と三味線がつむぎだす哀しげな音色、絞り出すような歌い手の声が石畳の町並みに響く。艶やかな浴衣に身を包み、編笠に顔を隠した踊り子達が月影に揺れる。その哀愁を帯びた雰囲気に惹かれて、二千人余りが住む町に、二十万人もの観光客が集まる。
八尾は、幕末から明治にかけて、蚕の繭や生糸の取引で栄えた。花街が作られ、そこに集う芸者や旦那衆が、おわらに磨きをかけ、洗練させてきた。おわらには、心浮き立つ賑やかさや派手さはない。しかし、八尾の人々は、その哀しげな調べに人生の機微を映しながら生きてきた。たとえば、故郷を愛する思い、恋心、生きる上で背負う悲哀・・・今年で引退する踊り子はおわらで青春をしめくくり、伴侶を失った女性は夫と過ごした日々を振り返る。
八尾独特の風土や歴史、芸を極めようとする誇り高き気質なども織り込みながら、おわらと共に生きる人々を見つめる。

<オムニバス項目(抜粋)>
●最後の晴れ姿・・・
  八尾に生まれ育ち、2歳から踊り始めた女性。25歳の今年、踊り子を引退する。
●弔いのおわら・・・
  急逝した囃し手の男性のために、町の仲間が集まり、おわらで弔う。
●おわら未亡人・・・
  おわらのため不在がちな夫に妻は不満顔。だが風の盆の夫は魅力的に見える。
●暮らしの中で生まれた歌詞・・・
  5000以上にのぼるおわらの歌詞。人生の機微を詠む92歳の女性。
●風を祀る人・・・
  二百十日は大風の季節。風を祀るほこらに手を合わせ、豊作を願う農家。

WEB特集

我々の足下に眠っている自国の文化を再発見する、「もういちど、日本」。印象的なコピーと、旅情をそそる映像美、番組PRでつづった5分番組である。
とりあげるテーマは、多種多彩。日本全国の景勝地はもちろん、食・建築・工芸・自然・風習など、ジャンルも網羅的にラインアップする。続きを読む

担当ディレクター

取材スタッフの中村と申します。 東京都小笠原村父島の朝は、村中に響き渡るアナウンスから始まります。 「今日のおがさわら丸は、午前11時に入港します。 乗客は623人です。」 島は船の入港と出港がカレンダーのように、人々の暮らしを動かしています。 豆腐や納豆、新鮮な野菜、新聞や郵便など、すべてのものが運ばれてくる日だからです。もちろん観光客も。 続きを読む

hline

新日本風土記オススメ動画

動画で見るニッポン みちしる
動画で見るニッポン みちしる
新日本風土記オススメ動画
番組テーマ曲メイキング
hline

みちしる ~新日本風土記アーカイブス~より

みちしる ~新日本風土記アーカイブス~より
三重・七里御浜
みちしる ~新日本風土記アーカイブス~より
那須の酪農
みちしる ~新日本風土記アーカイブス~より
七面山の強力
みちしる ~新日本風土記アーカイブス~より
南アルプスの果実
みちしる ~新日本風土記アーカイブス~より
鎌原観音堂
hline