新日本風土記 メイン バナー 番組情報
最新情報
  • 「小笠原諸島」 8月26日(金)午後9:00

  • 再放送 9月2日(金)午前8:00

小笠原諸島(再) 8月26日(金)

東京から1000キロ離れた亜熱帯の島、小笠原諸島。島に行くには船旅で24時間。
今も豊かで貴重な動植物が守られており、平成23年に世界自然遺産に登録された。
その歴史も独特だ。19世紀、無人島だった島に欧米人が移住、その後江戸幕府が日本領地として宣言。戦後はアメリカの統治下におかれ、日本に返還されたのは昭和43年のこと。
こうした歴史の中で、今も欧米系島民と日本人が混在。大和民族的なものと欧米系、ミクロネシア系民族の影響を受けた文化が残されている。
現在、小笠原村の人口は父島が約2千人、母島が約5百人。平均年齢は39歳と、老人が
少なく若者や子どもたちが圧倒的に多い。それを支えているのが、島に移住してきた若い新住民たちだ。彼らは古くからの島民と一緒に、農業や漁業で生活している。中でも伝統のメカジキ漁などを行う漁師たちの3分の2は新しくやってきた若者で、島の産業の大黒柱となっている。
日本に返還されておよそ半世紀。遠く離れた地で生きてきた島の人々の生き様、そして新しく移り住んできた人々との絆を通して、よそ者でも垣根なく受け入れてきた島の風土を見つめる。

<オムニバス項目(抜粋)>
●セーボレー一族の末裔たち・・・もう一度島に戻ろう!思い出の先祖の地にホテルを開業した母と息子。
●命の旅路・・・30年かけて故郷の海に帰るといわれているウミガメ。ひと夏の命の継承。
●95歳の少女たち・・・昭和19年、強制疎開で離別。再開のきっかけは思いを託した歌。
●若者たちの海・・・内地の若者たちが支える漁業。10年頑張って独立の夢を掴む。
●コーヒーロード・・・戦争でジャングルと化した農園に生き残っていたコーヒーの木。
国産コーヒーに未来を繋ぐ父と娘。
●島の診療所・・・酔い止めから骨折まで、今年赴任の若き医師の奮闘と悩みの日々。

WEB特集

我々の足下に眠っている自国の文化を再発見する、「もういちど、日本」。印象的なコピーと、旅情をそそる映像美、番組PRでつづった5分番組である。
とりあげるテーマは、多種多彩。日本全国の景勝地はもちろん、食・建築・工芸・自然・風習など、ジャンルも網羅的にラインアップする。続きを読む

担当ディレクター

「新日本風土記」事務局スタッフです。賑やかなオリンピックが終わったと思ったら、台風9号の直撃で、東海から北日本にかけて、土砂災害や川の氾濫、交通機関への影響など、大きな被害が出ていますね。気象庁は、土砂災害や川の氾濫、暴風、うねりを伴う高波に厳重に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風、高潮にも十分注意するよう呼びかけている、とのことです。 続きを読む

hline

新日本風土記オススメ動画

動画で見るニッポン みちしる
動画で見るニッポン みちしる
新日本風土記オススメ動画
番組テーマ曲メイキング
hline

みちしる ~新日本風土記アーカイブス~より

みちしる ~新日本風土記アーカイブス~より
三重・七里御浜
みちしる ~新日本風土記アーカイブス~より
那須の酪農
みちしる ~新日本風土記アーカイブス~より
国東半島のお盆
みちしる ~新日本風土記アーカイブス~より
南アルプスの果実
みちしる ~新日本風土記アーカイブス~より
鎌原観音堂
hline